発達障害の中学生にすすめたい3つの特性で考える3つの教材

発達障害のある中学生が勉強するとにき、おすすめの教材というのはどんなとこに注意すれば間違いがないか?についてグレーゾーンでもある私が詳しくお伝えしていきます。

  • 子供の勉強を見ていて、少し疲れていませんか?
  • どうやって教えたら理解してくれるんだろう‥

って悩んでいませんか?

そんな悩みがきっと解決できるはずです。

発達障害の症状でもっとも注意しておきたい3つの特性、その症状から選ぶべき教材など3つについて詳しく考えた結果をお伝えします。

発達障害を理解して、子供に正しい教え方をしてくれる3つです。

発達障害の中学生で考えておくべき3つの特性

発達障害 中学生 教材

まず発達障害の特性として、ADHD・アスペルガー症候群ともに共通した症状につぎのものが挙げられます。

  • 「大人数の中で静かにしていることができない」
  • 「対人関係が苦手でコミュニケーションが上手にできない」
  • 「場の空気や相手の気持ちを理解できず人の話を聞けない」
  • 「特定のものに興味を示し一点集中する」

この発達障害の特性を突き詰めて考えることによって、自然と子供に合った勉強方法が見えてくるようになります。この特性から考えることをしなければ、いくら教材などを与えても子供が勉強することはほぼないはずです。

この発達障害のおもな特性をもとに、子供に合った勉強方法や教材を探っていきます。

参考:発達障害の中学生をもっと理解したい!親が読むおすすめの本7選

発達障害の中学生に共通した特性と教材①「大人数の中で静かにしていることができない」

発達障害 中学生 教材

ADHDは「衝動性」「不注意」「多動性」の3つが特性といわれていますが、その中でも落ち着きに欠けじっとしていられない「多動性」があることで集団での行動を苦手とします。

またアスペルガー症候群では、知的な部分は高くてもコミュニケーション能力に欠けるといわれています。人付き合いを苦手とするため、また集団の中でうまく自分をコントロールできないといった特性があります。

このように考えると「ジッとしているのが難しい」というのは、どちらの障害にも共通した特性であると言えます。まずはこの共通した発達障害の特性から、初めの一歩を探ることが大切ということがわかります。

 

また「社会的なルールを守れない」といった共通する特性もあります。

この共通した特性から、いったいどんな勉強方法が見えてくるでしょうか?

「学習塾に通わせる場合は集団塾ではなく、個別指導スタイルを選ぶ」

まずポイントとなるのは、この個別指導塾を選ぶという点です。

個別指導塾であれば周りに迷惑をかけることなく、子供も勉強に集中できるはずです。

 

ただし「塾へ通う」という部分に関してはいかがでしょうか?

子供が自分で通えるのであれば問題ないのですが、もし通うことが困難であれば親が塾へ送迎しないといけません。これが果たして出来るかどうか?が問題です。

さらに学習塾では受け入れ態勢が整っていないことから、障害があることによって受け入れを断られる場合のほうが多いというのが現状です。

この特性を共通認識として、学習塾以外の勉強方法について障害の3つの特性に合ったより効果的な勉強方法を考えていきます。

参考:発達障害の中学生はなんでこんなに学習塾に通うのが大変なの‥?

発達障害の中学生にある特性①対人関係が苦手でコミュニケーションが上手にできない

発達障害 中学生 教材

学習塾以外で勉強方法を考えると、つぎに見えてくるのが「家庭教師」です。

この障害の特性でもある「対人関係」「コミュニケーション」を併せて考えてみても、自宅で勉強のできる家庭教師は問題をクリアした有効な勉強方法になります。

しかし学習塾と同じように家庭教師の業界も、まだまだ障害に対する整備が整っておらず受け入れてもらえないことも多いのが現状となっています。

そこで私たちが家庭教師を考えるときに必要なのが、発達障害があっても受け入れてくれるかどうか?になってきます。

いわゆる大手と呼ばれる家庭教師ほど障害に対する受け入れ態勢が整っておらず、ちっぽけな個人運営の家庭教師が専門的な知識をもって受け入れてくれることのほうが案外と多いものです。

しかしちっぽけな個人運営の家庭教師と言っても、その地域に限られてきます。


<この特性に合わせた勉強方法>

そこで私もいろいろと探して、ようやく見つけたのがこの家庭教師です。

発達障害-家庭教師-東京
家庭教師のノーバス

画像をご覧になってもお分かりのように、この家庭教師には発達障害全般に対応するコースが設けられています。ホームページを見ても、障害について真摯に理解しようとする姿勢の見えてくる家庭教師です。

派遣エリアは東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・茨城と首都圏のみとなっていますが、それ以外の地域でもインターネットを使ったオンライン家庭教師を利用すれば問題ありません。

この家庭教師ノーバスのオンライン版はこちら。


インターネット家庭教師Netty

こちらも発達障害の子供を全面的に受け入れている、家庭教師ノーバスが運営しているオンライン家庭教師ですので安心して利用できるはずです。

このように受け入れ体制が整っている家庭教師というのは、いくら探してもなかなか見つからないものです。ましてや見つかったとしても派遣エリアではなかった、ということもあると思います。

しかしそこは妥協することなく、しっかりと障害を理解する考え方を持った、積極的に受け入れてもらえる家庭教師を探すことが大切です。

障害を理解する家庭教師であれば講師がうまく誘導してくれるため、対人関係が苦手でコミュニケーションが上手にできない子供でもしっかりと勉強に集中して取り組むことができます。

参考:東京(首都圏)で発達障害の子供や家庭にめっちゃ親切な家庭教師って‥?

発達障害の中学生にある特性②場の空気や相手の気持ちを理解できず人の話を聞けない

発達障害 中学生 教材

「人の話を聞けない」という中学生であれば、講師がいくら教えても理解につながらないため家庭教師という選択肢はなくなります。

この特性でいちばん大事になるのが、「人と関わらない」勉強方法を探ることです。そこで学習塾は難しい、家庭教師もムリ、となれば対人関係を気にする必要のない「通信教育」となってきます。

通信教育といっても紙教材・ネット教材など様々な種類がありますが、その中でも「講師ではなくキャラクターが行う映像授業」であれば障害の特性に関係なく勉強ができます。


<この特性に合わせた勉強方法>

「キャラクターの映像授業」でおすすめなのがこちら。


通信教育ならデキタス

城南コベッツが運営する「通信教育デキタス」という、キャラクターが勉強を教えてくれるネット教材です。硬い雰囲気はまったくなくて、授業もキャラクターが動きながら教えてくれるので子供も楽しく勉強できるはずです。

勉強のできる内容についても小学校・中学校すべての単元が入っているので、子供に合わせた単元を勉強できます。実際に講師が説明する授業ではないので、「人の話を聞かない」という特性があっても勉強に取り組めます。

参考:発達障害の中学生にいいかも!?自宅で勉強できる通信教育6選

発達障害の中学生にある特性③特定のものに興味を示し一点集中する

発達障害 中学生 教材

この特性は発達障害全般に見られるものですが、とくに興味を示すとそれだけに強く一点集中する子供であれば、ネット教材の中でも「専門家の監修」によって作られたものがおすすめになってきます。

先ほどの「キャラクターによる授業」の部分は変わらず、発達障害の専門家が監修していることによって教材全体が勉強というよりも「物事の理解」をより促す設定となっています。

ここでは「興味を示すと一点集中する」という特性を活かすことによって、専門家監修の「理解度が進む」という部分を楽しく感じることで教材により興味を示すようになります。

初めは「キャラクターの楽しさ」で興味を惹き、つぎに「理解度の進む勉強」によってさらに一点集中を深め勉強に集中することができるはずです。専門家にの手によって、それくらい理解する楽しさを養うことのできるネット教材です。


<この特性に合わせた勉強方法>

その専門家によるネット教材がこちら。


次世代対話型アニメーション授業「すらら」 

最近よく見かける塾として、インターネット教材が使われています。そのインターネット教材として使われているのが、この「すらら」という教材です。

学習塾が使っている教材なので信頼感もあって、さらに文部科学大臣賞や社会問題解決賞などの受賞歴があることによって、これまで発達障害に対して真摯に取り組んできたことが伺えます。

「特定のものに興味を示し一点集中する」という特性を活かし、逆にプラスに変えていけるような教材を与えることで子供の勉強効率がもっとも高まります。

参考:発達障害の中学生と親が高校受験に向けて注意したい3つのこと

発達障害の中学生に特性から考えた教材のまとめ

この「3つの特性」のうち、どれが最も当てはまりますか?

発達障害といっても子供によって、この中でもより強めに感じる特性があると思います。いちばん強く感じる特性に合わせて教材を考えることで、子供もムリなく自然と勉強に取り組むことができます。

たかが教材、されど教材ですが、このように考えると奥が深いものです。

私も学生のころに教材を与えられて勉強しろと言われましたが、グレーゾーンがあるためかどうしても勉強に集中して取り組めなかった経験があります。

たかが教材ですが、じっくりと子供の特性を考えてみてください。

特性に見合った教材であれば、子供も素直に勉強に取り組むはずです。

発達障害のある中学生とその家庭が、何気ない毎日を笑顔で楽しく暮らせることを心から願っています。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました