発達障害の中学生に多い「ケアレスミス防止」が期待できるAIシステム学習法

発達障害の中学生に多い「ケアレスミス防止」が期待できるAIシステム学習法

ユッキ―

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回はケアレスミスが多いので改善させたい!という、発達障害の中学生がいる家庭の疑問・悩みに対してグレーゾーンの経験から応えていきます。

発達障害の中学生というのは、健常児と比較してもとくにケアレスミスが多いものです。

そこで、ケアレスミス改善にむけて効果的と感じているのが「AIシステムによる学習方法」というもの。思った以上にケアレスミス改善が期待できる勉強法になるので詳しく解説します。

  • 発達障害がある中学生のケアレスミス改善方法が知りたい‥
  • ケアレスミスがなければテストの点数アップが期待できるのに‥

そんな疑問・悩みをお持ちでしたら、きっと参考になる内容かと思います。

なぜAIシステムによる学習法がおすすめ?

なぜAIシステムによる学習法がおすすめ?

AIシステムによる学習法がおすすめの理由は、同じ問題を「違った角度」から解答できるため。

家庭学習として、一般的に使われているのは紙教材ドリルが中心です。

この紙教材ドリルの進化系がAIドリルというスタイルで、問題を解いて間違ってしまった場合は人工知能による「問題内容の変化」によって、同じ問題をまた別角度から解き直せるのが特徴。

紙教材ドリルの場合は、間違った問題に対して答えを見て納得するというだけ。

しかしAIドリルの場合は、ケアレスミスによって間違ってしまった同じ問題にたいして、主旨は変えず出題角度のみを自動的に変えて再出題してくれるためケアレスミス改善が期待できる勉強方法になります。

このAIドリルというのは、通信教育(デジタル教材)に搭載される機能の1つ。

紙教材ドリルでは論理的に真似のできない、発達障害がある中学生のケアレスミス改善が期待できる極めておすすめの勉強方法です。

ユッキ―

ただし問題内容を微妙に変化させるAIドリル搭載、というデジタル教材は数少ないもの。

そこで実際にいろいろなデジタル教材体験のなかから、ケアレスミス改善につながりやすい「微妙に問題内容を変化してくれるAIドリル搭載おすすめデジタル教材」を2つピックアップします。

紙教材ドリルで同じ問題を解き直すより、大幅にケアレスミス改善が期待できます。

矢印

発達障害がある中学生の「ケアレスミス防止」が期待できるAIシステム学習法

発達障害がある中学生の「ケアレスミス防止」が期待できるAIシステム学習法

発達障害がある中学生のケアレスミス改善に「間違った問題に変化をつけて再出題」してくれるAIドリル搭載のデジタル教材は極めて高い効果を期待できる勉強方法。私が実際に体験・抽出した2つのおすすめデジタル教材をぜひ選んでみてください。

極めてケアレスミス改善が期待できる「すらら」

極めてケアレスミス改善が期待できる「すらら」

ケアレスミス対策
  • 難易度コントロール(独自AIシステム)
  • つまずき診断(独自AIシステム)
  • 3つのテスト機能
  • 次世代型アニメーション授業
  • 発達障害支援のプロによる監修・構成

ユッキ―

発達障害の中学生にとって、何よりも頼もしい存在となるのがこの「すらら」というデジタル教材。

発達障害支援のプロが監修しているので、完全にピッタリといえる無学年方式の教材です。

しかも徹底的に工夫されたケアレスミス対策が施されているため大幅改善が期待でき、さらに楽しくわかりやすいアニメーション授業などが後押しをしてくれるのも特徴。

独自のAIシステムによって機能するのが「難易度コントロール」「つまずき診断」で、間違った問題に対して別角度から再出題してくれたり、理解できない原因となる単元を教えてくれるのがケアレスミス改善を期待できる大きな2つのメリットになります。

すららのAIシステム

すららのAIシステム

独自AIシステムによる2つの機能によって、だいたいのケアレスミス対策は可能。

さらに不足部分があれば楽しさのあるアニメーション授業によって理解につながりやすいため、徹底したケアレスミス対策を実践することができます。

5教科すべて&英検・数検のケアレスミス対策ができるので、これ1つあれば十分。

ほかにも3種類のテスト機能などで豊富な問題数を解くこともでき、無学年方式のため学力低下がみられる発達障害の中学生にもぴったりでおすすめのデジタル教材です。

文部科学大臣賞の受賞歴あり、というのも信頼性の高さを感じるポイント。

またインターネットを通じたクライアント型教材なので、問題内容などが自動的にアップデートされ常に最新内容で取り組めるのもメリットのひとつです。

✅ 興味があれば無料体験ができます。

http://surala.jp

※私のレビュー:発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

 

ケアレスミス防止向上が期待できる「天神」

ケアレスミス防止確率の高まりやすい「天神」

ケアレスミス対策
  • 豊富な類題による再出題(独自AIシステム)
  • 問題シャッフル機能(独自AIシステム)
  • ヒント表示
  • 実際の講師のよる動画講義

ユッキ―

一般的なインターネット教材とは違って、Wi-Fiを使わず勉強できる数少ないデジタル教材です。

学習ソフトをインストールすれば勉強できるスタイルなので、インターネット環境の整っていない場所で家庭学習させるには唯一といえる存在がこの天神になります。

ケアレスミス対策として、問題を解いて不正解だった場合に「類題」を再出題されるのが大きな特徴。

また問題を解くときに「ヒント」を表示できるのもケアレスミスに効果的で、さらに同じ分野のテスト問題も「シャッフル機能」によって違うテストのように取り組めるのもメリットになります。

天神のAIを使った授業画面

天神のAIを使った授業画面

また理解できない単元については動画講義を見られ、ケアレスミスの原因解消につなげやすいのも特徴。

一問ごとに正誤判定が行われるので記憶が薄れる前にやり直しができ、結果として学習効果も高くかなり効率的な家庭学習を実現できるデジタル教材です。

クライアント型ではなくインストール型教材のため費用としてはやや高くなるのがデメリットですが、購入すればずっと使用できるので兄弟がいる場合には逆にお得感のある教材。

学年ごとに教材を購入する必要がありますが、すべて揃えることで無学年方式と変わらない便利な家庭学習を実践できます。

まず資料請求をすることで、無料体験の案内も同時に送られてきます。

✅ 無料の資料請求はこちらで出来ます。

【天神】中学生版

※私のレビュー:発達障害のある中学生が「天神」で勉強するメリット・デメリット

 

まとめ

今回は「発達障害のある中学生のケアレスミスを改善する勉強法」として、とくにおすすめのAI型デジタル教材をピックアップしました。

ケアレスミスを防ぐには、ドリルなどで同じ問題になんども取り組むことがポイントです。

しかし一般的な紙教材ドリルをなんども解かせようとすると、どうしても問題内容を覚えてしまったりと不具合が多く、本当の意味においてケアレスミス改善につながりません。

そこでおすすめなのが「AIドリル搭載のデジタル教材」で、そんな不具合をすべて解消できます。

デジタル教材といってもAIシステムが搭載されていなかったり、なかには搭載済みの場合でも出題形式が紙教材ドリルと何ら変わらないといった場合も多くあります。

私がピックアップした2つのデジタル教材は、いずれもケアレスミス改善に効果的なAIシステム。

発達障害の中学生がケアレスミスで点数が取れないという場合は、ぜひ2つのデジタル教材をお考えになってみてはいかがでしょうか。

グレーゾーンの経験からも、かなり効果の高いケアレスミス対策ができるデジタル教材です。

タイトルとURLをコピーしました