学習障害の中学生におすすめの教材とは?本当に興味が持てたのはコレだけ!

学習障害 教材

学習障害の中学生におすすめの教材をお伝えします。

私もグレーゾーンで育ってきて、周りからアレコレと勉強について説明されても「なかなか頭に入ってこない」という毎日でした。

今は社会人になって働いていますが、もっと学習障害の中学生がわかりやすい勉強方法はないの?ということで教材をいろいろと探して見つけたのがここでお伝えするもの。

発達障害支援の専門家が監修している教材ということで、私も実際に体験してみたら「学習障害の中学生がわかりやすい説明」をしてくれることが分かったので詳しくお伝えします。

学習障害の中学生にすすめたい教材

学習障害 教材

学習障害の中学生というのは、読み・書き・計算が苦手ですよね。

親がいくら教えても理解してくれないどころか、親のほうもどうやって教えれば理解してくれるのか悩んでしまうと思います。

そんな教え方や悩みの問題をぜんぶ解消できるのがこの教材。

発達障害 中学生 人間関係

私の体験レビュー
家庭学習に通信教育すららを実際に体験した感想

この教材は通信教育で、紙ではなく「ネット教材」です。

発達障害の支援員が監修していて、さらに関係する大学教授たちが一緒になって作ったという学習障害の子供に向けた数少ない教材なんです。

この教材は発達障害の中でも、とくに”学習障害の特性”に合わせて作られています。

読み・書き・計算が苦手な中学生でも、ムリをせず自然と理解できるように作られているのが大きな特徴になっています。

 

私も実際にこの教材を体験してみましたが、ほかの教材とは全然違います。

いちばん違う部分というのが「映像授業」で、普通の授業と比較するとこんな違いがある授業になっています。

×一般的な授業‥ずっと説明が続いて、頭の中を整理するタイミングが掴めない。

通信教育すらら‥少しだけの説明と確認問題を繰り返すので、自然と理解できる。

これってかなり子供の理解が違うんです。

学習障害があると「長く話すと理解できない」ということがあるはずです。

私もそういうところがあって学校の授業を理解できなかったのですが、ずっと説明をされると頭の中がこんがらがって全く理解できないんですよね。

 

この通信教育すららの映像授業を体験してみると、

少しだけの説明があってその部分だけに対して確認問題が出される

ので頭に入るんです。

嘘のような話ですが本当です。

それを繰り返しているうちに授業が終わって、気がつくと「わかる」が積み重なっているというとても分かりやすい授業になっているんです。

この進み方の授業であれば、きっと親の代わりをしてくれますよ。

 

今までに「説明の仕方が分からない‥」という経験があると思います。

いくら学習障害のことを理解しようと思っていろいろと勉強をしても、たぶんそう簡単には子供に伝わるような説明は出来ないと思います。

私の親もそれで苦労していました。

 

でも通信教育すららの映像授業を見ると、私は「こんな説明をして欲しかった!」というふうに間違いなく思えたんです。

だったら学習障害で勉強が理解できずに悩んでいる中学生や、教える立場の親にとっても悩みが解消されるのでは?ということでこうしてお伝えすることにしました。

もし何か教材を考えているのであれば、この通信教育すららがおすすめです。

発達障害支援の専門家が監修しているというだけあって、これだけ分かりやすい教え方はどんな教材を探しても見つからないはずです。

学習障害の中学生にピッタリの教材は見つからない

学習障害 教材

私も今までにさんざん発達障害や学習障害の中学生が助かる教材を探してきましたが、どれもキャッチコピーみたいなのばかりで「中身」が伴っていないんです。

勉強がわかりやすい!なんて書かれていても、実際に授業を受けてみたりテキストを見たりすると「あ~こんなのじゃないんだけどなぁ」っていうのばっかり。

カチッと発達障害の特性に合った教材ってないんです。

 

なのでもし教材をいろいろと探してみても、たぶんピッタリのものは見つかりません。

それも学習障害の「読み・書き・計算」が苦手な子供がわかりやすい教材となると、まず何も見つからないまま探すのに疲れてしまうと思います。

私も実際に探してきましたが、本当に見つからないです。

私は通信教育すららを見つけて、これ以上の教材はないと思ったんです。

そもそも学習障害を考えて作られる教材なんて蚊帳の外

学習障害 教材

本当にこれに尽きると思います。

健常児向けの教材はたくさんありますが、そもそも学習障害など発達障害向けの教材なんて作られることがほとんどないのでは?と思います。

いくら探してみても見つからないですから。

そんな世の中を考えると、発達障害を理解しよう!なんて表向きは騒いでいるけどふたを開けてみると全然進んでいないことが良く分かります。

 

私もそうでしたが、まず興味を持てないと全くダメです。

とにかく集中するためには「自分が興味を持てること」というのが重要なんですね。

私も勉強を説明されるたび、体が受け付けなくて笑ってしまっていたんです。

いま考えると一生懸命に説明してくれる親に悪かったと思いますが、そのときは自分の意思ではなくて体が受け付けなくてそうなってしまうんです。

たぶん発達障害の拒否反応だと思います。

 

親のほうも根気よく教えてくれるのですが、1時間説明をされたところで全然ダメ。

親のほうがシビレを切らして説明をやめてしまっていました。

私は、説明をされるほど「別のこと」がやりたくなってしまっていたんです。

発達障害や学習障害というのはそんなものです。

たぶん普通の人からは理解できない状態ですよね。

 

でも、これを理解したところで「勉強そのもの」に興味を示すことがなかったら、いくら優秀な説明でも理解しません。

私も塾に通わされましたが、講師は優秀な方でしたがまるでダメ‥。

説明を聞かないので当たり前ですが、まったく成績も上がってこないし塾に通うこともイヤである日逃げ出してしまったほどなんです。

だからムリヤリに勉強をさせようと思ったところで、まったくムダです。

 

でも通信教育すららを体験したときは、ピンッときたんです。

「うまく勉強の楽しさのほうに誘導してくれる」

という感覚が近いのかな?と思います。

こういう感じだったら当時の私でも興味をそそられるんだろうな‥

なんて思える教材だったので、ぜひ学習障害だけではなく発達障害全般の中学生に進めたいなと思えたんです。

 

いくら勉強を教えようとしてもダメ‥

そんなときには、私がおすすめの教材を手に取ってみてください。

きっと今の悩みが全て解消できるはずです。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました