期間限定情報 ►►
すらら「発達障害の支援専門家」デジタル教材すららが
期間限定
入会金0円キャンペーン中です。

✅ 詳しくは➝https://surala.jp

発達障害の中学生におすすめ「身に付きやすい」5つの勉強法

yukky

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「発達障害におすすめの勉強方法が知りたい」という疑問に答えます。

ここでは発達障害の中学生におすすめの勉強法を紹介しますが、小学生や高校生といった兄弟でも同じ感覚で考えると最適な学習スタイルが見つかると思います。

私もグレーゾーンということで、実際に勉強現場ではかなり苦労してきました。

そんな経験も踏まえたうえで発達障害におすすめの勉強法を解説します。

発達障害の中学生におすすめ「身に付きやすい」5つの勉強法

発達障害の中学生におすすめ「身に付きやすい」5つの勉強法

私としては、つぎの5つがおすすめの勉強法と思っています。

  1. 市販教材を購入して親が教える
  2. 家庭教師(訪問タイプ)を利用する
  3. 家庭教師(オンラインタイプ)利用する
  4. 通信教材(紙)を利用する
  5. 通信教材(デジタル)を利用する

勉強法ランキングではないので、最適と思われる学習スタイルを選ばれるといいかなと。

さらに詳しく、これら5つの勉強法について解説します。

おすすめ勉強法①市販教材を購入して親が教える

recommended-study

身に付きやすさ3.0
メリット親がいることで安心して家庭学習ができる。疑問点があればその場で素早い問題解消が期待できる。
デメリット教える親として中学生レベルの学力が必須。また学習サポートをするための時間的余裕がないと難しい。

発達障害おすすめの勉強法として、もっとも「自然体」といえる学習スタイルがこの市販教材利用と私は考えます。

ただ独学ではなく市販教材を用いた勉強法ということで、親の負担を少しでも減らしながら効率的な家庭学習を実践しやすいといううメリットのある勉強法。

とくに発達障害があると勉強中は落ち着かないなどの特性がみられる場合もありますが、親がそばにいて解説を行うことで安心して勉強に集中しやすいといった効果も期待できるスタイルになります。

また勉強の手が止まってしまう最大要因として、疑問を解消できないという場面が考えられます。

この場合も親がそばにいて疑問点の解消を行うことによって、スムーズな家庭学習ができるのもメリット。ただし中学生範囲になると親の知識では追い付かない場面も考えられるため、この点においてはややデメリットに感じることがあるかもしれません。

また効果的な教材選びにおいても、やや教材に関する知識が必要となるかもしれません。

独学ではなく市販教材を使うことで、親のほうも教える範囲がわかりやすかったり、勉強を進めるペース配分がしやすいといったプラス効果が期待できる勉強法になります。

おすすめ勉強法②家庭教師(訪問タイプ)を利用する

おすすめ勉強法②家庭教師(訪問タイプ)を利用する

身に付きやすさ4.0
メリットどんな質問でも答えてくれるため安心感レベルが高い。ピンポイントで疑問解消ができるためスムーズな家庭学習が期待できる。
デメリット対人関係が苦手な場合はやや難しい。子供の性格をはじめ発達障害による特性における相性部分の問題がある。

発達障害おすすめの勉強法として、わりと「人気で評価も高い」のがこの訪問タイプの家庭教師になります。

発達障害で学習塾へ通わせるのが難しい、学習塾は断られた、という場合に利用する場合が多い勉強法。

訪問タイプの家庭教師における最大のメリットは通塾不要という部分で、講師が自宅へ来てくれるため通塾に関する悩みが一切なくなるため極めて有意義といえる勉強法になります。

学習内容においてもマンツーマン指導のため、子供のペースに沿ったぴったりの指導が期待できるというスタイル。とくに発達障害があるとその特性から学力低下や苦手科目がみられる場合もありますが、この問題解消としてもピンポイント指導のため高い効果が期待できる勉強法です。

ただ唯一心配な点としては、子供と講師の相性という部分。

とくに発達障害によって対人コミュニケーションが難しいという場合にはやや難易度の高い学習スタイルで、この点をクリアできれば極めて適した家庭学習スタイル。

したがって訪問タイプの家庭教師を考える場合は、まず子供の性格などを考慮してみるのがおすすめです。

昔から現在まで発達障害界隈において、かなり人気で評判も高いとなっている勉強法です。

yukky

こちらも参考までに。

発達障害の高校受験におすすめ超優秀「訪問型家庭教師」ベスト3選

発達障害の高校受験におすすめ超優秀「訪問型家庭教師」ベスト3選
グレーゾーンが本気で選んだ「発達障害の高校受験におすすめ家庭教師」です。自分の経験をもとに訪問型・オンライン型いずれのスタイルも関係なく家庭教師ベスト3選をピックアップしました。

 

おすすめ勉強法③家庭教師(オンラインタイプ)を利用する

おすすめ勉強法③家庭教師(オンラインタイプ)を利用する

身に付きやすさ4.0
メリット訪問タイプよりも画面越しのため緊張感は低い。全国から優秀・発達障害理解が深い講師が見つかりやすい。
デメリットオンライン指導環境に慣れるまで時間がかかる場合がある。遠隔指導のためモチベーションを上げにくい場合が考えられる。

発達障害おすすめ勉強法として、さらに便利なのがこの「オンラインタイプの家庭教師」と私は思います。

いざ訪問タイプの家庭学習を選ぼうとしても、自宅住所が派遣エリア外だったりという問題も。

このオンラインタイプの家庭学習は派遣エリアという概念がなく、全国どこでもオンラインのマンツーマン指導を受けられるためより便利といえる家庭教師になります。

また訪問タイプよりも優れている点もあり、全国を対象としているため優秀な講師が集まりやすい点。しかも発達障害を熟知したうえで指導を行ってくれる講師も多数いるため、選びやすく学習効果も高めやすいといった利点もあります。

訪問タイプの家庭教師では対人恐怖症などで難しいという場合でも、オンラインで画面越しの指導となるため安心感も高めやすいのが特徴。実際に講師が自宅を訪れる訪問タイプよりも、落ち着いて家庭学習にとり組みやすいなどのメリットも期待できる勉強法です。

内容としては訪問タイプの家庭教師とまったく同じで、ただオンライン指導となっただけ。

したがって学習内容については変わりなくレベルも高く、基礎範囲から応用範囲までなんでも質問&疑問解消できるため、家庭学習がスムーズに進めやすいというメリットも期待できます。

私としては、かなり便利な勉強法かなと感じています。

yukky

私が徹底的に探って選んだ「おすすめオンライン家庭教師」を紹介しています。

発達障害の中学生に適した「オンライン家庭教師」おすすめベスト3選

発達障害の中学生に適した「オンライン家庭教師」おすすめベスト3選
発達障害の中学生におすすめなオンライン家庭教師を3選にしてご紹介します。家庭教師で「講師との対面」に不安のある家庭へおすすめなオンラインでの勉強方法です。

 

おすすめ勉強法④通信教材(紙)を利用する

おすすめ勉強法④通信教材(紙)を利用する

身に付きやすさ4.5
メリット教材選びをしっかり行えば教科書準拠でわかりやすく学べる。さらに学校と同じペースで学習できるため身に付きやすい。
デメリット途中からのスタートでは過去の復習ができない。現学年のみ学べるため学力低下がみられる場合はマッチング性が低い。

発達障害おすすめ勉強法として、かなり「親の負担軽減」にもつながりやすいのがこの通信教材(紙)になります。

教材の選び方という要素もありますが、基本的に教科書準拠で学べるのがこのスタイル。

教科書準拠で履修できるため学校と同じペースで家庭学習が可能となり、さらに1日の勉強範囲やボリュームなども工夫を凝らしてあるのが特徴。したがって発達障害のある中学生にとって、かなり有意義な家庭学習を実践することが期待できます。

1日の勉強内容がわかりやすいため親の負担軽減にもつなげやすい勉強スタイルで、教材次第ですが丁寧な解説も掲載されているため親のサポートは最低限で済むのもメリット。

また教科書準拠ということで学ぶ分野・単元のズレなどを心配することなく、そのとき取り組むべき教材を郵送されてくるため家庭学習として落とし込みやすいといった利点も備わっています。

ただ1点だけデメリットをいうならば、物理的に過去の復習は出来ないという部分。

入会した時点からのスタートとなるためそれ以前の復習することはできず、とくに復習中心の家庭学習を実践したいという場合にはやや不利といえるスタイルになります。

また発達障害で学力低下などがみられる場合は、現学年しか学べないためこの点においてもデメリット。

こうしたデメリットを踏まえてでも現時点の学習を強化させたい、という場合にはおすすめの勉強法になります。

ただし教材選びによって内容・施策・構成に雲泥の差があるので、まずはしっかりと効果の期待できる教材選びを行うことが重要なポイントになると私は感じます。

yukky

私がおすすめの紙教材は「ポピー」です。

発達障害の中学生に「通信教育ポピー」の効果および選ぶ前のチェックポイント

発達障害の中学生に「通信教育ポピー」の効果&選ぶ前のチェックポイント
紙教材ポピーを実際に利用したグレーゾーンの私が発達障害の中学生に通信教育「中学ポピー」を選ぶ前のチェックポイントについて詳しくご紹介します。

 

おすすめ勉強法⑤通信教材(デジタル)を利用する

おすすめ勉強法⑤通信教材(デジタル)を利用する

身に付きやすさ5.0
メリット無学年方式による教材を選べば学年問わず自由な範囲を履修できる。映像授業でわかりやすくビジュアルなど楽しさの点でも評価が高い。
デメリットインターネット端末の操作に慣れるまでやや時間が必要。教材によっては操作が複雑な場合もある。

発達障害おすすめ勉強法として、もっとも適していると思うのがこの

「通信教材(デジタル)」というスタイルになります。

私の個人的な感想ですが、総合的に効果を期待できるのがこのスタイルかなと。

とくにデジタル教材ということで映像授業が搭載されており、もっとも理解しやすい学習スタイルということで、この時点において発達障害の勉強法として最適と思えます。

一般的な勉強法では「文章を読んで理解する」という部分がネックになって勉強しないなどにつながると思いますが、このデジタル教材では映像授業による分かりやすい解説があるためこの点を解消しやすいかと。

またデジタル教材によってはアニメーション授業などが備わっている場合もあり、とくに発達障害の特性で「興味が持てず勉強に見向きもしない」という場合には、この「楽しさ」があることで最良の学習スタイルになるかと思います。

インターネットを利用しているため情報量もかなり豊富で、紙の通信教材とは比較にならないほど。

さらに無学年方式によるデジタル教材を選ぶことで、発達障害により学力低下がある場合にもぴったりの内容を履修できるのも使いやすい点。映像授業で理解できればドリル機能で豊富な問題にもとり組めたり、さらに問題をプリントアウトして解けたりと、発達障害に最適といえる機能満載の勉強法になります。

もし発達障害の勉強法で迷ってしまう場合は、このデジタル教材を選ぶことを私はおすすめします。

yukky

こちらで「無学年方式」のおすすめデジタル教材を選んでます。

【発達障害の中学生】学力低下におすすめ「無学年方式」通信教育3選

【発達障害の中学生】学力低下におすすめ「無学年方式」通信教育3選
グレーゾーンが選ぶ「学力低下がある発達障害の中学生におすすめ通信教育」になります。とくに重要なポイントは「無学年方式」の採用。発達障害当事者の視点からぴったりの通信教育だけを紹介します。

 

発達障害の中学生におすすめ勉強法比較

ここまでに紹介した5つの勉強法を比較一覧表としてまとめます。それぞれの勉強法をクリックすると先ほどの各解説項目へ戻ります。

市販教材
(親が教える)

3.0
メリット親がいることで安心して家庭学習ができる。疑問点があればその場で素早い問題解消が期待できる。
デメリット教える親として中学生レベルの学力が必須。また学習サポートをするための時間的余裕がないと難しい。
家庭教師
(訪問タイプ)

4.0
メリットどんな質問でも答えてくれるため安心感レベルが高い。ピンポイントで疑問解消ができるためスムーズな家庭学習が期待できる。
デメリット対人関係が苦手な場合はやや難しい。子供の性格をはじめ発達障害による特性における相性部分の問題がある。
家庭教師
(オンラインタイプ)

4.0
メリット訪問タイプよりも画面越しのため緊張感は低い。全国から優秀・発達障害理解が深い講師が見つかりやすい。
デメリットオンライン指導環境に慣れるまで時間がかかる場合がある。遠隔指導のためモチベーションを上げにくい場合が考えられる。
通信教材
(紙)

4.5
メリット教材選びをしっかり行えば教科書準拠でわかりやすく学べる。さらに学校と同じペースで学習できるため身に付きやすい。
デメリット途中からのスタートでは過去の復習ができない。現学年のみ学べるため学力低下がみられる場合はマッチング性が低い。
通信教材
(デジタル)

5.0
メリット無学年方式による教材を選べば学年問わず自由な範囲を履修できる。映像授業でわかりやすくビジュアルの楽しさあり。
デメリットインターネット端末の操作に慣れるまでやや時間が必要。教材によっては操作が複雑な場合もある。

 

発達障害の中学生へおすすめしない勉強法

発達障害の中学生へおすすめしない勉強法

私としては、つぎの勉強法はおすすめしません。

  • 独学スタイルで学ぶ
  • 学習塾を利用する
  • 家庭教師を個人契約する

もちろん私の個人的な意見ですが、グレーゾーンの経験を踏まえ考えるとこうなるかと。

すでにご存じの項目もあると思いますが、選ばないほうがいい理由を交えてさらに詳しく解説します。

おすすめしない勉強法①独学スタイルで学ぶ

おすすめしない勉強法①独学スタイルで学ぶ

発達障害の勉強法として、この「独学スタイル」はあまりおすすめしません。

なぜなら家庭ですべて学習内容やスケジュールを考える必要があり、さらに100%親のサポートが必要となるため。もちろん親のサポートはプラス効果を期待できますが、家庭学習すべての部分において十分なサポートを行うのは困難と思うためです。

独学スタイルの勉強法を始めるには、まず学習スケジュールを立てるところからスタート。さらに5教科をまんべんなく履修できるよう毎日の学習内容を定めて、それに対して親が解説をしながら進めるというのが一般的な独学スタイルの勉強法になります。

したがって独学スタイルの勉強法では、頼りになるのが教科書くらい。こうした環境でもいいという場合にのみ、私はこの勉強法をお勧めします。

おすすめしない勉強法②学習塾を利用する

おすすめしない勉強法②学習塾を利用する

発達障害の勉強法として、私としては「学習塾」をおすすめすることはありません。

なぜなら発達障害に対応できるインフラ整備が整っていない場合が多く、まずもって入塾することが困難なため。もし入塾できたとしても通塾における問題をはじめ、塾内での学習効果などを考慮するとあまり適しているようには思えないためです。

発達障害の特性というのはよくご存じかと思いますが、とくに落ち着きがないADHDなどであれば、通塾したのは良いけど塾内で落ち着かず勉強にならないなどの問題も考えられるかと。

とくに発達障害があると「自分のペース」というのが重要となってくるため、学習塾のペースで勉強を進めようとすると何かと問題発生が考えられると私は感じます。

それでも学習塾に任せたいという場合であれば止めませんが、何かと問題の多いことも理解したうえで選ばれるといいかなと。とはいえ家庭学習でマイペースに勉強を進めるほうがより効果的と思うので、やはり私的には学習塾をすすめることはありません。

おすすめしない勉強法③家庭教師を個人契約する

おすすめしない勉強法③家庭教師を個人契約する

発達障害の勉強法として、この個人契約というのも私はおすすめしません。

近くに大学などがあれば家庭教師を個人契約で利用するという勉強法も考えられますが、しっかりと人選をしないと発達障害の理解や対応力不足によって効果が期待できない場合が極めて多いと思います。

とくに大学で「発達障害について詳しく学ぶ」という環境を考えても、かなり乏しい範囲かと。表面的に発達障害を理解している友利でも、実際に対応できるかといえば私はかなり難しいと思います。

家庭教師を個人契約できればやや費用も安くなり、家系的にもメリットは考えられます。

とはいえ発達障害への対応力などを考慮すると、あまりおすすめとはいえない勉強法ではないかという気はします。

まとめ

yukky

今回は「発達障害におすすめの勉強方法が知りたい」という疑問に対して、

発達障害の中学生におすすめ「身に付きやすい」5つの勉強法

発達障害の中学生へおすすめしない勉強法

ということで、私の経験をふまえた上で回答してきました。

発達障害におすすめの勉強法として、最も重要と感じるのが「自分のペース」かなと私は思います。

とくに発達障害の特性から考えてみても、他人のペースでは勉強が進まない、それ以前に勉強へとり組まない、などの問題が生じるかと思います。

まずは自分で興味をもってスタートできる勉強法という部分が大事で、さらに継続につながる工夫もしっかりと凝らされていることが大きなポイントであると私は思います。

また発達障害があると文章ばかりで、文字数が多い勉強法はあまりおすすめできません。

どこかに息抜きのできる勉強法をしっかりと探ったうえで、お話ししてきたいくつかの選ぶポイントを踏まえて考えることが失敗を防ぐため重要かと思います。

発達障害におすすめの勉強法として、ぜひ今回の内容をお役立てください。

 

タイトルとURLをコピーしました