ADHD(多動性障害)の特徴から中学生におすすめの勉強方法を探る

ADHDの特性から「多動性障害」の特徴に焦点を絞って、どんな勉強方法がおすすめなのか?について調べていきます。

ADHD(多動性障害)とは発達障害の1つで、不注意や多動性、衝動性などの症状が現れることで日常生活に様々な問題を引き起こしてしまう障害のことをいいます。

多動性障害の特徴とは?

多動性障害 特徴 勉強方法

自分をコントロールする力が弱く気が散りやすかったり、じっとしていることが苦手で落ち着きがないなどの特徴があります。また、衝動的に思いついたことをすぐに実行してしまうといった症状が出やすい人もいます。

子供の頃からこういった症状が現れますが、少し変わった子という風に認識されていて発達障害に気付かれずに、大人になってから診断されるケースも最近では増えてきています。少なからず生きづらさを抱えており、診断されたことで初めてその原因に気付いたというケースもあります。

ADHD(多動性障害)があると、学校生活の中で上手く人間関係を構築できなかったり、叱られたり批判され続けてきたために自分に対して劣等感を抱くようなことがあります。

どうしてじっとしていられないのか?など、親や教師など指導的な立場の人に否定されてしまうと子供の自己肯定感が低くなってしまいます。

自分に対してコンプレックスを抱えていることも多くありますし、本人だけではなく親も躾や育て方に悩んでいるケースも多くみられます。

参考:発達障害3つの特性から考える中学生におすすめの勉強方法とは?

多動性障害の特徴から考える勉強方法

多動性障害 特徴 勉強方法

人とどうコミュニケーションをとっていくのかなども課題の1つですが、学習をどうサポートしていくのかも大きな課題になっています。

ADHD(多動性障害)の場合には早期に診断を受けて、早い段階で治療やトレーニングを開始することで日常生活で起こりがちな問題を改善することができます。年齢が上がって行くと共に抱えている問題にも変化が現れますので、その状況に応じた適切な対処をすることが求められます。

中学生ぐらいになると思春期に入り、親から離れて自立の一歩を踏み出します。友達との関わりが深くなる一方で、人間関係のトラブルも深刻化しやすくなっていきます。学習面では受験などもあり、適切なサポートを受けることが欠かせません。

では、学習面ではどういった勉強方法が適しているのでしょうか?

ADHD(多動性障害)の子どもは気が散りやすいので、まずは集中しやすい環境を整えてあげることが大切になります。勉強する場所は必要最低限の物だけにし、余計な物は置かないようにします。

机を壁に向かうようにするなど、視覚的な刺激が少なくなるようにするのがおすすめです。また、静かな環境で勉強できるようにします。

人は少し雑音がある方が集中力が上がると言われており、最近ではリビング学習なども推奨されています。しかし、気が散りやすい傾向にある人に向いている勉強方法とはいえません。

できるだけ刺激が少ない方が良いのですが、集中できる環境には個人差もあるので、図書館などの方が集中できるといった場合にはそこで勉強するのが良いかもしれません。

参考:聴覚過敏で勉強に集中できない!発達障害におすすめイヤーマフ選び方

バランスボールなどを使ってあえて体を動かしながら勉強する

多動性障害 特徴 勉強方法

それから体を動かしながら勉強するという方法もあります。集中力が低下していると感じた時に運動したり、体を動かすようにしたりしてもいいですし、バランスボールの上に乗りながら勉強したりしても大丈夫です。

あまり行儀が良い勉強方法とは言えませんが、ADHD(多動性障害)の人には向いています。体を動かしている方が集中力が上がることが分かっています。

一般的な子供の場合には、1つの教科を勉強するのに30分とか1時間といった時間をかけることが多いと思います。しかし、これだけの時間を集中するのは難しいので短い時間の勉強を何度も繰り返すといった方法が有効です。

例えば、10分勉強したら次の教科を勉強し、また10分勉強したら次の教科に移るといった勉強方法になります。短時間であれば集中できるという人も多いので、この方法だと集中力を持続させることができます。

参考:ADHDの中学生が塾へ通えないときに考えたい3つの勉強方法

多動性障害の勉強ではマーカーの引き過ぎに注意

多動性障害 特徴 勉強方法

それから参考書などを読む際には重要な部分にマーカーなどを引いたりすることも多いと思いますが、マーカーを引くことに注意が行き過ぎて肝心の内容は頭に入らないといったことがあります。

ノートをまとめる際にも、使用するペンの色や文字の大きさなどが気になりすぎるということもあるようです。そういった際には無理にマーカーを引かず、ノートをまとめる際にも使用するのは鉛筆だけといったシンプルにまとめる方法がおすすめです。

問題集などを解く際にも、1つのページにいくつもの問題があるとあちこちに意識が行ってしまいがちになります。1つの問題に集中することができません。ですから、1問ずつ問題を解くといった工夫をする必要があります。

中学生になると、受験対策として塾に通わせたいということも出てくるでしょう。

その場合には先生の話を授業として聞くスタイルよりも、少人数やマンツーマンで指導してくれる塾や家庭教師の方がいいかもしれません。人数が多いとどうしても気が散ってしまうので、集中できずに終わってしまうことも多いからです。

そして、大切なのはやはり本人が興味のある分野を伸ばしてあげるということでしょう。好きな分野であれば何時間でも集中できるという子供も多いので、出来る限り本人の興味に沿った進路を選ぶことが重要です。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました