発達障害の中学生におすすめ「学習支援教材」かなり役立つベスト3選

発達障害の中学生におすすめ「学習支援教材」かなり役立つベスト3選

ユッキ―

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「発達障害におすすめの学習支援教材が知りたい!」という疑問に応えます。

とくに焦点を当てるのは、発達障害のある中学生たち。

発達障害、ディスクレシア(読み書き障害)、高校受験対策など、中学生にぴったりの学習支援教材について極めて優秀な3選を絞り込んでくわしく紹介します。

きっと想像以上に効果を実感できると思うので、ぜひ安心して選んでみてください。

発達障害の中学生におすすめ学習支援教材ベスト3選

発達障害の中学生におすすめ学習支援教材ベスト3選

私が選ぶ学習支援教材はいずれも「勉強」に関連するものばかり。学習場面できっと役立つ支援教材になること間違いなしです。

発達障害の総合学習におすすめ学習支援教材「すらら」

選んだ理由5教科すべてを楽しくわかりやすく勉強できる
おすすめの家庭発達障害全般において家庭学習に悩んでいる
楽しさわかりやすさ専門家監修
おもな特徴
  • 発達障害支援の専門家・大学教授監修
  • 無学年方式を採用
  • AIシステム搭載によるドリル・テスト機能
  • つまずき診断・難易度コントロール機能
  • 次世代型アニメーション授業 など

yukky

発達障害の家庭学習において「基本5教科」「英検対策」をしっかり取り組める学習支援教材です。

とにかく楽しさを感じられるビジュアルで勉強に興味をもたせやすく、家庭学習に興味が持てずスタートすらできない‥という家庭にとって極めておすすめといえるデジタル教材になります。

発達障害におすすめの学習支援教材といえる要素が、すべて盛り込まれているのが大きな特徴。楽しさ・わかりやすさも十分で、さらに発達障害支援の専門家が監修しているため理解につなげやすい学習支援教材です。

すららの映像授業

すららの映像授業

なかでも「映像授業」は発達障害のために作られたといえる内容で、進み方が極めてゆっくりペース。

少しだけ解説があったうえで頻繁に確認問題が出されながら授業が進むので、発達障害の中学生にも理解しやすく、1つずつ確実に覚えていくといった理想的な学習方法といえる優秀な映像授業です。

AIシステム搭載によるドリル機能

AIシステム搭載によるドリル機能

またAIシステム搭載によるドリル機能も極めて優秀で、間違った部分については理解できていない「つまずき原因」を瞬時に表示してくれる機能など。

さらに不正解のとき答えを見て再確認するだけではなく、問題がやや簡単な内容に変化され再出題されるなど、根本的な部分をしっかりカバーしてくれる「難易度コントロール機能」なども充実のデジタル教材。

しかも「無学年方式」で学力低下のみられる発達障害でも、ぴったりの範囲を学習できるため超効率的。発達障害の学習支援教材として、総合的に超優秀なおすすめのデジタル教材になります。

極めて広い範囲で、いまの家庭学習の改善が期待できると私は強く感じます。

すらら✅ こちらで「無料体験」を試せます。

https://surala.jp/

 

 

ディスクレシア改善が期待できるアプリ「読むトレGO!」

選んだ理由任天堂Switchを使って読み書き学習が楽しくできる
おすすめの家庭ディスレクシア(読み書き障害)の中学生がいる
楽しさわかりやすさ専門家監修
おもな特徴
  • 医学博士「平岩幹男」監修
  • 勉強っぽさを感じさせないビジュアル
  • 全6ゲーム構成で200以上のステージ搭載
  • 成長を見守る機能 など

yukky

発達障害(ディスレクシア)の読み書き障害において、極めて高い改善が期待できる学習支援教材です。

監修しているのは発達障害専門ドクター「平岩幹男教授」で、これまで多くの発達障害を改善の方向へ導いてきた第一人者。そんな教授が作った学習支援アプリです。

この教材における大きな特徴が、任天堂Switchで取り組めるところ。勉強ではなく完全に「遊び感覚」で読み書き障害の改善が期待できるアプリになります。

読むトレGO!のトレーニング風景

読むトレGO!のトレーニング風景

たとえばリビングで寝転がった状態で遊べるトレーニングをはじめ、飛んだり跳ねたりしながらトレーニング、ときにはマイクを使って声を出してトレーニングを行うなど楽しさ満点の学習支援教材。

とはいえ本格的な読み書きトレーニングができるため、かなりの改善が期待できる内容です。

とくに学力低下がみられるディスレクシアの中学生にぴったりの学習支援教材で、小学生で覚える範囲は徹底的にトレーニングできるのがポイント。

医学博士監修による遊び感覚で本格的なトレーニングができるので、発達障害(ディスレクシア)が見られる場合は学習支援教材の候補に挙げておかれることをおすすめします。

読むトレGO!✅ こちらで詳細確認・購入ができます。

【読むトレGO! for 任天堂スイッチ】

 

発達障害の高校受験におすすめ「オンライン家庭教師 Netty」

発達障害の高校受験におすすめ「オンライン家庭教師 Netty」参考:インターネット家庭教師Netty

選んだ理由発達障害を良く理解し対応できる数少ない家庭教師
おすすめの家庭ギフテッドの中学生にハイレベルな高校受験を考えている
楽しさわかりやすさ専門家監修
おもな特徴
  • 国内トップクラスの発達障害理解&対応体制
  • 公立・私立高校いずれも対応可能
  • 意思疎通しやすい「1カメラシステム」
  • ぴったりな勉強がしやすい多数のコース設定 など

yukky

とくに発達障害(ギフテッド)にぴったりの、おすすめ学習支援教材になります。

発達障害といっても学力低下だけではなく、逆に知能指数の高いギフテッドである場合も多く見られます。

そんなギフテッドの中学生に、超おすすめの学習支援教材がこのオンライン家庭教師。運営母体となる家庭教師ノーバスが徹底した発達障害支援を行っているため、極めてとり組みやすい勉強方法になります。

厳密にいえば学習支援教材というよりも、学習教材の部類。発達障害だけではなく健常児にも実績のあるオンライン家庭教師で、公立・私立高校受験にむけ高い学習効果が期待できます。

インターネット家庭教師Nettyの1カメラシステム

インターネット家庭教師Nettyの1カメラシステム

オンライン家庭教師でもっとも困難といわれるのが「意思疎通」ですが、この会社では「1カメラシステム」を採用しているため極めてスムーズ。

Webカメラで顔を映し出しながら、手元の教材などはすべて画面内共有できるといった最新式の学習スタイルとなっているのが特徴。ストレスなくお互いに意思疎通できるので、勉強が滞る心配もなく安心できる機材スタイルになります。

1つだけ使い方の注意点を挙げれば、積極的に疑問解消へむけ質問できること。

オンライン家庭教師はピンポイント指導により疑問点解消に高い優位性をもつのが特徴ですが、それだけに積極的に質問をしてどんどん疑問解消につながることが重要なポイントになります。

もし発達障害で高校受験をめざす場合は、間違いなくおすすめといえる学習支援教材です。

オンライン家庭教師 Netty✅ こちらで「無料体験」ができます。

インターネット家庭教師Netty

 

発達障害におすすめの学習支援教材を選ぶポイント

発達障害におすすめの学習支援教材を選ぶポイント

発達障害へ学習支援教材を選ぶとき、つぎの3つが最低条件と私は感じます。

  • どこかに「楽しさ」を感じられる工夫がある
  • わかりやすい解説およびカリキュラム構成となっている
  • 発達障害における専門家が監修している

この中の1つでも欠けてしまうと、発達障害におすすめの学習支援教材とはいえません。

さらに詳しく、これら選び方のポイントを解説します。

どこかに「楽しさ」を感じられる工夫がある

どこかに「楽しさ」を感じられる工夫がある

発達障害にむけた学習支援教材で、最も重要といえるポイントが「楽しさ」です。

親御さんならすでにお分かりと思いますが、家庭学習に取り組むとき文字ばかりの教材を見せても、まったく興味を示さないのではないでしょうか。

これは発達障害の特性でもあって、面白そうじゃないと感じてしまえば完全に見向きしなくなるもの。勉強をスタートすることすら難しくなってしまうため、家庭学習教材は必ずどこかに「楽しさ」という要素が必須になります。

この楽しさを具体的にいえば、いちばん伝わりやすいのがイラストやアニメーション。

子供なら誰でも興味を示すのもイラストなどということも分かっており、なにも考えることなくビジュアル面で直感的に楽しさを感じられるため極めて有意義な対策となります。

勉強に楽しさなんて必要ないと思われる場合は、ぜひ発達障害の特性を見直してみてください。

どんな学習教材でも楽しさの工夫が必要で、とくに発達障害向けの学習支援教材においては必須ともいえる要素になります。

したがって発達障害の学習支援教材を選ぶとき、この「楽しさ」がふんだんに盛り込まれていることがおすすめといえる最低条件になります。

わかりやすい解説およびカリキュラム構成となっている

わかりやすい解説およびカリキュラム構成となっている

発達障害の中学生というのは、複雑な思考や操作などが極めて苦手です。

とくに家庭学習となると複雑な思考力を求められることを子供自身が理解しているため、なかなか勉強を好きになれないのが現状。

そこで、発達障害にむけた学習支援教材に必要なのが「わかりやすさ」になります。

まず勉強を理解するための解説が、極めてわかりやすいことが重要なポイント。きちんと勉強の順番が前後せず正しい順序で解説され、さらに細分化して1つずつ確実性の高い教え方であること。

またカリキュラム構成においても同様で、いま取り組むべき部分がわかりやすいこと。

たとえば数学が苦手であれば「数学のどの単元に取り組むのが最適か?」を適正に判断してくれ、子供の一番取り組むべき部分をピンポイントで表示されるなどの工夫があればおすすめの学習支援教材といえます。

発達障害の学習支援教材では、この「わかりやすさ」も極めて重要なポイントになります。

発達障害における専門家が監修している

発達障害における専門家が監修している

最後にお伝えするのが、極めて重要なポイント「発達障害の専門家監修」という部分です。

学習支援教材というのは多くの会社が販売運営していますが、その中でも発達障害の専門家が監修している虚図愛というのは根本的に理解しやすいといった特徴があります。

発達障害支援を専門としている企業をはじめ、発達障害専門の医学博士などの監修は極めておすすめ。

したがって発達障害にむけた学習支援教材選びにおいては、こうした発達障害の専門家による監修というポイントもしっかりとチェックしておくべき重要な部分になります。

もちろん発達障害の専門家以外が作成した場合も、なかには優秀な内容である教材も存在します。

しかしながら専門家が監修している教材は「どこか違う」と感じられるほど学習現場に沿った役立つ内容となっているので、より発達障害の学習支援教材としておすすめといえます。

まとめ

ユッキ―

今回は「発達障害におすすめの学習支援教材は?」という疑問について答えてきました。

とくに選ぶとき最低といえるポイントが楽しさ・わかりやすさ・発達障害専門家の監修になります。

私がピックアップしたおすすめ3選はもとより、ぜひ選び方をお役立てください。

発達障害は学力低下が当然と思われている節もあります。

しかし私は全くそうは思っておらず、平均的な学力から外れて「超優秀」「学力低下」いずれかの症状がみられるのが発達障害の特徴だと思っています。

したがって私は発達障害における学力低下のみに限らず、難関私立高校への受験対策におすすめといえる学習支援教材についてもお伝えしてきました。(医者などはほぼアスペルガー)

この結論に至る経験となったのが発達障害コミュニケーション指導者の資格学習を行ったときで、今こうして発達障害にぴったりの学習支援教材を発信できるまでになりました。

発達障害の特性をしっかりつ見極めたうえで解説してきたので、ぜひ安心して実践されてみてください。

タイトルとURLをコピーしました