発達障害の中学生に「スマイルゼミ」がわりとおすすめな3つの理由

こんにちは、ゆっきーです。今回は発達障害の中学生にわりとスマイルゼミがおすすめ」ということで実体験をもとに詳しくご紹介します。

私もグレーゾーンなので身に沁みてよく分かりますが、発達障害があると学習塾へ通うことが難しく、また学習塾の受け入れ拒否によってなかなか通えないと思います。

そこで私もおすすめしたい勉強方法が「家庭学習」で、より効果的な勉強スタイルが「タブレット学習」です。

  • 発達障害のある中学生にスマイルゼミってどうなの‥?
  • 具体的なスマイルゼミの口コミを知りたい‥。

そんな疑問をお持ちでしたらきっと参考になるかと思います。

発達障害の中学生に「スマイルゼミ」がわりとおすすめな3つの理由

タブレット学習「スマイルゼミ」はこんな学習教材です。

公式サイト:スマイルゼミ

私も「発達障害のある中学生におすすめの勉強方法は?」ということで、今までに通信教育(タブレット学習・紙学習)などをいろいろと探ってきました。その中の1つがこのスマイルゼミになります。

理由①操作性に優れているのでイライラしづらい

タブレット学習「スマイルゼミ」がもっとも発達障害の中学生におすすめな理由が、とにかく高い操作性でイライラすることなく取り組める教材のためです。

発達障害があると勉強をしていてイライラしやすいと親御さんならよくご存知だと思いますが、その原因は「思い通りにならないから」ではないでしょうか?

私もグレーゾーンなのでかなりそれに近い症状があって、学生時代には勉強が思ったように進まずイライラして先に進まなかった経験があります。

私はこれまでにいっくつかのタブレット学習を体験してきましたが、スマイルゼミは運営会社がATOKを作っていることもあって「とにかく操作性が良いタブレット学習」です。

したがって「スマイルゼミ」はタブレット学習でイライラして勉強にならない可能性も低く、家庭学習の大きな不安材料が1つ減る選択になると私は感じました。

この「操作性が良くイライラしづらい」というのはスマイルゼミがおすすめな大きな理由です。

理由②イラストが多く「楽しさ」がある

いざスマイルゼミに取り組んでみると「イラストがかなり多い」ことに気が付きます。

つまり文章(文字)を読まなくてもイラストを見ればだいたいの意味は分かるので、発達障害のある中学生でもスッと理解できて腑に落としやすい画面構成なのもおすすめの理由です。

家庭学習をしていて「いくら説明をしても理解してくれない‥」という場面が必ずあると思います。

それは発達障害の特性でもある理解力の低さなどからくるものですが、どうしても「1+1=2」ではなく「1+1=11」になってしまうのではないでしょうか。

私も当事者としてよくわかりますが、これは「理屈ではなく感覚で理解させること」がとても重要です。

そんな「感覚」で理解させるのにベストなのが「イラストや図解」です。

スマイルゼミは多くのイラストや図解説明で勉強できるため、発達障害のある中学生にとって分かりやすく理解しやすいタブレット学習だと私は感じました。

こうした「イラストや図解」は、発達障害のビジョントレーニングの一環としても効果的です。

理由③紙教材のような感覚でスラスラ入力できる

タブレット学習というのは、紙学習と大きく違うのが「書く」という部分です。

紙学習では自然な感覚で書くことができますが、タブレット学習では「ムリのある書き方」になるのがマイナス面といっていいかと思います。

たとえば、選択肢の中から答えを選んで入力するなど‥。

この点でもスマイルゼミはよく考えられていて、可能なかぎり「紙学習と同じように書き込める」といった工夫が多く使われているためムリのない勉強ができます。

したがって普段の感覚に近い動きで勉強ができるため、飽きやすい発達障害のある中学生にもおすすめなタブレット学習といえます。

総合的に考えるとわりとすすめなタブレット学習です。

より詳しい内容についてはこちらでご確認ください。

 公式サイト  スマイルゼミ

発達障害の中学生にスマイルゼミ以外でおすすめなタブレット学習教材

発達障害の中学生にスマイルゼミ以外でおすすめなタブレット学習教材

発達障害のある中学生にわりとおすすめなタブレット学習「スマイルゼミ」をご紹介しましたが、それ以外でおすすめのタブレット学習教材をご紹介します。

スマイルゼミ以外でおすすめの教材「タブレット学習すらら」

この「タブレット学習すらら」の全体像は動画でわかると思います。次世代型塾で使われているシステムで、パソコン・タブレット端末どちらでも取り組める教材になります。

スマイルゼミ以外で「タブレット学習すらら」がおすすめな大きな理由は、

「発達障害支援の専門家によるタブレット学習」

という専門的な構成になっている通信教育だから。

発達障害支援の専門家によるタブレット学習

とくに「映像授業」の進み方が発達障害のことをよく理解していて、ゆっくりと少しずつ確実に進んでいく授業になっているのがもっとも特徴です。

授業内容は「少しだけ説明➝確認問題」を繰り返すので発達障害で理解しづらくてもわかりやすく、一度にたくさん詰め込み過ぎないため頭が混乱することなく勉強ができるタブレット学習です。

つまり「ワーキングメモリの許容範囲を超えない学習」が可能といえます。

このタブレット学習もおすすめなので、ぜひ私のレビューをご覧になってみてください。

 私のレビュー 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

発達障害の中学生とスマイルゼミまとめ

発達障害のある中学生にわりとおすすめなタブレット学習「スマイルゼミ」についてご紹介してきました。スマイルゼミ以外におすすめな教材との比較などもいま一度お確かめください。

発達障害のある中学生にタブレット学習を選ぶときに重要なのは、親御さんならいちばん気にしたい部分の「本当に理解できる仕組み」ではないでしょうか。

発達障害の特性からタブレット学習を考えた場合に必要なのは、

直球よりも「さらに投げる以前の問題」を解消すること

一筋縄で説明をしても理解しないので、本当に理解させるためには直球でも変化球でもなく「投げる前の思考」から変えていく必要があります。

それを親の代わりにやってくれるのが「本当に理解できる仕組みをもったタブレット学習」です。

私も説明がヘタなのでうまく伝えきれませんが、ぜひ発達障害のある中学生とって本当に効果的なタブレット学習をお選びになってみてください。

 

スマイルゼミの無料資料請求はこちらからできます。

スマイルゼミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました