発達障害の子どもの勉強法は適した内容に置き換えることが大切

発達障害の子どもの勉強法は適した内容に置き換えることが大切

発達障害の子どもを育てる親御さんにとって、とくに難題となるのは勉強だと思います。

勉強法の考え方や捉え方というのは、健常児と同じではなりません。

そうした間違ったやり方を実践すれば、発達障害の子どもはあっという間にいっぱいいっぱいになってしまい勉強どころではなくなります。

だからこそ子どものことを一番理解している親御さんが、子どもにぴったりと合った基準でサポートしてあげることが大切になります。

ぴったりな勉強のやり方を見つける

サポートをしていく上で大事なことは、発達障害の子どもにぴったりな「勉強のやり方」です。

どのように勉強へ取り組んでいるのかをまず観察し、頑張りを促すことが重要。

親御さんが簡単だと思う勉強でも、発達障害によって子供には理解できないことが多々あります。

例えば中学生だからといっても、小学生の問題から取り組むこともアリ。理解できていない根本的な基礎部分をしっかり固めてあげることが先決になります。

 

また「どうしてこんな問題ができないのか」と、親御さんのほうが落ち込んでしまいがち。

しかしその姿を見る子どもの心は傷ついてしまいますので、先に挙げたように簡単だと思う問題でも発達障害の子どもには分からないことが多々あります。

一番大事なことは「その子どものレベルに合わせた勉強」になります。

無理して現在の学年問題に取り組ませても、何もできないのでパニックになってしまい、勉強が嫌いになります。その場合にはまず低学年、低レベルの応用問題に取り組ませてみるのがおすすめです。

その子どものレベルに合わせることが大事ですし、親御さんがマンツーマンで宿題を見てあげることも日々の学習法としての積み重ねになるポイントです。

さらに一人で勉強をやらせようとすると、できない問題から始めてしまったり、集中力も低下したりとパニックになります。

まずは机に向かわせ、これから勉強をするという意識を働かせ、安心できる見守り役が側にいることで集中力を養えます。もちろん親御さんがついて勉強を教えるようにしてあげるのが一番ですが、兄や姉がいるなら、任せてみるのもおすすめです。

場合によっては外部委託も

ときには家庭教師を雇うのも、互いにとって気持ちも新たに取り組めます。

また昨日教えたのにもう覚えていないということもありますが、復習すること、再度その問題を教えてから次の問題に取り組むことも重要。子どもに合わせて進めて行く勉強法が大事になります。

学年にとらわれない、子どもの実力に合った教材も用意してみてください。

つまずいているところに気づけたことに喜び、学び直しができることで成長したと捉えることが大事。

たったこれだけで伸びしろが見つかることも多くあります。

タイトルとURLをコピーしました