発達障害で不登校の中学生が安心して利用できる「学研の家庭教師」

障害が原因で不登校になる中学生も多く見かけますが、原因として最も多いのが「対人関係」ではないでしょうか。

私もグレーゾーンなので人と会うことが難しく不登校になったことがあるのですが、学習塾へ通うこともできないため自宅で勉強のできる家庭教師を考えることは当然だと思います。

しかし発達障害(ADHD・LD・ASD)などがあると受け入れてくれる家庭教師が見つからず、とくに大手の家庭教師はその傾向が強いため悩んでしまうものです。

私も学習塾や家庭教師は受け入れてもらえず、いろいろと探しまわったりして苦労をした経験があります。

そして結果的に受け入れてくれるところを見つけたのですが、それが「学研の家庭教師」というわけなんです。もし同じ状況で悩んでいるのであれば、詳しい内容をお伝えしますのでぜひ参考にしてみてください。

まず家庭教師に「不登校コース」があるかどうかが大事

発達障害で不登校になった場合の理由は「対人関係」がほとんどだと思いますので、学習塾よりも家庭教師を選んだ方が賢明です。

しかし健常児しか受け付けていないところが多く発達障害で不登校な場合は断られることが多いのですが、まず調べるときに大事なのが「不登校コース」があるかどうかです。

 

不登校コースを設けている家庭教師は発達障害についても理解してくれることが多く、私が最終的に選んだのも「学研の家庭教師」に不登校コースがあったからです。

学研 家庭教師 不登校

ホームページ:家庭教師入会問い合わせプロモーション

不登校に対する問題解決の方法もいろいろと知っていますし、さらにその原因に発達障害が関係しているということも良く理解をしている家庭教師なので安心して任せることができるはずです。

「学研の家庭教師」は発達障害で不登校でも安心

学研の家庭教師は不登校の中学生にとって理解を示してくれるので安心できますが、とくにすごいのがこんな考え方を持っているためです。

学研 家庭教師 不登校

普通の家庭教師というのは「心」まで深く追求しているところが少ないのですが、この学研の家庭教師の場合は「心の健康基準」という理念を持っている珍しいところです。

 

その中でも、とくにピックアップしたいのがこの部分です。

学研 家庭教師 不登校

「MVCL」という制度を行っているのですが、ただ単に勉強を教えるための知識だけではなくて「人間性」についても採用基準の柱にしているという点です。

 

学研の家庭教師は「優しい」という声をよく耳にしていましたが、実際に関わってみるとこの制度があるから優しい対応ができるんだということが理解できる感じがします。

勉強を教えるというよりも、好きになってもらう

そんな考え方が、ほかの家庭教師では感じられませんでした。

 

さらに「学研の家庭教師」には、こんな考えが。

学研 家庭教師 不登校

こういった考え方というのは、発達障害や不登校の子供にはもっとも大事な部分だと思っています。いろいろな家庭教師を探してみてきましたが、こんな言葉に出会えたところはこの「学研の家庭教師」だけでした。

 

こんな考え方を持っているから「勉強!」ではなくて「勉強を好きになってもらう」という指導の仕方になっているんだという気がします。

実際にこの指導を受けてみると、こんなに違うんだ‥ということがよくわかります。

 

なんで勉強がしやすいの?と思った理由はここにもあると思います。

信頼できる先生と、趣味やゲーム、お子様の好きなこと、やってみたいことから始めてみる。そんなことからスタートできればいいのではないでしょうか。

こんなふうに指導をしてくれるので「勉強をしなさい!」という感じではなくて、まず「気兼ねなく打ち解ける」ことができるようになるのでは?と思いました。

 

とくに私のようなグレーゾーンや発達障害と診断された子供には、勉強というよりも「親しくなる」ことがとても大事です。学研の家庭教師はこの部分をよく理解してくれているので、その後に勉強へ進んでいくときもスムーズに話を聞くことができるようになります。

学研 家庭教師 不登校

発達障害で不登校になるといちばん聞きたくない言葉が「学校に行け!」ですが、これは子供にとって余計に心が離れてしまう言葉なんです。

 

本当は学校に行きたい‥勉強もしたい‥でも行くことができない。

この気持ちを理解してもらいたくて自然とどこかでサインを送っているものですが、それになかなか気付いてもらえないというのが普通だと思います。

 

でも学研の家庭教師で結果的に成績も良くなって学校に行けるようになるのは、ほんのちっぽけなサインを見逃さずに気づいてくれたことがとても大きいんだと思います。

今だから言えますがこのちっぽけなサインというのがとても重要なポイントで、この部分を見逃さずに「気付いて伸ばしてあげる」ということをすれば少しずつ学校に行ける状態になってくるはずです。

 

後になって思うと、ここを見逃さずに対応してもらえたのが改善につながった大きな理由ではないかと思います。この部分は本当に大事なところになります。

私の場合は成績がすごくアップしたということはないのですが、何よりも学校へ復帰できたことが嬉しかったです。

一時は勉強から離れそうになっていたのですが、優しい講師の教え方とサインをキャッチしてくれたことで心が開けるようになって前向きに勉強に取り組めるようになったこと。

自分の中で「あぁ‥これでいいんだ」と思えるようになったこと。

そんなふうに変わることができたのも、学研の家庭教師を見つけたおかげです。

 

もし発達障害で不登校で悩んでいるのであれば、相談してみて欲しいです。

表面的に対応してくれる家庭教師もあるとは思いますが、学研の家庭教師と話してみると根本的な対応の違いに気付かれるはずです。

学研 家庭教師 不登校

ホームページ:家庭教師入会問い合わせプロモーション

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました