発達障害の中学生が高校受験面接でポイントをおくところとは?

高校受験の面接では身だしなみが大切!

発達障害の生徒の高校受験の面接において最も大切なのは、

身だしなみ

だといわれています。

高校受験の面接では身だしなみが大切!

高校受験の面接では身だしなみが大切!

高校受験の面接の場は、

「質問を受けてそれに対して答える」

という試験が行われるので、多くの中学生にとっては何を答えるかという点がとても重要な問題になると思われています。

しかし、この点はその次なのです。

面接試験は質問にどう答えるのかというよりも、その生徒の「第一印象」が大切だといわれています。身だしなみという、服装や頭髪面はとても重要なのです。

 

髪が茶色で服装がきちんと整っていない中学生が、面接の質問に対して明確でとてもすばらしい答えをしたとしても不合格になる可能性は高いのです。

しかし、もう一人の生徒は質問に対して上手くまとめられないけれども、身だしなみがしっかりとしていて、ハキハキと答えていたならば面接官に与える印象はいいのです。

 

背筋しっかりと背筋が伸びていて、きちんと目を合わせられて、礼儀正しいというならば、身だしなみがきちんとしていない生徒より評価は高くなると考えられているのです。

発達障害の生徒の高校受験で面接がある場合、このようなポイントをまず押さえておくことが大切です。

高校受験の面接での質問に対して

発達障害 中学生 面接

続いて質問の受け答えということになるといえます。

高校入試の面接でほとんどの生徒には志望動機についての質問がなされます。直接質問をされるのでなくても、いろいろな質問をされることで志望動機について訊かれたりするのです。

なぜこの学校を受験しようと思ったのか、その理由について訊かれる質問が必ずあるのです。

 

そのため、発達障害の生徒の高校受験の面接については、絶対このポイントを押さえましょう。

「この学校でないとだめだ」という理由を明確に伝わるように答えることが大切になります。

 

高校の先生も何となくではなく、

「この学校に入りたい」

と思っている生徒を入学させたいと思っているのです。

そのため、面接があるという場合には、しっかりとした志望動機をきちんと答えることができるように、時間を使っても明確な答えを考えましょう。

 

面接当日はみんな緊張するものです。

どんなに練習を重ねても手に汗を握る瞬間が面接試験です。

しかし、これらの2つのポイントをきちんと押さえ、前もって準備を行っていくことで、面接官に好印象を残すことができる面接ができるのです。

発達障害の中学生におすすめ面接対策

発達障害の中学生におすすめ面接対策

高校受験の面接というのは、思った以上に時間を要するものです。ふだんの生活習慣がそのままクセとなって面接本番で現れるため「毎日の積み重ね」がとても重要になります。

また高校受験の面接では動作や言葉遣いなどは基本ですが、さらに社会的な一般常識についても知っておくことが求められます。よく「新聞を読ませる」という言葉を聞くと思いますが、まさにそれが重要な面接対策になります。

社会常識について質問されることの多い高校受験面接では、おもに「新聞」に掲載されている情報から出題される場合がほとんどになります。

政治、経済、社会の出来事など新聞を常に読んでいれば答えるのは難しくない問題ですが、そもそも新聞を読むという行動自体がなかなか大変だと思います。

しかも発達障害の中学生というのは興味を持てなければ無反応という特性もあるため、いかに「新聞を読ませるか?」という行動が高校受験面接の結果を左右することにつながります。

そこで私がおすすめの面接対策が「中学生新聞」というものです。

中学生新聞

この中学生新聞に掲載されている内容は、一般紙と同じ社会情勢など。

しかし中学生が興味を持てるようなビジュアルや紙面作りと、さらに読みやすい文章によって難しく感じてしまう社会情勢なども簡単に理解できるというおすすめの面接対策になります。

発達障害(グレーゾーン)でもある私も実際に中学生時代に購読していましたが、この新聞のおかげで社会情報を理解することができて高校受験でも良い結果につながりました。

まずはこの「中学生新聞」から高校受験の面接対策をスタートして、もし慣れてくるようであれば一般新聞に変更していけばかなり効果的な受験対策ができます。もちろん中学生新聞だけでも十分な面対策が可能です。

もし発達障害の特性で「新聞なんかとても読まない」と感じていれば、イラストも多く楽しいと感じられるこの中学生新聞をお考えになってみてはいかがでしょうか。

発達障害の中学生におすすめ「中学生新聞」が面接対策にもぴったり
グレーゾーンの私が発達障害の中学生におすすめと感じる「中学生新聞」を詳しくレビューします。もし一般紙に興味を示さず全く読まない!という場合はぜひチェックしてみてください。高校受験面接に向けた家庭学習にピッタリできっと「選んでよかった」と思えるはずです。

まとめ

今回は発達障害の中学生におすすめの面接対策についてご紹介しました、高校受験の面接におすすめの中学生新聞もぜひお考えになってみてください。

発達障害の生徒の高校受験の面接において大切なのは身だしなみ、そして志望動機です。

この2点をしっかりと押さえて練習を重ね、当日練習の成果をだして面接本番がんばれるよう親の方もしっかりと御協力お願いします。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました