発達障害による勉強の遅れをとり戻すおすすめな3つの方法

発達障害による勉強の遅れをとり戻すおすすめな3つの方法

発達障害による勉強遅れは家庭学習で取り戻せます。

私もグレーゾーンで育った経験から、効果的な遅れを取り戻す勉強方法について3つピックアップしてご紹介しようと思います。

  • 発達障害による勉強の遅れを取り戻す方法
  • 発達障害でより勉強に遅れが出てしまう「特性」とは

そんな疑問を解消できる情報をお届けします。

発達障害による勉強の遅れを取り戻す方法

発達障害による勉強の遅れを取り戻す方法

発達障害があると中学生に限らず、小学生でも勉強に遅れが目立つものです。

ここでご紹介する3つの勉強方法はいずれも自宅で取り組めますので、ぜひ活用して勉強の遅れを取り戻してみてください。

①発達障害でも受け入れ可能な家庭教師を探す

発達障害のある中学生が勉強の遅れを取り戻す

1つ目の方法が「家庭教師」です。

しかし家庭教師といっても発達障害などがあれば受け入れを拒否するケースもありますので、しっかりと見極めて「受け入れ可能な家庭教師」を探す必要があります。

家庭教師のメリットは、学習塾などのように”通塾”の必要がないこと。

塾に通うというのはなかなか難しいのが発達障害ですが、家庭教師であればその必要もなく便利に勉強の遅れを取り戻すことが期待できます。

ただし1つだけ気になるのが「対人関係」です。

もし子供が対人恐怖症など人間関係に不安を抱えていれば、自宅に来てコーチングをする家庭教師は向いていません。

しかし、あえて人との交流によって対人関係を改善させようと思うのであれば、家庭教師という勉強方法はとても有効な方法になります。

私も受け入れ態勢のある家庭教師を探ってまとめています。

広汎性発達障害の子供が安心して学べる「2つ」の大手家庭教師

②オンライン家庭教師を利用する

もし家庭教師との交流に不安があれば

「オンライン家庭教師」を利用する方法が有効です。

オンラインであれば講師が自宅に来ることもないため、パソコンやタブレットの画面越しに勉強を学ぶことができるので問題なく取り組めます。

パソコンなどのスカイプを使って学習するため初めのうちは違和感を感じるかもしれませんが、一度体験してしまえばすぐに慣れることができるので安心してください。

少しずつ人間関係を構築するよい手段となりますので、対人関係に不安があればこのオンライン家庭教師をお考えになってみるのも勉強の遅れを取り戻すおすすめの方法になります。

発達障害の中学生におすすめなオンライン家庭教師3選

③発達障害支援の専門家による通信教育を利用する

最後にご紹介するのが「通信教育」での

勉強方法です。

もし家庭教師のようにパソコン越しの対面でも苦手という場合は、アニメーション授業による講師との会話によって勉強が進むこの方法がおすすめです。

通信教育とひと口にいっても、私がご紹介するのは”発達障害支援の専門家による教材”です。

文部科学大臣賞の受賞歴もある「通信教育すらら」という教材で、もちろん発達障害の中学生が理解しやすいように徹底的にわかりやすい説明によって遅れを取り戻すことが期待できます。

実際に私もこの教材に取り組んでみましたが、健常児に教える教材とは違って「感覚」で理解できるように構成されているため発達障害のある中学生にピッタリの通信教育になるかと思います。

 詳細はこちら 

家庭学習に「通信教育すらら」を実際に体験した感想

発達障害でより勉強に遅れが出てしまう「特性」とは

発達障害でより勉強に遅れが出てしまう「特性」とは

すでにご存知だとは思いますが、発達障害によって勉強に遅れが

出てしまう「特性」について少し触れようと思います。

発達障害のある中学生が勉強に遅れを生じてしまう、もっとも大きな原因は「興味が持てないこと」といわれています。もちろん思考の違いなどによる原因もありますが、勉強をやる子供がいるということは「興味がもてない」ためと考えられます。

私も発達障害コミュニケーション指導者の資格を保持していますが、そのときに現場の声なども交えながら勉強になったのが「興味を示すかどうか?」がポイントになるということ。

発達障害の特性ではなかなか興味を示すことがない反面、一度興味を持てばトコトン1つのことにのめり込むといった長所も隠れています。

この「興味」を持たせるためには難しく考える必要はなく、子供が好きそうなもので興味を持てる方向へ持って行けばOKです。

講習会のときに講師がいってたのは「マンガやアニメーションなど」は、どんな子供でも興味を示すのでもっとも良い方法という事でした。

したがって発達障害のある子供が勉強の遅れを取り戻すのにとても効果的な方法は「まず好きなもので興味を示すこと」が重要なポイントになります。

発達障害による勉強の遅れを取り戻す方法まとめ

ここまでをまとめます。

発達障害による勉強の遅れを取り戻す方法

  • 発達障害でも受け入れ可能な家庭教師を探す
  • オンライン家庭教師を利用する
  • 発達障害支援の専門家による通信教育を利用する

発達障害でより勉強に遅れが出てしまう「特性」とは

  • 「興味を示すかどうか?」がポイント

この中でも、とくに重要なのが「興味」です。

どんな勉強方法でも興味がもてなければ前に進むことはできませんので、まずは子供が”楽しさ”を感じることが遅れを取り戻す初めの一歩だとお考えになるのがおすすめです。

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました