※当サイトは一部「PR」を含みます。

3月の期間限定キャンペーン中!
すらら高校受験にむけた、総仕上げの悩みは「無学年式」でしっかり解消!
「すらら」が期間限定
入会金0円キャンペーン中です。
✅ 詳しくは➝ https://surala.jp

 

発達障害の中学生「進学」におすすめ全国の全寮制高校ベスト12選

発達障害の中学生におすすめ全国の安心・優秀な全寮制高校ベスト12選

yukky

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「発達障害におすすめの全寮制高校が知りたい!という疑問に答えます。

発達障害の中学生にとって、適切な学習環境やサポート体制が整った全寮制の高校を選ぶことは重要。幅広いニーズに対応し、安心できる教育環境を提供する優秀な全寮制高校が全国に存在します。

この記事では発達障害を持つ中学生(家庭)において、とくにおすすめの

全寮制の高校をいくつかご紹介します。

発達障害でも行ける高校、という風に捉えてもいいかもしれません。

これらの高校は熟練の教職員や専門的なサポートチームを備え、個々のニーズに合わせたカリキュラムや個別支援を提供しており、発達障害の中学生におすすめの全寮制高校ばかりです。

発達障害を持つ中学生が安心して成長し、自己の可能性を最大限に発揮できる学習環境を探している方々にとって、この記事は貴重な情報源となると私は考えています。

発達障害へ対応している全寮制高校おすすめ12選

発達障害へ対応している全寮制高校おすすめ12選

発達障害対応の全寮制高校について、関東・関西をはじめ全国的にピックアップします。

ただし全てが全寮制の高校というわけではなく、一部は寮もあるという高校も混じります。はじめに発達障害の中学生を受け入れている全寮制高校、つぎに一部寮となっている高校を紹介します。

全寮制高校 黄柳野(つげの)高等学校

黄柳野(つげの)高等学校出典:黄柳野(つげの)高等学校

所在地愛知県新城市
全寮制スタイル全日制

黄柳野(つげの)高等学校の寮

全寮制高校「黄柳野(つげの)高等学校」は寮があり、寮では自立心と協調性を身につけるための環境を提供しています。寮は男子寮と女子寮の2つがあり、それぞれ10名から15名の子どもたちが住んでいます。寮には食堂、自習室、浴室、洗濯室などの設備があります。

寮では子どもたちが料理や掃除などの家事をすることで、自立心を身につけることができます。また寮生活を通して、子どもたちは仲間と協力し、助け合う大切さを学ぶことができます。

黄柳野高等学校の寮は、子どもたちが自立心と協調性を身につけるための環境を提供しています。

黄柳野(つげの)高等学校の特徴

全寮制の高校である黄柳野(つげの)高等学校が発達障害に対して提供するメリットは以下のようなものが考えられます。

  • 専門的なサポート体制
    発達障害を抱える生徒に対して、高校全体で専門的なサポート体制が整備されていることが期待されます。特別教育の専門家やカウンセラーが常駐し、発達障害生徒の個別のニーズに合わせた支援を提供することが可能です。
  • 個別指導の機会
    全寮制の高校では、生活や学習の場面で個別指導の機会が増えます。発達障害を抱える生徒は、個別の学習計画や教育プランに基づいて指導を受けることができます。またクラスサイズが比較的小さくなることが多いため、教師がより一対一の対応をすることが期待できます。
  • 社会的スキルの向上
    全寮制の高校では、発達障害生徒が共同生活を送ることが求められます。これにより、発達障害を抱える生徒も自然と社会的なスキルを磨く機会が増えます。共同生活においては、協力やコミュニケーション能力、自己管理能力などが重要となります。
  • 一貫したルーティンと予測可能性
    発達障害を抱える人にとって、一貫したルーティンや予測可能性は安心感を与えます。全寮制の高校では生活や学習のスケジュールがしっかりと定められており、発達障害生徒が安定した環境で生活することが期待できます。
  • ピアサポートの機会
    全寮制高校では、同じような状況や課題を抱える仲間が身近にいるため、ピアサポートの機会が増えます。発達障害を抱える生徒同士が助け合ったり、理解し合ったりすることで、自己肯定感や社会的な関係性の構築が促進される可能性が期待されます。

以上のような要素が、全寮制高校「黄柳野高等学校」における、発達障害へのメリット。特徴として考えられます。ただし個々の高校や生徒によって具体的な状況は異なるため、適切な支援や環境を提供してくれる全寮制高校を選ぶことが重要です。

白根開善学校 中等部・高等部

白根開善学校 中等部・高等部出典:白根開善学校 中等部・高等部

所在地群馬県吾妻郡
全寮制スタイル全日制

白根開善学校 中等部・高等部の寮

全寮制高校「白根開善学校 中等部・高等部」は、自立心と協調性を身につける環境を提供しています。

寮は男子寮と女子寮の2つがあり、それぞれ10名から15名の子どもたちが在住。寮には食堂、自習室、浴室、洗濯室などの設備がある全寮制高校。寮では子どもたちが料理や掃除などの家事をすることで、自立心を身につけることができます。また寮生活を通して子どもたちは仲間と協力し、助け合う大切さを学ぶことができます。

全寮制高校「白根開善学校 中等部・高等部」の寮は、子どもたちが自立心と協調性を身につけるための環境を提供しています。子どもたちの将来を支える全寮制高校です。

白根開善学校 中等部・高等部の特徴

全寮制高校「白根開善学校の中等部・高等部」が発達障害に対して、提供する特徴は以下のようなものが考えられます。

  • 専門的な支援体制
    全寮制高校「白根開善学校」は、発達障害を抱える生徒に対して専門的な支援体制を整えています。特別教育の専門家やカウンセラーが在籍し、個別のニーズに合わせた教育プランやサポートを提供。生徒の発達特性に理解を示し、最適な学習環境を提供することが期待されます。
  • 高い個別指導の機会
    全寮制高校「白根開善学校」では、個別指導が重視されます。発達障害を抱える生徒にとって、一人ひとりの学習スタイルやペースに合わせた指導が重要。小人数のクラス編成や教師との密な関わりがあり、発達障害生徒一人ひとりに対する個別の学習支援が行われます。
  • 社会的スキルの育成
    発達障害を抱える生徒にとって、社会的スキルの育成は重要な課題。全寮制高校「白根開善学校」では共同生活やクラブ活動などの機会を通じて、社会的な関係性やコミュニケーション能力の向上を支援します。発達障害生徒同士が助け合い、支え合うことで、自己肯定感や友情形成の促進が期待されます。
  • 安定した環境とルーティン
    白根開善学校は全寮制であり、安定した環境とルーティンが提供されます。発達障害を抱える生徒にとって、予測可能な環境や一貫したルーティンは安心感をもたらす部分。日常生活や学習のスケジュールが明確に定められており、生徒は安定した環境で学ぶことができます。
  • インクルーシブな教育環境
    全寮制高校「白根開善学校」では、発達障害を抱える生徒と一般的な生徒が共に学ぶインクルーシブな教育環境を提供しています。これにより、発達障害を抱える生徒は多様な人々との交流や学びの機会を得ることができます。相互理解や共感を通じて、発達障害生徒たちは社会的な多様性を尊重する姿勢を養うことが期待できる全寮制高校です。

以上のような要素が、全寮制高校「白根開善学校の中等部・高等部」における発達障害への特徴およびメリットとして考えられます。ただし個々の高校や発達障害生徒によって具体的な状況は異なるため、適切な支援や環境を提供してくれる全寮制高校を選ぶことが重要です。

参考:白根開善学校 中等部・高等部

フリースクール玄海

フリースクール玄海出典:フリースクール玄海

所在地福岡県古賀市
全寮制スタイルフリースクール

フリースクール玄海の寮

全寮制「フリースクール玄海」は福岡県古賀市にある、不登校やひきこもり、発達障害の子どもたちのための学校です。高校では子どもたちが自分の能力を伸ばし、社会に貢献できる人材になるためのサポートを提供しています。

寮は男子寮と女子寮の2つがあり、各寮は9人から10人の子どもたちが住んでいます。寮には食堂、自習室、浴室、洗濯室などの設備があります。

フリースクール玄海の全寮制は不登校やひきこもり発達障害の子どもたちにとって、安心して生活し、学ぶことができる環境を提供しています。子どもたちの将来を支える寮です。

フリースクール玄海の特徴

全寮制「フリースクール玄海」が発達障害に対して提供する、特徴・メリットは以下のようなものが考えられます。

  • カスタマイズされた教育プラン
    全寮制「フリースクール玄海」では、発達障害を抱える生徒の個別のニーズに合わせたカスタマイズされた教育プランが提供されます。発達障害生徒一人ひとりの学習スタイルやペースに合わせた指導や支援が行われ、自己肯定感や学習意欲の向上が期待されます。
  • 少人数のクラス環境
    全寮制「フリースクール玄海」では、少人数のクラス環境が提供されます。これにより、教師と生徒との密な関わりや個別のサポートが可能となります。発達障害を抱える生徒にとって、落ち着いた環境や個別の指導は学習や成長において有益です。
  • 自己決定と自己表現の促進
    全寮制「フリースクール玄海」では発達障害生徒の自己決定や自己表現を尊重し、積極的にサポートします。発達障害を抱える生徒が自分自身の意見や興味に基づいて学習や活動を選択し、自己成長を促進することが大きく期待できます。
  • ソーシャルスキルの向上
    全寮制「フリースクール玄海」では発達障害を抱える生徒が、異年齢や多様なバックグラウンドを持つ生徒と交流する機会があります。これにより、ソーシャルスキルやコミュニケーション能力の向上が期待されます。他者との関わりを通じて、相互理解や協力の重要性を学ぶことができます。
  • 心理的安全性の提供
    全寮制「フリースクール玄海」では、発達障害生徒の心理的安全性を重視しています。発達障害を抱える生徒は、他の生徒や教師との関わりの中で、自分自身を受け入れられる環境を体験することができます。これにより、自己肯定感や自己効力感の向上が期待されます。

以上のような要素が、全寮制「フリースクール玄海」の発達障害への特徴・メリットとして考えられます。

参考:フリースクール玄海

生野学園

生野学園出典:生野学園

所在地兵庫県朝来市
全寮制スタイル全日制

生野学園の寮

兵庫県にある全寮制高校「生野学園」は、発達障害のある子どもたちのための宿泊施設です。寮では子どもたちが安心して生活し、学ぶことができる環境を提供しています。

寮は男子寮と女子寮の2つがあり、各寮は10人から15人の子どもたちが住んでいます。寮には食堂、自習室、浴室、洗濯室などの設備があります。

寮では子どもたちが自立心を身につけ、社会に出て活躍するための力を養うことが期待できます。また寮生活を通して子どもたちは仲間と協力し、助け合う大切さを学ぶことができる全寮制高校です。

生野学園の特徴

兵庫県にある全寮制高校「生野学園」は、発達障害のある子どもたちのための高校。学校では子どもたちが自分の能力を伸ばし、社会に貢献できる人材になるためのサポートを提供しています。全寮制高校「生野学園」の特徴およびメリットは以下のとおりです。

  • 発達障害の専門家による指導
    達障害の専門家による指導により、子どもたち個々のニーズにあった指導を受けることができます。
  • 少人数制の授業
    少人数制の授業により、子ども一人ひとりにきめ細かな指導を受けることができます。
  • 一人ひとりの個性を尊重した教育
    一人ひとりの個性を尊重した教育により、子どもたちが自分の能力を伸ばすことが期待できます。
  • 就職や進学へのサポート
    就職や進学へのサポートにより、子どもたちが社会に出て活躍するための準備をすることができます。

全寮制高校「生野学園」は発達障害のある子どもたちにとって、安心して学べる環境を提供しています。子どもたちの将来を支える全寮制高校です。

参考:生野学園

全寮制 青山高校

全寮制 青山高校出典:全寮制 青山高校

所在地三重県津市
全寮制スタイル全日制

青山高校の寮

全寮制「青山高校」の寮は、3つの寮があります。

  • 第一寮:男子寮
  • 第二寮:女子寮
  • 第三寮:国際寮

寮はすべて三重県内にあり、高校から徒歩圏内にあります。

寮の定員は各寮で約20名で、寮では食事、洗濯、掃除などの生活費がすべて含まれています。また寮では自立心と協調性を身につけるための、様々なプログラムが用意されています。

青山高校の寮は、子どもたちが自立心と協調性を身につけるための環境を提供しています。子どもたちの将来を支える全寮制高校です。

青山高校の特徴

全寮制「青山高校(三重県)」は、発達障害のある子どもたちのための学校です。高校では子どもたちが自分の能力を伸ばし、社会に貢献できる人材になるためのサポートを提供しています。

全寮制「青山高校」の発達障害に対する特徴・メリットは、以下のとおりです。

  • 発達障害の専門家による指導
    発達障害の専門家による指導により、子どもたちの個々のニーズにあった指導を受けることができます。
  • 少人数制の授業
    少人数制の授業により、子ども一人ひとりにきめ細かな指導を受けることができます。
  • 一人ひとりの個性を尊重した教育
    一人ひとりの個性を尊重した教育により、子どもたちが自分の能力を伸ばすことが期待できます。
  • 就職や進学へのサポート
    就職や進学へのサポートにより、子どもたちが社会に出て活躍するための準備をすることができます。

全寮制「青山高校」は発達障害のある子どもたちにとって、安心して学べる環境を提供しています。子どもたちの将来を支える高校です。

参考:青山高校

吉備高原学園高等学校

吉備高原学園高等学校出典:吉備高原学園高等学校

所在地岡山県加賀郡
全寮制スタイル全日制

吉備高原学園高等学校の寮

全寮制「吉備高原学園高等学校」の寮は2016年に開設され、寮は発達障害のある子どもたちのための宿泊施設です。寮では子どもたちが安心して生活し、学ぶことができる環境を提供しています。

寮は男子寮と女子寮の2つがあり、各寮は10人から15人の子どもたちが住んでいます。寮には食堂、自習室、浴室、洗濯室などの設備があります。

寮では子どもたちが自立心を身につけ、社会に出て活躍するための力を養うことが期待できます。また寮生活を通して子どもたちは仲間と協力し、助け合う大切さを学ぶことができる全寮制高校です。

全寮制「吉備高原学園高等学校」の寮は、発達障害のある子どもたちにとって安心して生活し、学ぶことができる環境を提供しています。子どもたちの将来を支える寮です。

吉備高原学園高等学校の特徴

全寮制「吉備高原学園高等学校」は、発達障害を抱える生徒に対して以下のような特徴・メリットを提供する可能性があります。

  • 専門的な支援体制
    全寮制「吉備高原学園高等学校」は、発達障害を抱える生徒に対して専門の支援体制を整えています。特別支援教育の専門家やカウンセラーが在籍し、個別のニーズに合わせた教育やサポートを提供します。
  • カリキュラムの適応
    全寮制「吉備高原学園高等学校」では、発達障害を抱える生徒の学習ニーズに合わせてカリキュラムを適応させることができます。個別の学習計画や教材の調整により、発達障害生徒が自分のペースで学ぶことができます。
  • 小規模な学習環境
    全寮制高校「吉備高原学園高等学校」は、比較的小規模な高校である場合があります。これにより発達障害生徒一人ひとりに対してより個別のサポートや、指導を提供することができます。教員との密な関係が築かれるため、生徒は安心感を持ちながら学ぶことができます。
  • ソーシャルスキルの発展
    全寮制「吉備高原学園高校」では、発達障害を抱える生徒が他の生徒との交流や協力を通じてソーシャルスキルを発展させる機会を提供します。クラブ活動や集団プロジェクトなど、多様な社会的な活動を通じてコミュニケーションや協調性を育むことが期待できます。
  • 心理的なサポート
    全寮制「吉備高原学園高等学校」では、心理的なサポートも重視されています。カウンセリングや心理教育を通じて、生徒の心理的な健康や自己肯定感をサポートします。発達障害生徒の個々のニーズに合わせた心理的なサポートが提供されることがあります。

これらのメリットは一般的な特徴であり、高校の具体的な取り組みやプログラムによっても異なる場合があります。全寮制「吉備高原学園高等学校」の公式ウェブサイトや高校関係者から詳細な情報を入手することをおすすめします。

西濃学園高等学校

西濃学園高等学校出典:西濃学園高等学校

所在地岐阜県揖斐郡
全寮制スタイル全日制

西濃学園高等学校の寮

全寮制「西濃学園高等学校」には男子寮と女子寮の2つがあり、各寮は約20人の生徒が住んでいます。

寮費は食事、洗濯、掃除などの生活費がすべて含まれており、寮では自立心と協調性を身につけるための様々なプログラムが用意されています。また寮では仲間と協力し、助け合う大切さを学ぶことが期待できます。

全寮制「西濃学園高等学校」は、発達障害生徒たちが自立心と協調性を身につけるための環境を提供しています。

西濃学園高等学校の特徴

全寮制「西濃学園高校」は、発達障害のある生徒を受け入れている高校です。高校では発達障害生徒たちが自分の能力を伸ばし、社会に貢献できる人材になるためのサポートを提供しています。

全寮制高校「西濃学園高等学校」の発達障害に対するメリットは、以下のとおりです。

  • 発達障害の専門家による指導
  • 少人数制の授業
  • 一人ひとりの個性を尊重した教育
  • 就職や進学へのサポート

全寮制「西濃学園高等学校」は発達障害のある生徒にとって、安心して学べる環境を提供しています。発達障害生徒たちの将来を支える高校です。

兵庫県立神出学園

兵庫県立神出学園出典:兵庫県立神出学園

所在地神戸市西区
全寮制スタイルフリースクール

兵庫県立神出学園の寮

全寮制高校「兵庫県立神出学園」には男子寮と女子寮があり、高校の敷地内にあるため発達障害生徒たちは学校に通うために通学することができます。寮では食事、洗濯、掃除などの生活面のサポートを受けることができ、生徒たちが自由に勉強や休憩をすることができるスペースも用意されている全寮制高校です。

全寮制高校「兵庫県立神出学園」の寮は、発達障害生徒たちが安心して学ぶことができる環境を提供しています。また寮生活を通じて、生徒たちは自立心や協調性を身につけることが期待できます。

兵庫県立神出学園の特徴

全寮制高校「兵庫県立神出学園」は、発達障害の生徒を対象とした全寮制の高校です。兵庫県立神出学園には発達障害の生徒に適した教育環境が整っており、生徒たちは安心して学び成長することが期待できます。

全寮制高校「兵庫県立神出学園」の発達障害に対する特徴・メリットは、以下のとおりです。

  • 発達障害の専門家による指導を受けることができます。
  • 発達障害を持つ生徒同士の交流を通じて、自立心や協調性を身につけることができます。
  • 全寮制のため、生活面のサポートを受けることができます。
  • 生徒一人ひとりの個性に合わせた教育を受けることができます。

全寮制高校「兵庫県立神出学園」は発達障害の生徒が安心して学び、成長することができる高校です。

参考:兵庫県立神出学園

つくし学園しぜん農学校

つくし学園しぜん農学校出典:つくし学園しぜん農学校

所在地愛知県名古屋市、津島市
一部スタイル通信制

つくし学園しぜん農学校の寮

全寮制高校ではなく一部寮「つくし学園しぜん農学校」の寮は、不登校やひきこもりなどの困難を抱えた子どもたちのための宿泊施設です。寮では子どもたちが安心して生活し、学ぶことができる環境を提供しています。

寮は男子寮と女子寮の2つがあり、各寮は10人から15人の子どもたちが住んでいます。寮には食堂、自習室、浴室、洗濯室などの設備があります。

寮では子どもたちが自立心を身につけ、社会に出て活躍するための力を養うことが期待できます。また寮生活を通して子どもたちは仲間と協力し、助け合う大切さを学ぶことが期待できます。

つくし学園しぜん農学校の寮は、不登校やひきこもりなどの困難を抱えた子どもたちにとって、安心して生活し学ぶことができる環境を提供しています。

つくし学園しぜん農学校の特徴

つくし学園しぜん農学校は、発達障害のある生徒を受け入れている高校です。高校では発達障害生徒たちが自分の能力を伸ばし、社会に貢献できる人材になるためのサポートを提供しています。

つくし学園しぜん農学校の発達障害に対する、特徴・メリットは以下のとおりです。

  • 発達障害の専門家による指導
  • 少人数制の授業
  • 一人ひとりの個性を尊重した教育
  • 就職や進学へのサポート
  • 農業体験を通して、自然の中で自立心を身につけることができる

つくし学園しぜん農学校は発達障害のある生徒にとって、安心して学べる環境を提供しています。全寮制高校ではなくとも発達障害生徒たちの将来を支える高校です。

参考:つくし学園しぜん農学校

自由の森学園中学校・高等学校

自由の森学園中学校・高等学校出典:自由の森学園中学校・高等学校

所在地埼玉県飯能市
一部スタイル全日制

自由の森学園中学校・高等学校の寮

全寮制高校ではありませんが、自由の森学園中学校・高等学校には、男子寮と女子寮があります。寮は学校の敷地内にあり、発達障害生徒たちは高校に通うために通学することができます。

寮では生徒たちは食事、洗濯、掃除などの生活面のサポートを受けることができ、発達障害生徒たちが自由に勉強や休憩をすることができるスペースも用意されています。

自由の森学園中学校・高等学校の寮は、発達障害生徒たちが安心して学ぶことができる環境を提供しています。また寮生活を通じて、生徒たちは自立心や協調性を身につけることが期待できます。

自由の森学園中学校・高等学校の特徴

自由の森学園中学校・高等学校は、発達障害を抱える生徒に対して、以下のような特徴・メリットを提供する可能性があります。

  • 専門的な支援体制
    自由の森学園中学校・高等学校は、発達障害を抱える生徒に対して専門の支援体制を整えている場合があります。教員やカウンセラー、特別支援教育の専門家が在籍し、個別のニーズに合わせた教育やサポートを提供することができます。
  • カリキュラムの適応
    全寮制高校ではなく一部寮といえる自由の森学園中学校・高等学校では、発達障害を抱える生徒の学習ニーズに合わせてカリキュラムを適応させることができます。個別の学習計画や教材の調整により、発達障害生徒が自分のペースで学ぶことができます。
  • ソーシャルスキルの発展
    学校での社会的な関係性の構築や、コミュニケーションスキルの発展も重要です。自由の森学園中学校・高等学校では発達障害を抱える生徒が、他の生徒との交流や協力を通じてソーシャルスキルを発展させる機会を提供することがあります。
  • 安定した学習環境
    発達障害を抱える生徒にとって、学習環境の安定性は重要です。自由の森学園中学校・高等学校は、継続的な支援や安定した学習環境を提供することで、発達障害生徒の学習意欲や自己肯定感の向上に寄与することができます。

ただし、具体的な支援内容やプログラムは学校ごとに異なる場合があります。詳細な情報や最新の取り組みについては、自由の森学園中学校・高等学校の公式ウェブサイトや高校関係者にお問い合わせいただくことをおすすめします

参考:自由の森学園中学校・高等学校

フリースクール元気学園

フリースクール元気学園出典:フリースクール元気学園

所在地静岡市駿河区
一部スタイルフリースクール

フリースクール元気学園の寮

全寮制高校ではなく一部寮「フリースクール元気学園」には学生寮があり、寮では食事、洗濯、掃除などの生活面のサポートを受けることができます。また寮には生徒たちが、自由に勉強や休憩をすることができるスペースも用意されています。

フリースクール元気学園の寮は、発達障害生徒たちが安心して学ぶことができる環境を提供しています。また寮生活を通じて、生徒たちは自立心や協調性を身につけることが期待できます。

フリースクール元気学園の寮の特徴は、以下のとおりです。

  • 寮は、学校の敷地内にあります。
  • 生徒たちは食事、洗濯、掃除などの生活面のサポートを受けることができます。
  • 生徒たちが自由に勉強や休憩をすることができるスペースが用意されています。
  • 生徒たちが安心して学ぶことができる環境を提供しています。
  • 寮生活を通じて、生徒たちは自立心や協調性を身につけることが期待できます。

フリースクール元気学園の寮は、発達障害生徒たちが安心して学び、成長することができる環境を提供しています。

フリースクール元気学園の特徴

フリースクール元気学園は全寮制高校ではありませんが、発達障害を抱える生徒に対して以下のような特徴・メリットを提供する可能性があります。

  • 個別の学習支援
    元気学園は発達障害を抱える生徒の、個別学習ニーズに合わせた支援を行います。カリキュラムや教材を調整し、発達障害生徒が自分のペースで学ぶことができる環境を提供。また専門の教員やカウンセラーが、生徒の進捗や課題に対して適切なサポートを行います。
  • ソーシャルスキルの発展
    元気学園では発達障害を抱える生徒が他の生徒と交流し、ソーシャルスキルを発展させる機会を提供します。集団活動やグループワークを通じてコミュニケーションや協力のスキルを向上させることが期待できます。
  • 心理的なサポート
    元気学園では、心理的なサポートも提供されます。カウンセリングや心理的なアセスメントを通じて、生徒の心理的な健康をサポート。またストレス管理や自己認識のトレーニングなど、発達障害生徒の心理的な成長に寄与するプログラムも実施されることがあります。
  • 自己表現や創造性の育成
    発達障害を抱える生徒にとって、自己表現や創造性の育成は重要です。元気学園では芸術やクリエイティブな活動を通じて、発達障害生徒の表現力や創造力を引き出す機会を提供します。絵画、音楽、演劇などのクラスやプロジェクトに参加することで、生徒は自己表現のスキルを向上させることへつながります。
  • 家族との協力体制
    元気学園では、生徒の発達障害への理解と家族との協力を重視しています。家族とのコミュニケーションや相談の機会を提供し、生徒の教育と発達において家族のサポートを受けることができます。

ただし、具体的なプログラムや取り組みは高校ごとに異なる場合がありますので、フリースクール元気学園の公式ウェブサイトや学校関係者にお問い合わせいただくことをおすすめします。

北星学園余市高等学校

北星学園余市高等学校出典:北星学園余市高等学校

所在地静岡市駿河区
一部スタイル全日制

北星学園余市高等学校の寮

北星学園余市高等学校は全寮制高校ではなく「寮下宿制度」があり、寮下宿は学校の敷地内にある下宿に住みながら高校に通うことができる制度。寮下宿では食事、洗濯、掃除などの生活面のサポートを受けることができ、また寮下宿には生徒たちが自由に、勉強や休憩をすることができるスペースも用意されています。

北星学園余市高等学校の寮下宿制度の特徴は、以下のとおりです。

  • 学校の敷地内にあるため、通学が便利です。
  • 食事、洗濯、掃除などの生活面のサポートを受けることができます。
  • 生徒たちが自由に勉強や休憩をすることができるスペースが用意されています。
  • 寮生活を通じて、生徒たちは自立心や協調性を身につけることが期待できます。

北星学園余市高等学校の寮下宿制度は、発達障害生徒たちが安心して学び、成長することができる環境を提供しています。寮下宿の費用、月額10,000円で食費は別途必要です。

寮下宿の申し込みは、学校の入学手続きの際に行うことができます。

北星学園余市高等学校の特徴

全寮制高校ではなく一部寮「北星学園余市高等学校」は、発達障害の生徒を受け入れている高校です。北星学園余市高等学校には発達障害の生徒に適した教育環境が整っており、生徒たちは安心して学び成長することが期待できます。

北星学園余市高等学校の発達障害に対する、特徴・メリットは、以下のとおりです。

  • 発達障害の専門家による指導を受けることができます。
  • 発達障害を持つ生徒同士の交流を通じて、自立心や協調性を身につけることが期待できます。
  • 寮下宿制度を利用することで、生活面のサポートを受けることができます。
  • 生徒一人ひとりの個性に合わせた教育を受けることができます。

北星学園余市高等学校は、発達障害の生徒が安心して学び、成長することができる高校です。

参考:北星学園余市高等学校

発達障害へ対応している全寮制高校まとめ一覧

yukky

紹介してきた発達障害対応おすすめ全寮制高校(一部寮もあり)を、比較一覧表でまとめます。

それぞれの学校名を選ぶと、先ほどの各解説項目へ戻ります。

学校名所在地スタイル
黄柳野(つげの)高等学校愛知県新城市全寮制全日制
白根開善学校 中等部・高等部群馬県吾妻郡全寮制全日制
フリースクール玄海福岡県古賀市全寮制フリースクール
生野学園兵庫県朝来市全寮制全日制
全寮制 青山高校三重県津市全寮制全日制
吉備高原学園高等学校岡山県加賀郡全寮制全日制
西濃学園高等学校岐阜県揖斐郡全寮制全日制
兵庫県立神出学園神戸市西区全寮制フリースクール
つくし学園しぜん農学校愛知県名古屋市、津島市一部通信制
自由の森学園中学校・高等学校埼玉県飯能市一部全日制
フリースクール元気学園静岡市駿河区一部フリースクール
北星学園余市高等学校静岡市駿河区一部全日制

そもそも全寮制高校とは?

そもそも全寮制高校とは?

全寮制高校とは学生が学校の施設内で生活し、寮での生活が義務付けられている高等学校のことを指します。一般的な高校と異なり、学生は通学ではなく寮に滞在しながら高校での教育を受けます。

以下に、全寮制高校の特徴をいくつか挙げます:

  • 寮生活の義務化: 全寮制高校では、学生が学校の寮に滞在することが義務付けられます。寮生活を通じて、学生は共同生活や自己管理のスキルを身につける機会を得ることが期待できます。
  • 寮でのサポート体制: 全寮制高校では、生活面や学習面でのサポートが提供されます。寮の教職員や指導員が学生の安全や福祉を確保し、学業や個人的な問題に対して支援を行います。
  • 寮内での学習環境: 全寮制高校では、寮内に学習スペースや図書館などの施設が整備されていることがあります。学生は寮内での学習時間を設けることで、集中して勉強に取り組むことができます。
  • 社会的なつながりの構築: 寮生活を通じて、学生同士や教職員との交流が促進されます。共同生活を送ることで、友情や協力関係の構築、社会的なスキルの発展などが期待されます。

全寮制高校は一般的に学生の自立や責任感の育成、集中的な学習環境の提供などを目的としています。

ただし全寮制高校の運営方法や特徴は高校ごとに異なる場合がありますので、とくに発達障害における全寮制高校を選ぶときは、具体的な高校の情報やプログラムに基づいて詳細を確認することが重要です。

発達障害における全寮制高校の選び方

発達障害における全寮制高校の選び方

発達障害における全寮制高校を選ぶ際には、以下の要素を考慮することが重要です。

専門的なサポート体制

全寮制高校が、発達障害に特化した教育を提供しているかどうかを確認。高校がどのようなサポート体制を整えているか、個別のニーズに応じた支援やカウンセリングサービスが充実しているか、についてチェックするのがおすすめです。

全寮制高校において、発達障害を持つ生徒に対して専門的なサポート体制を提供することは、彼らの学習や社会生活の支援において非常に重要です。以下に一般的に見られる、専門的なサポート体制の例をいくつかご紹介します。

学習支援

  • 個別指導: 発達障害のある生徒には、専門の教育者やカウンセラーが個別の学習支援を提供します。これにより、彼らの学習ニーズや能力に合わせた教育計画を立てることができます。
  • 補助教材: 特殊教育資源や学習支援ソフトウェアなどの補助教材を活用することで、発達障害のある生徒がより効果的に学習できる環境を整えます。

社会生活支援

  • カウンセリング:専門のカウンセラーが定期的に生徒と面談し、彼らの心理的なニーズや困難に向き合います。個別のカウンセリングやグループセッションを通じて、発達障害のある生徒が自己理解を深め、社会的スキルを向上させるサポートを提供します。
  • ソーシャルスキルトレーニング:社会的なスキルやコミュニケーション能力の向上を目指すため、発達障害のある生徒にはソーシャルスキルトレーニングが提供されることがあります。これには、コミュニケーションの取り方や対人関係の構築などを学ぶプログラムが含まれます。
  • 環境の配慮:アクセシビリティ: 校舎や施設のバリアフリー化や、必要な場合には特殊な学習環境を提供することで、発達障害のある生徒が円滑に高校生活を送ることが期待できるようになります。
  • 適切なクラスサイズ: 専門的なサポートを提供するためには、クラスの人数を適切に制限することが重要です。小規模なクラスでの教育が、個別のニーズに対応するのに役立ちます。

yukky

これらの専門的なサポート体制は発達障害のある中学生が、高校で成功するための環境を整えるために重要な要素となります。ただし具体的なサポート内容や取り組みは各高校や地域によって異なる場合あり。そのため入学を検討している学校のウェブサイトや入学案内などで、詳細な情報を確認することが重要です。

教職員の専門性と経験

高校の教職員が発達障害に関する、専門的な知識や経験を持っているかを徹底調査。教師が適切な指導や支援を提供できるかというポイントは、発達障害における全寮制高校にとって極めて重要です。

発達障害が入学できる全寮制高校では、教職員の専門性と経験が非常に重要な役割を果たします。以下に、教職員の専門性と経験に関連するポイントを解説します。

特殊教育の専門性

  • 教育資格とトレーニング: 教職員には特殊教育の資格やトレーニングを持っていることが期待されます。特殊教育の専門知識や教育技法を習得しており、発達障害を持つ生徒のニーズに適切に対応できる能力を持っていることが重要です。
  • 経験: 教職員が発達障害を持つ生徒と一緒に働いた経験も重要です。経験を通じて獲得した知識や洞察力により、生徒のニーズを的確に理解し、適切なサポートを提供することができます。

カウンセリングと心理支援の専門性

  • 専門家の配置: 全寮制高校では、専門のカウンセラーが配置されることがあります。これらのカウンセラーは発達障害に関する知識と経験を持ち、生徒の心理的なニーズや困難に対応するために専門的なサポートを提供します。
  • 統合的なアプローチ: 教職員やカウンセラーは、発達障害を持つ生徒の学習と社会的な発展の両面をサポートするために連携します。情報共有や相互協力を通じて、生徒の個別のニーズに対応する総合的なアプローチを追求します。

経験豊富な教育者と専門家との連携

  • 外部の専門家との協力: 全寮制高校では、必要に応じて外部の専門家との連携を図ります。精神保健専門家、言語療法士、職業訓練の専門家など、さまざまな分野の専門家が、教職員と協力して生徒のサポートに当たることがあります。

yukky

これらの要素を持つ教職員の専門性と経験は、発達障害を持つ生徒の学習や社会的な成長を促進するために不可欠です。入学を検討している高校の教育スタッフのプロフィールやバックグラウンドを確認することで、専門性や経験について詳細な情報を入手することが重要です。

カリキュラムの適合性

全寮制高校の学校カリキュラムが、発達障害の特性に合わせて調整されているか確認。個別の学習計画や特別な教育プログラムが提供されているか、発達障害のある子供における能力や興味に合わせた教育が受けられるかどうかを見極めるのもポイントになります。

発達障害が入学できる全寮制高校では、カリキュラムの適合性を重視しています。以下に、カリキュラムの適合性に関連するポイントを解説します。

個別のニーズに合わせた教育計画

発達障害を持つ生徒には、個別の教育計画が立てられます。これにより彼らの学習ニーズや能力に合わせたカリキュラムが提供されます。個別のニーズに合わせた教育計画は、特殊教育の専門家や教育者との協力のもとで作成され、生徒の学習目標の達成に向けたサポートを提供します。

柔軟な学習環境と教材

全寮制高校では、学習環境と教材の柔軟性が重視されます。発達障害を持つ生徒には、特殊教育資源や学習支援ソフトウェア、補助教材などが活用されます。これにより生徒が自分のペースで学び、異なる学習スタイルに合わせたアプローチを選択することができます。

社会的スキルの発達を促すカリキュラム

発達障害を持つ生徒の社会的スキルの発達を促すため、カリキュラムは社会的な学習やコミュニケーションスキルの強化に重点を置く場合があります。グループプロジェクトやコラボレーション活動、ソーシャルスキルトレーニングなどが導入されることで、生徒が社会的な関係を構築し、協力やコミュニケーションの能力を向上させることが期待されます。

サポート体制との連携

カリキュラムの適合性を確保するために、教職員とサポートスタッフとの緊密な連携が重要です。カリキュラムの実施や調整において、教育者や特殊教育の専門家、カウンセラーとの協力が行われます。これにより、生徒の個別のニーズに合わせたカリキュラムの調整や適切なサポートの提供が行われます。

yukky

カリキュラムの適合性は、全寮制高校で発達障害を持つ生徒が高校生活を充実させるために不可欠な要素。入学を検討している高校のカリキュラムや教育方針について詳細を調査し、発達障害の子供におけるニーズに適した環境が提供されているかを確認することが重要です。

クラスサイズと個別支援

全寮制高校では生徒一人ひとりへの個別支援が適切に行われるか、クラスの人数や教師と生徒の比率が適切であるかを確認。とくに発達障害に対する全寮制高校では、少人数制のクラスや専門のサポートスタッフが配置されていることが望ましいです。

発達障害が入学できる全寮制高校では、クラスサイズと個別支援の両方が重要な要素となります。以下に、それぞれの要素について詳しく解説します。

クラスサイズ

  • 小規模なクラス: 全寮制高校では、通常クラスサイズを小さく維持することが目指されています。これは教職員が生徒一人ひとりのニーズに適切に対応し、個別のサポートを提供するためです。小規模なクラスでは教師が生徒の進捗状況をより詳細に把握し、個別のニーズに応じた教育計画を立てることが容易になります。

個別支援

  • 専門教育者との連携: 発達障害を持つ生徒に対しては、専門の特殊教育者やカウンセラーとの連携が行われます。彼らは生徒の個別のニーズに応じた支援を提供し、学習や社会的な課題への対処において重要な役割を果たします。特殊教育者やカウンセラーは、クラス内での個別の指導やカウンセリングセッションを通じて、生徒の成長と発達をサポートします。
  • 個別の学習支援: 発達障害を持つ生徒には、個別の学習支援が提供されます。これには特殊教育資源や補助教材の活用、個別指導や小集団指導などが含まれます。個別の学習支援により生徒の学習ニーズに合わせた教育プランを実施し、学習の成果を最大化することが可能となります。

yukky

全寮制高校におけるクラスサイズの小規模化と個別支援の組み合わせは、発達障害を持つ生徒の学習や社会的な成長において非常に効果的です。これにより生徒一人ひとりのニーズに適切に対応し、支援を提供することができます。

入学を検討している高校のクラスサイズや個別支援の具体的な取り組みについて調査し、発達障害における全寮制高校選びでは、生徒のニーズに合わせたサポートが提供されているかを確認することが重要です。

コミュニティと生活環境

発達障害に対する全寮制高校では、寮生活の環境や高校の雰囲気が生徒にとって適切かどうかを考慮。子供が安心して高校生活を送り、他の生徒との交流や社会的なスキルの発展が図れるかを要チェックです。

発達障害が入学できる全寮制高校では、コミュニティと生活環境の整備が重要な役割を果たしています。以下に、それぞれの要素について詳しく解説します。

コミュニティ

  • 共感と理解の文化: 全寮制高校では発達障害を持つ生徒が受け入れられ、共感と理解のある文化が醸成されることが求められます。生徒や教職員はお互いを尊重し、多様性を認めることが重要。発達障害を持つ生徒が自己を表現し、他のメンバーとの関係を築くための安全で支持的な環境が必要です。
  • 共同体参加: 全寮制高校では、生徒が共同体の一員として参加する機会が与えられます。クラブ活動や学校行事など様々な社会的な活動に参加することで、生徒は交流や協力のスキルを発展させ、他の生徒とのつながりを深めることが期待できます。

生活環境

  • サポートスタッフの存在: 全寮制高校では発達障害を持つ生徒の日常生活をサポートするため、専門のスタッフが配置されます。生活指導員や寮監、カウンセラーなどが生徒と共に生活し、日常生活のスキルや自己管理能力の向上を支援します。
  • ルーティンと予測可能性: 発達障害を持つ生徒にとって、ルーティンや予測可能な環境は重要です。全寮制高校では一定のルーティンやスケジュールが確立され、予測可能な生活環境が提供されます。これにより生徒は安心感を持ち、日常生活において安定した経験を積むことができます。
  • ソーシャルスキルトレーニング(SST): 全寮制高校では、ソーシャルスキルトレーニングが実施されることがあります。生徒はコミュニケーションや人間関係の構築に必要なスキルを学び、実践する機会を得ることができます。このトレーニングにより、生徒の社会的な能力や自己表現力の向上が図られます。

yukky

コミュニティと生活環境の整備は、発達障害を持つ中学生が全寮制高校へ進んだあと、充実した経験を得るために重要です。入学を検討している全寮制高校のコミュニティの文化や生活環境について調査し、生徒の発達や幸福感をサポートする環境が提供されているかを確認することが重要です。

周辺環境とアクセス性

発達障害における全寮制高校では、学校の立地や周辺環境も重要なポイント。高校の近くには必要な施設や医療機関があり、家族との連絡や訪問が容易であるかを要チェックです。

発達障害が入学できる全寮制高校の周辺環境とアクセス性は、生徒の高校生活やサポート体制において重要な要素です。以下に、詳しい解説を提供します。

周辺環境

  • 自然環境: 全寮制高校は都市部や交通の便の良い場所にある場合もありますが、一部の高校では自然環境に恵まれた場所に位置しています。自然の中での学びやレクリエーション活動が提供されることにっより生徒がリラックスし、自然とのつながりを深める機会を得ることができます。
  • 安全な環境: 全寮制高校では、生徒の安全と保護を重視しています。周辺地域の安全性や高校内のセキュリティ対策が整備されており、生徒が安心して高校生活を送ることができる環境が整えられていることが重要です。

アクセス性

  • 交通手段: 全寮制高校のアクセス性は、生徒や保護者が高校にアクセスする際に重要な要素です。多くの学校は交通の便の良い場所に位置しており、公共交通機関や学校バスなどの交通手段が提供されています。また一部の高校では、生徒や保護者に対して交通サポートや送迎サービスを提供していることもあります。
  • 地域のサービスや施設: 全寮制高校の周辺環境には、生徒が必要とするサービスや施設のアクセス性も考慮されます。医療施設や専門家の診療所、レクリエーション施設などが近くにあり、必要な支援やサービスを提供する体制が整えられていることが全寮制高校に求められます。

yukky

全寮制高校周辺環境とアクセス性の整備は、生徒の高校生活やサポートへのアクセスを円滑にするために重要です。

発達障害で全寮制高校へ入学を検討している高校の、周辺環境やアクセス性について調査し、子供および家庭のニーズに適した環境が整っているかを確認することが重要です。

口コミや評判

全寮制高校の評判や口コミを調査し、他の保護者や生徒からの意見や経験を参考にするのがおすすめ。

発達障害が入学できる全寮制高校の口コミや評判は、高校の選択において重要な情報源です。以下に、口コミや評判の特徴と参考にすべきポイントを解説します。

学校のウェブサイトや資料

  • 公式情報: 全寮制高校のウェブサイトや資料は、学校の公式情報を提供しています。ここでは高校の教育方針、特徴的なプログラム、サポート体制などに関する情報を得ることができます。

口コミサイトやSNS

  • 生徒や保護者の声: 全寮制高校の口コミサイトやSNS上のコメントや投稿には、実際に高校に通っている生徒や保護者の声が集まります。彼らの体験談や評価は、全寮制高校の日常生活やサポートの実際の状況を知るための貴重な情報となります。
  • 経験豊富な人々のアドバイス: 全寮制高校の口コミサイトやSNSには、他の保護者や専門家のコメントやアドバイスも存在します。彼らは類似した経験を持つ人々であり、全寮制高校選びにおいて有益な情報や指針を提供してくれる場合があります。

学校への訪問や面接

  • 全寮制高校の雰囲気と直接の印象: 学校への訪問や面接は、高校の雰囲気や施設を直接体験する機会を提供してくれます。実際の校舎やクラス、教職員との対話を通じて、全寮制高校の環境や教育の質を判断することができます。

yukky

発達障害における全寮制高校の口コミや評判を参考にする際には、以下のポイントに留意することが重要です。

  • 複数の情報源を参照する: 単一の意見や評価に依存せず、複数の情報源を参照することで全寮制高校の客観的な視点を得ることができます。
  • 個別の経験と一般的な傾向の区別: 全寮制高校の口コミや評判は個々の経験に基づいているため、特定の意見や評価が一般的な傾向を表すものではないことに留意する必要があります。

口コミや評判は発達障害に対する全寮制高校選びの重要な要素ですが、最終的な判断をする際には自身のニーズや価値観に合致しているかを考慮し、複数の情報源を総合的に評価することが大切です。

子供自身の希望とマッチング

最終的には、全寮制高校が発達障害の子供における希望や、目標に合致しているかどうかを考慮。

発達障害が入学できる全寮制高校において、子供自身の希望とマッチングを考慮することは非常に重要です。以下に、その詳細な解説を提供します。

個別のニーズと希望の把握

  • 子供との対話: 全寮制高校は子供自身の希望や意見を尊重し、彼らとの対話を通じて彼らのニーズを把握することが重要です。発達障害を持つ子供は、自身の学習スタイルや環境に対して特定の好みやニーズを持つ場合があります。
  • 学習プロファイルの評価: 全寮制高校は学習プロファイルの評価や専門家との相談を通じて、子供の個々のニーズや強み、課題を理解することも重要です。これにより、子供自身の学習上の要求や関心事を考慮に入れることができます。

選択肢と比較

  • 学校の特徴とプログラム: 子供の希望とマッチングさせるためには、全寮制高校の特徴やプログラムを評価し、子供が関心を持つ領域や学習スタイルに合致しているかを確認する必要があります。学校のウェブサイトや資料、学校見学などを通じて情報を収集し、選択肢を比較することが重要です。
  • 学校のサポート体制: 発達障害を持つ子供にとって、全寮制高校のサポート体制が適切かどうかも重要な要素です。子供の希望とマッチングさせるためには、全寮制高校のサポート体制や専門的なスタッフの資格や経験などを評価し、子供のニーズに適したサポートが提供されるかを確認する必要があります。

子供の意思決定への参加

  • 自己決定の尊重: 子供の自己決定権を尊重し、彼らが自身の全寮制高校選びに積極的に参加できるようにすることが重要です。子供が自分自身の学習環境を選ぶことで、彼らの自己意識や自己責任感を育むことが期待できます。
  • サポートとガイダンス: 子供が自己決定を行う際には、サポートやガイダンスを提供することが重要です。学校や専門家との協力を通じて、子供が自分自身の希望とニーズを適切に評価し、全寮制高校選びにおける意思決定をするためのサポートを提供することが求められます。

yukky

発達障害の子供自身における希望とマッチングを考慮することにより、彼らは自己肯定感や自己効力感を高め、より充実した全寮制高校生活を送ることができます。そのためには子供の意見を尊重し、適切なサポートとガイダンスを提供することが重要です。

全寮制高校に入る発達障害の中学生へおすすめ勉強法

全寮制高校に入る発達障害の中学生へおすすめ勉強法

発達障害のある中学生を、全寮制高校へ入れることで1つ不安があるとすれば「自学」ではないかと。

とくに全寮制高校は子供1人で自宅学習を行うことになるため、中学3年生の頃からあらかじめ寮に進んでからの勉強方法を考えておかなければいけません。

全寮制高校における勉強方法として、つぎの要素が重要なポイントになってきます。

  • 子供1人で勉強を進めるためのコンテンツ(教材)一式
  • つまずき(疑問)解消につながるサポート
  • 学習内容を遠隔で親がチェックできるシステム

いずれか1つの要素が欠けてしまうと、きっと寮での勉強が大変になるかと。

さらに全寮制高校へ進学するまえ(遅くとも中学3年生)から、実際に取り組む勉強法を実践して慣れておくことも必要。したがって中学生時代から全寮制高校へ進学したあとも、そのまま継続して変わらない学習スタイルであることも重要です。

これらのポイントを抑えて全寮制高校へすすむ、発達障害の中学生に適した勉強法をピックアップします。

矢印

文部科学大臣賞「デジタル教材すらら」

文部科学大臣賞「デジタル教材すらら」

こんな場合におすすめ

  • 豊富な演習問題が搭載されているほうがいい。
  • 発達障害で勉強に興味を持てないので「楽しさ」を感じられるほうがいい。
  • アニメーション授業特有の「動き」「変化」により理解しやすいほうがいい。
  • AIシステムによるサポートがあるほうがいい。

発達障害支援の専門家によって作成された、文部科学大臣賞の受賞歴があるデジタル教材。

学習障害(LD)むけに理解しやすいアニメーション授業解説となっており、さらに無学年方式により中学生から高校生範囲まで継続して履修できる、

極めておすすめの勉強方法になります。

全寮制高校における寮生活で、必要十分なコンテンツが揃うデジタル教材。映像授業によって基礎理解へつなげ、さらに約80,000問以上の演習問題、また3種類のテスト機能によって、かなり完璧ともいえる寮生活の自宅学習が可能。

子供1人で理解~定着まで図ることが可能で、さらに疑問解消としてAIシステムによる「つまずき防止機能」「難易度コントロール」などで効率的なサポートもあり。さらに最終的な疑問解消方法としてプロ塾講師によるサポートも用意されており、最終的には担当講師へ質問できる仕組みも揃っています。

すららの機能(イメージ)

すららの機能(イメージ)

子供が履修した学習内容についても、遠隔で親がチェックすることも可能。

保護者用アカウントも用意されており学習内容をはじめ、学んだ分野・単元、学習時間、正誤率など、こと細かくチェックが可能。したがって親からのアドバイスや学習サポートなど、双方にとって安心できるシステムも用意されており、全寮制高校生活においてベストともいえる構成となっています。

発達障害支援の専門家が監修していることで1つの単元がかなり細分化され理解しやすい解説が大きなメリット。少しの解説と練習問題を交互に繰り返すテンポの良いアニメーション授業です。

その結果「気が付いたら自然と理解できていた」など、発達障害の中学生に高い評判も得ている映像授業となっています。

このように全寮制高校生活で必要となる、すべての要素が盛り込まれたデジタル教材。

パソコンまたはタブレット端末さえあれば学習可能で、発達障害の中学生が全寮制高校へすすむとき、かなり完璧といえる勉強法(通信教育)であると私は思います。

yukky

私のレビュー記事はこちら

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習
発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習について詳しくお話ししていきます。発達障害の中学生にタブレット学習をお考えでしたらきっと本当の意味で納得いくと思います。

シンプルイズベスト「デジタル教材スタディサプリ」

シンプルイズベスト「デジタル教材スタディサプリ」

こんな場合におすすめ

  • なるべくシンプルに操作できるほうがいい。
  • 一致率の高い教科書準拠のほうがいい(学校と同じペース)。
  • 自動的に定期テスト対策などを表示してくれると嬉しい。
  • わかりやすい解説の映像授業がいい。

発達障害の中学生が全寮制高校へ行くなら、このスタディサプリも勉強法としてかなりおすすめ。

デジタル教材のなかでも「シンプルさ」が際立つ構成で、基本的な勉強

スタイルとしては画面に同時表示される「映像授業」「受講テキスト」

進めていくという効率的な学習方法になります。

スタディサプリの大きな特徴となるのが神授業講師による映像授業で、わかりやすい解説で発達障害の中学生に人気。しっかり着地点から逆算した授業解説となっており、1つずつ確実に理解させようと工夫された解説によって、発達障害で全寮制高校へ進んでからの勉強法として最適といえる内容です。

また「無学年方式」が採用されているため、さかのぼり学習や先取り学習としても有効。発達障害で学力低下がみられる場合や、また逆にギフテッドで全寮制高校という場合でも、子供にぴったりの学習ができるのも大きなメリットになります。

スタディサプリの授業風景

スタディサプリの授業風景

スタディサプリは家庭学習として人気の通信教育で、その理由となっているのが「教科書準拠」という部分。国内でもトップレベルに教科書準拠の一致率が高く、教科書の出版社を登録しておけば高校と同じペースで履修できるため、毎日学習する箇所に迷うことなくスムーズな自学ができます。

したがって全寮制高校のカリキュラムが終わり寮に戻ってきてから、理解できなかった部分をすぐ解消させたい、発達障害によって毎日の学習箇所がわかりづらい、などの状況に最適なデジタル教材。

また時期になると定期テスト対策も表示され、教科書準拠なので内容がかなり一致しているのも成績アップへつながりやすいコンテンツ構成。子供が学習内容を考える、定期テスト範囲を考えるなど、間違ってしまうと根本的に悪影響を及ぼすという部分は、すべてオートメーション化されているのが特徴です。

神授業講師によるわかりやすい解説で、ムダな操作を必要としないシンプルな通信教育。

発達障害で全寮制高校へ進学するという場合には、かなり使いやすく成績アップにもつなげやすく、ストレスのない勉強法になること間違いなしのデジタル教材です。

yukky

私のレビュー記事はこちら

スタディサプリは発達障害に効果がある?体験口コミレビュー!
グレーゾーンの私自身が「スタディサプリと発達障害の相性」について効果があるのか体験して口コミレビューします。スタディサプリと発達障害の特性を考慮して正直な感想を口コミしていきます。

疑問解消に最適「オンライン家庭教師 e-Live」

オンライン家庭教師 e-Live出典:オンライン家庭教師 e-Live

こんな場合におすすめ

  • できるだけ素早く疑問解消できるほうがいい。
  • 講師が付いていてくれる安心感が欲しい。
  • 声を出して学べる勉強法で寮生活を送ってほしい。
  • たくさん質問をして疑問解消させたい。

発達障害で全寮制高校を送るとき、理解できない部分の疑問解消はかなり重要なポイント。

そこで最適といえる勉強法が「オンライン指導」による通信教育を使うスタイルで、いわゆる訪問型の家庭教師と同じクオリティ・マンツーマン指導をオンラインで行うというもの。

ここまでに紹介した勉強法(デジタル教材)は固定型といえる通信教育で、疑問が生じるたびにその都度質問をして解消するのは難しいもの。そんなデメリットを解消しやすいのがオンライン指導で、講師とのマンツーマン指導によって即座に疑問解消が期待できる勉強法になります。

担当する講師陣はいわゆる疑問解消のプロで、高学歴・高スキルであることはもちろん、子供に寄り添ってくれる指導力も兼ね備えている人材。また寮生活は子供1人で自学することになりますが、担当講師が付いていてくれることで子供自身も安心しやすいなどのメリットが考えられます。

オンライン家庭教師 e-Liveのイメージ

オンライン家庭教師 e-Liveのイメージ

オンライン指導のなかでも「優秀な講師陣」「安い費用」「良心的な内容」が揃っており、発達障害で全寮制高校へ進むときおすすめなのがこのオンライン家庭教師e-Live。

一般的なオンライン家庭教師は、決まった回数受講するというスタイルがほとんど。しかしオンライン家庭教師e-Liveは「月1回だけの受講でもOK」という極めて稀なスタイルで、さらに利用分だけ後払いとなるため、かなり良心的といえる内容の寮生活における勉強法となります。

さらに講師陣は「紹介制」によって集まった人材となっており、もともとの教え子が講師として在籍しているのが特徴。一般募集ではなくこの紹介制によって高学歴・高スキル・高指導力の講師陣となっており、オンライン指導最大のポイントになる講師においても極めて優秀で安心できるスタイルとなっています。

発達障害で全寮制高校へ進んだあと、とくに疑問解消や安心感につながるおすすめの勉強法です。

yukky

私のレビュー記事はこちら

オンライン家庭教師「e-Live(イーライブ)」評判・料金など徹底調査!
グレーゾーンの経験をもとに「オンライン家庭教師 e-Live(イーライブ)」の評判・口コミ・料金など徹底調査!ほかにも受験対策への効果など知りたい情報を詰め込みました。1人の消費者の口コミとして「私自身のe-Live評価」も話してますのでぜひ参考までに!

全寮制高校に入る発達障害の中学生へおすすめ勉強法一覧

紹介してきた3つの勉強法をまとめて一覧表で示します。それぞれの

勉強法を選ぶと、先ほど解説した各項目へ戻ります。

勉強法スタイル受講方式こんなときおすすめ
すららデジタル教材映像授業
  • 豊富な演習問題が搭載されているほうがいい。
  • 勉強に興味を持てないので「楽しさ」を感じられるほうがいい。
  • アニメーションの「動き」「変化」で理解しやすいほうがいい。
  • AIシステムによるサポートがあるほうがいい。
スタディサプリデジタル教材映像授業
  • なるべくシンプルに操作できるほうがいい。
  • 一致率の高い教科書準拠のほうがいい(学校と同じペース)。
  • 自動的に定期テスト対策などを表示してくれると嬉しい。
  • わかりやすい解説の映像授業がいい。
e-Liveオンライン指導対面指導
  • できるだけ素早く疑問解消できるほうがいい。
  • 講師が付いていてくれる安心感が欲しい。
  • 声を出して学べる勉強法で寮生活を送ってほしい。
  • たくさん質問をして疑問解消させたい。

まとめ

yukky

今回は「発達障害におすすめの全寮制高校が知りたい!」という疑問に対し、全国から抜粋した人気で通いやすい発達障害対応の全寮制高校を紹介してきました。

発達障害の中学生にとって適切な学習環境とサポートが整った全寮制高校は、安心して成長し、自己の可能性を最大限に発揮できる重要な存在です。

これらの発達障害にむけた全寮制高校は、熟練の教職員や専門的なサポートチームを備え、発達障害を持つ生徒の個々のニーズに合わせたカリキュラムや個別支援を提供しています。安心できる寮生活と共に、学生同士や教職員との絆を築きながら、社会的なスキルや自己効力感を育んでいくことが期待できます。

全寮制高校を探す発達障害の中学生とその家族にとって、この記事が有益な情報源となれば幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました