学習障害の中学生が数学を勉強するときは「そろばん」が理解度アップに役立つ

学習障害のある中学生は、なにかと勉強での苦労が多いものです。

そこで数学を勉強するときにどんなコツがあるのか?教えるときのポイントになる部分はどこにあるのか?などについて探っていこうと思います。

算数障害による数学勉強の困難さ

学習障害 数学 勉強

LD(学習障害)の中でも特に数学の学習能力が他の子供と比べて著しく劣る場合は、算数を習得する能力に問題がある可能性があります。障害のある子供は小学校の中学年以降、算数の勉強が苦手になり、ついていけなくなるケースが多発します。

親や教師がそのことに気づかず、無理に勉強を強いることで算数が嫌いな子供になってしまいます。そうならないためには、障害があることに早く気づき、適切な対策をとる必要があります。

 

算数障害の子供は他の能力には問題がない場合もあり、円滑な学校生活がおくれます。算数の勉強はついていく程度に留め、自分の得意な分野を伸ばしていくことが大切です。

算数や数学の分野で劣っていても、他の分野が優れていれば社会生活には問題がありません。

 

LD(学習障害)の子供は特別な存在ではありません。算数ができなくても他の能力を伸ばすことで、社会の役に立つことが可能です。とはいえ、学校で習う授業には最低限でもついていく必要があります。

そのためには親や先生が子供のことを理解し、学習の手助けをすることが大切です。算数障害の生徒に対して必要な態度は、できないことを責めるのではなく、できることを褒めることです。

 

普通の大人でも、できないことを責められると、そのことが嫌になります。まして算数障害の生徒であれば、その分野の学習が嫌になっても仕方がありません。

実は子供が陥ってはいけない状態が学習を嫌いになることです。

 

多少の障害は小学校課程の学習にとって致命的ではありませんが、算数が嫌いになってしまうと学習にとっては致命的となります。該当する子供で気をつけなければならないことは、学習を嫌いにはさせないことです。

参考:発達障害で不登校の中学生が安心して利用できる「学研の家庭教師」

学習障害で数学勉強のコツはルール?

学習障害 数学 勉強

算数は一定のルールに従って論理的な組み立てが必要な科目です。算数障害の中学生は、一定のルールを理解する能力に劣ると言われています。

子供はどこを理解してそこが苦手なのかを把握することが、教える側に求められます。算数障害とはどのようなものかは専門家でなければわからないことです。

 

子供がそれに該当するとわかったならば、その内容を理解することが大切です。そのためには専門家の活用が必要です。当然わからないことは、専門家の助けをかりることが重要です。

専門家がどこにいるかわからない場合は学校の先生や行政機関に聞いてみるのが近道です。きちんとした専門家の指導を受けることで算数障害の本質がわかり、対策が立てやすくなります。

 

LD(学習障害)の子供を持った場合は、どうしてよいのかわからなくなる場合があります。孤立化することは本人にとっても親にとっても好ましくありません。

問題を必要以上に大きく考えてしまい、過剰な反応をしてしまうのは良くありません。そうならないためには、同じ悩みを持つ保護者との連携が効果的です。

 

他の保護者と連携を保つことで、算数障害の子に対する解決策が得られます。他の方との連携は知識に関することだけでなく、心の支えとなることも見逃せない効用です。

親が心理的に不安になっては、子供に悪い影響を与えてしまいます。他の分野で可能性を持った子供に対し、親の心理状態が不安定になることは良くありません。

 

算数障害は部分的なものです。子供の前人格が否定されたわけではないので、親が冷静に対応する必要があります。

参考:学習障害(LD)3つの特徴から中学生におすすめの勉強方法を探る

学習障害では数字の概念が理解しにくいことに注目

学習障害 数学 勉強

算数障害の子供は、他の子供のような数字の概念が理解できない可能性がります。数を概念として理解できず、簡単な計算問題でも回答を得るのに苦労します。

しかし、数を図や絵で理解することが可能な場合は、他の子供とは異なる方法で回答を得ることできる場合があります。数を概念として理解できなくても、指をおって感覚的に理解することは可能です。

 

同じく、図や絵で数を理解する方法もあります。ソロバンなども有効な解決策となる場合があります。近年は学習用のソフトも開発されているので、積極的な活用が望まれます。

IT機器の発達は著しく、ハンディーのある子供の学習を助けてくれます。無い能力を無理に求めるのではなく、有るものを積極的に活用することが必要です。

 

算数障害だからといって、数学的思考ができないとは限りません。

高校の授業では、数字を使った計算から文字を使って考える内容に変化します。その過程で眠っていた才能が開花することもありえます。

 

算数障害は短期的には考えずに、長期的視点を持つことが大切です。子供が始めにつまずくのが九九の計算です。他の子供と同じ方法で九九を覚えられなくても、他の方法が効果的な場合もあります。

計算式を文字で書いて絵として覚える方法や、ソロバンで覚える方法などが有効とされています。得意な分野でハンディーを補う姿勢が求められます。

 

人間は全ての能力が満遍なく備わっている人と、能力が偏在的に見られる人に分かれます。算数障害を抱えていても、他の能力で活躍の場が広がれば、生きていくうえで大きな問題とはなりません。

参考:聴覚過敏で勉強に集中できない!発達障害におすすめイヤーマフ選び方

 

<ボイスそろばん>
ボイスそろばん
ボイスそろばん
日本語・英語の音声で数字を読み上げるので、そろばんの仕組みや数字の理解にとても役立つよう設計されていておすすめです。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました