期間限定情報 ►►
すらら発達障害支援の専門家による「すらら」が
期間限定
入会金0円キャンペーン中です。

✅ 詳しくは➝https://surala.jp

発達障害の中学生へ「語彙を増やす」3つのおすすめ対処法

発達障害の中学生へ「語彙を増やす」3つのおすすめ対処法

yukky

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「発達障害の語彙力不足を改善したい」という疑問に答えます。

中学生に必要な語彙数というのは、文部科学省によると1,600~1,800語なんだとか。この語彙数に少しでも近づけることが、高校受験や今後の成長にも重要な意味合いを持つことになりそうです。

そこでグレーゾーンの経験を活かして、発達障害の語彙力アップにおすすめの方法を解説します。

発達障害の語彙を増やす3つの対処法

発達障害の語彙を増やす3つの対処法

私的には、つぎの3つがベストと感じる対処法になります。

  1. 外出機会を増やす
  2. 自宅での会話数を増やす
  3. デジタル教材の力を借りる

いずれにおいても語彙力アップにむけ、かなり効果が期待できるかなと。

また後ほど詳しくお話ししますが、ただ単純に物理的な名詞を教えるなど「表面的な施策」は片手落ち。その名前(名称)を記憶できたら並行して「想起語」も教えることで、より本質の理解が期待できます。

さらに詳しく、これら3つの効果的な対処法について解説します。

外出機会を増やす

外出機会を増やす

発達障害の語彙力アップに向け、外出するという行動は極めて効果的な対処法になります。

外出をすることによって多くの情報が得られるのはもちろん、その対象物に関連する想起語まで把握しやすいといったメリットが多く考えられる対処法。物理的な名称だけではなく動きなどを連想しやすいため、その言葉の意味まで理解しやすいのが外出による語彙力アップの特徴になります。

とくに外出における語彙力アップ学習として、より注目しておきたいのが「自宅では触れられないもの」かなと。外出してこそ触れられる事柄に着目をすることで、自宅以外における語彙について詳しく学習することが期待できます。

ここで親が気にしておきたいポイントは、子供が興味を持った瞬間を見逃さないこと。とくに発達障害は「興味があることには集中しやすい」といった特性があるため、なるべく興味を持った瞬間に語彙力アップ学習を心掛けることがおすすめです。

子供が興味をもった事柄があれば、できる限り立ち止まってその物事について深く会話をするなど。ただたんに名詞を教えるだけではなく、同時に連想される言葉や動作なども教えることでより深い理解が期待できます。

自宅での会話数を増やす

自宅での会話数を増やす

外出して覚えた語彙に対して、自宅で復習するというのもおすすめの対処法です。

このときベストといえるスタイルが「対象物を見せる」という行動で、外出先で興味をもった対象物を映像や画像などで見せながらさらに詳しく掘り下げて会話をするというのも極めて効果的。表面的な名詞だけではなくその働きなどについても深く追求できるので、より理解へつながる語彙力アップが期待できます。

またちょっとした空き時間を使って、語彙力アップにつなげることも自宅でおすすめの対処法。子供が興味を持てそうな対象物をはじめ、もし見つからなければ興味を持てる対象物について話しかけて探るという方法もおすすめです。

また子供のほうから、興味の持てそうな語彙を発言してもらうのも極めて効果的。その興味がある事柄に関してより深く会話をすることで、子供のほうもワクワク感た楽しさを感じながら語彙力アップにつなげることが期待できます。

自宅でより多くの会話を心掛けることは、かなり語彙力アップが期待できる最適な対処法。空き時間を使って少しでも話しかけることで、何気ない会話の中から語彙力向上へつながる対話が見つかるかもしれません。

デジタル教材の力を借りる

デジタル教材の力を借りる

発達障害の語彙力アップ学習として、デジタル教材を利用するのもおすすめの対処法です。

一般的な会話からも語彙力アップを実践しながら、もう1つ「学習」として対策するのがこの方法。家庭学習の一環として語彙力対策を講じることで、より高い語彙力アップ効果が期待できます。

yukky

ただしデジタル教材といっても、できれば「発達障害の特性に沿った内容」であることが重要。

そこで、私がとくにおすすめするデジタル教材がこちら。

デジタル教材「すらら」

デジタル教材「すらら」

このデジタル教材すららは、発達障害支援の専門家が手掛けているため最適な内容。

とくに発達障害で語彙力が低いときにおすすめのデジタル教材で、健常児へ語彙を教えるスタンスとはまた異なった角度からわかりやすく教えてくれるため極めて高い効果が期待できます。

画像を見てもらえばわかるように、文字だけではなくイラストやアニメーションによって解説されるため発達障害でも興味を持ちやすいのが大きな特徴。アニメーション映像授業が搭載されているため「視覚」「聴覚」へも働きかけるため、より理解しやすく語彙力アップへつなげることが期待できます。

また語彙力アップにつなげる国語だけではなく、そのほかの教科(数学・英語・理科・社会)についても学べるため毎日の家庭学習としても効果が見込めるデジタル教材。いずれの教科においても発達障害支援の専門家によって理解しやすく構成されているので、極めて効果的な家庭学習が見込めます。

もし興味があれば、ぜひ無料体験をなさってみてください。

すらら✅ すららの無料体験はこちら。

https://surala.jp/

 

※私のレビュー:すららの口コミ

 

発達障害の中学生に語彙を増やすときの重要ポイント

発達障害の中学生に語彙を増やすときの重要ポイント

発達障害の特性を踏まえると、つぎの3つが特に重要ポイントと思います。

  • 興味をもって取り組める
  • オウム返しにならないよう想起語も教える
  • 理解を深めるため「1日5つ」くらいを目安にトレーニングする

ただ漠然と語彙力アップを目指そうとしても、きっとうまくいかないのではないかと。

そこで着目したいのがこの3つで、より効果的な語彙力トレーニングへつながる大きな要素になると私は感じます。

さらに詳しく解説します。

興味をもって取り組める

興味をもって取り組める

発達障害の語彙力アップにむけて、もっとも重要といえる要素が「興味」になります。

すでにご存じのように発達障害があることで興味関心をもちにくい面があり、自分自身が興味が持てない場合にはだれが何を言っても見向きもしない場面があると思います。

しかし一旦興味をもってしまえば外部圧力に屈することなく、その興味を徹底的に貫いてのめり込むというのが発達障害における1つの特性。したがって語彙力アップにおいても「興味」をもてなければ学習が進まないため、まずもって興味関心を惹くことが重要になります。

この「興味」というのは対象物に魅力を感じる要素だけではなく、その過程も重要な役割を担うもの。つまり対象物以外にも興味が持て語彙力アップにつながるよう、楽しさを感じやすい外出(遊び)などを多く行うことがおすすめです。

もっとも注意すべきが、興味が持てないのに語彙力アップだけを図ろうとする行為。子供としては興味がないため教えても全く頭に入らないので、完全に無意味といえる行動になってしまいます。

発達障害の語彙力アップにおいて、まずは「興味」をもって取り組めることが極めて重要といえるポイントになります。

オウム返しにならないよう想起語も教える

オウム返しにならないよう想起語も教える

発達障害の中学生へむけ語彙力アップを図るとき、ただ単純に名詞だけを教えると「オウム返し」という覚え方になってしまう恐れがあるため注意が必要です。

このオウム返しというのは、覚えた言葉をそのまま返すだけの理解方法。その対象物がもつ役割などを理解できていないため、ただ視覚的に得た情報をそのまま返すだけの覚え方となるのがオウム返しです。

この問題を回避するために重要となるのが、対象物における特性を同時に教えるという作業。いわゆる「想起語(連想語)」を教えることによってただ単に名刺を覚えるだけのオウム返しを避け、しっかりと理屈(根拠)をもって対象物の理解が期待できるようになります。

つまり簡単にいえばこの作業によって、対象物における名詞と特性の「紐づけ」ができるかと。

どんな対象物においても特性を紐づけることで、より理解が進みやすく効果的な語彙力アップが期待できます。

理解を深めるため「1日5つ」くらいを目安にトレーニングする

理解を深めるため「1日5つ」くらいを目安にトレーニングする

とくに発達障害があることで、記憶力(ワーキングメモリ)が狭くなっている場合もあります。

1日に記憶できる容量が少ないことで多くの情報を処理しきれないため、一度に大量の語彙力アップを図ることはかなり負担が大きくなるため注意が必要。できれば1日に5つまでの語彙といった範囲内で収め、ワーキングメモリ不足による「逆効果」を防ぐことが重要です。

たとえば1日に記憶できる語彙が5つとすれば、仮に10の語彙を教えた場合は記憶力不足によって、結果的に3つしか覚えられないなど。このような逆効果にならないよう、多くの情報を記憶されることはなるべく避けたほうが効果的な語彙力アップ方法として無難な対策になります。

また1日に5つの語彙を教えたら、1日の終わりに総復習するのも効果的な対処法。MAX5つまで語彙を教えたら、しっかりと復習をして定着を図ることも効果アップが期待できる重要な対処法になります。

まとめ

yukky

今回は「発達障害の語彙力不足を改善したい」という疑問に対して、私がおすすめと感じる3つの対処法をはじめ、語彙力アップ学習時のポイントという形で答えてきました。

まとめると「多くの会話」「無理をしない」というのが総合的なコツになります。

また発達障害があることで語彙力学習において、興味が持てるかどうかによっても効果は大きく変わってきます。なるべく興味を持てるよう対象物および周りの楽しい環境などを考えたうえで、自然な形で語彙力アップ学習にとり組むことも大切なポイントになります。

私自身もグレーゾーンのため、語彙力にはあまり自信が持てていません。

そんな経験をもとに発達障害本人にとって「どうすれば語彙力アップが期待できるか」を考え解説してきたので、ぜひ現場に沿った話と思って取り組まれてみてください。

タイトルとURLをコピーしました