【中学生】発達障害のプログラミング学習に「LEGO」がおすすめな3つの理由

【中学生】発達障害のプログラミングに「LEGO」がおすすめな3つの理由

こんにちは、グレーゾーンのゆっきーです。発達障害プログラミングが苦手‥という場合には「LEGO」を使ったロボットプログラミングの1種がおすすめです。

私もグレーゾーンで育ってきたのでよくわかりますが、発達障害があると「興味を持たない限りまったく見向きもしない」と思います。とくにプログラミングに関しては、興味が持てる・持てないがハッキリと別れる専門分野。

そんなプログラミングに対して興味を持ちにくい発達障害の中学生へ、とくにおすすめな「LEGO」を使った勉強方法を詳しくご紹介します。

発達障害のプログラミングに「LEGO」がおすすめな3つの理由

発達障害のプログラミングに「LEGO」がおすすめな3つの理由

まず結論からいえば私がおすすめなのが「Z会のプログラミング教室」です。難しさがなく「LEGO(レゴ)」を使ってわかりやすく楽しさのあるプログラミング学習を実践できます。

詳しい内容はこちら

無料資料を取り寄せる【Z会プログラミング講座】

理由①理屈よりも「感覚」で取り組める

発達障害があると「いくら理屈を説明しても理解できない‥」など、健常児とは違って直球で説明をしてもなかなか理解につながらないものです。

ここで少し切り替えてみたいのが‥

理屈ではなく「感覚」で理解をさせてみる

ということ。

いくら理屈を説明しても「興味がないから聞く耳を持たない」という状況を改善するためには、視覚や触覚に訴えかけて「感覚で理解させる」ことを考えるのがおすすめです。

グレーゾーンでの私も中学生のころはまったく同じ状態で、いくら理屈を説明されても興味を持つことができず理解できませんでした。

したがってプログラミングについても理屈を説明するのではなく、発達障害の中学生がはるかに理解しやすい「感覚」で学習できる「LEGOを使った勉強方法」がおすすめです。

理由②視覚的に「楽しさ」を感じられる

発達障害があると興味がないものには見向きもしないので、少しでも興味を持たせるためには「楽しさ」がなければいけません。

プログラミング学習を始める第一歩を踏み出すためにもこの「楽しさ」というのは超重要なポイントになるので、絶対に忘れてはいけない項目とお考え下さい。

そんな「楽しさ」を感じられるプログラミング学習を探してみると、Scratch(スクラッチ)、Springin’(スプリンギン)、MOONBLlock(ムーンブロック)などゲーム感覚で取り組めるプログラミング言語がいろいろ。

しかし言語で教えるよりも、

発達障害のある中学生におすすめなのは「LEGO」です。

なぜなら実際に「見て・触れて・感じる」ことができるため、より「楽しさ」を感じやすいプログラミング学習方法になるため。

LEGOを使ってロボットプログラミングを学習することで、発達障害のある中学生により楽しくわかりやすい勉強を実践することができます。

したがって発達障害のある中学生には「理屈よりもまずは感覚」を大切にして、Scratch(スクラッチ)などプログラミング言語で考えるのではなく「ロボットプログラミング」というジャンルで考える方がベターです。

そのロボットプログラミングの1つが「LEGO」による学習方法です。

理由③結果がわかりやすい

私が発達障害のある中学生に「LEGO」のプログラミング学習をすすめる理由の1つに「いちばん結果がわかりやすい勉強方法」ということも挙げられます。

なぜならパソコンたタブレットを使った勉強方法では「感覚」で理解することが難しく、また画面の中で動きを確認するため「実感が湧きにくい」という理由があるためです。

そこで私がすすめる「LEGO」を使ったロボットプログラミングでは、実際に目の前で組み立てることで結果が分かりやすいという大きなメリットがあります。

この「目の前で‥」という部分が発達障害のある中学生にはとても大切で、結果的に理屈の理解につながるもっとも効果的な学習スタイルになると私は感じています。

ぜひ「LEGO」を使ったロボットプログラミングをお考えになってみてください。

無料資料を取り寄せる【Z会プログラミング講座】

発達障害でプログラミングが苦手なときの対処法

発達障害でプログラミングが苦手なときの対処法

発達障害があってプログラミングが苦手‥という場合には、つぎのような対処法をお考えになってみることをおすすめします。

  1. まずは理屈よりも「感覚」で学べること
  2. とにかく「楽しさ」を感じられること
  3. 取り組んだ「結果」がわかりやすいこと

対処法①理屈よりも「感覚」で取り組めるジャンルを選ぶ

先ほども少しご紹介しましたが、発達障害のある中学生にはいくら理屈を説明したところで興味を持ってくれません。それよりも「自分で納得する」ことの方が先決です。

自分でやってみて納得のできた事柄については、そこから興味を持つことで「もっと深堀をしたくなる」というのが発達障害の特性でもあります。

そんな興味を持たせるために大切なのが「理屈よりも感覚」になります。

対処法②楽しさが感じられるスタイルを見つける

発達障害の特性でもっともポピュラーなのが「楽しくないと見向きもしない」というものです。

実際にグレーゾーンの私も、小学生~中学生時代には楽しさを感じられないものには全く美紅きもしなくて学校の成績もよくありませんでした。(理科の実験は大好きだった)

そんな経験を踏まえて発達障害のプログラミング学習を考えてみると、私が理科の実験だけは好きだったように「感覚」のある勉強スタイルというのはピッタリの方法になります。

したがってご紹介してきた「LEGO」を使ったロボットプログラミングも「感覚」に訴えかける学習方法になるため、発達障害のプログラミング学習にピッタリのスタイルです。

対処法③自分で「考えた結果」がわかりやすい教材を選ぶ

グレーゾーンの私は「結果の見えづらいものは嫌い」でした。発達障害があると説明をしなくても結果が分かりやすいプログラミング学習教材がおすすめです。

中学生向きのプログラミング学習教材というのはたくさんありますが、その多くはパソコンやタブレット内で結果の出る勉強方法になります。

その原因はプログラミング言語を中心に考えられているためで、中学生向けプログラミング言語に取り組んで学習しましょうというスタイルだからです。

プログラミング言語ではなくて、発達障害の中学生には「ロボットプログラミング」がおすすめ。

なぜなら端末の画面内でわかりづらい結果に取り組むよりも、ロボットプログラミングの「眼の前で形になって見える」ほうが分かりやすいため。

この「結果が分かりやすい」というのも、発達障害の中学生にとって重要なポイントになります。

発達障害のプログラミングまとめ

発達障害のプログラミング学習について「LEGOを使うロボットプログラミングがおすすめ」とご紹介しその理由についても解説しました。

プログラミング教室(スクール)に通うのは現実的にかなり困難だと思いますので、私がおすすすめした「Z会のプログラミング学習」などオンラインで学習できるスタイルをお選びになることをおすすめします。

また最近ではコロナウィルス対策として「集団となる場所は避ける」など大変なご時世ですが、その面から見てもオンライン学習はおすすめな勉強スタイルになります。

ぜひ発達障害の中学生へおすすめなプログラミング学習としてお考えになってみてください。

無料資料を取り寄せる【Z会プログラミング講座】

 

 おすすめ記事  発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました