発達障害の中学生に「通信教育ポピー」を選ぶ前のチェックポイント

発達障害の中学生に「通信教育ポピー」を選ぶ前のチェックポイント

こんにちは、ゆっきーです。今回は発達障害の中学生とポピーについて選ぶ前にチェックしておきたいポイントを詳しくご紹介します。

グレーゾーンの私は学生時代のころ、紙教材「通信教育ポピー」を利用していました。

そんな経験から発達障害のある中学生に「通信教育ポピー」を選ぶときにチェックしておくべき項目があると感じたので、少しでも家庭学習選びの参考になればいいかなと思います。

  • 発達障害のある中学生に「ポピー」っておすすめ‥?
  • 契約後に後悔しないためにもポピーを選ぶときの注意点を知りたい‥。

そんな方へおすすめの内容になっています。

発達障害の中学生に「ポピー」を選ぶ前のチェックポイント

発達障害の中学生に「ポピー」を選ぶ前のチェックポイント

✅ ポピー無料おためし見本はこちら

https://www.popy.jp/

私が家庭学習として利用していたのは小学ポピーですが、中学ポピーも基本的には同じ内容構成となるので発達障害のある中学生へ参考になるかと思います。

ポイント①取り組める学年

ポイント①取り組める学年

発達障害のある中学生へ、まず通信教育ポピーを選ぶときに注意したいのが「学年」です。

グレーゾーンの私もそうでしたが、発達障害があると学力が追い付かず現在の学年を勉強できないという場合も多いかと思います。

ここはポピーに限らず家庭学習教材選びをするときのとても重要なポイントで、ポピーの場合は「現在の学年にしか取り組めない教材」なのでチェックしておかれてください。

したがって現在の学年でも勉強できるという場合にはポピーはおすすめの紙学習ですが、もし発達障害の特性でもある学力低下がみられる場合はお選びにならない方がいいと私は思います。

ポイント②親の教え方に「工夫」ができるか

ポイント②親の教え方に「工夫」ができるか

通信教育ポピーという教材の大きなメリットは「親の教え方も学べる」という部分です。

親子で勉強に取り組みましょうという特長をもつ紙教材ですが、それがメリットとはいえ発達障害のある中学生に教えるためには健常児のように直球では難しいものです。

したがって親の方も「教え方の工夫」についてしっかりと考えておくことが大切で、もし工夫がし切れないという事であればポピーを選ぶ効果が半減します。

せっかくポピーのメリットでもある「親子の学習」を最大に活かすためにも、親の工夫というのは選ぶときに割と大きなポイントになります。

ポイント③文字数の多さが苦手ではないか

ポイント③文字数の多さが苦手ではないか

実際にポピーに取り組んでみて良くわかりましたが、最近の紙教材の中ではイラストなどが少ない部類の教材になります。

とくに発達障害のある中学生はイラストなどが多く使われているほうが「楽しさ」を感じることができて継続しやすいので、このポイントについてもチェックされることをおすすめします。

もし「文字を読むのが苦痛ではない」という場合には問題ありませんが、私のように「文字を読むのがととても苦手」ということであればポピーはおすすめではない可能性が考えられます。

参考サイト:小学ポピーの口コミ

 

さらに詳しい内容は公式サイトでご確認ください。

無料の資料請求もできます➝https://www.popy.jp/

 

発達障害の中学生に「ポピー」以外でおすすめの勉強方法

発達障害の中学生に「ポピー」以外でおすすめの勉強方法

もしポピー以外で家庭学習をお考えになるのであれば、この教材をチェックなさってみるのはいかがでしょうか。

「タブレット学習すらら」

タブレット学習すらら

このタブレット学習は「発達障害支援の専門家」「大学教授」が監修していることで、発達障害のある中学生にピッタリの文部科学大臣賞の受賞歴もあるおすすめ教材です。

とくに「無学年制」のタブレット学習なのでポピーのように現在の学年を選ぶ必要もなく、どの学年でも自由に取り組めるのが大きな特徴です。

またアニメーションによる「対話型の映像授業」も発達障害の特性をしっかりと考えて作られているため理解しやすく、ゆっくりと進む授業はグレーゾーンの私が間違いなくおすすめと感じる内容になっています。

もしポピーを選ぶのに躊躇するという場合は、一見してみる価値のある家庭学習教材です。

詳しくは私のレビューをご覧ください。

 私のレビュー  発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

(公式サイトでは無料体験も出来ます)

発達障害の中学生に「ポピー」はおすすめ?

発達障害のある中学生とポピーについて「選ぶ前のチェックポイント」をご紹介しました。実際に私が体験をした上で感じたポイントになります。

通信教育ポピーはとても優秀な紙学習で、かなり勉強になると私は感じます。

しかし健常児にはとてもおすすめの教材ですが、発達障害のある中学生にとってはご紹介したように「取り組める学年」「親の教え方」「文字数の多さ」などを考慮しておくことが大切です。

ぜひ、発達障害のある中学生にポピーを考えるときの参考にしてみてください。

✅ ポピーの無料おためし・資料請求はこちら。

https://www.popy.jp/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました