【発達障害の中学生】学年を気にせずテストを無限にできるおすすめ通信教育

【発達障害の中学生】学年を気にせずテストを無限にできるおすすめ通信教育

発達障害中学生テストをしっかり取り組ませようと思って、書店を覗いていませんか?

書店には健常児向けのテストはたくさんあっても、まず「発達障害向け」というテストは並んでいない場合がほとんどです。

また、やっと見つけたとしてもページ数が薄くてすぐに終わってしまうと思います。

そこで発達障害の中学生にピッタリの「学年を選ばずいくらでもテストができる」という通信教育をご紹介しようと思います。

発達障害の中学生がテストをするのにピッタリの通信教育

発達障害の中学生がテストをするのにピッタリの通信教育

こちらがおすすめの通信教育です。

「通信教育すらら」

発達障害の中学生にすすめたいタブレット学習

この「通信教育すらら」は発達障害支援の専門家による

ネット教材です。

国語・英語・数学(算数)を勉強できる通信教育で、もちろんテスト機能も充実しています。

この教材のテスト機能には3種類があります。

  1. 小テスト‥学校で行われる”朝の10問テスト”のようなもの。
  2. 中テスト‥単元ごとのまとめテストのようなもの。
  3. 大テスト‥分野ごとのまとめテストのようなもの。

さらに通信教育すららは「無学年制」で勉強ができるため、いまの学年以外のテストも受けることができます。発達障害で気になる学力も「無学年制」により他学年のテストも自由に取り組めます。

さらに発達障害支援の専門家による通信教育ということで、いくら説明をしても理解してくれない部分も代わりにわかりやすく教えてくれるので親も安心できます。

またテストはいくらでも(何度でも)取り組めて、さらに分野を選んで自分でテストを作成できるので書店へ足を運ぶ手間もかからないため願ったり叶ったりの通信教育です。

テスト以外にも発達障害の中学生におすすめの機能

この「通信教育すらら」はテスト機能以外にも、発達障害の中学生が理解しやすい様に次のような機能が施されています。

  • 講師と会話しながら授業が進む「対話型アニメーション授業」
  • E-ラーニングシステムによる「つまずき防止機能」
  • 発達障害でも理解しやすい専門家による説明

講師と会話しながら授業が進む「対話型アニメーション授業」

発達障害のある中学生が勉強をしない理由は

「興味がもてないため」といわれています。

これは発達障害の特性でもあるため、本人次第で勉強するかどうかが決まるというものです。

そこで勉強をするために最も重要なのが”興味がもてること”ですが、そのためには子供が関心の持てる要素を盛り込んだ勉強方法でなければいつまで経ってもスタートできません。

そこで通信教育すららがピッタリな理由が「対話型アニメーション授業」です。

発達障害 子供の親

この「対話型アニメーション授業」というのはキャラクターが授業の講師役をして、話しかけるようにしながら少しずつ授業が進んでいくというものです。

このアニメーション授業のおかげで子供が「1人ではない」感覚を持てると同時に、学校のように難しそうな授業ではなく「楽しさ」を感じながら学習ができるというメリットがあります。

したがって発達障害のある中学生でも授業をしっかりと聞くことができて、さらに少しずつわかりやすく授業が進むためとても理解しやすい勉強方法になります。

私も10数社の通信教育をチェックしてきましたが、一般的な通信教育(ネット教材)を見るといずれも”会話はなく一度に説明されるもの”でした。

そんな中で通信教育すららに限っては「会話をしながら少しずつゆっくりと進む授業」になっているため、発達障害支援の専門家による構成というのがよくわかるネット教材です。

E-ラーニングシステムによる「つまずき防止機能」

発達障害があると、

どうしても多くなってしまうのが”つまずき”です。

家庭でもあると思いますが「理解できたように見えて、実はつまずいていた」という状況を防ぐ意味で、通信教育すららにはE-ラーニングシステムによる”つまずき防止対策”が施されています。

この”つまずき防止対策”というのは、通信教育すららに取り組んだ内容から「間違った問題」がAIによって自動的にまとめられて一括してチェックできるというもの。

また間違った問題だけを復習できたり、正解するまで何度でも出題されたりするという機能です。

この「つまずき」というのは、今ではなく以前に理解できていない部分です。

学校でも難しいといわれている「つまずき」はなかなか家庭では見つけづらいため、知らないうちにどんどん傷が大きくなっていくことが多いものです。

このように「つまずき」を通信教育すららは検知して、すべての理解できていない部分をさかのぼって教えてくれるといったメリットがあります。

発達障害でも理解しやすい専門家による説明

通信教育すららの授業は先ほどもご紹介したように

「対話型アニメーション授業」です。

この授業の説明というのは発達障害支援の専門家によって考えられてもので、健常児向きの説明とはまた違った角度から「わかりやすい説明」が行われています。

発達障害といってもADHD・LD・ASDなどがありますが、いずれの障害に対しても理解しやすいように考えれれて授業が構成されています。

たとえば「数の感覚」が理解しづらいと思われる家庭が多いと思います。

通信教育すららでは

「1+1=11」➝「1+1=2」

にするための説明。

これは実際に、発達障害の子供へ勉強を教えていれば理解なさるはずです。

通信教育すららでは‥
健常児であれば「足し算」を理解していますが、発達障害では「足し算の意味」が理解できていません。まず足し算の意味をを理解させて答えに導かせるような説明がされています。

したがって自宅で親がいくら説明をしても理解できない部分が、通信教育すららでは変わりとなって理解できるように教えてくれるというメリットがあります。

発達障害の中学生がテストをするのにピッタリの通信教育まとめ

ここまでをまとめます。

発達障害の中学生がテストをするのにピッタリの通信教育

「通信教育すらら」

なぜなら3種類のテスト機能があることと、書店へ足を運ばなくて済むエンドレス性があること。したがって発達障害のある中学生がいくらでも自分に合ったテストに取り組める。

またテスト以外にも発達障害支援の専門家による監修が施されているため、理解しづらい部分もわかりやすく教えてくれる通信教育であること。

このような理由から、

発達障害のある中学生に「通信教育すらら」はピッタリです。

私自身もグレーゾーンで育ちましたが、まだここまで理解しやすい教材などありませんでした。

それが今では発達障害支援の専門家が監修するこのような通信教育も見かけるようになり、今後の発達障害で悩む家庭へ明るい光が見えてきたと思っています。

ぜひこのような「本当の意味で助かる教材」を利用して、たくさんのテストや勉強が進む機能によってたくさん学習をさせてあげてください。

数少ない発達障害専門の通信教育ということで

私もかなりおすすめのネット教材だと思います。

詳しくは私のレビューでご確認ください。

家庭学習に「通信教育すらら」を実際に体験した感想

 

 人気記事 

発達障害の中学生は「動画授業」による勉強がおすすめな3つの理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました