発達障害で勉強が覚えられないときの3つの理由と対処方法

発達障害で勉強が覚えられないときの3つの理由と対処方法

発達障害の子供(小学生・中学生)が勉強覚えられないのは理由があります。

実際に私もグレーゾーンで育ってきたのである程度は理由と対処法がわかるつもりです。また発達障害コミュ二ケーション指導者の資格を勉強したことからも、多少なりとお力になれると思います。

  • 発達障害で勉強を覚えられないのは何で?
  • 発達障害の子供に勉強を教えても一向に覚えてくれない。
  • おすすめの勉強方法があったら知りたい。

そんな疑問や悩みの解消へつながる情報をお届けできればと思います。

発達障害で勉強が覚えられないときの3つの理由と対処方法

発達障害で勉強が覚えられないときの3つの理由と対処方法

発達障害で勉強が覚えられない理由は以下の3つが考えられます。

  • 落ち着くことができない
  • 理屈を理解できない
  • 興味を感じていない

理由①落ち着くことができない

まず1つ目の理由が「落ち着き」についてです。

発達障害があるとどうしても落ち着いて勉強をすることができない、といった”特性”があります。

私が発達障害コミュ二ケーション指導者の講義を聞いたときに、実際に現場で活躍をなさっている講師の方が「頭の中で森のくまさんを歌いながら見えた物の名前を言ってください」というお題が出ました。

実際にこれを実践してみると”目に見えた物の名前がまったく頭に入ってこない状態”で、これが発達障害の子供がいつも感じている世界か‥と驚きました。

私もグレーゾーンなのでそれに近い状態で過ごしてきていましたが、それでも発達障害という判定をされた子供はじつに大変な日常を送っていることに気がついた瞬間でした。

したがって発達障害のある子供はこの”特性”によって勉強が覚えられないという状態にあるため、健常児に教えるようにしたところで一向に頭へ入って来ません。

対処方法

この問題に対処するには、まず頭の中の”歌”を止めなければいけません。

つまり「1つの事柄に集中させる」ということが重要で、そのためには周りに気持ちが揺さぶられるようなものは置かないようにすることが大切です。

勉強をするときの環境はとても大きなポイントで、目に入って気が散りそうなものはすべて片づけてから勉強をスタートさせること。これがこの問題に対する適切な対処方法になるかと思います。

理由②理屈を理解できない

勉強が頭に入らない2つ目の理由が「理解力」です。

これまでに勉強を教えてこられていてお分かりかと思いますが、発達障害があると「真正面から理解する」といった理解の仕方になると思います。

つまり「1+1」が「11」という答えになるのはそのためです。

この場合でいえば足し算の理屈が理解できていない状態ですが”いかに理解させるか?”がこの問題の焦点になってきます。

対処方法

この問題の対処方法として考えられるのは「想像力を養うこと」です。

目で見えたものをそのまま答えにしようとするため、その意味を理解させるために”見えない状況で考えさせる”ことが初めの一歩になります。

まずは目で見える形で何度か教えて、その後は理解するまで身で見えない状況で「想像」をさせて理解させていくことが最適な対処方法になるかと思います。

根気よく何度でも繰り返す、これがとても大切になってきます。

理由③興味を感じていない

勉強を覚えられない理由3つ目が「興味がない」です。

そもそも勉強そのものに興味を持っておらず、やる気がないため覚えられない。

これは発達障害の子供だけではなく健常児や大人でも同じことが言えますが、とくに発達障害があると「興味を持たないと見向きもしない」といった特性があります。

したがってまず勉強自体に興味をもっていないため、勉強を教えても全く覚えないといった状態になってしまう場合が思った以上に多くあります。

対処方法

この問題に対する対処方法はとても簡単で「子供が興味の持てる勉強方法」を取り入れることです。

勉強といえば大人でも”かったるい‥つまらない‥”と思うのが一般的で、発達障害があればその特性によってより顕著にその感情を出すものです。

しかしこれは一見すると”悪い特性”のように思えますが、オリンピックの選手はほぼアスペルガーでしょうという専門家の意見から見ても「良い特性」とお考え下さい。

つまり「興味を持てばトコトンのめり込む」といった、発達障害ならではの優れた特性です。

このときにポイントとして抑えておきたいのが「楽しさ」を感じることのできる勉強方法で、まず子供が興味を持ってスタートを切るために大切な部分になります。

発達障害で勉強が覚えられないときにおすすめの勉強スタイル

発達障害で勉強が覚えられないときにおすすめの勉強スタイル

では「おすすめの勉強スタイル」について詳しくご紹介します。

発達障害のある子供には、まず”目で感じる楽しさ”が備わっていることが重要です。

目で感じる楽しさの代表的なものがアニメや漫画といっただれでも興味の持てる媒体で、しかもほぼすべての子供が「楽しさ」を感じることのできるコンテンツです。

これを実践するために勉強スタイルを考えてみた場合に、

もっとも適すのが「通信教育」です。

勉強スタイルには学習塾・家庭教師などが一般的かもしれませんが、発達障害があると「通塾」「人間関係」などの理由によって難しい一面があるかと思います。

したがってなるべく家庭で実践できる勉強スタイルをと考えた場合、必然的に「通信教育」が最適な勉強スタイルということへ紐付けられます。

あとは通信教育で「楽しさ」を感じることのできる教材、これを探すことで最適な勉強を実践できることへつながっていきます。

発達障害のある子供が「楽しさ」を感じる通信教育

発達障害のある子供が「楽しさ」を感じる通信教育

では「楽しさ」を感じながら勉強のできる通信教育について。

先ほどもご紹介したように、子供が「楽しい」と感じるのはアニメやマンガです。

  • したがって通信教育にもアニメやまんが的な要素が盛り込まれていること。
  • さらに”理屈を理解できない”という問題も同時に解決させることが必要なので、できれば発達障害のある子供が理解できる通信教育が最適な選び方になります。

そのような条件を踏まえて通信教育をピックアップしたのがこちらです。

「通信教育すらら」

発達障害 子供の親

この「通信教育すらら」は発達障害支援の専門家による監修のもと構成された教材で、国語・英語・算数(数学)といったもっとも重要な”積み上げ学習”をセットで勉強できます。

つまり「発達障害専門の通信教育」になります。

実際に私もこの通信教育すららを取り組んでみましたが、一般的な教材とは大きく異なって「ゆっくりと少しずつ理解できる進み方」で勉強のできる通信教育です。

たとえばアニメーションによって授業が行われるのですが、普通であれば授業というのは”一度に説明”があるものです。

しかしこの通信教育すららでは「少しだけ説明をして確認問題が出される」といったスタイル。

アニメーション授業の講師が話しかけてくることで「楽しさ」が感じられ、さらに少しだけの説明なので子供が答えやすく頭にも入りやすいというのが大きな特徴です。

私が撮った授業画像からも確認できるように、たとえば立方体を教えるのにトランプを重ねていって少しずつ「立方体」というものを理解させるような授業。

これが発達障害のある子供には、とても重要な教え方になる部分です。

まずは目で見て変化を感じて、少しずつ理屈を理解していくことのできる教え方。

これがしっかりと授業に取り入れられているため、まず間違いなく発達障害のある子供にはこの「通信教育すらら」はおすすめな教材になるかと私は思います。

詳しくは私のレビューでご確認ください。

家庭学習に「通信教育すらら」を実際に体験した感想

発達障害で勉強が覚えられないときの理由と対処方法まとめ

発達障害で勉強を覚えられない、

についてご紹介した内容をまとめます。

発達障害で勉強が覚えられないときの3つの理由と対処方法

  1. 落ち着くことができない勉強をするときの環境を整える
  2. 理屈を理解できない少しずつ想像力を養う
  3. 興味を感じていない子供が興味の持てる勉強方法を考える

おすすめの勉強スタイル

  • 「楽しさ」を感じることのできる勉強方法

楽しさを感じる通信教育

  • 通信教育すらら

これで”発達障害で勉強を覚えられない”という問題を解消することができます。

最後に通信教育すららをご紹介したのは私の独断ではありますので、もちろん他に発達障害の子供におすすめの優れた教材があればそちらでも構いません。

しかし私も発達障害について詳しく追及しているうえで勉強方法を探ってきましたが、今の時点で
発達障害専門の通信教育というのはほかに見つからないと思います。

ぜひ発達障害で勉強を覚えられないという問題を、ご紹介した方法で解決なさってみてください。

私も心から、子供とご家庭を応援しています。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました