自閉症スペクトラム障害の特性から中学生におすすめの勉強方法を探る

自閉症スペクトラム障害の個性的な特徴から、もっともおすすめな勉強方法について詳しく探っていこうと思います。

自閉症スペクトラム障害といえば引っ込みがちな性格などで一般的には「マイナス」に考えられがちですが、特徴を活かしてより効果の出る勉強方法について探っていきます。

自閉症スペクトラム障害の特徴とは?

自閉症スペクトラム障害というのは、これまで自閉症やアスペルガー症候群と呼ばれてきた障害を、一つに統合したものです。その特性としてはコミュニケーション能力に難があり、社会や周囲の人に対して上手く対応する事ができないということが挙げられます。

具体的にどのような特徴があるのかというと、人と目を合わせることがしにくいので、眼の前にいる相手の表情を読み解くことができません。

また文字になっていないルールを理解する事ができないので、その場の「空気」を読むことができずに場違いな言動をしてしまったり、文章の行間を読み解くことも難しいです。

そのために、普通の人であれば絶対に行ってはいけないことを言って喧嘩になったり、相手のことを考えずに自分の考えだけを延々と話して嫌がられてしまうことがあります。

また、話す内容や興味を締めず分野について、特定のものにこだわりを見せる傾向があります。その強い執着によって例えば地名や国名な数の情報も、何も見ずに言えるほど暗記してしまいます。

その一方で、こだわっている部分に変化をもたらすことを嫌います。何かをするときには自分の中で確立した手順にこだわり、それを守ることにこだわります。

言動においては、常に手指を動かし、体を揺すったりする行動が見受けられます。音や光などの感覚を刺激するものは嫌います。食べ物は決まったものしか食べたがらないことがあります。

あくまでもこれらの特徴は自閉症スペクトラム障害であったときに見られるものです。症状は個人差がありますから、周囲の人達がどのように接するかは最終的に人それぞれです。

これらのことを踏まえて自閉症スペクトラム障害の中学生がどのように勉強をしていくべきかを見ていきましょう。

自閉症スペクトラム障害におすすめの勉強方法

まず得意と不得意なものを明らかにしていくことで、方向性を見極めることができます。前述のように文章を読んでも行間を読み解くことが難しい傾向があります。

そのために、国語や英語などで長文問題が出る時、登場人物の気持ちや作者の意図などが問われます。それは自分で読み解かなければいけない部分なので、解くのが難しいです。

ただ、それはまるで文章に書かれているものを読み解けないわけではありません。

問題で何が問われているのかということがより具体的になれば、答えを導き出せる思考に切り替えることが出来るからです。

では、文字になっていない情報を引き出すためには、理解しやすい形で文章を読む訓練をしなければいけません。そのためにも、身近にいる家族やいつも食べているものなどで構成された文章をつくってあげて、その内容を読み解かせていきます。

中学生の勉強方法としては、簡単なもののように思えるかもしれませんが、そういった固定観念にとらわれてわからないものをわからないままで進めてしまうと、高校や大学とさらに難しい勉強をしていくときに就いていくことが難しくなります。

参考:発達障害3つの特性から考える中学生におすすめの勉強方法とは?

 

~自閉症の子供を持つ親におすすめの本~

イラスト・まんが教材で「気持ち」を理解―自閉症スペクトラム児の発達支援

理解できないものを理解させるための勉強方法

ただ、理解できないものを理解できるようにするための勉強ですが、自閉症スペクトラム障害の特徴としてこだわる部分はとことん突き詰めるけれども、苦手なものや嫌いなものに対しては強い拒否反応を示すことがあります。

つまり、文章題のように理解しがたい内容に対して、集中して勉強することが難しく何処かへ行こうとしたり、体を強くゆすり始めたりするのです。

集中力を高める勉強法としては、勉強をする部屋は普段生活している部屋とは別にしておくことが最適です。音や視覚に対して、過敏に反応してしまうので勉強部屋では余計な本やテレビなどはおかずに、雑音も聞こえないようにしておきます。

今度は逆に得意なものについての勉強法はどうかというと、数学のように書かれている数字や符号を使うものはシンプルな思考で答えが導けるものですから解きやすいです。

同様に理科や公民などのように教科書や参考書にある単語を丸暗記すればいいものについても、得意とする子は多いです。そういったものはとくにかく問題を解いていくことで能力を高める事ができます。

他にも勉強方法で役立つ知識で言えば、自閉症スペクトラム障害では「タブレット端末」のようなデジタル機器を使った勉強法が効果的とされています。

これは得意な分野について普通に紙に書かれた問題と違って、より多様な問題を解くことが出来るので能力が向上しやすいということと、ゲーム感覚で問題を解いていくことが出来るので不得意な分野についても興味をもたせやすいからです。

参考:発達障害の中学生にいいかも?自宅で勉強できるタブレット教育6選

 

~自閉症の子供におすすめの教材~

ペグ+ Peg Board Therapy Sensory自閉症ゲーム特別なニーズManipulative Therapy

自閉症スペクトラム障害特徴からの勉強方法まとめ

参考:自閉症の子供におすすめのタブレット教材「専門家監修の通信教材すらら

自閉症スペクトラム障害では、文字情報だけでは行間などを読み解くことが難しいわけですが、デジタル機器を使うと視覚や聴覚から入る情報が多くなって理解しやすくなります。

理解しやすい問題を解くことが出来れば、不得意な分野への興味が以前よりも増して集中しやすくなるのです。

しかしながら、興味を持ちやすいということは、過剰に集中してしまうことにもつながります。デジタル機器の使いすぎを防ぐためには使用する時間などをルールとして決めておきましょう。

~自閉症の子供におすすめの玩具~

3dパズル玩具、子供morbuy IQチャレンジ玩具キューブパズル知恵ボール3dインテリジェンスボールゲームマジックパズル100 %子セーフFidget and Squeeze Relaxing療法の

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました