お知らせ ►►

すららキャンペーン

私がおすすめ発達障害支援の専門家による「すらら」が入会金0円キャンペーン中です。

詳しくは➝https://surala.jp 私のレビュー:すららの口コミ

【発達障害の中学生】図形が苦手な3つの原因およびベストな対処法

【発達障害の中学生】図形が苦手な3つの原因およびベストな対処法

ユッキ―

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。今回は発達障害で図形が苦手‥という中学生へ対する改善策について実体験を交えながら解説します。

  • いくら家庭学習で教えても図形認識ができない‥
  • どうすれば図形の理屈を理解させられるのだろう‥

こんな疑問をお持ちでしたら、ここでお伝えする内容がきっと参考になると思います。

発達障害の中学生が図形を苦手とする3つの原因

発達障害の中学生が図形を苦手とする3つの原因

私もグレーゾーンなので良く分かりますが、発達障害の中学生が図形を認識できないのはこんな原因があります。

  • 長さは理解できても「奥行き」の間隔が掴めない。
  • 図形を見る角度によって「形」が異なる。
  • 実際に自分で触れて見て「確かめること」ができない。

この3つの原因について詳しく解説します。

長さは理解できても「奥行き」の感覚が掴めない

長さは理解できても「奥行き」の感覚が掴めない

いちばん大きな原因となっているのが、この「奥行き」についての問題ではないでしょうか。

いくら家庭学習で説明をしても図形が苦手という場合は、ほとんどの場合がこの「奥行き」を理解できないため頭がこんがらがっている状態。いわゆる平面は理解できても、3次元的な奥行きの感覚までは理解できていない状態です。

グレーゾーンの私もこの奥行きの感覚が掴めず、図形問題をかなり苦手としていました。いくら頭の中で奥行きを想像しても、いっこうに感覚を掴めないのが発達障害の特徴です。

とくに紙教材などを用いて家庭学習を行っている場合はこの奥行きが掴みづらく、いくら説明をしたところでほとんど理解につながることはありません。

この「奥行き」という感覚は、発達障害の中学生にとって「図形が苦手になってしまう大きな原因の1つ」です。

図形を見る角度によって「形」が異なる

図形を見る角度によって「形」が異なる

発達障害があると、複数情報を同時に理解することが難しいです。

1つの図形でも見る角度によっては「四角錐➝三角錐」に見えたりすることで、なんで四角が三角になってしまうのか理解できず頭が混乱してしまいます。

とくに先ほどもお話しした「図形の奥行き」も理解しながら見る角度による形の変化にも対応しなければいけないので、とてもじゃないけど頭が追い付かず図形認識ができません。

平面図形であれば理解できていても、立体図形になった途端にさっぱり理解しなくなった‥という場合は、このような「奥行き」にプラスして「形の変化」にも追い付いていない場合がほとんどです。

したがって発達障害の中学生が図形を苦手となる場合は、この「形の変化」も大きな原因となってきます。

実際に自分で触れて見て「確かめること」ができない

実際に自分で触れて見て「確かめること」ができない

とくに紙教材など「図形が動かない状態で認識させる」というのは発達障害の中学生にとって超難題です。

学校の黒板でも同じことで、いくら平面上で立体図形を説明してもほぼ理解しません。

頭の中で立体図形が動く姿を想像するというのが発達障害では苦手となるため、実際に立体模型などで示さない限りは図形認識へはつながらないと考えた方がいいとグレーゾーンの私は思います。

とにかく「図形が動くことで理解につながる」ということ。

この「確かめることができない」という状況は発達障害の中学生にとって極めて理解しづらい環境であり、これも図形を苦手とする大きな原因の1つになっています。

発達障害の中学生へ図形を理解させるおすすめの対処法

発達障害の中学生へ図形を理解させるおすすめの対処法

では「どうすれば発達障害の中学生が図形を理解してくれる?」について。

とくに立体図形の認識というのはかなり難題で、先ほどお話しした3つの原因をすべて解消できなければ理解につながることはまずないといっても過言ではありません。

そこで、グレーゾーンの私がおすすめする対処法が「デジタル教材の活用」です。

デジタル教材の活用

デジタル教材とういのは、いわゆる通信教育(ネット教材)。

紙教材よりもはるかに図形認識へつなげやすく、とくに発達障害の中学生へとって極めておすすめといえる家庭学習方法です。

ただしデジタル教材を選ぶときの注意点として、先ほどの3つの原因を解消できることが大切。

  • 長さは理解できても「奥行き」の間隔が掴めない。
  • 図形を見る角度によって「形」が異なる。
  • 実際に自分で触れて見て「確かめること」ができない。

これらの原因を解消へつなげるためには、適切に構成されているデジタル教材であることが重要。

ユッキ―

とくに、このような構成となっているデジタル教材がおすすめです。

✅ おすすめのデジタル教材とは

  • 黒板やホワイトボードではなく「アニメーション」の説明であること。
  • 1部の角度だけではなく、展開図などからも立体図形の「感覚」が掴めること。

映像授業の搭載

まずは映像授業の搭載が必須条件で、しかも「アニメーション」で動きがあること。

デジタル教材には「実在講師の黒板による授業」「アニメーション授業」の2種類があり、黒板授業というのは平面で奥行きなどが理解できないのでアニメーション授業であることが最低条件になります。

しかもアニメーション授業の場合は図形が回転したり展開図になったりと、さまざまな角度から確認できるのでより立体(奥行き)の感覚を掴みやすくなります。

矢印

このような条件に当てはめてデジタル教材を考えると、おのずとピックアップされるのが次の教材。

  • 次世代型アニメーション授業「すらら」
  • スマイルゼミ
  • 進研ゼミ「ハイブリッドスタイル」

いずれもアニメーションの映像授業が搭載されていて、図形認識が捗りやすいデジタル教材です。

さらにこの中でとくにおすすめのデジタル教材は、

私も実際にすべてを体験した上で、いちばん最適と感じたのが次世代型アニメーション授業「すらら」

次世代型アニメーション授業「すらら」

こんなふうに私も体験しましたが、かなり図形問題が理解しやすかったです。

完全なアニメーション授業によって図形問題が詳しく解説されていて、しかも発達障害支援の専門家が監修しているため少しずつ分かりやすい授業となっていることで発達障害の中学生におすすめです。

もちろん、ほかのデジタル教材でも構いません。

しかし発達障害支援の専門家が監修しているデジタル教材というのは他にないため、とくに優位性が高いといえるのが次世代型アニメーション授業「すらら」になります。

また文部科学大臣賞の受賞歴もあるため、まったく不自由のない家庭学習を実現できます。

「すらら」の無料体験

✅ もし興味があれば「すらら」の無料体験はこちら。

https://surala.jp/ 

私のレビュー:発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

まとめ

ユッキ―

今回は、発達障害の中学生がとくに苦手な図形についてお話ししてきました。

私の実体験から考えても、とにかく頭が混乱しやすい単元というのがこの図形問題になります。

いちばん理解において大事なのが「図形が動くこと」です。

もし家庭学習であれば同じ模型などを用意して、目の前で触って動かしてみることが図形の理解へつなげやすい教え方になります。

もしまったく同じ図形が用意できないといった場合は、

私がおすすめのデジタル教材としてご紹介した次世代型アニメーション授業「すらら」などを活用されるのも良い手段になります。

優秀なデジタル教材は親が教えても図形を理解してくれない‥という悩みをすべて代わりとなって教えてくれるので、これ以上ない確実性の高い学習方法となります。

 

タイトルとURLをコピーしました