発達障害(聴覚過敏)の中学生を助けてくれるお役立ち教材3選

聴覚過敏の中学生にとって役立つ教材をいろいろ見てきて、とくに役立つと思ったものを3つピックアップしてみます。

もし少しでも参考になれば幸いです。

聴覚過敏を助けてくれるお役立ち教材①チャレンジタッチ

聴覚過敏 中学生 教材

聴覚過敏の中学生にとっては授業をしっかりと受けようとしても先生の声が聞き取りにくかったり、はっきりとコミュニケーションが出来ないという点が大きな障害となってしまうことが多く、その点から学習意欲をそがれてしまうと言う点が大きな問題となります。その為、これらの課題を解決してくれる教材が非常に便利です。

 

そのような場合に効果的に利用出来るのがチャレンジタッチです。

この教材はタブレットを利用して勉強が出来るものですが、動画や音声でできるので非常に便利で身近に出来るものとなっているのがポイントとなっています。

聴覚過敏であってもタブレットの画面を見ながら音声を何度も確認して憶えることができるので教室で先生の話を聞くことが出来る訓練をする事ができるほか、自分のペースで何度も繰り返して学習する事が出来る点も聴覚障害を抱える中学生にとっては効果的に学習が出来るメリットです。

 

さらにこの教材の場合には途中で成果に応じてポイントを得ることができたり、ゲームを楽しむことが出来るので飽きずに勉強ができる点があります。

聴覚過敏の場合には授業における先生の言葉や細かいニュアンスが聞き取れないため授業に対しての興味を失ってしまい学習低下につながってしまう傾向が有ります。

そのためこれらの点について様々な工夫が盛り込まれており効果的に学習を進めることができるのが大きなメリットとなっています。

 

中学生においても聴覚に障害を抱える子供は小学生と同じような勉強を楽しむことができる環境を必要とする傾向が有り、この教材は楽しみながら様々な知識を習得することができるほか、動画なども効果的に利用しているので効率よく学習する事ができます。

高度な内容についても理解しにくいところは何度も繰り返してチェックすることができるのもメリットとなっているため、音声が聞き取りにくい場合は何度でも繰り返して聞くことができることで効果的に学習ができるものとなっています。

<参考>

参考:聴覚過敏で勉強に集中できない!発達障害におすすめイヤーマフ選び方

聴覚過敏を助けてくれるお役立ち教材②視覚認知バランサー

聴覚過敏 中学生 教材

聴覚過敏の中学生は一般の中学生に比べて言葉が聞き取りにくいため、認識能力が発達していないという考え方もあります。その為、音声だけではなく目で見たものについても一般に認識力が低い傾向が有ります。

視覚を中心に鍛えることができる仕組みを備えている教材を利用することで学習効果が高まります。そのために効果的と言われているのが視覚認知バランサーです。

 

この教材はパソコンにダウンロードして利用するもので、複数のゲームを通して、注意、記憶、形状識別および空間認知と運動統合の5つの感覚に関してトレーニングができるものとなっています。

発達障害における聴覚過敏は単に聴覚に障害がある場合とは異なり、精神的な識別力に関する能力が不足している面に原因があると考えられている面があります。

そのため単に耳が聞こえづらいのではなく、聞こえている物が実際のものや目で見ている物と脳の中で上手に結びつけることができないことに原因がある場合が少なくありません。

単に聴覚を鍛えるという学習方法ではなく、脳の認識力を鍛えることに主眼を置いているのが大きな特徴です。

 

この教材では単にトレーニングを繰り返すだけでなく、楽しみながらトレーニングができるように様々な配慮がなされています。

一般的なゲームと同じようにウォーミングアップをしてどの様な問題が出題されるのかを確認した上で出来る点や、得点制となっており一定の点数を取るとご褒美としてポイントを貰うことができたりといったエンターテイメント性も持っているため楽しみながら学習ができるものとなっています。

 

加えて、一日のトレーニングを終えた後でその成果について分析し、その結果に応じて継続的に行なうことが勧められるゲームについて知らせてくれる仕組みとなっているので効率よく行える点がポイントです。

発達障害の子供については強制的な学習は大きな負担となってしまうため、効率良く自分のペースで学習できるこの教材は非常に高い成果を効率的に上げることができるとして注目されています。

<参考>

発達障害の中学生にすすめたい3つの特性で考える3つの教材

<参考>

視覚認知バランサー レデックス ※パッケージ版【返品種別B】

聴覚過敏を助けてくれるお役立ち教材③国語海賊

聴覚過敏 中学生 教材

聴覚過敏の中学生にとって漢字の読み書きは非常に苦手なものとなっていることが多いものです。漢字は通常でもなかなか憶えることができませんが、一般の人は読み方と結びつけて憶える事が少なくありません。

その為、同じ読み方をする漢字の一致する特徴を纏めて記憶している事が少なくありません。しかし、聴覚過敏の場合には正確な読みを理解することができずに効率よく習得することが難しい面があります。

さらに文字の形を正確に認識することができずに覚えにくくなっている面も多いのがポイントとなっています。

 

そこで利用したいのが国語海賊です。これはタブレット用のアプリケーションで、ロールプレイングゲームを行いながら漢字の読み方を記憶することができるものであり、楽しみながら憶えることができるようになる点が大きな特色です。

漢字の学習というと文字を書いてその読み方を理解するという方法が一般的で、文字の形を様々な方法で暗記しその読み方を結びつけるという方法が殆どです。

 

しかし、これは読む力と書く力がしっかりと備わっている場合には非常に効率的なものですが、発達障害の場合にはこれらを連携することができずに効率的に習得する事ができないケースが多いのです。

そのため楽しみながら憶える方法を利用することで、効率的に負担が少なく学習することができる点に注目した教材となっています。

 

この方法はその他のさまざまな学習にも応用できる物となっており、発達障害の子供が陥りがちな過剰な学習量に対する拒否反応を和らげるとともに、学習意欲を促進する物となっています。

また、自分のペースで学習できる点も大きなポイントで、そのペースを自分で調節できることから徐々に学校等で学習するペースに高めていくことで中学生の一般的学習ペースに合わせて学習ができるようになる点もあります。

聴覚過敏とは直接結びつかない印象もありますが間接的に効率を上げることができるものとして注目されている教材です。

<参考>

発達障害の中学生にいいかも!?自宅で勉強できる通信教育6選

まとめ

聴覚過敏の中学生の学習においては音声を効果的に伝える方法を盛りこんだものが最も効率が良いと思われがちですが、これが発達障害が原因である場合には学習意欲を総合的に高めることを考慮することも非常に重要となります。

その面では、タブレットもしくはパソコンを効率的に利用することがよいと考えられます。

パソコンやタブレットは分からないところを何度も繰り返して学習することができるほか、そのアプリケーションによっては学習意欲を促進してくれる様々な機能を提供してくれるものもあるので、自分のペースに合わせて楽しく学ぶことができる点が大きなメリットとなります。

特にタブレットは直感的に操作ができるため、ペンを利用したり指を利用したり、あるいはキーボードを利用しても良い面があることから使いやすい物となっている点が特徴で、その機能を活かした様々な教材を自分の興味に合わせて使用することで効率良く学ぶことができるようになります。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました