発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

発達障害の中学生に「動画対策」がおすすめな3つの理由

こんにちは、ゆっきーです。発達障害のある中学生に「どんなタブレット学習がおすすめなの?」と悩みますよね。

私もグレーゾーンで勉強には苦労してきましたが、そんな経験からおすすめのタブレット学習をお伝えしようと思います。

まさに「発達障害の学習支援教材」といっても間違いないレベル。

そこで今回は、実際に私も体験をしてわかった発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習について詳しくお話ししていきます。

発達障害の中学生にすすめたいタブレット学習

発達障害の中学生にすすめたいタブレット学習

発達障害の中学生には「すらら」というタブレット学習
をさせてみてください。

発達障害の中学生にすすめたいタブレット学習

ホームページ
http://surala.jp

私もいろいろとそんな教材を探してきましたが、発達障害の中学生にもっともおすすめなタブレット学習が”通信教育すらら”という発達障害支援の専門家が監修をして作られた教材です。

実際に私もしっかりと体験してみましたが、これなら発達障害の子供に必要な要素がすべて含まれているので間違いなくおすすめのタブレット学習だと実感しています。

発達障害の中学生にすすめたいタブレット学習

まずキャラクターが見える部分で子供の興味を惹くことができますし、さらに対話型アニメーション授業というスタイルなので話しかけてきます。

講師が話しかけてくるので傍にいるような感覚で勉強ができ、きっと講師の言葉にうなずき答えながら勉強を進めていくはずです。私にはそんな風景が思い浮かんできます。

無料体験もできますので、一度なさってみてはいかがでしょうか。

発達障害の中学生にすすめたいタブレット学習

✅ ホームページはこちら

http://surala.jp

発達障害のある中学生にタブレット学習の選び方

発達障害のある中学生にはどんなタブレット学習がおすすめ?

私も実際にグレーゾーンで苦労してきた経験から、つぎの3つの要素がそろっているタブレット学習を選ぶべきです。

発達障害の中学生にはこのようなタブレット学習がおすすめです。

  1. まずは興味を引くための”楽しさ”が感じられる。
  2. 少しずつ確認をしながらゆっくりと進んでいく。
  3. 対話によって子供と会話している感覚がある。

また周りの同級生を見てきたことからも間違いなくこの要素はタブレット学習には必要になるはずです。1つずつ簡単に説明します。

選び方のポイント①興味を引くための「楽しさ」が感じられる

まずは興味を引くための”楽しさ”が感じられる

まず発達障害のもっとも大きな特性に”興味”があります。

この興味というのは勉強にも深く関わりのあるもので、まず子供が興味をもたないことには勉強も何も始まることはまずありません。

私自身がそうでしたが、興味のないものにはまったく見向きもしない、逆に興味を持ったものにはとことんハマって延々と続けるという特性があります。

したがって勉強に取り組むときに、まずこの”興味”を持つことができなければスタートさえ切ることができないというわけです。

では「どんなふうにすれば興味を持たせることができるか?」ですが、このようにお考えになってみるのがいちばんおすすめです。

「一般的に子どもが興味を示すもの」

この答えはこのようなものです。

  • アニメや漫画など誰が見ても”楽しさ”を感じられるもの。
  • 楽しさを感じることのできる言葉。

この2つは間違いなく子供が興味を持てる代表的なものです。

こういった要素のあるタブレット学習を選ぶことで、まずスタートを切るための準備が初めて整います。

選び方のポイント②少しずつ確認をしながらゆっくりと進んでいく

少しずつ確認をしながらゆっくりと進んでいく

中学生に限らず発達障害のお子さんがいらっしゃればお分かりのように「ほんの少しの言葉でいかに説明するか?」がとても大切です。

ちょっとでも長い文章になると理解してくれなくなるので、なるべく少ない言葉で伝えることがとても大事な部分になってきます。

これをタブレット学習に当てはめると、一般的な「ずっと説明が続く」といった授業を見せても全く理解できず間違いなく途中で逃げてしまいます。

それではダメです。

いかに少ない説明で話が終わるか?これが大事なポイントです。

選び方のポイント③対話によって子供と会話している感覚がある

対話によって子供と会話している感覚がある

タブレット学習というのは基本的に”ドリル”を淡々とこなしていく、というのが一般的なスタイルになっているものです。

私もいろいろなタブレット学習を見てきましたが、普通はそんなものです。

したがってそのうち飽きてしまったり、問題が解けないからと続けることができなくなってしまうのが当然の姿です。

しかしタブレット学習に「授業」という機能があれば、まったく話は変わってきます。

先ほどお伝えしたように「ずっと説明のある授業」では意味がありませんが、もし子供に話しかけるような授業であれば間違いなくおすすめです。

発達障害の特性として

「話しかけられると興味を示す」という事があると思います。

さらに楽しさを感じることのできる対話と、ときにはポンッと背中を押してくれるような声掛けがあれば発達障害の中学生でも勉強に集中できるようになるものです。

したがってタブレット学習にこの「対話形式で少ない説明の授業」が備わっていれば、まず間違いなくおすすめの教材ということができます。

なかなかそのような教材は見つかりませんが、いろいろと探ってみると数は少ないですが見つかるものです。

>>もう一度おすすめタブレット学習教材を見る<<

発達障害のある中学生にすすめたいタブレット学習まとめ

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習まとめ

ここまでをまとめておきます。

発達障害の中学生に必要なタブレット学習の要素は、

  • 興味を引くための”楽しさ”がある。
  • 少しずつ確認&ゆっくり進む。
  • 対話による会話。

これに見合ったタブレット学習は「通信教育すらら」がもっともおすすめだと私は思います。

ほかにもたくさんのタブレット学習がありますのでイチガイにこれがいいとはいいませんが、私が中学生の勉強を考え始めてもっとも根拠がそろっていておすすめだったのが「通信教育すらら」です。

もっとも発達障害支援の専門家が監修していることでもともとの作りが違うのもありますし、さらに文部科学大臣賞を受賞していることからも質の高さが分かると思います。

またタブレット学習すららは5教科「国語・英語・数学(算数)・理科・社会・英検・数検」に対応しているので、必要なものはすべて揃っています。

さらに詳しい内容はこちらでご確認ください

http://surala.jp

 

 人気記事 

発達障害の中学生は「動画授業」による勉強がおすすめな3つの理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました