【発達障害】勉強に参考書よりもネット教材がおすすめな3つの理由

【発達障害】勉強に参考書よりもネット教材がおすすめな3つの理由

発達障害の子供への勉強に、参考書よりもネット教材が間違いなくおすすめな理由をご紹介しします。

実際に私もグレーゾーンで育ちましたが、

一筋縄ではいかないのが勉強です。

なぜなら発達障害の子供が”理解できる勉強方法ではない”ため。

そこでこのようにお悩みのご家庭へ、問題解決のできる方法になるかと思います。

  • 発達障害の子供が参考書を使っても勉強を理解できない。
  • 発達障害の子供にピッタリの勉強方法を探している。

私の経験と発達障害コミュニケーション指導者の資格を勉強した経験から、かならず効果的な勉強方法になると思いますのでぜひ参考になさってみてください。

発達障害のある子供の勉強に参考書よりネット教材がおすすめな理由

発達障害のある子供の勉強に参考書よりネット教材がおすすめな理由

下記のような3つの理由が考えられるためです。

  1. 視覚によって情報が入るため「感覚」で理解しやすい
  2. 発達障害用の参考書がほとんど見つからない
  3. すべて自宅で完結するので手間がかからない

理由①視覚によって情報が入るため「感覚」で理解しやすい

発達障害のある子供に参考書を与えてみても、

たぶんあまり「理解」につながりません。

参考書というのは文字を読んで内容を理解する必要があるため、まず”文字を読む”ということ自体がなかなか発達障害があると実践できないのが主な理由です。

私もグレーゾーンですが、実際に発達障害の子供に文字ばかりの参考書を与えて見ても勉強はしないはず。なぜならそこには「楽しさ」がまったく感じられないから。

視覚によって情報が入るため「感覚」で理解しやすい

発達障害の子供には「楽しさ」が感じられること、これがとても重要なポイントになります。

その点でネット教材はキャラクターやアニメーション授業などによって楽しさが感じられるだけではなく、動きなどによって「視覚」で理解しやすい勉強方法です。

文字ばかりの参考書よりも、こんな画面を見たらいかがでしょうか。

視覚によって情報が入るため「感覚」で理解しやすい

たぶん真っ先に「楽しさ」を感じることで興味を示して、さらにわかりやすい動画や説明によってよく理解できる勉強方法になると私は感じます。

したがって発達障害のある子供には文字ばかりで構成された参考書よりも、イラストやアニメーションを中心とした「ネット教材」のほうが本当の意味で理解につながる勉強方法です。

理由②発達障害用の参考書がほとんど見つからない

そもそも発達障害の子供が理解しやすい参考書自体が、

ほとんど販売されていません。

よく探せばいくつか見つかるかもしれませんが、実際に私が見つけた参考書はイラストは多かったものの「本当に勉強を理解できるの?」という内容でした。

というのも発達障害があると物事を理解する力が弱く、健常児と同じように教えたところでまったくもってチンプンカンプンだから。

1+1=11という答えになってしまうのが発達障害の特性でもあるため、一筋縄で教えたところで子供が理解できず終わってしまう可能性が高いものです。

それであればネット教材には発達障害支援の専門家が監修した教材もあるので、そっちを使った方がはるかに理解できる勉強が可能になります。(のちほどご紹介します)

理由③すべて自宅で完結するので手間がかからない

参考書のデメリットともいえるのが

書店へ足を運ぶことです。

もし通販で購入したとしても、ほとんど販売されていない発達障害用の参考書を探す労力がかかるため手軽に取り組めないのが現状です。

その点においてもネット教材はすぐにでも取り組める方法で、参考書や問題集などがすべて詰まっているため親にとっても便利な勉強方法になります。

私がおすすめの「専門家によるネット教材」はこちらです。

おすすめ

家庭学習に「通信教育すらら」を実際に体験した感想

発達障害の子供に参考書や問題集はほぼ効果が期待できない

問題集はほぼ効果が期待できない

参考書にまったく勉強効果が期待できないとまではいいませんが、あまる効果的ではないと私の経験からみても思います。

その理由について2つありますので詳しくお話しします。

  • 問題と答えよりも「解き方」が重要
  • 発達障害でも理解できる教え方になっていない

期待できない理由①問題と答えよりも「解き方」が重要

参考書や問題集で勉強をするとき、

問題と答えはどれでも掲載されています。

しかしいちばん大事なのが「解き方がわかること」ですので、いくらたくさん問題と答えが掲載されていたところでほとんど意味を成しません。

健常児でも同じことがいえますが、発達障害があれば特にその傾向は顕著。

発達障害でもわかりやすく解き方が指南してある参考書を探すことが重要ですが、そのようなベストな参考書や問題集というのはほとんど見つからないのが現状です。

期待できない理由②発達障害でも理解できる教え方になっていない

発達障害の子供が理解できる参考書というのは、

ほぼ皆無だと思っていいです。

わあつぃもいろいろと発達障害の子供がべ勉強になりそうな参考書や教材などを調べてきましたが、まず「楽しさ」で興味を惹いて、さらに見ただけでわかるような参考書はないと思います。

冒頭の方でもお話ししましたが、発達障害があると「視覚」で得られる情報がとても効果的です。

したがってネット教材による「視覚効果」はとても意味のある勉強方法です。

まとめ

発達障害の勉強と参考書についてまとめます。

発達障害のある子供の勉強に参考書よりネット教材がおすすめな理由

  1. 視覚によって情報が入るため「感覚」で理解しやすい
  2. 発達障害用の参考書がほとんど見つからない
  3. すべて自宅で完結するので手間がかからない

発達障害の子供に参考書や問題集はほぼ効果が期待できない

  • 問題と答えよりも「解き方」が重要
  • 発達障害でも理解できる教え方になっていない

これで「発達障害の子供へ参考書よりも効果的な勉強」が可能になります。

もちろんネット教材以上に発達障害の子供に見合った参考書があればそれでOKですが、私は発達障害支援の専門家によるネット教材ほどベストな勉強方法は見つからないと思います。

グレーゾーンの私がおすすめする方法を、ぜひ参考になさってみてください。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました