発達障害の英語に「フォニックス」で学習できるオンライン英会話8選

発達障害の英語に「フォニックス」で学習できるオンライン英会話8選

yukky

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「発達障害の英語学習にフォニックスで学べるオンライン英会話はどれ?」という疑問に答えます。

発達障害の英語レッスンに、このフォニックスは極めて相性の良い学習方法。

フォニックスとは「世界的に用いられる英語の読み方を教える方法」で、英語のスペルと発音における関係性を一定のルール化(基準化)してあるため発達障害でもわかりやすく学べるおすすめの英語学習法です。

そこでオンライン英会話を数多く探ってきた経験から、発達障害にぴったりのフォニックス学習が期待できる超優秀おすすめ8選に絞って詳しく紹介します。

発達障害の英語に「フォニックス」で学習可能オンライン英会話8選

発達障害の英語に「フォニックス」で学習可能オンライン英会話8選

yukky

発達障害の英語「フォニックス」学習でおすすめ8選を、一覧比較表でまとめます。

オンライン英会話名フォニックス習得度フォニックス学習公式サイト
学研Kimini英会話5.0フォニックス専門の「発音コース」もありニュアンス学習全般に強いkiminiオンライン英会話
Global Step Academy5.0フォニックス強化「PHONICS BOOTCAMPコース」の短期集中コースありGlobal Step Academy
Novakid5.0ネイティブの発音・イントネーション・リズムを中心とした英会話レッスンNovakid公式サイト
リップルキッズパーク4.8フォニックス入門用「Let’s Begin」など専用教材を用いたレッスンありリップルキッズパーク
ネイティブキャンプ4.5発音トレーニングコースなどフォニックス集中レッスンありネイティブキャンプ
ハッチリンクジュニア4.1フォニックス学習を含む市販教材多数ありHATCHLINK Jr
グローバルクラウン4.0CEFR・学習指導要領に基づいたフォニックス学習を含んだレッスンGLOBAL CROWN
DMM英会話3.9発音専用教材「Side by Side」を用いてフォニックスから学べるDMM英会話

この中から特に優秀な1~3位にランク付けしたオンライン英会話について、さらに詳しくフォニックス内容を中心に解説していきます。

 

No1「学研Kimini英会話」

学研Kimini英会話

オンライン英会話名フォニックス習得度フォニックス学習公式サイト
学研Kimini英会話5.0フォニックス専門の「発音コース」もありニュアンス学習全般に強いkiminiオンライン英会話

とくに「発音コース」などは、フォニックス学習のみで構成されておりおすすめのオンライン英会話です。

学研のオンライン英会話の大きな特徴は発音に強いという部分で、英語基礎学習としてフォニックス、その後レベルアップには発音コースなどで徹底的なヒアリング・スピーキング学習が期待できる構成。

もちろん英語全般においてもしっかりとカリキュラムが揃っており、小学生コースや中学生コースといった学校に準拠した英会話レッスンも出来るため、発達障害の英語学習としてフォニックス以外にも十分学習できるオンライン英会話です。

講師陣はすべてフィリピン人で明るくモチベーションアップにつながる英会話レッスンが特徴で、学研の超越した研修制度によって世界標準の発音でフォニックスを学べるのがメリット。

中学生の英語全般を総合的にレッスンできる、かなり優秀なオンライン英会話になります。

学研Kimini英会話✅ こちらで「10日間の無料体験」ができます。

学研のkiminiオンライン英会話

 

No2「Global Step Academy」

Global Step Academy

オンライン英会話名フォニックス習得度フォニックス学習公式サイト
Global Step Academy5.0フォニックス強化「PHONICS BOOTCAMPコース」の短期集中コースありGlobal Step Academy

世界的な人材育成を掲げて始まったオンライン英会話で、フォニックスを中心とした英語学習が可能です。

英語初心者から上級者までを対象としたオンライン英会話ということで、豊富なカリキュラム構成となっているのが大きな特徴。基礎英語にはフォニックス中心でレッスンが行われ、上級レベルになると世界で活躍できるためのハイレベルレッスンが用意されています。

発達障害でも気楽にとり組めるレッスン内容と相まって、フォニックス学習も楽しく受講できるのが特徴。自然なスタイルでレベルアップが期待できる構成となっており、将来的に英語関連で活躍するといった場合は特におすすめのオンライン英会話になります。

インターナショナルスクールの英語学習がそのままオンライン指導になったようなカリキュラム構成で、極めて高度な英語学習にとり組めるオンラインスクール。

発達障害の英語にフォニックスを考える場合はもとより、世界的に活躍したいという場合までしっかりと英会話レッスンのできるおすすめのオンライン英会話です。

Global Step Academy✅ こちらで「無料体験」ができます。

Global Step Academy

 

No3「Novakid」

Novakid参考:Novakid

オンライン英会話名フォニックス習得度フォニックス学習公式サイト
Novakid5.0ネイティブの発音・イントネーション・リズムを中心とした英会話レッスンNovakid公式サイト

外国発のオンライン英会話で、あちらでは”当たり前”となるフォニックス中心のレッスンが行われます。

とくにフォニックスへ特化したコース設定などが設けられていませんが、総合的にフォニックスを中心としたレッスン内容となっており極めて自然で効果的な英語学習が期待できます。

アメリカやヨーロッパなどでは、英語の基礎学習としてフォニックスが当たり前。

自然な形でフォニックス学習を習得可能という事で発達障害の中学生にも取り組みやすく、フォニックスの基礎学習&学校で必要な英会話学習をバランスよくレッスンできるのが大きな特徴です。

子供向け英会話となっていますが中学生にもおすすめのレッスン内容で、英会話初心者でフォニックス学習をという場合には極めて最適な選択となるオンライン英会話。

講師陣もネイティブ中心に揃っているので、しっかりと本格的な発音が学べるスクールです。

Novakid✅ こちらで「無料体験」ができます。

Novakid公式サイト

 

発達障害の英語にフォニックスが効果的な理由

発達障害の英語にフォニックスが効果的な理由

発達障害の英語において、フォニックスはおもに次の効果が期待できます。

  • 先にアルファベットの読み方を学ぶので発音しやすい
  • 聞いた音から英語を書きやすい
  • 未習の単語も発音できるので英語に興味を持ちやすくなる

理屈ではなく「感覚」でアルファベット発音がわかるので、極めて単純で覚えやすいのが特徴。

さらに詳しく、おもなフォニックスの効果について解説します。

先にアルファベットの読み方を学ぶので発音しやすい

先にアルファベットの読み方を学ぶので発音しやすい

フォニックス英語は、まずアルファベット1文字ごとの発音を習います。

たとえば「B(ブ)A(ア)G(グ)」と覚えることで、発音は「バッグ」ではなく「ブアッグ」となるため本物のイントネーションに極めて近づける英語学習法。

どんな単語においてもフォニックスで習得した発音をそのまま当てはめれば読めるため、とくに英会話初心者には発音しやすく英語学習を効率よく進められるといった効果も期待できる学習法です。

たとえばフォニックスで覚えたアルファベット発音だけで、知らない単語も読めてしまう優れた効果あり。

単語の意味までわからなくても、知らない単語を発音できることからその意味についても興味を持ちやすく、とくに発達障害において頭が混乱することなく発音学習できるのがフォニックス英語学習の期待できる大きな効果になります。

聞いた音から英語を書きやすい

聞いた音から英語を書きやすい

フォニックス英語を覚えてしまうと、ヒアリング内容からアルファベットを並べることによってライティング効果も期待できます。

日本語の50音を覚えると耳で聞いた文字を並べて書けるようになるのと同じで、英語のアルファベット26文字の発音を覚えてしまえば文字起こしも可能。したがって単語を学ぶといった一般的な学習法と比較して、フォニックス英語はより文字として表現しやすくなるといった効果が期待できます。

したがって発達障害で英単語がなかなか覚えられない、といった場合にもこのフォニックス英語は効果的。

理屈ではなく「感覚」で英語を学べるため、とくに英語の学び始めにフォニックスを習得しておくと、より英語を理解しやすくなるといった効果も期待できます。

未習単語も発音できるので英語に興味を持ちやすくなる

未習単語も発音できるので英語に興味を持ちやすくなる

先ほどもお伝えしたようにフォニックス英語を習得すると、どんな英単語でも耳から聞く(ヒアリング)するだけで文字に表現しやすくなります。

しかもローマ字読みとは違ってフォニックス英語は英語発音を覚えられるため、ヒアリングから文字に起こしたスペルの発音も極めて正確な内容になりやすいという効果も期待できる英語学習法。

耳から聞くだけで文字起こしができて、しかも発音もほぼ的確に表現できる。このような正確性の高さから考えても、フォニックス英語を習得することでより英語に興味を持ちやすくなる効果も十分に期待できます。

知らない単語でも、聞くだけでスペルを正確に書くことができる。

この能力は発達障害の小学生・中学生において極めて魅力的で、本人が英語に対して自信をもてるキッカケになりやすいためフォニックス英語を学ぶことには大きな意義があると私は感じます。

ぜひ有意義なフォニックス学習のできるオンライン英会話を選んでください。

もう一度「おすすめトップ3」を見る

 

まとめ

yukky

今回は「発達障害の英語学習にフォニックスで学べるオンライン英会話はどれ?」という疑問に答えてきました。きっとぴったりのフォニックス学習ができると思います。

外国ではフォニックス学習がまず基本とされており、英語教育で始めに習得する学習方法。

日本でいうところの50音学習に当たるのがフォニックス学習といても間違いではなく、それだけ理語の基礎学習として高い効果の期待できる学習方法になります。

フォニックス学習はかなり理に叶った学習方法で、たとえばアルファベット読みでは「B(ビィー)」と発音しますが、フォニックス学習では「B(ブ)」とならいます。

したがってたとえば「BIG」とアルファベットが並んでいれば、フォニックス学習を学んでいると「ブイッグ」という発音になりネイティブに近いスピーキングができるというのがメリット。

一般的なアルファベット発音では「ビッグ」となり外国では通用しませんが、このようにネイティブに近い発音を簡単に習得できるのがフォニックスを用いる大きな学習効果となります。

とくに発達障害があれば、このフォニックス学習は極めて「感覚」に近い方法で学べるためおすすめ。

ぜひフォニックス学習を効果的にレッスンできるオンライン英会話を選んで、しっかりと確実性の高い英語基礎学習を実践されてください。

タイトルとURLをコピーしました