ADHDの中学生に進路を考えるときは専門学校も効果的な選択?

近年では子どもの発達障害についての認知度も広まり、30人から40人に1人の割合で何らかの発達障害を抱える子どもがいると言われています。

数ある発達障害の中でも比較的ポピュラーなのがADHDで、いまではそう珍しくないと言っても過言ではありません。

参考:厚生労働省HP「AD/HD(注意欠陥/多動性障害)の診断と治療」より

ADHDはぱっと見ただけでは一般的な健常児と変わりないため、普通に小学校や中学校に通っている子も多くいます。しかし、成長するに従って生活上、教育上の問題も大きくなってしまいます。

それが顕著に表れるのが中学生を終える頃で、この時期にはADHDの子どもの進路に頭を悩ませる親も珍しくありません。

もちろんADHDでも適切な療育を行っていけば、一般的な健常児と同じように学校生活を送ることは可能です。しかし、障害を持つ本人の立場に立って考えた場合、普通の高校に通わせることが幸せとは限らないでしょう。

どんなに療育を頑張っていたとしても、やはりADHDの子どもは彼らにしか分からない苦しさを感じているものです。

ADHDの中学生に専門学校を選ぶ理由

ADHD 中学生 専門学校

そこで、進路に悩んでいる場合は専門学校を検討してみることもお勧めします。

専門学校はその名の通り、何らかの分野を専門的に学ぶ学校です。普通の高校があらゆる科目を広く浅く学ぶのとは異なり、専門学校ごとに力を入れて集中的に学ぶ科目や内容は変わります。

子どもの興味や能力に合わせた専門学校に通わせることができれば、子どもの隠れた才能や楽しみを更に伸ばしてあげることができます。そうすることで本人の精神面も落ち着き、家族や周囲の人々にとってもプラスの効果を発揮することができるはずです。

ADHDの症状から考える専門学校の役割

ADHD 中学生 専門学校

ADHDの場合、社会に存在する暗黙のルールや常識、場の空気を読むといったことが苦手な子どもが多いです。そのため、こういった縛りの少ない出版社や報道関係、カメラマンに料理人、クリエイターやデザイナーなどいわゆるデスクワークではなく自由度の高い職業の方が向いています。

もちろん働くうえでの常識やルールはありますが、例えば金融機関や学校関係など縛りの多い仕事と比べるとイキイキと働ける可能性が高いでしょう。

こういった職業に就くために有利な専門学校に通わせることで、その分野の知識を付けるとともに子どもに合った環境を将来的にも提供することができます。子ども自身もこのような分野に興味を持つ可能性が高く、やるべきことが分かれば自然と勉強にも集中できるようになります。

目標が明確に理解できるという点は、発達障害の子どもにとっては何より重要なステップです。集中力が続かないことが問題になることが多いので、専門的な学校に進むことで集中力を発揮しやすくなるでしょう。

参考:ADHDの中学生が塾へ通えないときに考えたい3つの勉強方法

ADHDの中学生を受け入れてくれない専門学校もある?

ADHD 中学生 専門学校

ただ、発達障害の子を持つ親御さんの中には、肝心の学校側が問題なく受け入れてくれるか不安に感じる人も多いはずです。

確かにひと昔前は健常児以外の受け入れに消極的な学校がほとんどでしたが、近年では発達障害の認知度の高まりとともに国も積極的に支援に乗り出しており、比較的環境は良くなってきています。

事前に時間をかけて相談すれば受け入れてもらえることも多いので、諦めることなく交渉を重ねてみましょう。

中には積極的に発達障害の子どもを受け入れている専門性の高い学校もあるので、インターネットを活用してそういった学校を見つけてあげることも大切です。

専門学校をまとめて調べてみる方法


ホームページ:コレカラ進路.JP

 

発達障害の場合は、お互いの意志の疎通や暗黙のルールなどを重視する仕事はあまり向いているとは言えません。このため、書類を相手にすることが多い仕事や、やるべきことがハッキリしている仕事が適しています。

資格を持って働く仕事の方が向いているので、本人が興味を持っている資格を取得できる学校を探すと良いでしょう。型にはまらず臨機応変に対応できる仕事や資格が良いので、料理学校などがお勧めです。

参考:ADHDの中学生に優しく対応して無料体験のある3つの家庭教師

ADHDの中学生に専門学校を考えるということ

ADHD 中学生 専門学校

どの子どもにも言えることですが、学校を探す時は本人の持つ適正に合ったところを探すことが何より重要です。

もちろん本人がやりたいことをやらせてあげるのが一番ですが、学校は一度入ると変えるのは簡単ではありません。いくら子どもがやりたいと言っても、その内容が子どもに合っているとは限りません。

頭ごなしに子どもの意見を却下するのももちろんいけませんが、発達障害を抱えている場合は親として子どもの障害の特徴に合わせた学校を選んであげることも大切です。

学校によっては通うのが大変だったり子どもが嫌がったりする可能性もありますが、将来的なことを考えると普通科の高校に通わせるよりずっとプラスになるはずです。

障害の程度にもよりますが、中学生を卒業したら普通科高校という思い込みは捨て、より子どものためになる学校を探す作業を始めてみるのもいい方法です。

探してみると意外と多くの特色を持つ専門学校が存在するので、その中には必ず1つくらい子どものためになる学校が見つかるはずです。通える範囲でも構わないので、視野を広く持って学校探しを始めてみてください。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました