【お便り】将来に悩んでいる発達障害を持つ中学生へ向けて

発達障害を持つ中学生へ

今、凄く大変かもしれません。

中学生というのはただでさえ大変ですが、発達障害ということでより一層大変だと思います。

ですので、あまり先のことを考える必要はありません。

 

今と、ちょっと先のことを考えるだけで十分だと思います。

あまりに先のことを考えすぎると、息切れしてしまいます。

今十分頑張っているのですから、今頑張ってください。

 

そしてたまに、将来のことを考えてください。

私の弟も、発達障害を持っています。

弟は日本史が大好きです。

ですが大学では、日本史の道にはいきませんでした。

大好きなことは、大好きなままでいたいからとのことでした。

 

かなり悩んだようですが、今はそれでよかったと思っています。

将来は、どんなふうになるか分かりません。

あえて、弟のように大好きな道には進まないのもありですし、大好きな道に進むのももちろんありです。

どうするか決めるのは自分ですし、親とも相談してください。

 

親はきっと、心配しています。

もちろん、親に決めてもらうとかではなく、一緒に話し合ってください。

話し合って見えてくることも、たくさんあります。

つい自分の意見を通したくなるときもあるかもしれません。

ですが、まずはコミュニケーションをしっかりとりましょう。

 

自分の意見を言うのも大事ですし、親の意見を聞くことも大事です。

発達障害という言葉を聞いた、お先真っ暗だと思う必要はありません。

発達障害でも活躍している人は、たくさんいます。

むしろ、一つのことを極められる人たちが多いですから、そこまで悲観的になる必要もありません。

 

今まで活躍してきた人たちの中にも、発達障害の人はたくさんいます。

発達障害と言っても色んなタイプの人たちがいますが、まず自分がどんなタイプなのかを知り、自分の強みを知っておくと良いと思います。

それだけで楽になれますし、やる気も出てきます。

 

中学生だと色々辛いこともあると思いますが、だからこそ自分のことをしっかり考えるチャンスでもあります。

その中で将来に繋がることを見つけられるかもしれません。

とにかく、興味のあることはやってみることです。

そこから何か、自分の強みを見つけられるかもしれません。

 

将来について考えることも大事です。

ですが、そのためには今を大切にしなければなりません。

今があるから、将来があるのです。

 

そして、頑張りすぎないことも重要です。

色々と難しいかもしれませんが、自分を受け入れて今を過ごすことが将来に繋がっていきます。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました