発達障害の中学生におすすめ「漢字」を効率よく学べる通信教育3選

発達障害の中学生におすすめ「漢字」を効率よく学べる通信教育3選

期間限定 ►►
すらら私のおすすめ発達障害支援専門家による「すらら」が
期間限定
入会金0円キャンペーン中です。

✅ 詳しくは➝https://surala.jp

yukky

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「発達障害の漢字学習におすすめの通信教育が知りたい」という疑問に答えます。

漢字プリントなどで学ぶのもおすすめですが、私としては5教科をすべて学べる通信教育を利用したほうが効率よく、しかもコスパにも優れるためより適しているかと。

そこで発達障害の中学生に適するといわれる通信教育(デジタル教材)のなかから、より漢字を効果的に学べるベスト3選をピックアップします。

デジタル教材はアニメーションなどの「楽しさ」をはじめ、画面の中に「動き」「音声」などもあるため5感を使ってより吸収しやすい学習スタイル。とくに発達障害の飽きやすいなどの特性にぴったりなので、かなり充実した漢字をはじめとする5教科学習が期待できます。

グレーゾーンの私がベストと感じている勉強方法になるので、ぜひ参考にしてみてください。

発達障害の中学生におすすめ「漢字」を効率よく学べる通信教育3選

発達障害の中学生におすすめ「漢字」を効率よく学べる通信教育3選

私としては、つぎの通信教育(デジタル教材)がとくにおすすめ。

まずもって「漢字」を学びやすい順番に並べて紹介します。

  1. 進研ゼミ ハイブリッドスタイル
  2. すらら
  3. スマイルゼミ

いずれの通信教育においても「漢字」を学びやすく、さらに5教科全般も身に付きやすいのが特徴。

それぞれの教材によって特性が異なるため、詳しく解説をしていきます。

進研ゼミ ハイブリッドスタイル

進研ゼミ ハイブリッドスタイル参考:進研ゼミ

おすすめ理由専用タブレットによって極めて細かな漢字学習ができる。AIシステムによる止めやハネといった詳細な採点まで可能となっているため学習効果が高い。
対応教科9教科無学年方式授業スタイルライブ授業
(講師)

独自の専用タブレットを使うことで高い学習効果が期待でき、さらに細部まで徹底的に漢字学習のできるデジタル教材です。

進研ゼミは専用タブレットが大きな特徴で、より細部まで漢字練習できるのがメリット。

実際に進研ゼミを使って漢字学習を行うと「AIシステム」によって漢字のトメ・ハネ・ハライまでしっかりとチェックして、記入されていないと不正解判定となるので確実性の高い漢字学習ができます。

また進研ゼミの場合はタブレット画面に手をついて書くことができる工夫もあり、いたって自然なナチュラルスタイルで手書き風の漢字練習ができるのも大きな特徴。タブレット画面に手をついて書けるというのは結構なストレスフリーとなるので、とくに発達障害ですぐに短気を起してしまう場合などには最適といえる専用タブレットになります。

また漢字問題も豊富に揃っているのできっと学習が追い付かないほどで、現在の学年はもとより中学生の漢字をすべて練習できるのも取り組みやすい部分。いわゆる中学生範囲をすべて学べる準無学年教材ともいえるスタイルとなっており、過去の復習もしやすいのも効果的な漢字練習につながるかと思います。

漢字のほかに9教科すべてを学べるので、家庭学習として極めておすすめといえる優秀な通信教育(デジタル教材)になります。

進研ゼミ ハイブリッドスタイル進研ゼミの無料体験教材・入会はこちら。

【進研ゼミ中学講座】

 

すらら

すらら

おすすめ理由基礎からハイレベルの漢字学習ができスモールステップで進むアニメーション授業により理解へつなげやすい。無学年方式のため学年関係なく小学生範囲からしっかり学べる。
対応教科5教科・英検無学年方式授業スタイル映像授業
(アニメーション)

漢字のトメ・ハネをはじめ、書き順まで徹底的に正誤判定してくれるデジタル教材。かなり優秀なAIシステムが搭載されています。

とてつもなく精密な判断をするAIシステムが搭載されており、漢字を少しでも間違えれば誤りとして判断されるので、極めて高い確実性をもって漢字学習ができる通信教育です。

自分のタブレットを使うスタイルなので、専用タブレット教材とは違ってどうしてもタッチペンの用意も必要。しかし自粛学習を徹底している家庭にとってはかなり安心できるスタイルで、完全に非接触で家庭学習ができます。

また漢字学習としては漢検7級レベルから3級レベルまでしっかり学ぶことが可能で、さらに漢字単体だけではなく総合問題により類義語・対義語、熟語の構成、四字熟語など、まさに漢字検定レベルの問題にチャレンジできるため高い学習効果が期待できます。

このように漢字学習としても極めて高い効果が期待できるデジタル教材ですが、ほか5教科すべてにおいて基本構成としては変わらず。さらに英検学習にも対応しているので中学生に必要な学びはほぼカバーしており、さらに発達障害支援の専門家が監修しているため至って理解しやすく構成されているのが特徴です。

漢字学習をはじめとする基礎理解については、スモールステップで進むわかりやすいアニメーション映像授業がかなり理解しやすく有意義。無学年方式のため中学生範囲だけではなく小学生範囲から復習できるので、漢字以外にもすべての教科をしっかりと履修することができます。

すららすららの無料お試し体験・入会はこちら。

https://surala.jp/

 

レビュー:すららの口コミ

 

スマイルゼミ

おすすめ理由もっとも手書き風で自然体として取り扱える専用タブレットが特徴。サクサクと動きもスムーズでノートに書く感覚で漢字および9教科学習ができる。
対応教科9教科無学年方式授業スタイル映像授業
(講師)

YouTube動画を見てもわかるように、専用タブレットへの書き込み性能はピカイチ。もっともスムーズで自然なスタイルで漢字学習できるデジタル教材になります。

専用タブレット教材のなかでも完成度の高さが目立つデジタル教材で、漢字レッスンをはじめ9教科すべてにおいて精度が高くスラスラと自然体で学びやすいのが大きな特徴です。

とにかく「書くこと」「動きのあるコンテンツ」がおもな特色で、5感をフルに使ってもっとも効率よく学ぶことが期待できる構成。やはり漢字学習においても細かな部分まで徹底的にチェックされ、かなり高い学習効果が期待できるデジタル教材です。

またスマイルゼミはタブレット画面への書きやすさで評判も良く、書き込み用のタブレットペンなども先が尖っていたりと至れり尽くせり。またタブレット画面に手をついて書き込みができるので、これもストレスフリーにつながる大きなメリットといえます。

とくに発達障害のある中学生にとって、この書きやすさというのは極めて有意義ではないかと。サクサクと動きも良く完全にストレスなく学べるので、紙と鉛筆を使っているかのような家庭学習ができます。

スマイルゼミ✅ スマイルゼミの資料請求・入会はこちら・

◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

 

漢字をよく学べる通信教育3選の比較一覧

yukky

ここまでに紹介した漢字におすすめ通信教育3選を、さらに比較一覧でまとめます。

それぞれ教材名をクリックすると、先ほど解説した各項目へジャンプします。

教材名対応教科無学年方式授業スタイルおすすめ理由
進研ゼミ9教科映像授業
(講師)
専用タブレットによって極めて細かな漢字学習ができる。
すらら5教科映像授業
(アニメーション)
基礎からハイレベルの漢字学習ができスモールステップで進むアニメーション授業により理解へつなげやすい。
スマイルゼミ9教科映像授業
(講師)
もっとも手書き風で自然体として取り扱える専用タブレットが特徴。

 

発達障害の漢字学習に選ぶべき通信教育のポイント

発達障害の漢字学習に選ぶべき通信教育のポイント

グレーゾーンの私としては、つぎの3つが特に重要なポイントと感じます。

  • なるべく豊富に漢字を学べる
  • 細かな部分までチェック可能な工夫がある
  • マスの罫線などバランスがとりやすい

これらの要素を持つ通信教育を選べば、より漢字学習を効果的に進めることが期待可能。

とくに発達障害の中学生にとって、かなり身に付きやすい漢字学習方法ともいえます。

さらに3つの要素について詳しく解説していきます。

なるべく豊富に漢字を学べる

通信教育を用いて漢字学習を実践することは、まずもって「多くの情報量」で学べるということ。

とくに通信教育でもデジタル教材などはインターネット特性を活かして、極めて多くの情報によって漢字学習ができるため適したスタイルともいえます。

基本的に通信教育であれば紙教材でも「その学年で習得する漢字」は学べるよう構成されており、自分で書店へ行って漢字プリントなどを購入するよりも確実性が高いといえる勉強方法。

その学年で習得するべき漢字についてしっかりと網羅できるのであれば書店の漢字プリントでもいいですが、より落ち度を少なくして確実性を高めるためには通信教育の利用は極めて的確な学習スタイルになります。

ただし通信教育といっても漢字学習における構成比率は異なり、漢字中心の家庭学習へ取り組みたい場合は「少しでも多くの漢字学習可能」という教材選びがポイント。一般的に紙教材のなかで比較をして、さらにデジタル教材も踏まえて比較することで学習量の違いが見えてくるものです。

ここで注意しておきたいのが学べる漢字数ではなく、その漢字を使った応用まで履修できること。

その学年で習得すべき漢字数は一律同じなので、漢字数ではなくさらに発展した応用学習のボリュームをしっかりと比較して選ぶことが重要です。

とくに発達障害のある中学生であれば、その特性から「より掘り下げた学習」が必要となる場合もあります。具体的にいえば「興味を持つと追究する特性」が発達障害にはあり、もし漢字に興味が持てればさらに追及したいという状況も十分に考えられます。

このような状況へ対応するためにも漢字をただ書いて覚えるだけではなく、さらに発展させた漢字の熟語をはじめとする応用的な問題についてもボリュームがあれば最適。漢字全般における学習範囲をしっかりと比較して、よりボリューミーな漢字学習のできる通信教育を選ぶことが大切と私は感じます。

細かな部分までチェック可能な工夫がある

漢字学習においてポイントになるのが「トメ」「ハネ」など、細かな部分になります。

とくに最近の小中学校ではこうしたトメ・ハネをはじめ払いなども徹底的にチェックされる傾向にあり、通信教育においてもできる限り細部までしっかりと学べることが重要に感じます。

たとえば紙学習でいえば「記入欄の枠内に薄く下書きがある」などは漢字を細かく学びやすく、まずはその上からなぞって模写できるため細部まで確認できて効果的、またデジタル教材であればAIシステムによる採点機能が発達している場合、自動的にこうした細部までチェックして教えてくれる教材も存在します。

私もやや行き過ぎ感はあると思いながらも、こうした細部までしっかりと書くことは漢字学習においてかなり重要といえるポイント。やらないよりはやったほうがいい部分になるため、通信教育においても細部まで徹底的に学べる工夫があることが選ぶときのチェックポイントになります。

紙教材・デジタル教材いずれにおいても、こうした細部まで詳しく学べる通信教育がおすすめ。とくに発達障害の中学生は「こだわり」をもって漢字練習をする場合もよくあるので、よりこのような工夫が整っていることが大切であると私は感じます。

マスの罫線などバランスがとりやすい

発達障害における漢字学習では、わりと「バランスを掴む」というのが至難の業になります。

漢字のバランスというのは崩れると不正解判定がされ兼ねないという重要なポイントで、なるべくであれば上下左右のバランスがとりやすい「枠線」のある通信教育を選ぶのも1つのコツになります。

よく漢字学習ノートでは枠線内に十字の薄い点線が記載されていることがありますが、このような工夫は漢字のバランスを学ぶにはかなり有意義。したがって通信教育においても枠線内などにバランスの取れる工夫がある、という教材が発達障害の中学生にとって適していると私は感じます。

また発達障害でも学習障害(LD)があり、さらに漢字障害(書き障害)がある場合。こうした場合はとくに漢字練習の枠線内にバランスのとれる工夫があれば学びやすく、バランスがとれないまま覚えてしまいその結果として不正解判定を受ける恐れ低下へつなげることが極めて期待できます。

とくに複雑な漢字を学ぶ場合にはバランスがとりにくいので、できれば通信教育を選ぶときもしっかりと対応してあることを確認しておくことがおすすめです。

まとめ

yukky

今回は「発達障害の漢字学習におすすめの通信教育が知りたい」という疑問に対して、グレーゾーンの私が選んでおすすめする漢字学習に適した通信教育3選をはじめ、漢字学習に選ぶ通信教育のポイントというスタイルで答えてきました。

旗っつ障害のある中学生にとって、漢字学習というのはけっこうハイレベルな分野です。

漢字字体がもつ複雑さもありますが、さらに書き順・止め・跳ね・払いといった感じ特有の決まりも覚える必要があるため。したがって漢字を学ぶときは理解しやすい工夫があること、また体で覚えやすい施策・機能が備わっていることが大きなポイントになると私は感じます。

実際にグレーゾーンの私自身もなかなか漢字を覚えることができないという経験をしてきて、いま発達障害の中学生が抱える悩みなどを健常児よりも詳しくわかっているつもりです。

そんな経験をもとに発達障害と漢字についてお話ししてきたので、ぜひ今後の参考になさってみてください。現場視点ですべてお伝えしてきました。

タイトルとURLをコピーしました