※当サイトは一部「PR」を含みます。

3月の期間限定キャンペーン中!
すらら高校受験にむけた、総仕上げの悩みは「無学年式」でしっかり解消!
「すらら」が期間限定
入会金0円キャンペーン中です。
✅ 詳しくは➝ https://surala.jp

 

発達障害の中学生が「数学・算数」を徹底勉強できるタブレット学習教材

発達障害の中学生が「数学・算数」を勉強できるタブレット学習教材

ゆっきーです。今回は発達障害中学生数学・算数」をしっかりと”さかのぼり”をできるタブレット学習教材をご紹介します。

グレーゾーンでもある私はこれまでに発達障害コミュニケーション指導者という資格を基に「発達障害の中学生におすすめの勉強方法」をいろいろと探ってきました。

発達障害コミュニケーション指導者

  • 発達障害のある中学生に「数学」をしっかり家庭学習で身につけさせたい‥。
  • 数学以外にも「算数」までさかのぼって勉強させたい‥。

そんな疑問をお持ちでしたらきっとお役に立てると思います。

発達障害の中学生が「数学・算数」を勉強できるタブレット学習教材

発達障害の中学生が「数学・算数」を勉強できるタブレット学習教材

発達障害があることで”学力低下”が見受けられると思いますので、数学だけではなく算数も勉強できるおすすめタブレット学習教材をご紹介します。

数学と算数の両方を勉強できるタブレット学習教材「すらら」

数学と算数の両方を勉強できるタブレット学習教材「すらら」

「通信教育すらら」は中学生の数学学習に特化したカリキュラムやサポートを提供していることが特徴です。そのおすすめの理由をご紹介します。

  • 個別指導によるカスタマイズ
    「通信教育すらら」では、発達障害の中学生の個々のニーズに合わせた個別指導が行われます。「すらら」の講師は、発達障害に関する知識や経験を持っており、子供一人ひとりに適した学習プランを作成してくれます。これにより、子供の数学学習をより効果的に進めることができます。
  • 視覚的な教材やインタラクティブな学習環境
    「通信教育すらら」では、視覚的な教材やインタラクティブな学習環境を活用しています。「すらら」の教材は、図やグラフ、具体的な例を豊富に取り入れており、発達障害の中学生が数学の概念をより具体的に理解しやすくなっています。また、インタラクティブな学習環境によって、子供は自分のペースで学習を進めることができます。
  • 短い学習単元と分かりやすい解説
    「通信教育すらら」では、数学の学習内容を短い単元に分けて提供しています。これにより、発達障害の中学生の短い集中力に合わせた学習が可能です。「すらら」の解説は分かりやすく、子供が困惑することなく学習を進めることができます。
  • 確認テストや復習演習の充実
    「通信教育すらら」では、学習の定着を図るための確認テストや復習演習が充実しています。「すらら」では、子供が学習した内容を定期的にテストで確認し、理解度を把握することができます。また、復習演習を通じて、子供は学習した内容を継続的に復習することができます。
  • 24時間いつでも学習できる柔軟性
    「通信教育すらら」は、インターネットを通じて24時間いつでも学習することができるため、発達障害の中学生の生活リズムに合わせた柔軟な学習が可能です。子供が自分のペースで学習を進め、学習時間や休憩時間を調整できることで、より効果的な学習が期待できます。

yukky

「通信教育すらら」は、発達障害の中学生が数学学習を効果的に進めるための支援を提供していることから、おすすめできる教材と言えます。

「すらら」の個別指導や視覚的な教材、柔軟な学習環境などが、発達障害の中学生に適した数学学習を実現します。親御さんが子供の数学学習をサポートするために、ぜひ「通信教育すらら」を検討してみてください。

算数をしっかり勉強できるタブレット学習教材「RISU算数」

算数をしっかり勉強できるタブレット学習教材「RISU算数」

発達障害の中学生における数学学習として「RISU算数」がおすすめの理由

について詳しく解説します。

「RISU算数」は、発達障害の中学生にとって、数学学習の補完や復習に役立つ教材です。以下に、そのおすすめの理由をご紹介します。

  • 明確な目標設定と学習計画
    「RISU算数」は、学習者に対して明確な目標を設定し、学習計画を立てることができます。発達障害の中学生にとって、目標の明確化や計画的な学習は重要です。この教材を使用することで、数学学習の方向性や進捗状況を把握しやすくなります。
  • 短い単元と分かりやすい解説
    「RISU算数」は、数学の学習内容を短い単元に分けて提供しています。これにより、発達障害の中学生の短い集中力に合わせた学習が可能です。また、教材の解説は分かりやすく、子供が困惑することなく学習を進めることができます。
  • 視覚的でインタラクティブな学習環境
    「RISU算数」は、タブレット教材として視覚的でインタラクティブな学習環境を提供しています。発達障害の中学生は、視覚的な情報を活用することで数学の概念をより具体的に理解しやすくなります。また、タブレットの操作によって自分のペースで学習を進めることができます。
  • ゲーム要素の活用
    「RISU算数」では、ゲーム要素を取り入れた学習方法があります。発達障害の中学生は、ゲームを通じて学習に取り組むことでモチベーションを高めやすい傾向があります。この教材では、楽しみながら数学の問題に取り組むことができるため、興味や関心を引きやすくなります。

yukky

なお、「RISU算数」は、本来的には小学生向けの算数教材ですが、中学生の数学学習にも効果的な要素があります。数学の基礎的な概念やスキルの復習や強化に活用することで、中学生が数学の理解を深めることができます。特に、数学に苦手意識を持つ中学生にとって、「RISU算数」を通じた基礎固めは非常に有益です。

「RISU算数」は、発達障害の中学生に数学学習のサポートを提供するための教材としておすすめです。

RISU算数の明確な目標設定と学習計画、短い単元と分かりやすい解説、視覚的でインタラクティブな学習環境。そしてゲーム要素の活用が中学生の数学学習をサポートし、興味や関心を引き出すことに役立ちます。親御さんが子供の数学学習をサポートするために、ぜひ「RISU算数」を検討してみてください。

 公式サイト  RISU算数 

発達障害の中学生へ「数学・算数」の学習教材を選ぶ3つのポイント

発達障害の中学生へ「数学・算数」の学習教材を選ぶ3つのポイント

発達障害の中学生へ「数学・算数」の学習教材を考えるとき失敗しないために大切な「選び方のポイント」を3点ご紹介します。

ポイント①楽しさを感じられるビジュアルがある

ポイント①楽しさを感じられるビジュアルがある

発達障害の中学生へ「数学」の学習教材を選ぶ際のポイントとして、

「楽しさを感じられるビジュアルがある」ことが重要です。その理由を

詳しく解説します。

発達障害の中学生は、数学の学習において視覚情報を重要な手がかりとして活用する傾向があります。

このため、楽しさを感じられるビジュアルが教材に取り入れられていることが、数学学習の効果を高める上で有益です。

視覚的情報の処理に優れている特性

発達障害の中学生は、視覚的情報を処理する能力が高まっていることがあります。

視覚情報を通じて数学の概念や問題を理解しやすくなるため、ビジュアルを活用した教材は彼らにとって有益です。楽しさを感じられるビジュアルは彼らの興味や関心を引きつけ、学習意欲を高める一助となります。

具体的な例や図による理解の促進

数学の抽象的な概念や問題は、発達障害の中学生にとって理解が難しい場合があります。

しかし、ビジュアルを通じて具体的な例や図を提供することで、数学の理解を促進することができます。ビジュアルは、数学の問題解決においてイメージ化を支援し、彼らが数学の概念をより具体的に捉える手助けとなります。

学習の楽しさと関心を引きつける要素

発達障害の中学生は、学習における楽しさや関心を感じることが学習意欲の向上につながります。

ビジュアルは、学習プロセスを鮮やかに彩り、数学をより楽しいものとして捉えることができます。楽しさを感じられるビジュアルがある教材は、彼らの学習体験をより充実させ、数学への関心を高める助けとなります。

yukky

親御さんが数学の学習教材を選ぶ際には、ビジュアル要素が豊富で楽しさを感じられる教材を選択することがおすすめです。ビジュアルは、発達障害の中学生が数学の概念や問題を理解しやすくするだけでなく、学習の楽しさと関心を高める効果もあります。

子供の興味や関心に合わせたビジュアルがある教材を選ぶことで、数学学習の効果を最大限に引き出すことができます。したがってビジュアル要素に注目し、楽しさを感じられる教材を選ぶことをおすすめします。

ポイント②発達障害でもわかりやすい解説がある

ポイント②発達障害でもわかりやすい解説がある

発達障害の中学生へ「数学」の学習教材を選ぶ際のポイントとして、

「発達障害でもわかりやすい解説がある」ことが重要です。以下に、

その理由を詳しく解説します。

発達障害の中学生は、情報処理や学習スタイルに特有の特性を持っています。

彼らにとって、わかりやすい解説がある教材は、数学学習の効果を高める上で非常に有益です。

シンプルで明確な表現

発達障害の中学生は、複雑な表現や言葉の解釈に困難を抱えることがあります。数学の学習教材では、シンプルで明確な解説が提供されていることが重要です。わかりやすい言葉遣いや具体的な例題を通じて、数学の概念や問題が理解しやすくなります。

視覚的な補助教材の活用

数学の抽象的な概念や論理的な思考を理解する際、視覚的な補助教材は役立ちます。発達障害の中学生は、視覚情報を処理する能力が高まっていることがあります。数学の解説に図やグラフ、具体的な例を活用することで、彼らの理解を促すことができます。

ステップバイステップの解説と練習

数学の学習において、ステップバイステップの解説と練習は重要です。発達障害の中学生は、一度に多くの情報を処理することが困難な場合があります。解説が段階的に進み、基礎から応用まで順を追って学べる教材は役立ちます。また、練習問題や演習が豊富に用意されていることで、反復学習を通じた定着を促すことができます。

質問への丁寧な回答と個別サポート

発達障害の中学生は、数学の概念や問題について質問することが多いかもしれません。教材が質問に対して丁寧に回答する仕組みや、個別サポートの提供があると、彼らの学習効果を高めることができます。また、個別のサポートが必要な場合は、学校の教師や専門家と連携し、適切な支援を受けるようにしてください。

yukky

親御さんが数学の学習教材を選ぶ際には、発達障害の中学生がわかりやすい解説が提供されている教材を選択することがおすすめです。シンプルで明確な表現や視覚的な補助教材の活用、ステップバイステップの解説と練習、質問への丁寧な回答と個別サポートが、彼らの数学学習を支援します。

子供が困惑することなく、わかりやすい解説が提供される教材を選ぶことで、数学学習の効果を最大限に引き出すことができます。したがって解説のわかりやすさに注目し、発達障害の中学生に適した教材を選ぶことをおすすめします。

ポイント③発達障害支援の関係者が関わっている

ポイント③できれば発達障害支援の関係者が関わっている

発達障害の中学生へ「数学」の学習教材を選ぶ際のポイントとして、

「発達障害支援の関係者が関わっている」ことが重要です。以下に、

その理由を詳しく解説します。

発達障害の中学生は、個々のニーズや学習スタイルに合わせた支援が必要です。

そのため、数学学習教材を選ぶ際には、発達障害支援の関係者が関与していることが大切です。

専門家の知識と経験に基づいた選定

発達障害支援の関係者は、発達障害に関する知識や経験を持っています。

彼らは、発達障害の中学生が数学学習で抱える特性や課題を理解しており、それに合わせた教材を選定する能力があります。彼らの専門知識に基づいた選定により、最適な数学学習教材を見つけることができます。

個別ニーズに合わせたカスタマイズ

発達障害の中学生は、個々のニーズに合わせた学習サポートが必要です。

発達障害支援の関係者は、子供一人ひとりの特性を理解し、それに応じたカスタマイズが可能です。教材の選定や学習プランの作成において、彼らの専門的なアドバイスを受けることで、中学生の数学学習の質を向上させることができます。

学校との連携と補完

学校での数学学習と補完しながら、発達障害支援の関係者が関与している教材を選ぶことは効果的です。

学校の教師やカウンセラーとの連携を通じて、発達障害の中学生の個別のニーズや進捗状況について情報共有ができます。

これにより、学校との連携を強化し、より継続的で一貫性のある支援を提供することができます。

信頼性と信用性の確保

発達障害支援の関係者が関与している数学学習教材は、信頼性と信用性が高いものです。

彼らは、信頼できる情報源や効果的な教材を選ぶ能力を持っています。そのため、親御さんは、関係者のアドバイスに基づいて教材を選ぶことで、安心して数学学習を進めることができます。

yukky

親御さんが数学の学習教材を選ぶ際には、発達障害支援の関係者が関与していることを重視してください。

彼らは、発達障害の中学生のニーズに合わせた適切な教材を選定し、個別サポートを提供することができます。また、学校との連携を通じてより継続的な支援を受けることも重要です。

信頼性の高い教材と関係者のサポートを得ることで、数学学習の効果を最大化することができます。

このことから発達障害支援の関係者に相談するのもいいですし、また彼らの専門知識を活用した教材の選定を行ってください。

発達障害の中学生へ数学を理解させる勉強法

発達障害の中学生へ数学を理解させる勉強法

発達障害の中学生に数学を理解させるための勉強法について、親御さんが参考になる内容をお伝えします。

発達障害の特性を理解することは、数学学習のアプローチを適切に選択する上で重要です。

発達障害は、個人の思考や情報処理のスタイルに関連する特性を持つ状態。中学生の数学学習において、以下の特性に着目することが有益です。

高い関心と集中力の短時間性

発達障害の中学生は、数学への関心を持つことがありますが、その集中力は短い時間に限られる場合があります。このため、数学の学習時間を短めに設定し、頻繁に休憩を挟むことが効果的です。

たとえば、30分の学習ブロックを設け、その後に数分間の休憩を入れるなどの工夫があります。

視覚的・具体的な教材の活用

発達障害の中学生は、視覚的・具体的な教材によって理解を深めやすい傾向があります。

数学の概念や問題を図やグラフ、具体的な物体を使って視覚化することで、彼らの理解を促すことができます。例えば、ジオボードや色分けされたブロックなどを使って、数学の概念を可視化してみてください。

関心のある応用例の提示

発達障害の中学生は、数学が日常生活でどのように役立つのかを理解しやすい環境で学習することが好ましいです。具体的な応用例や問題を取り入れることで、数学の意義や実用性を伝えることができます。

例えば、買い物やスポーツの統計データを使って数学問題を解いたり、建築やデザインに関連する数学的な課題を取り入れたりすることがあります。

質問への対応と個別のサポート

発達障害の中学生は、数学の概念や問題を理解するために質問をしやすい環境が必要です。

親御さんは、彼らの質問に対して根気強く丁寧に答えることが大切です。また、個別のサポートが必要な場合は、学校の教師や専門家と連携し、適切な支援を受けるようにしてください。

定期的な振り返りと目標設定

発達障害の中学生にとって数学の進捗状況を把握し、目標を設定することは重要です。

定期的に彼らと一緒に数学の振り返りを行い、達成感や成長を実感できるようにしましょう。また、小さな目標を設定し、達成した際には褒めることも励みになります。

yukky

これらのアプローチは、発達障害の特性に応じた数学学習のサポートを提供するための一般的な指針です。

ただし、個々の中学生のニーズに合わせたアレンジが必要であり、教育専門家や学校のサポートを受けながら柔軟に数学へ対応することが大切です。

発達障害の中学生におすすめ「数学・算数」の学習教材まとめ

発達障害の中学生が「数学・算数」をしっかりと勉強できるタブレット学習教材を「おすすめ」「選び方」という2つの観点からご紹介してきました。

こうしてご紹介してきて、どちらにも共通するのが「無学年」という部分。

発達障害の中学生にとって数学・算数の徹底勉強は重要です。

タブレット学習教材は視覚的でわかりやすい解説や個別指導を提供し、自分のペースで学習できます。専門家の支援と連携しながら、楽しさを感じながら基礎から応用まで学びましょう。

タブレット学習教材で数学の成長をサポートし、発達障害の中学生の学習効果を最大化しましょう!

 

 参考記事 発達障害の中学生におすすめ「無段階」で勉強できるタブレット学習とその理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました