発達障害の中学生「国語の文章問題」が苦手な場合おすすめの教材

発達障害の中学生「国語の文章問題」が苦手な場合おすすめの教材

yukky

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「発達障害で国語の文章問題が苦手!おすすめの教材はある?」という疑問に応えます。

しかし文脈が掴めない、言葉の意味がなかなか理解できないなど。

また国語の漢字関係は難なくできても、文章問題になると難しいといった場合もあります。

国語の文章問題というのは全教科の理解につながるので、一刻も早く対策が必要。

そこで発達障害の中学生が、超わかりやすく、理解につながりやすい超優秀な教材を3つ紹介します。

発達障害の中学生におすすめ国語の文章問題がわかりやすい教材

発達障害の中学生におすすめ国語の文章問題がわかりやすい教材

ここではグレーゾーンの私が選んだ、超おすすめの教材を絞り込んで紹介します。あとで解説しますが超重要となる3つのポイントが盛り込まれたおすすめ教材です。

国語の文章問題をかなり理解しやすい「デジタル教材すらら」

国語の文章問題をかなり理解しやすい「デジタル教材すらら」

選んだ理由楽しくわかりやすい解説で発達障害の専門家による理解へつなげやすい構成
発達障害の理解わかりやすい解説楽しさの工夫
おもな特徴
  • 発達障害の専門家による監修
  • 無学年方式により学力へ合わせやすい5教科教材
  • 楽しさのあるアニメーション映像授業
  • とくに国語の文章問題が多く収録されている
  • AIシステムによるドリル・テスト機能 など

この「デジタル教材すらら」は私も超おすすめで、楽しさのあるアニメーション映像授業、国語の文章問題が多い、発達障害支援の専門家が監修など極めて優秀な教材です。

もっとも特徴となるのが「発達障害支援の専門家」が監修している部分で、全体の構成から細かな工夫まで、すべて発達障害の特性を考慮して作られたデジタル教材です。

したがって発達障害について熟知しているため映像授業も極めてわかりやすく、国語の文章問題をはじめ全単元がさらに細分化されており、1つずつゆっくりと解説されるため誰でも理解できるといっても言い過ぎではない授業内容。

またキャラクターが動いて解説してくれるだけではなく、授業途中でモチベーションアップにつながるような言葉掛けもしてくれるので継続性アップにもかなり効果的な授業スタイルとなっています。

すららの映像授業

すららの映像授業

とくに国語の文章問題が多く収録されており、全ての単元に取り組むことが可能。

一般的な教材において文章問題をここまで多く見ることはそうありませんが、このデジタル教材すららは極めて文章問題が多く、しっかりと徹底的にとり組めるのも特徴です。

ほかにもAIシステム搭載によるドリル・テスト機能も優秀で、間違った問題に対して徹底サポート。

つまずき原因を瞬時に表示してくれる「つまずき診断機能」をはじめ、ドリル問題で間違ったら「難易度コントロール機能」により優しい内容に変化して再出題されるなど、発達障害の中学生にとって極めて理解へつながりやすい家庭学習を実践できます。

発達障害を知り尽くした、専門家監修による超優秀なデジタル教材。

まず国語の文章問題理解として選ぶときに、筆頭に置いておかれることをおすすめします。

デジタル教材すららこちらから映像授業を無料体験できます。

https://surala.jp/

 

※私のレビュー:家庭学習に「通信教育すらら」を実際に体験した感想

 

特殊授業で国語の文章問題がわかりやすい「東進オンライン学校」

特殊授業で国語の文章問題がわかりやすい「東進オンライン学校」出典:東進オンライン学校

選んだ理由国語の理解につなげやすい特殊授業でわかりやすい解説
発達障害の理解わかりやすい解説楽しさの工夫
おもな特徴
  • 学習塾がそのままオンラインになったような構成
  • 特殊な授業により発達障害でもわかりやすい
  • 家庭学習に必要な機能はすべて揃っている など

この東進オンライン学校は実在講師による「特殊授業」が大きな特徴で、わかりやすく楽しさも感じられる発達障害のある中学生におすすめのオンライン学習教材です。

とくに映像授業については特徴的で、独自の解説スタイルで理解へつながりやすい工夫が豊富。

ただ真面目に授業解説を行うだけではなく、しっかりと楽しさも盛り込まれた上で、きちんと逆算した計算通りに進んでいく授業解説となっています。

したがって国語の文章問題対策においても、極めてわかりやすく理解へつなげやすい授業。

もし途中で頭がこんがらがれば一時停止すればOKなので、学校などの授業と違って発達障害の中学生がよりインプットしやすい授業になります。

ほかに家庭学習として必要な機能もすべて揃っているため、すぐにでもスタート可能。

全国でも人気で有名な東進ハイスクールの授業により勉強できるので、国語の文章問題もより理解へつながることが期待できるオンライン教材です。

東進オンライン学校こちらから14日間のお試し入会ができます。

東進オンライン学校 中学部

 

サクッと苦手解消がしやすい「デジタル教材デキタス」

サクッと苦手解消がしやすい「デジタル教材デキタス」

選んだ理由国語の文章問題がわからなければボタン1つで前の単元へ飛べる
発達障害の理解わかりやすい解説楽しさの工夫
おもな特徴
  • ボタン1つでジャンプできる便利なさかのぼり機能
  • 国語の要点が5分でまとめられた映像授業
  • 段階的に学習できるレベル別ドリル機能 など

サクッとさかのぼり学習のできるデジタル教材で、理解できないと思えばボタン1つで簡単に前の単元へジャンプすることができます。

1つずつ確実に苦手解消が期待できる便利なさかのぼり機能で、高い学習効果が期待できる教材。どんどんさかのぼっていけば苦手原因に辿り着くので、根本的な苦手対策がかなりやりやすいのが大きな特徴になります。

デキタスの映像授業

デキタスの映像授業

またキャラクターによるアニメーション授業は、すべて5分程度に要点がまとめられた内容。したがって途中で飽きてしまう可能性も低く、継続性アップにもつながりやすいのもメリットです。

城南コベッツグループが運営するデジタル教材で、キャラクター講師の声役においても実在講師によるもの。したがってやや聞き取りづらい場面も正直ありますが、全体的には理解しやすい解説で国語の文章問題も短くわかりやすくとり組むことができます。

サクサクと動きの良さも、この教材のメリットとなる1つです。

デジタル教材デキタス✅ こちらから無料体験ができます。

通信教育ならデキタス

 

発達障害の中学生が国語の文章問題をよく理解できる教材のポイント

発達障害の中学生が国語の文章問題をよく理解できる教材のポイント

グレーゾーンの私としては、つぎの3つが超重要に感じます。

  • 発達障害の特性をしっかり理解したうえで構成されている
  • 順序良く1つずつゆっくりと解説がある
  • どこかに「楽しさの工夫」が盛り込まれている

この中の1つでも欠けてしまうと、国語の文章問題対策におすすめの教材とはいえません。

さらに詳しく、これら3つのポイントを解説します。

発達障害の特性をしっかり理解したうえで構成されている

発達障害の特性をしっかり理解したうえで構成されている

国語の文章問題について対策するとき、まず教材に求められるのが「発達障害の理解」です。

健常児のようにストレートな教え方ではなかなか理解できないので、噛み砕いてわかりやすく教えてくれる教材を選ぶことが何よりも重要。また教材全体の構成についても同じことがいえます。

最近の通信教材というのは発達障害向けに開発される場合も多くなっていますが、まだまだ希少範囲。

とくに優秀な教材というのは発達障害の専門家などが監修している場合もあり、このようなプロが構成している教材であれば極めて優秀なものが現実として多くなっています。

発達障害を理解したうえで作られた教材というのは、各ポイントで工夫が盛り込まれているもの。

たとえばドリル機能を使って国語の文章問題を解いているとき、間違った部分があれば即座に少し優しい問題内容に変化して再出題されるなど。これはデジタル教材に搭載される「AIシステム」も連携して、このような理解につながりやすい工夫が盛り込まれている教材です。

とくに国語の文章問題というのは、感情の読み方など目に見えない部分が極めて多いもの。

主語や述語といった分野は目で見ながら学習できますが、感情の変化を読み取るなどの分野になると、目に見えず感情を読み取ることが難しいため発達障害の中学生にはかなり大変な部分。

そうした場合でも発達障害をしっかりと理解して構成された教材では、障害による汲み取り方の違いなどを考慮したうえで、わかりやすい工夫が各所に散りばめられています。

したがって、まずは「発達障害の理解」についてのチェックが教材選びの重要なポイントになります。

順序良く1つずつゆっくりと解説がある

順序良く1つずつゆっくりと解説がある

発達障害があると一度に詰め込むのが難しく、ゆっくりと「1つずつ」理解していくことが大切です。

そこで教材選びで重要となるのが理解につながりやすい、ゆっくりとした分かりやすい解説。健常児から考えると遅すぎると思えるほどゆっくりペースで進むくらいが、発達障害の中学生にはちょうど良かったりします。

たとえば、デジタル教材に搭載される「映像授業」など。

なるべく1つの単元を細分化して、そのうえで1つずつ確実に理解できるよう解説が進むスタイル。このような授業スタイルであれば国語の難しい文章問題についても、より理解へつながりやすくなります。

とくに国語の文章問題というのは、ほかの科目と違って理解までに多くの時間を要する教科。

理解までの時間がかかるほど頭が混乱するので、1つずつ確実にゆっくりと進んでいくような解説があることが教材選びの大きなポイントになります。

どこかに「楽しさの工夫」が盛り込まれている

どこかに「楽しさの工夫」が盛り込まれている

国語の文章問題を勉強していて、途中で投げ出してしまうといった場面もあるかと思います。

これは勉強時間が長くなるほど集中力が途切れやすくなるためで、とくに国語の文章問題は時間を要する分野になるためこのような状況が現れやすくなってしまいます。

そこで発達障害の中学生に重要となるポイントが「楽しさ」という工夫で、教材のどこかに楽しい工夫が盛り込まれていることで継続性アップにつながり、より国語の文章問題を理解しやすい状況が期待できます。

たとえばアニメーション映像などキャラクターが解説してくれる、問題を解けばご褒美が待っているなど。

勉強とは直接的に関係ないように思うかもしれませんが、発達障害の中学生にとって集中力を切らさないための重要な取り組みになるポイントです。

子供が「楽しい」と思える工夫があれば、その教材は選んで正解。

もしかするとこの楽しさの工夫というのは、発達障害の中学生にとって国語の文章問題をもっとも理解しやすい教材選びのキーワードになるのかもしれません。

まとめ

yukky

今回は「発達障害の中学生むけ国語の文章問題におすすめの教材」を解説してきました。

これできっと、国語の文章問題をより理解できるかと強く思います。

グレーゾーンの経験からいえば、勉強時間は長引くほど集中力が切れやすくなるもの。とくに国語の文章問題は理解できるまでに時間がかかるため、教材選びにおいてはなるべく飽きない工夫が重要なポイントです。

せっかく始めた国語の文章問題につながる勉強方法でも、途中で飽きて投げ出してしまえば効果なし。

したがって「楽しさの工夫」がしっかりと盛り込まれて、勉強途中で飽きさせない構成となっている教材選びをすることが大前提になります。

発達障害の中学生にとって、より国語の文章問題がわかりやすい教材を選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました