発達障害の高校受験におすすめ「訪問型家庭教師」ベスト3選

ユッキ―

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「発達障害の高校受験におすすめの家庭教師が知りたい!」という疑問に応えます。

私自身もグレーゾーンで育ったため、発達障害の中学生に家庭教師を考える気持ちは痛いほどわかります。

とくに学習塾で受け入れ拒否をされた、などの経験はとても辛いもの。

そこで私の立場から、発達障害の子供とその家庭の味方として「絶対に失敗しない超優秀な訪問型家庭教師」を3選まで徹底的に絞り込んで紹介します。

後半では、高校受験に向けたおすすめ家庭教師の失敗しない選び方を解説します。

ぜったいに高校受験を突破しましょう!

発達障害の高校受験におすすめ超優秀な家庭教師ベスト3選

発達障害の高校受験におすすめ超優秀な家庭教師ベスト3選

発達障害の高校受験におすすめの家庭教師として、ここでは「訪問型」という基準を設けて3選をピックアップしました。

学研の家庭教師

学研の家庭教師出典:学研の家庭教師

発達障害の理解度派遣エリア全国
おもな受験対策
  • 公立高校受験コース
  • 国私公立中高一貫コース
  • 難関校別入試傾向対策
  • 定期テスト対策
  • 早慶付属帰国子女受験対策

ユッキ―

学研の家庭教師は、発達障害で「私立高校」「公立高校」いずれもおすすめのオンライン家庭教師です。

いわずと知れた「学研」が運営する家庭教師で、訪問型・オンライン型いずれも全国対応。したがって住む地域などは関係なく、子供をはじめ家庭にぴったりの家庭教師指導を受けることができます。

発達障害への対応についても経験豊富で安心して任せることができ、さらに高校受験対策においても必要十分なコース設定により高い学習効果が期待できる内容。公立高校から難関私立高校まで十分に対応可能な家庭教師です。

また不登校コースも用意されているので発達障害で学校に行けない場合でも任せることができ、これまでにも多くの不登校児を高校受験させてきた実績もあり。

講師陣においてもプロ・学生2通り選べますが、いずれを選んでも高いクオリティをもっているため期待大。とくに私立高校受験の場合はプロ講師を選ぶほうがおすすめです。

きっと、これ以上に「安心感」のある家庭教師はほかに見ないのではと。またオンライン版も用意されているので学習スタイルにおける選択肢が広がるのもメリットになると思います。

まず選んでおけば間違いのない、安心できる極めておすすめの家庭教師です。

学研の家庭教師こちらで詳しい資料請求ができます。

家庭教師入会問い合わせプロモーション

参考:発達障害で不登校の中学生が安心して利用できる「学研の家庭教師」

 

家庭教師ノーバス

家庭教師ノーバス出典:家庭教師ノーバス

発達障害の理解度派遣エリア首都圏
おもな受験対策
  • 公立・私立高校受験コース
  • 最難関校受験コース
  • 推薦受験コース
  • 各塾併用コース
  • 中高一貫校・付属校専門コース

ユッキ―

家庭教師ノーバスは、とくに「発達障害の理解に重点を置きたい」という場合におすすめです。

全国でもっとも発達障害を理解しているのでは、と思える訪問型の家庭教師。

派遣エリアが首都圏ということで限られますが、このノーバスが運営するインターネット家庭教師Nettyを利用することで、地方に住んでいても発達障害に適したマンツーマン指導を受けることができます。

発達障害への理解と対応力については文句なし。さらに高校受験(公立・私立)における効果的な対策もしっかり行われているため超優秀。

一般的な偏差値の公立高校から、ハイレベルの私立高校受験まで幅広く対応できることでもおすすめ。

おもに家庭教師が発達障害を受け付けない、もっとも大きな理由となっているのがインフラ整備が整わないため、とくに発達障害における講師陣の対応スキルなどが伴わないものですが、この家庭教師ノーバスはその点をいち早く理解・対応してきた第一人者ともいえる家庭教師です。

高校受験も大事だけど、発達障害への対応もしっかりと、という場合には極めておすすめです。

家庭教師ノーバスこちらから無料体験ができます。

家庭教師のノーバス

参考:発達障害の中学生「家庭教師ノーバス」を選んで損しない7つの理由

 

家庭教師ファースト

家庭教師ファースト出典:家庭教師ファースト

発達障害の理解度派遣エリア全国
おもな受験対策
  • 発達障害コース
  • 高校受験対策(国公立・私立・一貫校)
  • プロ家庭教師コース
  • 系統別さかのぼり指導
  • オーダーメイドの学習カリキュラム

ユッキ―

家庭教師ファーストは、とくに「発達障害と高校受験の両立」を考える場合におすすめです。

かなり歴史のある家庭教師として人気があり、健常児への対応はもちろんですが、講師陣を中心に発達障害対応力も兼ね備えている数少ない会社。

すでに発達障害コースが設けられていることからもわかるように、発達障害の理解に努めてきた家庭教師で、実際に発達障害へむけた資格などを有した講師陣が揃っているのが大きなメリットになります。

このように「発達障害コース」を設けている家庭教師は全国でも珍しく、しかも講師陣が本当に対応スキルを備えている会社というのは極めて少ないというのが事実です。

講師陣においては勉強指導だけではなく、発達障害の資格を活かした対応力がバツグン。

したがって高校受験対策はもちろん勉強への取り組み方などから教わることが可能で、発達障害の中学生へむけ学習・人間性をはじめ、総合的に能力を養うことが期待できる講師陣となっています。

これまでの合格実績もかなり豊富で、超難関校対策もできるため、発達障害でギフテッドの場合にも最適といえる家庭教師。もちろん発達障害全般(ADHD・ASD・LD)などへの対応力も備えているので、いちど相談してみる価値は十分にあるかと思います。

家庭教師ファーストこちらから詳細をチェックできます

家庭教師ファースト「発達障害コース」

参考:家庭教師ファーストの評判・料金・効果など徹底調査!(外部サイト)

 

発達障害の高校受験にベストな家庭教師を選ぶポイント

発達障害の高校受験にベストな家庭教師を選ぶポイント

グレーゾーンの経験からすれば選ぶときのポイントは複数ありますが、とくに次の3つは超重要です。

  1. 発達障害をしっかり理解&対応できる
  2. 高校受験(公立・私立)への対策が十分に講じられている
  3. 優秀な講師陣が揃っている

1つでも欠けてしまうと、おすすめの家庭教師とはいえません。

さらに詳しく3つのポイントを説明します。

発達障害をしっかり理解&対応できる

発達障害をしっかり理解&対応できる

発達障害で高校受験をめざすとき、もっとも着目したいのが「理解と対応力」です。

もし今までに学習塾や家庭教師に断られたという経験があれば痛いほどわかると思いますが、受け入れ態勢の整っている家庭教師を選べばその問題はすべて解消。まずはしっかりと「受け入れ態勢」が整っていることのチェックが重要なポイントです。

発達障害に対する受け入れ態勢についての確認方法は、おもにウェブサイトにおける目視。つぎに電話確認による聞き取りを行うことで、より具体的な受け入れ情報を聞くことができます。

高校受験も大切ですが、この「発達障害の理解と対応力」も極めて重要。

まず初めにこの部分について、しっかりとチェックすることをおすすめします。

高校受験(公立・私立)への対策が十分に講じられている

高校受験(公立・私立)への対策が十分に講じられている

家庭教師といえばピンポイントな指導が大きな魅力ですが、高校受験で結果を出せる指導はまた別です。

とくに重要となるのが「高校受験対策」の豊富さや細かさで、その中でも志望校にピッタリの対策を講じられていることによって確実性の高いピンポイント指導を受けることができます。

高校受験対策において自信のある家庭教師ほど、より緻密な対策が講じられているもの。

たとえば志望校の分析&対策、難関校別対策、過去のデータ分析など、高校受験合格に向けた細かな対策が多く講じられている家庭教師ほどおすすめの判断材料となります。

また公立高校対策では過去問から落とし込んだ練習問題や、私立校対策では志望校別特殊問題対策など。

公立高校受験では教科書範囲からの出題となるため内容は全国一律ですが、私立高校受験においては学校ごとに独自問題が出題されるため志望校ごとの対策は極めて効果的。

したがって志望校にむけたぴったりの対策が講じられている、というのも発達障害の中学生におすすめの家庭教師といえます。

優秀な講師陣が揃っている

優秀な講師陣が揃っている

家庭教師を利用して、大きく結果を左右するのが「講師のクオリティ」です。

高校受験対策などはより緻密で豊富に揃っているほうが優秀な家庭教師といえますが、それだけでは高校受験にむけ片手落ちで「優秀な講師陣」というのも大きなポイントになります。

この「優秀」というのは、具体的にいえば「正確に教えるための学歴」「指導力」の2つ。

いずれかが欠けても高校受験に向けた勉強として最適とはいえず、両方の要素が揃っている優秀な講師陣であることがおすすめの家庭教師といえる条件です。

よく家庭教師(訪問型・オンライン型とも)で見かけるキャッチコピーが「楽しく元気な講師です」というもの。一見すると明るく勉強しやすいように思えますが、より確実性の高い家庭教師を選ぶなら精神的部分よりも「学歴」「指導力」に注目することが重要です。

家庭教師の講師(大学生)の場合は、おもに一般募集で集まった講師陣。したがって気軽なアルバイト感覚で在籍する場合もあるため学歴などを徹底的にチェック、さらに一般募集よりも「紹介制」で集まっている講師陣のほうが優秀な傾向にあるので、この部分もおすすめ家庭教師を選ぶポイントになります。

最後はこの「優秀な講師陣」に着目して、おすすめの家庭教師を選びだしてください。

まとめ

ユッキ―

今回は「発達障害の高校受験におすすめの家庭教師」についてお話ししてきました。

私自身グレーゾーンなので、おすすめ家庭教師を探すときは「発達障害への対応力」がとくに重要と思っており、さらに高校受験に向けた「合格に向けた確実性の高い講師と対策」が揃っていることが極めて必須と感じています。

また絶対に忘れてはいけないのが「2次面接対策」で、一過性の取り組みでは結果につながりません。

少しでも早くとり組んで生活習慣のクセを活かすのが重要なポイントになるので、1ち次筆記対策だけではなく面接対策も早めにスタートすることがおすすめです。

参考:発達障害の中学生におすすめ「中学生新聞」が面接対策にぴったり

最後に、私自身が感じている選ぶべきではない

家庭教師について。

くれぐれもキャッチコピーに騙されないでください。

なぜなら根拠のない精神論ばかり謳っていたり、料金の安さを全面的に表現していたりと「発達障害」「高校受験合格」とは何の関係もない場合が多いため。

もちろん料金面などは家庭教師選びとして重要なポイントですが、まずは発達障害の中学生が志望校へ合格するというのが、いま家庭教師を考えるうえでの目的です。

したがってまずは発達障害への対応力をはじめ、高校受験に向けた確実性の高い指導が重要。さらに料金面とのバランスをとることで、ベストな家庭教師を見つけることができます。

発達障害の高校受験(公立・私立)におすすめの家庭教師を選ぶとき、ぜひ今回の内容を参考になさってみてください。きっと「良いこと」がたくさん起こると思います。

yukky

✅ もう一度「発達障害おすすめ訪問型家庭教師」をチェックする。

→ 発達障害の高校受験におすすめ超優秀な家庭教師ベスト3選

 

タイトルとURLをコピーしました