発達障害で成績悪いときにチェックすべき5つの学習ポイント

発達障害で成績悪いときにチェックすべき5つの学習ポイント

期間限定情報 ►►
すらら発達障害支援の専門家による「すらら」が
期間限定
入会金0円キャンペーン中です。

✅ 詳しくは➝https://surala.jp

yukky

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「発達障害で成績悪いときの改善方法が知りたい」という疑問に答えます。

発達障害があることで成績アップできないという場合は、その特性から考えられるものなど必ず原因があるもの。その原因を取り除くことがまずは先決で、ムリのない自然な対策がよい改善方法になります。

たとえば発達障害の特性により理解度が低く、なかなか勉強が先へ進まないなど。

ほかに発達障害による学力低下によって最適な範囲を学べず、結果的に十分な家庭学習ができず成績が下がってしまうといった状況があるかと思います。

こうした発達障害によって成績が悪い原因を改善するために、チェックするべき5つのポイントと改善策について詳しく解説。かなり効果が期待できると思うので、ぜひ興味があれば実践してみてください。

発達障害で成績悪いときチェックしたい5つの学習ポイント

発達障害で成績悪いときチェックしたい5つの学習ポイント

私としては、つぎの5つが重要なチェックポイントと思います。

私の知人から相談された実体験を含め、私自身グレーゾーンの経験からピックアップした項目になります。

  1. 勉強に「楽しさ」を感じられているか
  2. 過去の復習がしっかりと出来ているか
  3. 理解へつながる解説となっているか
  4. 疑問点をすぐに解消できているか
  5. 落ち着いて勉強にとり組めているか

いずれも発達障害の特性によるもの、また学習環境によるものがあるかと。

この中の1つだけに限らず、複数の原因が当てはまる場合もかなり多いと思います。

1つずつ原因と改善方法について詳しく解説していきます。

Point①勉強に「楽しさ」を感じられているか

Point①勉強に「楽しさ」を感じられているか

発達障害の特性により「興味がないと完全無視」という状況があるかと思います。

ADHDに限らずASD・LDといった発達障害全般に見られる状況で、勉強だけではなく遊びなどに関しても興味をそそられなければ完全無視といった状況。

この状況を改善するために必須となるのが「楽しさ」という部分で、どこかに魅力を感じる要素を盛り込むことがおすすめ。とくに子供全般に共通する楽しさがイラストやアニメーションといわれているので、これらの要素を家庭学習に盛り込んでみることが適した改善策になります。

もし文字ばかりの教科書や参考書を使って成績が悪いのであれば、すぐにでも改善する余地ありかと。

大人でも文章ばかりの勉強は困難なように、発達障害があるとよりその傾向が強まるため、まずもって勉強に取り組むことすら難しいと思います。

もし文字ばかりの教材を利用していれば、イラストで楽しさを感じる教材にチェンジするなどがよい対策。

発達障害で成績が悪いときは、家庭学習においてどこかに「楽しさ」の要素を盛り込むことをまずはおすすめします。楽しさを感じることで途端に勉強が好きになる、成績アップにつながった、などという場合も結構多くみられます。

Point②過去の復習がしっかりと出来ているか

Point②過去の復習がしっかりと出来ているか

発達障害で成績悪いとき、これまでの「復習」についても要チェックです。

学んだ知識をより確実に記憶するため、かならず家庭学習で実施しておきたいのが復習要素。なんどか繰り返し復習を行うことによって、覚えた知識をより忘れにくくなるといった効果が期待できます。

この復習作業があまりできていない場合は成績も悪くなりがちで、せっかく覚えた知識がしっかりと記憶に結び付いていないことで発揮できないため。

したがって発達障害で成績悪いときは、この「復習」について見直してみるのも有効ポイントになります。

復習のやり方としては前日学んだ内容を翌日に復習する、さらに1週間のまとめ復習、1ヶ月ごとのまとめ復習を導入するなど、つねに過去の記憶を呼び起こすことが重要。

基本的に復習については毎日行うのがおすすめで、しっかりできていれば成績アップに大きく役立つ学習スタイルを確立できるかと私は思います。

Point③理解へつながる解説となっているか

Point③理解へつながる解説となっているか

発達障害で成績悪いとき、本人だけではなく「学習内容」における問題があるかもしれません。

とくに基礎知識を理解するための、詳しい解説はかなり重要なポイント。さらに詳しいうえに理解しやすい解説となっていることが成績アップにつながるコツといえます。

成績を上げるためには、まず基本ともいえる解説について掘り下げて考えるのがおすすめ。

健常児とは違って発達障害があると理解が金万になる場合が多くあるため、子供の特性などに合わせて「しっかり理解できるような解説方法」を導入することが極めて重要となります。

発達障害があるとストレートに解説しても理解できないことも多いため、1つずつ確実に理解できるよう噛み砕いた解説というスタイルがかなり有効。決して焦ることなく時間をかけてでも、少しずつ確実に理解できるよう精査したうえでの解説がポイントになるかと思います。

グレーゾーンの私自身も、学生時代はなかなか理解できず苦戦しました。

しかし解説を聞いていると「1つずつ確実に理解していこう」という気持ちは持っており、まだ理解しきれていないのに先へ進められると途端にパニックになるといった経験もあり。

したがって一度に多くの解説をするというのはタブーで、子供がしっかり理解してから次へ進むような解説がおすすめ。わかりやすい解説があることで、より発達障害で成績アップが期待できるようになります。

Point④疑問点をすぐに解消できているか

Point④疑問点をすぐに解消できているか

発達障害で成績悪いとき、わりと気が付きにくいのが「素早い疑問解消」ができていない部分。

この素早い疑問解消という行動は極めて重要といえる家庭学習のポイントで、疑問に感じたまま放置しているとその部分がネックとなって勉強をつぎへ進めることがまったく出来ません。

また子供のなかにおいても疑問点はかなりストレスとなるもので、これが原因となって勉強を嫌になったり、途中で投げ出してしまうといった悪循環につながるため極めて要注意ポイントになります。

また発達障害があることで疑問がそのままになっていることで勉強中にイライラしたりと、スムーズで効率の良い家庭学習とはまったく無縁の環境となってしまう場合もあるかと。

したがって子供が疑問に感じた場合は、できる限り素早く疑問解消を行うことでより勉強を好きになったり、結果的に成績アップへつながりやすくなるポイントです。

勉強中に疑問を感じたときは放置していると悪い影響が増えていくばかりなので、一刻も早く疑問解消に努めるというのも親の重要な役目になるかと思います。

Point⑤落ち着いて勉強にとり組めているか

Point⑤落ち着いて勉強にとり組めているか

発達障害で成績悪いとき、学習環境などによる「モチベーション」についても要チェックです。

とくに発達障害があることによって環境などに敏感となる場合も多く、物理的・心理的いずれにおいても悪影響となる部分は排除することがポイント。

たとえば勉強部屋に気が散ってしまう要素が多ければ減らす、家庭内に問題があり嫌な空気となっていれば改善するなど、子供が落ち着いて勉強できる環境を整えるのも成績アップに効果的です。

ふだん見慣れているため気が付きにくいのがこの学習環境で、わりとこの部分で子供のモチベーションが下がってしまい、結果的に成績が悪くなるという場合も多くみられるもの。

気が付きにくいだけに問題点として挙がることは極めて少ないかと思いますが、再度家庭内などをしっかりとチェックして、落ち着いて勉強できる環境であるか確かめてみるのがおすすめです。

子供は敏感に空気感などを感じ取りますが、発達障害があるとよりその傾向が強まりやすくなります。

参考までに。

発達障害の中学生に適した「わかりやすい勉強の仕方」おすすめ3選

発達障害の中学生に適した「わかりやすい勉強の仕方」おすすめ3選
グレーゾーンの経験からわかった「発達障害の中学生に適したわかりやすい勉強の仕方」について解説しています。本当の意味でわかりやすい家庭学習を実践することが期待できます。

yukky

発達障害で成績悪いときの、原因と対処方法について解説してきました。

しかし実施するのが困難という場合もあるかと思います。

そこで、親を助けてくれる「おすすめ勉強スタイル」を紹介します。

矢印

発達障害の成績アップにおすすめ勉強スタイル

発達障害の成績アップにおすすめ勉強スタイル

発達障害で成績悪いとき、改善に向けた5つのおすすめ対処方法について解説してきました。

いずれの対処法においても、しっかり親が一緒になって取り組むことがポイント。

とはいえ仕事が忙しく時間が取れないなどの場合は、つぎの学習スタイルが私はおすすめと思います。

  • 通信教育(紙教材)を利用する
  • 通信教育(デジタル教材)を利用する
  • オンライン指導を利用する

いわゆる外部委託による学習スタイルですが、成績アップを図るかなり有効な手段。

5つの対処方法をすべて親代わりとなって勉強を見てくれるため、費用対効果に優れる学習スタイルです。

さらに詳しく、3つのおすすめ学習スタイルについて解説します。

おすすめ①通信教育(紙教材)を利用する

おすすめ①通信教育(紙教材)を利用する

楽しさ復習理解疑問解消

イラストなど

別冊教材で可能

教材による

教材による

全般的にメリットが最も大きいとは言えませんが、成績アップにはおすすめの学習スタイルです。

最近ではデジタル教材が主流となってきた傾向にありますが、その中でも自然体で家庭学習できるのがこの紙教材の大きなメリット。したがって抵抗なく勉強にとり組めるかと思います。

教材選び次第なところもありますが、発達障害で成績悪いときに効果的な内容。

必須となる重要な要素はすべて完備しており、親の代わりとなって成績アップに貢献してくれる学習スタイルかと。まんべんなく成績アップ対策が期待できるので、しっかりと教材さえ選べば有意義な家庭学習にとり組むことができます。

紙教材選びでのおもなポイントは、情報がとにかく多いこと。イラストなど楽しさ要素もしっかり備わっていて、成績アップにかかせない多くの情報量があれば極めて効果的な勉強が期待できます。

発達障害で成績悪いときに、まず気にしておきたい学習スタイルになります。

yukky

私のおすすめは「ポピー」という紙教材です。

発達障害の中学生に「通信教育ポピー」の効果および選ぶ前のチェックポイント

発達障害の中学生に「通信教育ポピー」の効果および選ぶ前のチェックポイント
紙教材ポピーを実際に利用したグレーゾーンの私が発達障害の中学生に通信教育「中学ポピー」を選ぶ前のチェックポイントについて詳しくご紹介します。

 

おすすめ②通信教育(デジタル教材)を利用する

おすすめ②通信教育(デジタル教材)を利用する

楽しさ復習理解疑問解消

アニメーションなど

無学年方式で可能

映像授業

AIシステム

通信教育のなかでも、とくに「復習しやすい」のがこのデジタル教材です。

もちろん5つの対処策についても、すべて完備しているのが特徴。

またデジタル教材というのはパソコンやタブレットを使った学習スタイルで、インターネットによりボリュームある情報量で、高い満足度の家庭学習を構築しやすいのが大きなメリットになります。

なかでも「映像授業」はかなり親の代わりとなって活躍してくれる機能で、わかりやすい解説によって理解度アップに大きく貢献するデジタル教材ならではのシステムになります。

しかも「無学年方式」の教材を選べば、過去の復習もしっかり可能。

またビジュアル面においても極めて楽しさを感じやすく、アニメーションや豊富なイラストによって発達障害があっても興味を持ちやすいのが特徴。楽しさを感じやすいことで継続性アップにもつながりやすく、勉強に向かうために必要な基本部分をしっかりと抑えることができます。

映像授業によってかなり理解へつなげやすいのも大きなメリットですが、さらに豊富な問題数が備わっているため確実性の高い定着も期待できるのがデジタル教材のメリット。

またAIシステムによって効果的な苦手対策などもできるため、親の代わりとして十分な機能でスムーズな家庭学習を実践することが期待できる学習スタイルになります。

私としては、かなりおすすめのスタイルです。

yukky

私が探ってきた中から「とくにおすすめのデジタル教材」を紹介しています。

発達障害の勉強におすすめ「動画」でわかりやすく学べるデジタル教材3選

発達障害の勉強におすすめ「動画」でわかりやすく学べるデジタル教材3選
発達障害の勉強におすすめ「動画」でわかりやすく学べるデジタル教材を3選にして紹介します。グレーゾーンの私が選んだので間違いなくおすすめです。

 

おすすめ③オンライン指導を利用する

おすすめ③オンライン指導を利用する

楽しさ復習理解疑問解消

講師による

ピンポイント学習

ピンポイント学習

マンツーマン指導

発達障害で成績悪いとき、ピンポイント学習でおすすめなのがオンライン指導です。

訪問タイプの家庭教師を利用することも多いですが、最近ではこうしたオンライン版の家庭教師を利用するという学習スタイルもかなり人気。家庭教師とまったく同じ感覚で利用でき、しかも費用が安く設定されているため使い勝手に優れるスタイルになります。

とくに発達障害があると苦手箇所をしぼり切れず、あちこちに未理解部分が散乱しているという場合も少なくないかと。こうした状況でも講師が画面越しに弱点を指摘してくれたり、また疑問をその場で即解消できるなど、発達障害における最適な学習環境を構築するにはかなりおすすめといえるスタイルになります。

楽しさ要素などは講師次第という部分もありますが、総合的にみると極めて効果的な成績アップ対策が期待できるのが大きなメリット。

また訪問タイプのように派遣エリアといった概念もないので、全国どこでも利用することができます。

全国から優秀な講師が集まりやすい、というのも特徴のひとつです。

yukky

私が電話確認などで探った「超おすすめオンライン家庭教師」です。

発達障害の中学生に適した「オンライン家庭教師」おすすめベスト3選

発達障害の中学生に適した「オンライン家庭教師」おすすめベスト3選
発達障害の中学生におすすめなオンライン家庭教師を3選にしてご紹介します。家庭教師で「講師との対面」に不安のある家庭へおすすめなオンラインでの勉強方法です。

 

発達障害におすすめ勉強スタイル比較まとめ

ここまでに紹介した3つの学習スタイルを比較一覧表としてまとめます。各教材名をクリックすると先ほどの詳しい解説項目へ戻ります。

教材名紙教材デジタル教材オンライン指導
楽しさ
イラストなど

アニメーションなど

講師による
復習
別冊教材で可能

無学年方式で可能

ピンポイント学習
理解
教材による

映像授業

ピンポイント学習
疑問解消
教材による

AIシステム

マンツーマン指導

 

まとめ

yukky

今回は「発達障害で成績悪いときの改善方法が知りたい」という疑問に対して、

発達障害で成績悪いときチェックしたい5つの学習ポイント

発達障害の成績アップにおすすめ勉強スタイル

といった形で、私自身の経験をもとに答えてきました。

発達障害で成績悪いときは、まず原因を探って改善策を見つけることが先決。

かならず成績が悪くなる原因があるので見つけ出し、発達障害の特性なども考慮しながら最適な改善策を実施することで、効果的な成績アップ対策が期待できます。

発達障害で成績悪いとき、今回の内容をぜひお役立てください。

 

タイトルとURLをコピーしました