発達障害の中学生に「読解力をつける」ためのベストな勉強方法【経験談】

お知らせ ►►

すららキャンペーン

私のおすすめ発達障害支援専門家による「すらら」が
入会金0円キャンペーン中です。

詳しくは➝https://surala.jp

私のレビュー:すららの口コミ

ユッキ―

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は発達障害の中学生に読解力をつける方法が知りたい!という疑問に対して、グレーゾーンの経験からベストな勉強方法を紹介しようと思います。

  • 発達障害のある中学生に国語の読解力をつけるには‥
  • いくら教えても読解力がないまま‥

そんな疑問をお持ちでしたら、きっと参考になる内容かと思います。

発達障害の中学生に「読解力をつける」ベストな勉強方法

ユッキ―

読解力学習に、これを使ってみませんか?

文部科学大臣賞の受賞歴がある

「通信教育すらら」

文部科学大臣賞の受賞歴がある「通信教育すらら」

✅ こちらで読解力授業の無料体験ができます

http://surala.jp

国語の読解力を養うには、極めてピッタリの通信教材です。

しかも「発達障害支援の専門家」が監修しているので、完全におすすめのデジタル教材になります。

なぜこのデジタル教材がおすすめなのか、詳しく理由を解説します。

矢印

読解力を養うために親が教えようといくら頑張ってみても、ほとんど理解してくれないと思います。

なぜ勉強ができないのか?

発達障害の中学生がまったく理解してくれず、読解力を身につけることが難しい大きな理由として「読解力につなげる勉強の順番が違っている」という場合がほとんどではないでしょうか。

たとえばADHD(広汎性発達障害)の場合などは、つねに頭の中で音楽が流れている状態のうえ、視覚的に見えるものを理解しようとしながら過ごしているのが普通。つまり「2つの状況判断」を同時に行っている状態で、これが読解力を理解できないといわれる原因です。

読解力をつけるためには、つぎのような勉強の順番が必要です。

  • まず読解力を勉強するための環境を整える。
  • 理解できていない部分にさかのぼって勉強させる。
  • 数稽古でそのレベルの文章を多く読ませる。

このような手順を踏むことで、やっと読解力を理解できる状況が整います。

しかし家庭においてこのような手順を正しく踏めるかといえば、なかなか難しいのが現状だと思います。そこで発達障害支援の専門家によるデジタル教材「すらら」が最適な選択になるというわけです。

もちろん他のデジタル教材を使って、読解力学習をやってもいいです。

しかし国語の読解力をしっかりと勉強できるほど、かなり詳しく勉強できる通信教材はないと思います。

すららの読解力学習はこんな感じ。

すららの読解力学習

すららの読解力学習

アニメーション授業で楽しさを感じられるので、まず勉強に興味がもてます。

さらに講師が話しかけてくる「次世代型アニメーション授業」という工夫によって、勉強に飽きやすい発達障害の中学生でもムリなく勉強を続けることができるデジタル教材です。

さらに発達障害支援の専門家が監修しているので子供自身にとってもわかりやすく、また「無学年方式」のため根本的な原因までさかのぼって自由に勉強できるのでベストな勉強方法になります。

すららの小学1年生範囲

すららの小学低学年範囲

小学1年生範囲まで、自由にさかのぼって国語を勉強できます。

しかも国語の読解力以外にも5教科すべてを同じように無学年方式で勉強できるデジタル教材のため、かなり効率のよい家庭学習を親に代わって実践できます。

このようなベストな勉強方法のできる通信教材はこの「すらら」くらいなので、グレーゾーンの経験からいっても発達障害の中学生にとって完全におすすめといえる読解力勉強方法になります。

ムリなく正しい手順で、わかりやすく読解力学習ができます。

ユッキ―

ぜひ「すらら」の無料体験をされてみてください。

きっと、発達障害の読解力学習におすすめという理由がわかると思います。

✅ こちら➝http://surala.jp

私のレビュー:通信教育すららを実際に体験した感想

 

国語の読解力がない場合のおもな3つの原因

国語の読解力がない場合のおもな3つの原因

発達障害で読解力を養えない場合、おもな理由として次の3つが考えられます。

  • 読解力学習に適した環境が整っていない。
  • つまずきの原因に辿り着けていない、また解消できていない。
  • 本などで文章をあまり読ませていない。

この3つの原因を正しく解消できれば、かなりの確率で読解力を養うことが期待できます。

さらに詳しくこれらの原因について解説します。

読解力学習に適した環境が整っていない

読解力学習に適した環境が整っていない

発達障害の中学生に読解力がつかない場合の、もっとも大きな原因として考えられるのが「学習環境」です。

読解力学習をスタートする以前の部分で、まずは静かな環境を整えることが重要。

とくに発達障害(ADHD)などの場合は「視覚的な状況判断」「頭の中における思考」という、2つの行動が同時に行われてるという特徴・特性があります。

健常児の場合はやや視覚的な邪魔・少しくらいの騒音があっても勉強にそこまで支障はありませんが、発達障害の場合はこのような特性があることで敏感に対応することが必須条件。

イヤーマフ

イヤーマフ

まずは視覚的に学習を阻害しないための部屋状態騒音のないクリアな環境を整えることが重要。必要であればイヤーマフなどを装着させるのもおすすめの手段になります。

参考:発達障害の子供におすすめイヤーマフ10選と失敗しない選び方

さらに読解力学習というのは音楽の脳内再生など、頭の中における思考をすべてストップすることも大切。

そのために重要なのが読解力学習に集中できるための工夫で、勉強のほうにこそ「楽しさ」「興味が持てる」などの魅力を持たせることが必要です。

つまずきの原因に辿り着けていない(解消できていない)

つまずきの原因に辿り着けていない(解消できていない)

読解力がつかない場合、けっこう気付いていない原因として「原因の追究」が出来ていないという状況も考えられます。

国語の勉強と考えればわかりやすいですが、読解力を養うというのは「積み上げ学習」になります。

たとえば主語・述語からはじまって、次第に形容詞など難しい内容に進んでいくことが大切。もしわかっていない(理解していない)単元があればさかのぼって理解させることが重要です。

いくら途中の単元から教えようとしても、根本的な原因をわかっていないので読解力はつきません。

したがって理解できていない原因となっている国語単元までさかのぼって、正しい順番を経て読解力学習を進めていくことが理解させるために重要になります。

ふだん会話をしている言葉1つをとっても、じつは国語学習の実践をしているだけです。

親子の会話(言葉)だけで理解させようとするのではなく、国語の単元をしっかりと教えることが読解力をつけるための近道だったりします。

本などで文章をあまり読ませていない

本などで文章をあまり読ませていない

読解力学習のなかで1つの単元を理解できれば、本などで文章を読ませて「数稽古」を行うのも効果的です。

読解力学習の定着につながります。

そのときの学習レベルに見合った本などを与え音読させるなど、数稽古をしながら同時に読解力学習で得た知識について復習。これを実践することで読解力の定着が期待できます。

読解力の知識というのは数多く発声するなど、数稽古はかなり効果的な対策になります。

赤ちゃんのころから自然と言葉が身につくのと同じで、たくさん言葉を発する(聞く)ことでより読解力を定着させるのに役立つといわれています。

したがって読解力学習で得た知識をさらに定着させるためにも、なるべく学習レベルに遭った本などを読ませて数稽古を行うこともおすすめの学習方法。とくに発達障害の中学生は言葉が少ないという特性もあるので、より重視すべきポイントになります。

まとめ

ユッキ―

今回は「発達障害の中学生に読解力をつける」という疑問に対して、おすすめの勉強方法、原因と改善方法などをグレーゾーンの経験からお話ししてきました。

発達障害の中学生に読解力をつけようと、いくら説明しても難しいもの。したがって勉強方法の目線をガラッと変え「国語ベース」で読解力学習を実践することをおすすめします。

まず理解できていない単元を追求して原因を探り、さかのぼって学習することからスタート。その後は1つずつ確実に学習を積み上げることによって、正しい順番で読解力学習を実践できます。

親の知識のなかから「ここが理解できていない‥?」「どうやって教えればわかってくれる‥?」などと考えるよりも、さかのぼり学習が可能な無学年方式のデジタル教材などの利用がおすすめ。

デジタル教材でもアニメーション授業など「楽しさ」があると、よりスムーズに読解力学習できます。

読解力学習というのは難しく考える必要なく、1つずつ順番に教えることでOKです。

発達障害の中学生で読解力がつかないと思っていれば、ぜひ今回の方法を実践なさってみてください。

タイトルとURLをコピーしました