発達障害で勉強を嫌がるときの理由とおすすめの方法

発達障害で勉強を嫌がるときの理由とおすすめの方法

発達障害があると勉強嫌がると思います。

なぜなら勉強に「楽しさ」が感じられないためです。

私もグレーゾーンなので半分くらいはその気持ちがわかりますが、発達障害の特性として興味を持てなければ見向きもしないというものがあります。

そんな特性をしっかりと考えて勉強をさせることで少しずつ変わっていくので、実際に勉強WEやがる理由とおすすめの方法をご紹介します。

発達障害で勉強を嫌がる理由

発達障害で勉強を嫌がる理由

発達障害で勉強を嫌がるのは、おもにこんな理由があります。

  1. 楽しさがなくて興味がもてない
  2. また叱られると思って勉強ができない
  3. 勉強時間が長くて嫌だ

理由①楽しさがなくて興味がもてない

まず勉強を嫌がる1つ目の理由が「興味がもてない」です。

たぶんこの理由がいちばん大きいだろうと思いますが、その原因となっている根本的な問題が「勉強に楽しさがない」ということです。

まずもって勉強に楽しさが感じられなければ、嫌がって取り組むことさえありません。

勉強の楽しさというのは難しいものでもなく、勉強そのものの楽しさはなかなか理解できませんが、まず興味を惹くような「工夫」のあることが大事なポイントです。

この工夫というのはキャラクターやアニメーションが使われていたり。

したがって文章ばかりの勉強方法ではなく、キャラクターが使われているネット教材などを利用してさらにアニメーションによって”動き”があるなどが興味をそそるおすすめの方法です。

もし文章だけの勉強方法を実践していれば、すぐにでも楽しさを感じる方法に切り替えるのがおすすめです。

理由②また叱られると思って勉強ができない

勉強をしていて、一度でも叱ったことがありますか?

もしそうであれば子供が拒絶反応を起こして、勉強を嫌がることにつながっているかもしれません。

発達障害のある子供というのは「悪いこと」を何もしていません。

ときには暴力をふるったりすることがあるかもしれませんが、基本的に悪気がない。

したがって親のほうがそんな発達障害の特性をよく理解して、勉強をしている子供に対して叱ったりするのではなく「少しでもできれば褒める」ことのほうがとても大事です。

もし勉強中に叱るのが当たり前になっているのであればそのままではなにも良くならないので、少しの進歩を褒めるように変えてみてください。

理由③勉強時間が長くて嫌だ

勉強時間が長いと嫌がる原因になります。

発達障害の特性には、集中力のなさというのもあります。

せいぜいもって20分くらいが限界だと思いますので、あまり勉強時間を長くするのではなく短めに区切って回数を増やすほうがおすすめです。

また長い時間の勉強で嫌だと思っているようなら、時間を計りながら短めに区切って取り組んでみてください。きっとこれまでよりも勉強を嫌がることなく学習効果も上がると思います。

発達障害で勉強を嫌がるときにおすすめの方法

発達障害で勉強を嫌がるときにおすすめの方法

勉強を嫌がるときにおすすめなのがこの方法です。

楽しさを感じて動きでわかりやすい「ネット教材」を利用する

私もコミュニケーション指導者の資格を持って発達障害の子供たちに関わってきましたが、勉強を嫌がる子供に対して抑えたいポイントがこの3つです。

  1. 視覚的に「楽しさ」を感じることができる。
  2. アニメーションの動きによって理屈を「感覚」で理解できる。
  3. 講師が話しかけてくる。

この3つのポイントを抑えているのが「ネット教材」です。

ネット教材以外の勉強方法ではどれか1つが欠けてしまうので、おすすめではありません。

実際に私もいろいろなネット教材を体験して、実施兄発達障害の子供たちと取り組んでみていちばんおすすめだったのが通信教育すららというネット教材。

通信教育すらら

キャラクターで楽しさもあって、アニメーション授業でわかりやすい。

さらに対話型授業なので講師が話しかけてくることで、子供が頷きながら興味を持って聞くことができるというのがこのネット教材の特徴です。

なぜならこの通信教育すららというネット教材は、発達障害支援の専門家によって作成されたもの。

したがってネット教材は数あれど、発達障害専門に作られた本当の意味で勉強ができる教材はほかにありません。

もしほかにこのような教材があればそれでも構いません。

要は子供が勉強を嫌がることなく、しっかりと取り組んでくれればそれがベストです。

私はこの教材がとくにおすすめなので、一応ですがベストな教材としてご紹介します。

 詳しくはレビューで 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

まとめ

ここまでをまとめます。

発達障害で勉強を嫌がる理由

  • 楽しさがなくて興味がもてない
  • また叱られると思って勉強ができない
  • 勉強時間が長くて嫌だ

発達障害で勉強を嫌がるときにおすすめの方法

楽しさを感じて動きでわかりやすい「ネット教材」を利用する

これで「発達障害で勉強を嫌がるときの方法」を実践できます。

実際にグレーゾーンで育ってきた私の経験も踏まえて、この勉強方法だったら間違いなくやるだろうなという要素も含めてご紹介しました。

ぜひ本当に効果的な勉強方法を取り入れてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました