発達障害で学力が間に合っていない中学生にピッタリの勉強方法

発達障害で学力が間に合っていない中学生にピッタリの勉強方法

発達障害があると学力が間に合わず、勉強方法もほとんど限られてきます。

私もグレーゾーンで育ったため勉強についていけず、知能指数は高かったものの成績はいつも下の方にいました。

とくに発達障害があることで学習塾にも通いにくく、家庭学習が中心になると思います。

しかし勉強できる教材が見つからず苦労されているはずですので、私がいろいろと探して見つけた「発達障害でも学力に見合った勉強方法」をご紹介します。

  • 発達障害で学力が合わず勉強方法が見つからない‥。
  • 学力に合った勉強のできる教材が知りたい‥。

そんな疑問を解消できる内容になると思います。

発達障害で学力が間に合っていない中学生にピッタリの勉強方法

発達障害で学力が間に合っていない中学生にピッタリの勉強方法

私がピッタリと思える勉強方法は以下の通りです。

  • 受け入れ態勢のある家庭教師を利用する
  • オンライン家庭教師を利用する
  • 通信教育(ネット教材)を利用する

この3つの勉強方法について詳しくご紹介します。

方法①受け入れ態勢のある家庭教師を利用する

まず発達障害で学力が見合わない勉強方法として、

1つ目が「家庭教師」です。

学習塾に通うことが出来ない場合でも、家庭教師であれば自宅へ来てくれることでムリなく勉強のできる方法になります。

しかし家庭教師の実態として、誰でも受け入れてくれるわけではありません。

不登校コースは多くの家庭教師でも実施されていますが、とくに発達障害があると受け入れを断られる場合があります。

したがってここでは「受け入れ態勢のある家庭教師」を探す必要があります。

やや費用は高くなりますが、この家庭教師は学力に関係なくピッタリの勉強方法になります。

方法②オンライン家庭教師を利用する

家庭教師は費用が高く利用しづらいという場合は

「オンライン家庭教師」がおすすめです。

家庭教師と同じように指導を受けることができるため、発達障害で学力の問題があってもピッタリの勉強ができるためおすすめの方法になります。

しかしここでも「受け入れ態勢」は考えておく必要があります。

基本的に発達障害でも受け入れてくれるリアル家庭教師であれば、ノウハウを持っているためオンラインでも同じような扱いで指導を受けることが可能です。

ここまでの「家庭教師」についておすすめを以下でまとめています。

 おすすめ記事 

【発達障害】家庭教師の選び方と間違いなくおすすめな3選

方法③通信教育(ネット教材)を利用する

3つ目のピッタリな勉強方法が

「通信教育(ネット教材)」です。

通信教育の中身は2つのタイプ(紙・ネット)がありますが、学力にピッタリな勉強ができるのが「ネット教材」のほうです。

さらにネット教材の中でも学年制ではなく「無学年制」の教材を選ぶことによって、学力を気にすることなくどんな学年でも選べるためピッタリの勉強が可能になります。

とくに発達障害支援の専門家が監修しているネット教材などはおすすめで、私も実際に体験してレビューしていますがまさにピッタリの勉強方法といえます。

 おすすめ記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

発達障害で学力が見合わず勉強しずらい理由

発達障害で学力が見合わず勉強しずらい理由

学力が見合わず勉強しづらい原因には、次のことが考えられます。

  • 発達障害に向けた勉強方法が少ない
  • 学習塾などの受け入れ体制が整っていない
  • その学年しか勉強できない通信教育が多い

理由①発達障害に向けた勉強方法が少ない

発達障害があると学力が合わないため、

一般的な勉強方法ではムリがあります。

したがって発達障害用の教材があれば問題解消につながりますが、まず見つからないのが事実です。

私もかなり探してみましたが、わかりやすく教えている教材はまずありません。

したがって「発達障害用の教材がない」というのも原因の1つです。

唯一見つけたものが、先ほどご紹介した「発達障害支援の専門家によるネット教材」です。

理由②学習塾などの受け入れ体制が整っていない

学力の問題以前に、発達障害そのものを受け入れてくれる

学習塾が少ないのも原因です。

放課後デイサービスなどの簡易的な勉強ができる施設はありますが、もう少し深く勉強をさせたいときの学習塾はまず見当たらないのが現実です。

これは家庭教師も同じで、受け入れ体制が整っていない”インフラ”の問題が大きいため。

教える講師の教育から始める必要があるため、なかなか整備が整ってこないのがいまの学習塾や家庭教師です。

理由③その学年しか勉強できない通信教育が多い

発達障害があるとおもに自宅学習で勉強をさせたいものですが、通信教育の多くは「学年制」というスタイルで今の学年しかダメという教材が多いものです。

しかし学力が見合っていないためもっと下の学年の教材で勉強をさせたいと思いますが、とくに”紙教材”では現在の学年しか勉強できないものが多いです。

したがって通信教育で勉強をさせようと思っても、なかなか学力に見合わず勉強できない。

そこで突破口があるのが「無学年制のネット教材」で、学年の枠ではなく”分野”で勉強ができるため学力に関係なく取り組める方法になります。

この通信教育にある「学年の枠」というのも勉強しづらい原因の1つです。

まとめ

ご紹介してきた内容をまとめます。

発達障害で学力が間に合っていない中学生にピッタリの勉強方法

  • 受け入れ態勢のある家庭教師を利用する
  • オンライン家庭教師を利用する
  • 通信教育(ネット教材)を利用する

発達障害で学力が見合わず勉強しずらい理由

  • 発達障害に向けた勉強方法が少ない
  • 学習塾などの受け入れ体制が整っていない
  • その学年しか勉強できない通信教育が多い

これで「発達障害でも学力に見合った勉強方法」を実践できます。

もちろんお金がかかる事なのであくまでも私個人の意見として、そんな方法もあるのか程度に参考にしていただけたらと思います。

発達障害で学力が見合わず勉強しづらい家庭へ、少しでも強力できればと思います。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました