【発達障害】家庭教師で間違いなくおすすめ3選と失敗しない選び方

【発達障害】家庭教師の選び方と間違いなくおすすめな3選

発達障害があると家庭教師は通塾の必要もなくおすすめの勉強方法ですが、実際にどう選べばいいのか選び方については難しいものです。

そこで発達障害の子供にピッタリの選び方」「発達障害児の勉強におすすめの家庭教師について詳しくご紹介しようと思います。

実際に私もグレーゾーンで育ってきた経験から、発達障害のある子供におすすめの勉強方法などをいろいろと勉強してきました。これまでの経験や発達障害コミュニケーション指導者を取得した経験から本当にマッチングする家庭教師をお伝えできればと思います。

発達障害児の勉強におすすめの家庭教師3選

発達障害の子供におすすめの家庭教師3選

発達障害向けの家庭教師選び、についてご紹介しました。

ご自分でお探しになるのもいいですが、数の多い家庭教師の中からすべての条件が揃ったところを選びだすのも大変な作業になります。

もし参考になるのであれば、私が「発達障害の子供にピッタリ」ということでピックアップした、3つのおすすめ家庭教師をご紹介します。それぞれCMなどではありますが全体像を把握するためにも動画を掲載しておきます。

  1. 家庭教師ノーバス
  2. 学研の家庭教師
  3. オンライン家庭教師ネッティ

おすすめの家庭教師①「ノーバス」

まず1つ目にご紹介するのが「家庭教師ノーバス」です。

この家庭教師は東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・茨城・愛知・三重・岐阜を専門に、その近隣・沿線にお住まいの方が派遣エリアになります。

家庭教師ノーバスが発達障害の子供におすすめな理由が、ホームページにも大々的に障害を理解する努力がされていることを掲載されているため。

おすすめの家庭教師①「ノーバス」

このように発達障害(ADHD・LD・ASD)など、広汎性発達障害などを筆頭にひきこもりなど”心の障害”を抱えた子供にも対応している家庭教師です。

発達障害に対してここまで深く理解しようとしている家庭教師も珍しいので、もし派遣エリアにお住まいであればとくにおすすめの選び方になるかと思います。

無料体験もできますのでお試しになってみてください。

公式サイト

家庭教師のノーバス

おすすめの家庭教師②「学研」

つぎにご紹介するのが「学研の家庭教師」です。学研といえば学習塾や通信教材のようなイメージがありますが、じつは発達障害やひきこもりの子供へ対する家庭教師も昔から運営されています。

おすすめの家庭教師②「学研」

この学研の家庭教師は派遣エリアが全国展開されているため、私のように地方に住んでいてもほぼ全域をカバーしているためとても利用しやすいのが特徴です。

大手家庭教師なので安心できる所もおすすめですが、本当に親身になって子供と付き合ってくれることでも口コミで評判になっています。

公式サイト

家庭教師入会問い合わせプロモーション

おすすめの家庭教師③オンライン「ネッティ」

おすすめの家庭教師③オンライン「ネッティ」

最後にご紹介するのが「オンライン家庭教師ネッティ」です。

このネッティというオンライン家庭教師は、じつは家庭教師ノーバスが運営しているインターネット版ということで同じ気持ちをもって接してくれるので安心して任せることができます。

おすすめの家庭教師③オンライン「ネッティ」

とくに勉強スタイルが「顔用カメラ+ペンタブレット」という方法で、手元を写すカメラは必要なく画面に映し出された”共有ノート”にお互いが書き込むため感覚で分かりやすいシステムなのが特徴です。

とても優しい講師たちばかりなので子供も安心できて、マイペースで確実な勉強に取り組めます。

公式サイト

インターネット家庭教師Netty

発達障害のある子供に失敗しない家庭教師の選び方

発達障害のある子供にピッタリな家庭教師の選び方

発達障害のある子供にピッタリな選び方は次の通りです。

  1. 発達障害に対して理解がある
  2. 子供と相性のいい講師を選べる
  3. オンライン家庭教師もおすすめ
  4. 勉強よりも「学習に対する姿勢」を教えてくれる
  5. 楽しさをもって勉強できる

この3つのポイントについて詳しくご紹介します。

ピッタリな選び方①発達障害に対して理解がある

家庭教師を探していて”断られた”という経験がおありではないでしょうか。

まだまだ発達障害に対する教師の体制が追いついておらず、とくに大学生を中心とした講師陣で構成された家庭教師であれば断られるケースがよくあります。

したがって発達障害に対して理解をし、さらに対応できる講師の能力が備わった家庭教師を見つけることがまずポイントになります。

発達障害に対応している家庭教師は、ホームページなどへ大々的にその旨が掲載されているものです。

ピッタリな選び方②子供と相性のいい講師を選べる

その家庭教師のシステムによりますが、子供との相性をチェックしていわゆる”入れ替え”をしてくれるところがおすすめの選び方です。

はじめに無料体験で講師との相性をチェックして、子供にピッタリな講師が見つかるまで代わり替わり講師の指導を受けるというシステムです。

とくに発達障害があると対人面に不安があると思いますので、この”講師を選べる”というシステムはかなり大きなポイントになります。

ピッタリな選び方③オンライン家庭教師もおすすめ

もしどんな講師でも対人面でムリそうであれば「オンライン家庭教師」を選ぶのもおすすめです。

オンライン家庭教師であれば自宅に居ながら変わりなく個人指導をしてくれますので、直接的に講師と顔を合わすことがなく勉強に集中することが出来ます。

パソコンやタブレットなどの画面越しに講師と話すため”楽しさ”を感じやすく、対人面で不安のある子供にはピッタリの家庭教師になるかと思います。

ピッタリな選び方④勉強よりも「学習に対する姿勢」を教えてくれる

発達障害児の勉強はまず姿勢から。学習に向かう姿勢をまず身につけることでその後の家庭学習に良い影響を与えることにつながります。

グレーゾーンの私も学生時代には勉強に向き合うことができず、学習に対する「価値」を見出せませんでした。なのでもちろん勉強をする気にもなれません。

そんな私の経験からいえば「まずは勉強の意味を知って向き合う姿勢を身につける」ことが発達障害児にはとても大切で、家庭教師を選ぶときにもまず「姿勢」を教えてくれることがとても重要なポイントになります。

ピッタリな選び方⑤楽しさをもって勉強できる

発達障害の特性についてはこれまでにもご紹介してきました。その特性の中でも家族や周りにもわかりやすくもっとも目立つものが「興味が持てないことには見向きもしない」ということです。

なぜ興味を持つことができないのか?

この原因でもっとも重要なのが「楽しさ」が感じられないこと。楽しさを感じることができなければ全く興味が持てずいくら勉強が大事とは感じていても取り組むことはできません。

私も実際にこの傾向がかなりあって、学生時代(とくに小学生~中学生)のころには楽しくないので学校でもまったく勉強をしませんでした。強いて勉強できたのが「理科・社会」でしたが同じような経験をされていませんか?

そこで家庭教師選びでも大切になるのが「楽しさ」をもって接してくれることで、勉強自体も大事ですがまずは「勉強に興味を持って取り組むこと」がなければ何も始まりません。

したがって発達障害児の勉強に家庭教師を考えるときはこの「楽しさ」をしっかりと感じながら、本当の意味で勉強に取り組めるよう接してくれることも重要です。

※また家庭教師ガンバも評判がいいです。家庭教師ガンバの口コミ情報など参考になるかもしれません。

発達障害の子供へ家庭教師の選び方とおすすめ3選まとめ

発達障害と家庭教師の選び方についてまとめます。

発達障害のある子供にピッタリな家庭教師の選び方

  • 発達障害に対して理解がある
  • 子供と相性のいい講師を選べる
  • オンライン家庭教師もおすすめ

発達障害の子供におすすめの家庭教師3選

  1. 家庭教師ノーバス
  2. 学研の家庭教師
  3. オンライン家庭教師ネッティ

これで「発達障害の子供へピッタリの家庭教師選び」ができるかと思います。

まだまだ家庭教師側のインフラが整わず断られる可能性が高いのが現状ですが、ご紹介したようにポイントを抑えることによって失敗しない選び方を実践できます。

ぜひ発達障害の子供が、楽しく勉強のできる家庭教師を見つけてください。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました