発達障害の中学生におすすめのドリルと失敗しない選び方

発達障害の中学生におすすめドリルとは何だろう?と思ったことからドリルについて詳しく探ってみようと思います。

毎日の勉強を見てい悩みも多い親御さんが少しでも楽になれば、またどんなドリルだったら勉強しやすいのか?を少しでも改善できれば幸いです。

発達障害の中学生におすすめのドリル「ネット教材の使用」

「ネット通信教育すらら」

ネット教材によるドリル

公式サイト:https://surala.jp/

発達障害の中学生におすすめの学習ドリルをご紹介してきましたが、より多い情報量と「AI」によるドリルで人気のネット教材「すらら」をご紹介します。

この通信教育すららに搭載されるドリル機能は、どう考えてみても優秀。

かなり「最終理解へ結びつかせやすい」のが大きな特徴で、この教材に搭載されているドリル機能でもし理解できなければ別のドリルをやっても難しいと私は感じます。

 

たとえば上の画像のように「記述式」の問題を間違った場合は、問題の出され方が「選択式」など1つ簡単な出題形式に変更されるというのが大きな特徴。何度もおなじ文章を読むのではなく、内容は同じでも文章や答え方が異なっているので頭に入りやすいAIシステムによるドリル機能です。

一般的なネット教材のドリル機能はまったく同じ出題形式というのが当たり前なことを考えると、通信教育すららのドリル機能がいかに本質部分を考えてあるかがわかるかと思います。

さらに特徴的なのが「つまずき診断」というAI機能。

この機能も一般的なネット教材にはないもので、すらら独自のインタラクティブ機能になります。

つまずき診断

たとえばドリルを解いて間違ったとき、間違えた内容をAIが分析。

その分析結果からどこでつまずいているか?が診断され、原因をなくすため「学びなおし問題」が出題されるというお役立ち機能です。

 

家庭学習で間違った原因を探し出すという作業はとても難しいですが、このドリルに備わっている機能によって確実な原因対策ができるため大幅な学習効果アップを期待できます。

この「通信教育すらら」は誰でもわかりやすい対話型解説の映像授業も搭載されているので、ドリル機能と併せて使うことによって「かなり最終理解までたどり着きやすい」というネット教材。しかも発達障害支援の専門家が監修しているのでピッタリの勉強ができます。

もし紙教材のドリルをはじめ、一般的なネット教材のドリルを使うのであれば、この通信教育すららに搭載されるAIシステムによる究極のドリルを使ったほうが間違いなくおすすめです。

発達障害(グレーゾーン)でもある私も、実際に体験したうえで「通信教育すららのドリル機能」についてお伝えしています。きっと発達障害の中学生にとって、これ以上ないほど理解しやすいドリルになると強く感じました。

すらら無料体験はこちら https://surala.jp/

✅ 私のレビュー:発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

 

発達障害の中学生にとって最適なドリルの探し方

発達障害 勉強 ドリル

発達障害を持った子供の場合、無理に勉強をさせてしまうとそのこと自体に苦手意識を持ち、子供によっては逆効果となる可能性が出てきます。

まずは学習をすることが楽しいことだと認識させること、これがポイントとなってくるわけです。

ドリルを選ぶ際にもこの「楽しさ」を存分に味わうことが出来るもの、絵や図解が多くわかりやすさを重視したものなどを選ぶようにしていくと、子供が感じる抵抗を最小限にしていくことが出来ておすすめです。

発達障害の中学生におすすめのドリル選び①楽しさと「最後は子供」

発達障害 勉強 ドリル

発達障害の子におすすめのドリルとして、まずおすすめになってくるのが先にも挙げたように図解や絵が多い商品です。

こうした障害を持った子供たちは視覚から入ってくる情報、それこそ図解や絵によってその理解力を高めていくことが出来ます。

 

もちろん、子供それぞれで個性は異なってくることになりますが、文字だけで解説がなされたものよりも、より分かりやすさを重視したものの方が理解力は高くなっていくということです。

発達障害 勉強 ドリル

勉強の方法にも注意が必要で、周りの大人が強制してさせるのではなく、子供自身が意欲をもってやりたがる教材を用意することが大切になってきます。まずはわかりやすさを重視したドリルを用意すること、これから始めていきましょう。

 

実際にドリルの内容を本屋などで確認することはもちろんですが、必要に応じて実際に子供に選ばせてみるのも一つの手です。

大人がいくらわかりやすいと思っていても、実際に教材を使って勉強をするのは子供自身です。本人がわかりやすいかどうかを判断して商品を購入するのが最も確実な方法となります。

発達障害 勉強 ドリル

ネット上の口コミ情報を参考に商品選びをすることもありますが、こうした情報はあくまで参考程度にとどめておくことがポイントです。

最終的な判断は先に挙げたように子供自身にさせること、これが長く楽しく勉強を続けるために必要な過程です。学習自体に苦手意識を持たないように注意していくことが周りの大人が出来る最大限の工夫です。

<参考記事>

発達障害の子供に勉強を教えるときのちょっとした3つの工夫

 

発達障害の中学生におすすめのドリル選び②学年のピントを合わせる

発達障害 勉強 ドリル

発達障害を持った中学生の場合、すでに授業で進んでいる内容についていけていない場合があります。この場合、変に無理をして学年に合ったドリルを選ぶのは危険です。

基礎となる学力がついていないのにも関わらず多少無理をした内容のものを選んでしまうと、それが逆効果となることがあるからです。

 

先にも挙げたように、勉強に対して苦手意識が強くなりますし、それこそ今以上に学力に開きが出てしまう可能性があります。

まずは子供自身が自信をもって解ける問題から始めていくことです。

発達障害 勉強 ドリル

そのドリルが学年に合っていないものでも、たとえ小学生向けのものでも、本人が自信をもって解けるのであれば問題はありません。

基礎力をある程度つけてから中学生の問題を解いていけばその分自分の力にもなりますし、学校での授業にもついていきやすくなります。

 

家庭で行うドリル学習だからこそ、こうした教材の選び方がポイントとなってくるわけです。学校ですでに授業の内容についていけないと感じている場合、発達障害の有無にかかわらずこうした教材の選び方は大切です。

中学生の発達障害の子供に向き合うためにはまず、どの学年の学習に苦手意識を持っているのかそこを追求するところから始めていきましょう。

発達障害 勉強 ドリル

たったこれだけのことでも個々の学力レベルをある程度把握することが出来ますし、本人のプライドを損なうことなくそれぞれに見合った勉強ができるようになります。

子供たちのプライドを損なわないこと、これが一番です。

<参考記事>

発達障害(多動症)の子供が落ち着けるために効果的なサプリ3選

 

発達障害の中学生におすすめのドリル選び③子供が理解できる詳しい解説付き

発達障害 勉強 ドリル

発達障害を持つ中学生におすすめしたいドリルには、詳しい解説がついているものが挙げられます。

一般的なドリルには解答がつけられていますが、単純なものであれば、自分で分わからない問題が見つかった時に苦労することになります。

家庭での勉強で教える立場の人間がいる場合であればまだいいのですが、それがいない場合、自分一人でそれらの問題を解答するのは障害を持っていない子供でも難しいことです。

 

解説欄がしっかりしているドリルであれば、自分一人で問題に行き詰った時でもその解き方を一からチェックしていくことが出来ます。

発達障害 勉強 ドリル

大人がいる場合にはそこで一緒に問題に取り組むことが出来ますし、わからない問題へのアプローチの仕方も学ぶことが出来るというわけです。

もちろん、わからない問題が出ないことが第一ではあるのですが、もしもそういった問題に直面した時に自分で解決できるだけの資料、サポートがある教材を選ぶことがここではポイントになってきます。

 

こうした教材を選ぶ際にも、先に挙げたように事前に本屋でその内容をチェックしていくことが大切です。

解説欄の有無に関しては実際に目で見て確認しないことには判断することはできませんし、それこそ口コミだけではわからないことだらけです。

発達障害 勉強 ドリル

本屋によってはその本の内容が確認できないケースもありますが、できるだけこの手間は怠らないように、教材を無駄にしない工夫は必要になってきます。

発達障害を持った中学生向けの教材を探す際にはこうしたポイントを参考にしていくといいでしょう。

<参考記事>

発達障害の中学生におすすめのSSTを使ったお役立ち教材3選

 

発達障害の中学生におすすめ「AIドリル」

発達障害の中学生におすすめ「AIドリル」

発達障害の中学生にドリルを与えようとしても、ピッタリの学年(内容)を選ぶのはなかなか困難ではないでしょうか。

学力に合わせてドリルを選ぼうとしても、国語は中学1年生用、理科は小学5年生用‥など。

各教科ごと学力に合わせたドリルを選ぶ必要があったり、これじゃないかとドリルを購入してもなかなか子供の学寮にピッタリの内容であることは極めて稀。

そこで、私がおすすめしたいのが「AIを使ったドリル」というもの。

AIを使ったドリル

ユッキ―

この「AIを使ったドリル」を活用することによって子供の学力にピッタリの問題が自動的に作成されたり、もし間違った場合は少し優しい文章内容へ変化されて次から出題されるなど特徴があります。

発達障害の中学生にピッタリの出題内容で勉強できる「AIを使ったドリル」は、通信教育(デジタル教材)の中でも「すらら」へ搭載されている特徴ある機能になります。

もし発達障害の中学生へドリルを与えるのであれば、間違いなく一見の価値アリではないでしょうか。

このような「AIを使ったドリル」が搭載されぴったりの勉強ができる通信教育すららを、ぜひ詳しくご覧になってみてください。

✅ すららの無料体験はこちら:https://surala.jp/

私のレビュー:発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

 

まとめ

発達障害 勉強 ドリル

発達障害を持った中学生の場合、それぞれの個性に合ったドリルを選ぶことがポイントになってきます。

勉強に対して苦手意識を持たないように、わかりやすく、楽しいものを選んでいくことがベストですが、その都度本屋で実物を見て判断していくのが最も確実な方法です。

図解や絵の内容、解説の有無など、予算に合わせてチェックしていくようにしましょう。たったこれだけのことでも子供本人が理解しやすい、うってつけの教材を見つけやすくなっていきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました