発達障害をもつ子供の親が「勉強を見るのが辛い」ときに助かる勉強方法

発達障害をもつ子供の親は、毎日の勉強を見ていて「辛い‥」と思うこともあるはずです。

私もグレーゾーンなのでよくわかりますが、発達障害があると理屈をなかなか理解してくれなくて「どうやって教えたら理解してくれるんだろう‥」なんて思ってしまうはずです。

そこで私が実際に経験してきた中から、発達障害の子供の親が勉強を教えるのが辛いときに本当の意味で助かる勉強方法についてお伝えします。

発達障害をもつ子供の親はストレスがいっぱい

発達障害 子供の親

発達障害をもつ子供の親は、勉強の教え方がわからずストレスを抱えることも多いです。

「1+1は?」と聞いて、

「11」と返ってくることなんて日常茶飯事。

この例は発達障害の中でもLD(学習障害)、さらに算数障害でよくあることです。

 

つまりⅬDに限らず、発達障害があると一般的な考え方では話が通じないため、真正面から理屈を教えてもまったく理解することができないんです。

また「やっても結果が出ていないこと」に対してもそうです。

「これやった?」

「うん、やった!」

子供は悪くないんですよ。悪気のかけらもないし。

子供は「やったこと」に対して答えてくるので、結果はどうでもいいんです。

発達障害をもつ子供の親としては「どうやって教えたらわかってくれるのか‥」と、内心ヘトヘトに疲れてしまいますよね。

 

でも中には子供の勉強を見ていて、どうしようもなくなってストレスを抱えこんでしまって病気にまで発展してしまう家庭だって実際にあります。

子供が病気で大変なのに、発達障害をもつ子供の親まで病気になってしまっていては本当に家庭が大変なことになってしまいます。

の入会金が10,発達障害の中学生勉強000円➝0円になっていますのでぜひ確認してみてください。

そこで少しでも発達障害をもつ子供の親の負担を減らすために、

どうやって教えたらいいのかわからない「勉強」を専門家に委ねて問題を解消するという方法もあるのでお伝えしようと思います。

発達障害で勉強が進まない!そんなときに子供の親が助かる勉強方法

発達障害 子供の親

まず初めにお伝えしておきますが、くれぐれもムリをして病気にならないでください。

とくに「勉強」の部分に関しては、なかなか子供のことを理解するのは難しいです。

さらに理解できるように教えようとしたところで、無慈悲なことにどんどん新たな問題が出てくるといった経験があるはずです。

 

だったら「勉強」については、発達障害の専門家に任せてみませんか?

発達障害の専門家といっても、なにもどこかの施設に預けるということではありません。

そうではなく、こういった通信教材に任せるのもいい手段ということです。

発達障害 子供の親

これは通信教材ですが、紙ではなくネット教材になります。

発達障害があると紙の通信教材というのはなかなか興味を示さないものですが、まず「楽しさ」があることによって興味がそそられて取り組むキッカケにもなるはずです。

中身はこのような感じ。

発達障害 子供の親

これは小学生の範囲になりますが、このようにアニメーションが基本に使われているのでとても興味をそそるキッカケになります。

私もある発達障害の子供がこの教材をやっているのを見て、「これなら障害があっても興味を示しやすい!」と思いました。

 

さらに授業を見ることも出来て、

発達障害 子供の親

このようにトランプが動いたりして、実際に形が変わったり動きがあることによって「感覚」理解しやすいように作られている教材です。

 

でも、なんでこの教材を?

と思われるかもしれませんが、じつは通信教材の中でも珍しい「発達障害支援の専門家」によって監修されている教材なんです。

発達障害 子供の親

「子どもの発達科学研究所」というところの発達障害の支援専門員の先生と、国立大学の教授が開発に関わっているので一般的な教材とはまったく作りが違うというのが特徴。

 

実際にこの教材をやってみても、とくに映像授業の進み方なんてものすごくゆっくりペースで「少しだけ説明する➝確認問題が出される」といった授業。

発達障害 子供の親

一般的な通信教材というのは「一度に説明が行われる授業」になっているので、発達障害の子供にはスピードが速すぎてついていけないんです。

もちろん映像授業なのでストップはできますが、説明の途中でストップするのと、あらかじめ区切りがつけられているのとでは大きな違い。

少しずつ完結した説明、これがよく理解できる特徴です。

 

私も以前にこんな資格をとりましたが、発達障害の子供とコミュニケーションをとることはとても難しいのですが、通じるように努力するのは重要。

発達障害 子供の親

うまくコミュニケーションをとることが、より子供の理解につなげるための重要な要素ということがつくずくわかりました。

 

そんなコミュニケーションについても、この教材の「対話型授業」というのがピッタリで、

発達障害 子供の親

発達障害の子供がわかりやすいように話しかけてくれる、というところが本当に個別指導塾にいるような感覚で授業を受けることができます。

たぶんこの授業で理解できなかったら、

ほかのどんな教材をやってみてもムリです。

 

それに発達障害をもつ子供の親が「どうやって教えたらいいのかわからない‥」という場面でも、きちんと問題を解決してくれるような教え方をしてくれるので任せておけばまず大丈夫な教材。

もしよければ、

こういった本当に質の高い専門家の教材に任せてみてはいかがですか?

いくら苦労しても伝わらないことまで子供が理解してくれるので、たぶん発達障害をもつ子供の親にとってかなり助かる勉強方法になるはずです。

 

私も発達障害の子供がやっている姿を見て、もしかすると多くの人が助かるキッカケになるかも‥ということで自分でもどんな教材なのか詳しく調べてみています。

ぜひ私の体験談も併せてご覧になってみてください。

きっと今の問題や悩みというのが、根本的に解消できる教材になるはずです。

発達障害 子供の親

私の体験談はこちら

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました