【本人が解説】発達障害で勉強が眠くなる3つの理由と改善方法

【本人が解説】発達障害で勉強が眠くなる3つの理由と改善方法

勉強眠くなるのは発達障害があるから‥?

私もグレーゾーンで育ちましたが勉強時間はとても眠くなり、

その結果成績も上がらず親を悩ませてきた経験があります。

その経験をもとに「発達障害で勉強が眠くなる理由と改善方法」をご紹介します。

  • 発達障害で勉強が眠くなるのは何で‥?
  • 発達障害でも勉強が眠くならないための改善方法は‥?

そんな疑問についてグレーゾーンでもある当事者の私が、詳しく解説しようと思います。

発達障害で勉強が眠くなる3つの理由

発達障害で勉強が眠くなる3つの理由

発達障害で勉強が眠くなるのは以下の理由が考えられます。

  1. 勉強に「楽しさ」が感じられていない。
  2. 文章ばかりで気が遠くなっている。
  3. 勉強をする目的がわかっていない。

理由①勉強に「楽しさ」が感じられていない

私の経験からすれば、まず勉強に「楽しさ」を感じることができないとすぐに眠くなります。

これは発達障害の特性でもありますが、興味のないことにはまったく見向きもしません。

したがって勉強に「楽しさ」が感じられなければ興味を持てないため、勉強を”つまらないもの”と判断することで眠くなるというサイクルです。

ただしここでの「楽しさ」というのは勉強自体が持つ”解く楽しさ”ではなく、まず勉強に興味がもてるための「視覚的な楽しさ」が必要です。

理由②文章ばかりで気が遠くなっている

発達障害があると文章を読むことが基本的にイヤなので、勉強に使う教材などが文章ばかりであればとたんにやる気がなくなって眠くなります。

発達障害とまでは行かないまでも私もグレーゾーンなので、文章ばかりの教材を目の前に出されると眠くなる気持ちが痛いほど分かります。

文字ばかりの教材を見ていると気が遠くなって眠くなるし、さらに文章もまったく読まず勉強そのものから”逃げたい”と思うようになるものです。

理由③勉強をする目的がわかっていない

そもそも勉強の目的がわかっていないため、モチベーションが上がらず眠くなる場合もあります。

とくに発達障害があると「やったことに対する対価」を求める傾向があって、それによって自分にどんなプラスがあるのか?を考えてしまいます。

たとえばご褒美なども同じことで、いたって単純な”見返り”です。

何かいいことがある!と思えば興味を持ちます。

その見返りがあるからこそ興味を持てるようになって、初めて勉強が眠くならず取り組めるようになるものです。

勉強が眠くならないための改善方法

勉強が眠くならないための改善方法

発達障害で勉強が眠くなるときは、こんな改善方法がおすすめです。

  • 勉強に「楽しさ」が感じられる教材を使ってみる。
  • 文章ばかりではなく「イラスト」で説明してみる。
  • 具体的に勉強の「目的」を明確にする。

改善方法①勉強に「楽しさ」が感じられる教材を使ってみる

発達障害があると、

最低でも勉強に「楽しさ」が必要です。

何だか楽しそうだな~と思うことで初めて勉強に興味を持てるキッカケができて、最初の一歩をスタートすることにつながります。

実際に私の経験からも、楽しそうな雰囲気のある教材を目の前に出されたときは「ワクワク感」を感じて勉強をするキッカケになりました。

したがってまずは勉強に「楽しさ」を感じることのできる教材などを考えてみることが、勉強を眠くならない方法としておすすめです。

改善方法②文章ばかりではなく「イラスト」で説明してみる

しかし「楽しそうな雰囲気」というのは、

文章ばかりの教材ではダメです。

先ほどもご紹介したように”勉強そのものの楽しさは”また後の部分で、いまはとにかく勉強に取り組むための「視覚的な楽しさ」を提供することが重要な時期です。

さらに目で見て楽しいと思える教材であれば勉強を眠くならないだけではなく、理屈を理解しづらい発達障害の子供が”感覚”でわかりやすく取り組むことができます。

したがってイラストなどがたくさん使われている教材を使うことも、勉強を眠くならず取り組める方法になります。

改善方法③具体的に勉強の「目的」を明確にする

勉強の目的をもてることで眠くならず取り組めるようになりますが、

ここで大事なのがこちら。

  • 具体的に将来のやりたいこと
  • どんな仕事がマッチするか

この2点を子供と一緒に考えて、いわゆる「夢を現実化」させていくことが大切です。

この擦り合わせが細かくなればなるほど具体的にイメージできるようになって、より勉強を眠くならず目的意識をもって取り組めるようになるものです。

また自分に目標ができることで勉強のスタートを切りやすくなるため、まずは子供の「やりたいことや興味のあること」を知った上で現実化をしていくことがおすすめです。

勉強が眠くならないベストな勉強方法

勉強が眠くならないベストな勉強方法

私がおすすめの、

発達障害の子供が眠くならない勉強方法はこちら。

勉強が眠くならないベストな勉強方法

通信教育の「ネット教材」を自宅学習に取り入れてみる

ここまでにご紹介した発達障害で勉強が眠くなり3つの理由を、すべてクリアにできるのが「ネット教材」だと私はつくずく感じています。

ネット教材であれば、このように改善が期待できます。

  • 勉強に楽しさが感じられていない。
    ➝キャラクターやイラストで「楽しい雰囲気」がある。
  • 文章ばかりで気が遠くなっている。
    ➝動画による「動き」があることで理解しやすい。

ネット教材は発達障害で勉強が眠くなる要素を、すべて排除してくれる勉強方法です。

したがって勉強が眠くなるのではなく、楽しくて先に進めていけるのがネット教材の大きなメリットになります。

ただしネット教材というのはたくさんあって、

闇雲にどれでもいいというわけではありません。

発達障害の子供に、ネット教材を選ぶポイントはこちら。

  • イラスト・キャラクターがたくさん使われている。
  • 動きのあるアニメーション授業が搭載されている。
  • 少しずつ理解しやすくわかりやすい説明がされている。

こうしたポイントを踏まえて選ぶことによって、初めてピッタリの教材で勉強ができます。

実際に私が体験して”間違いない”と感じたのは、具体的にレビューしている「発達障害支援の専門家による教材」です。

 おすすめ記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

まとめ

発達障害で勉強が眠くなる理由と改善方法

についてまとめます。

発達障害で勉強が眠くなる3つの理由

  1. 勉強に「楽しさ」が感じられていない。
  2. 文章ばかりで気が遠くなっている。
  3. 勉強をする目的がわかっていない。

勉強が眠くならないための改善方法

  • 勉強に「楽しさ」が感じられる教材を使ってみる。
  • 文章ばかりではなく「イラスト」で説明してみる。
  • 具体的に勉強の「目的」を明確にする。

勉強が眠くならないベストな勉強方法

➝通信教育の「ネット教材」を自宅学習に取り入れてみる

これで「発達障害で勉強が眠くなるときの改善策」を実践できます。

ご紹介してきた内容は、実際にグレーゾーンでもある私の経験をもとにしたフィクションです。

勉強で眠くなるという経験をしてきたからこそ、具体的な改善方法などをご紹介することができていあす。

発達障害で勉強が眠くなるときには、私の経験に基づいた方法をぜひ試してみてください。

 

 人気記事 

【発達障害】家庭教師の選び方と間違いなくおすすめな3選

コメント

タイトルとURLをコピーしました