発達障害の中学生と家庭を支援する施設を探す3つの方法

発達障害の中学生を支援してくれる施設について、どうやって探せばいいのか悩んでいる家庭へ向けて探し方をお伝えしていきます。

私も、ここがいいですよ!と名前を挙げてお伝えすることもできませんので、ここでは「施設の探し方」として3つの方法について挙げていこうと思います。

子供と家庭の悩みが、ほんの少しでも解決できれば幸いです。

発達障害の中学生を支えてくれる施設の探し方

発達障害 中学生 施設

社会福祉は様々な課題を抱えていますが、発達障害の中学生とともに暮らすご家庭や保護者にとっても生活しやすい社会にできるように努力している自治体などの活動も以前に比べると増えてきました。

心の病気」という過去の認知から、脳の病気という認識も浸透してきたことから社会的、文化的な生活ができるように、健常者と分けることではなく共存して行くことでお互いにとってよりよい生活ができるようにと支援する考えも広まりつつあります。

発達障害の中学生を支援する施設ってどんなところ?

発達障害 中学生 施設

施設というとあまり良い印象を持たない方もいるかとは思いますが、思っているよりも明るく楽しい場所です。大勢だけど少人数で遊んだり、経験することで可能性も広がりますし、何よりも子供の笑顔は見ていて嬉しいものです。

施設だけというよりは、様々な企業もサポートしてくれているところの連結部分の役割も果たしてくれているので、今まで知らなかった有名企業などの支援活動も見えてきます。

歩いていたらすぐに見つかるような手軽さは無いのが不便な世の中だと思っていた見方も、いざ見つけてみるとココにあって良かった、と納得できると思います。

ひとりで悩みを抱える育児を変えたいと願う人は必ずいます。子供の笑顔を楽しみにしてくれている場所も必ずあります。

発達障害の中学生を支えてくれる施設の現状

発達障害 中学生 施設

幼稚園や小学校などの教育はある程度こなせてきたものの、中学生になるとより高度になり保護者だけでは困難になってくるのが現実だと思います。大切な我が子だからこそしっかりとサポートしてあげたいと思いつつも、将来的なことも考えると各ご家庭だけで乗り切るのも大変になってきます。

専門的な知識に加え、個人差のある症状のサポートを含む教育や先のことを考えた上でのアドバイスなど可能であれば子供だけではなく、保護者の健康面を考えてもサポートは必要です。

しかし、スムーズに支援先や機関を見つけるのも難しいのが現代の障害者支援の現状です。毎日の生活の中で戸惑い、疲れてしまってどうしたらいいのかわからなくなってしまう方も多いと思います。

発達障害の中学生に対してのサポート機関などを小学校から紹介してもらえるのが理想ですが、なかなかそこまで進んでいないのが現状のようです。

発達障害の中学生を支援する施設を探す①「行政に相談」

発達障害 中学生 施設

一般的な方法としては、お住まいの市役所、区役所の窓口で障害者の中学生をサポートしてくれる施設などがないか聞いてみることです。

行政が直接紹介できるような施設もあれば、民間が運営している障害者などのサポートをしている団体や施設などを紹介してくれます。行政よりも民間の団体のほうが体制が手厚いことも多く、役所は内容は把握していないけれどもパンフレットはあるので連絡してみてもいいかもしれません行った対応をすることが多いです。

直接関わっていないので多くは語れないということですが、実際に行政が直接支援している機関や施設を抱えているというケースは少ないので、民間のサポートを頼ってみると驚くほど親切であることも少なくありません。

民間の運営する発達障害の中学生を支援する団体や施設の特徴としては、親切な人が多、今までの苦労を理解してくれるというメリットがあります。

お子さん個人の性格などもしっかりと理解してくれようとし、可能な範囲でサポートしてくれるはずです。もちろん団体によって良し悪しはありますので、合わないと思ったら無理さずに中断してください。

発達障害の中学生を支援する施設を探す②「子供食堂」

発達障害 中学生 施設

役所などで見つからない場合は、ネットで近隣の子供食堂などを探してみるのもおすすめです。子供食堂は仕事で帰ってくるのが遅い家庭の子供が、一人で寂しく夕飯を食べなくてすむようにと作られた食堂です。

大勢の人と栄養面でのバランスが考えられた夕食を食べれることから、近年さまざまな場所で増えつつあります。2016年の時点で全国300箇所をこえる子供食堂が民間によって開設されました。今後も増えて行くと思われます。

このような民間の支援団体は、他の団体や施設と連携しているところが多いので発達障害の中学生を支援、サポートしてくれる団体や施設などを紹介、提案してくれることも期待できます。

発達障害の中学生を支援する施設を探す③「児童相談所」

発達障害 中学生 施設

児童相談所に連絡してみるのも一つの方法です。

児相は役所よりも子供、中学生、障害者に関する情報が集まっています。児相と聞くと虐待などの問題がある時に連絡するイメージが強いかもしれませんが、子供との生活全般をサポートしてくれます。

役所と連動はしていますが、情報量でいうと役所とは異なるところです。

発達障害支援に関して可能なサポートや近くの施設に関する情報も、問い合わせてみると応えてくれるはずです。忙しい時期でなければ、お子さんと一緒に児相の職員が施設の見学まで付き添ってくれることもあります。

施設を利用することになったら施設の職員だけではなく、児相の職員やケースワーカーが一緒にお子さんのサポートをしてくれるようになるので、一人で悩みを抱えることも軽減されます。

児相を通すメリットとしては、職員のサポートや今後のアドバイスを受けられるところです。施設側に聞けないようなことも児相に相談することができます。

リフレッシュステイやショートステイではなく、生活自体を施設に移したい時などは必ず児相を通す必要があります。家庭で面倒をみる不安やイジメ、兄弟への影響などが心配な方は児相に相談することをお勧めします。

施設が見つかったらカウンセリングもおすすめ

発達障害 中学生 施設

施設の多くにはカウンセラーさんがいることが多く、特定の曜日に来る施設から、カウンセラーが日中の間は常にいるところなど様々です。

いかにもカウンセラーという感じで話を聞く場合や、子供たちと一緒に遊びながら様子を見てくれるといったところなど、施設によりますが、カウンセラーからの話を定期的に聞くことで高校や就職の相談などもできるのは心強いのではないかと思います。

通常、カウンセリングを受けようと思うと、予約した日時に行く必要や閉め切った部屋の短時間での様子からの判断になります。費用も決して安くはありません。

しかし施設でいつも通りの生活をおくりながらの様子を見てくれるのであれば、それが一番自然ではないかと思います。子供に合った進路を決める参考にもなります。

発達障害の中学生を支援する施設がすぐに見つからないときの理由

発達障害 中学生 施設

これまでいくつか発達障害の中学生を支援してくれる施設の見つけ方を書きましたが、すぐに見つからない理由の一つとして発達障害者や中学生の個人情報の保護という観点から、多少見つけにくいようになっているということもあります。

誰でも簡単にアクセスできてしまうと個人が特定されてしまうことや、そこから連鎖する問題などが可能性として浮上します。

探したら見つかるというある程度のハードルを設定することで、個人を特定されにくくなることを防ぐ目的があるのではないかと考えられます。

実際に利用することになると、この見つけにくさは子供と保護者にとってプラスに働きます。近所や学校の人に噂されにくいという安心感があるので、子供の成長をじっくりと見守ることができます。

役所や児相で施設に関する問い合わせをしてみても見つからないようであれば、できるだけ近くの養護施設や子供食堂、女性のための相談所などに聞いてみると何かしら情報が入手できる可能性が高いと思います。

その他にも、生活と健康を守る会などもあり、全国的に社会における様々なニーズや悩みに応える活動なども展開しています。こちらは各都道府県別に窓口が用意されているので、相談してみるのも方法のひとつです。

また何らかの理由でご主人がいらっしゃらない方であれば、まずは一般社団法人日本シングルマザー支援協会に相談してみるという方法もあります。

ときには親の休息も兼ねて

発達障害 中学生 施設

施設のサポート内容としては、勉強を見てくれる施設や週末泊まりで預かってくれるリフレッシュステイ(ショートステイ)などを行なっている施設もあります。

発達障害でなくとも毎日、毎日中学生の子供と一緒にいるのは疲れるものです。

週末や連休の数日リフレッシュステイで外泊をさせることで、子供だけではなく保護者にとってもリフレッシュできる時間ができます。

施設に預けるのは心配だと思う方も多いと思いますが、施設側も子供を楽しませるためのイベントを用意していることが多く、家庭ではできないような経験ができるので行ってよかったという子供や保護者が大半です。

季節のイベントや活動的な外遊びはもちろん、施設招待といって障害者や中学生を楽しませるために企業が遊園地や体験教室などを貸し切ってくれることもめずらしくありません。

大人数が苦手、混み合っている雰囲気だといつもよりも症状に波が出る、周りに迷惑をかけないか心配、など普段の生活の中で悩んでいる方を理解した上で、近隣の施設や発達障害の子供達のために職業体験やいつもよりも人が少ない状態でのお出かけなどをすることで、発達障害の中学生が心から楽しむことができます。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました