期間限定情報 ►►
すらら「発達障害の支援専門家」デジタル教材すららが
期間限定
入会金0円キャンペーン中です。

✅ 詳しくは➝https://surala.jp

発達障害の中学生がよくわかる「理解しやすい伝え方」3つのポイント

yukky

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「発達障害の中学生へむけ上手な伝え方を知りたい」という疑問に答えます。

発達障害があると勉強をはじめ暮らしにおいて、なかなか伝え方が難しい、伝え方がうまくいかず理解してくれない、などの場面も多いもの。

私自身もグレーゾーンのため言われた内容をうまく理解できず、とくに中学生時代はコミュニケーション能力の低さによって学校生活・毎日の暮らしにおいて苦労をしてきました。

まず伝え方について考える前に、準備として「ゆとりを持つ」という気持ちをもつことが重要。

とくに初めのうちは言いたい内容が伝わらず煩雑になってしまいがちなので、しっかりと時間的余裕をもって取り組むことをお勧めします。

また「伝わらなくても決して怒らない」という対応についても超重要。発達障害があると怒られたことによって反発をしてしまうといった傾向にあるので、ここは落ち着いて対処することがポイント。

私自身の経験をふまえ、さらに親の立場からの視点で答えていきます。

子供自身も答えようと頑張って反応してくれると思うので、焦ることなく親のほうが落ち着いて対応する、というWinWinの伝え方対策をスタートしてみてください。

Arrow

発達障害の中学生がよくわかる理解しやすい伝え方3つのポイント

発達障害の中学生がよくわかる理解しやすい伝え方3つのポイント

私自身の経験をふまえると、つぎのポイントを抑えるのがおすすめです。

  1. すべてを伝えようとせず子供にも考えさせる
  2. 一通り伝わったら反復学習を行う
  3. 新たな場面において「先読み」をさせる

伝え方改善へつながるため順番にポイントを紹介しているので、時間がかかるかもしれませんが1つずつ確実に実践していかれるといいかと。

これら伝え方改善ポイントについて、順番に対処内容を解説します。

すべてを伝えようとせず子供にも考えさせる

すべてを伝えようとせず子供にも考えさせる

発達障害の中学生へむけた伝え方として、まず最初の施策が「すべてを伝えない」という対策。

たとえば説明をするときに全部を伝えるのではなく、ポイントになる部分だけを伝える。そのあとは子供自身に考えさせることによって、より理解へつながる可能性が高まるという施策になります。

とくに発達障害があると「自分で考えて納得する」という行動が、より自然なスタイルで理解するための効果的な対策であるかと。いくら周りから説明をされても理解しないのは、すべてを説明され自分自身で考え理解しないという部分が原因であると私は考えます。

なにかを伝えようと説明しても、一向に反発をして理解してくれない

という場面が多いのではないでしょうか。

これは自分自身で考えて理解していないため、発達障害の特性でもある「興味が向かないものには反発する」という部分の表れかと。しこで重要となるのが伝え方を工夫して、初めの少しだけを説明、要点だけ説明してあとは自分の力で考えさせるという対処法です。

親のほうが伝え方を詳しくするなど改善しようとするのではなく、敢えて考える部分を残した説明をすることによって、子供の持つ能力を利用してより理解し納得できるという施策。

このとき伝えようとする内容を間違って理解しているようであれば、決して怒るのではなく「理屈によって解説する」という対処がおすすめ。このときも全てを説明せず、しっかりと子供自身で考える部分を残した解説を心掛けることがポイントになります。

1を説明して10を知るといった昔の言い伝えではありませんが、子供自身の理解力・思考力をしっかりと利用することによって、伝える内容をより深く自分事として理解できるための効果的な改善策になります。

どこまで伝えるかはその場面によって異なりますが、まず説明をするときに一呼吸おいて内容を簡素化する、という余裕を持った対応がおすすめかと思います。

発達障害の中学生へ伝え方を考える場合、まずはこの「簡素化した伝え方」について実践をお勧めします。

一通り伝わったら反復学習を行う

一通り伝わったら反復学習を行う

発達障害の中学生へむけた伝え方の工夫として、うまく伝われば「反復」により定着を促すのがおすすめ。

たとえば同じような状況において物事を判断するという場合など、うまく伝わったときと同じポイントで少しだけ説明をする。状況は違っても理屈が同じであれば、反復学習となってより理解が進む可能性が高まるという施策になります。

これも発達障害への伝え方としておすすめの対処法で、たとえ少しずつであっても「この状況なら好判断すべき」といった理解と思考力を養いやすい効果が期待できる対策。

もし勉強現場であれば「掛け算の説明」「割り算の説明」など同じ概念でやり方が異なる分野などは、この反復学習の応用が利くので適した場面になります。

やはりこの時も全てを説明するのではなく、しっかりと子供自身で思考する部分を残しておくのが効果的。それと同時に反復学習を行うことによって理解の幅が広がってくれば、これも親の伝え方としておすすめの対処方法といえるかと私は思います。

少しだけの説明、似たような場面での反復学習、この2つによって基本的な伝え方はクリアできるかと。

体で覚えるといった要素のある対処法になるので、やや時間は必要になると思いますが、ゆとりを持ちながら確実に対処することで理解力アップが期待できる施策になると思います。

新たな場面において「先読み」をさせる

新たな場面において「先読み」をさせる

ここまで2つの施策により効果があれば、さらに「子供が考える場面を増やす」のがおすすめ。

なにかを説明するときに親が解説するのではなく、まずは子供自身で考えるという時間を設けてみる。これまでの施策によって思考力アップにつながっていれば、何も説明しなくても自分の力で理解できる可能性が高まっていると思います。

すでにお分かりのように、発達障害への伝え方というのは「子供の能力開発対策」ともいえるかと。

親が伝え方を工夫しながら対策を行っていきますが、結果的には子供自身の理解力アップを養う、という表現がより適切かと思います。

まったく説明を行わず、すべてを子供に考えさせてみてください。

どうしても伝えたい内容を理解できないようであればヒントを出して理解を促すなど、簡単な対応というのも伝え方効果が期待できるかと思います。

したがって親が伝え方をこれ以上工夫するのではなく、最終的な仕上げとして「子供自身に考えさせる」という対策が効果的な伝え方施策。勉強をはじめ家庭環境いずれにおいても子供自身で理解・行動してくれることが、親としての伝え方対策におけるゴールだと私は思います。

もしこの時点で理解できていないようであれば、これまでに解説した項目を1つずつさかのぼって再度対策を行うのがおすすめ。決して焦ることなく、まずは親のほうが落ち着いて対策を講じることが重要です。

yukky

このあとは「伝え方がうまい通信教育」を紹介します。

もし勉強の伝え方がうまくいかず悩んでいれば、きっと効果的な対策になるかと。

もし興味があれば、ぜひ参考にしてみてください。

Arrow

発達障害の中学生へおすすめ「伝え方がうまい通信教育」ベスト3選

発達障害の中学生へおすすめ「伝え方がうまい通信教育」ベスト3選

私がこれまでに探ってきた学習教材から、とくに「伝え方が優秀」と

思える通信教育はつぎの通り。

  • デジタル教材すらら
  • デジタル教材スタディサプリ
  • 学研オンライン家庭教師

発達障害の中学生でも、伝え方がうまいためしっかりと理解しやすい通信教育。

各通信教育について、私の感想を交えながらさらに詳しく解説します。

デジタル教材すらら

デジタル教材すらら

発達障害の中学生へむけて、とくに伝え方が優秀といえる通信教育が

このデジタル教材すらら。

文部科学大臣賞の受賞歴があることもあって伝え方がうまいという見方もできますが、実際に私自身が体験して感じた口コミとしても「伝え方が極めてわかりやすい」という通信教育です。

すららの監修者というのは発達障害支援の専門家によるもので、とくに学習障害の小中学生が良く理解できるよう工夫を凝らされているのが大きな特徴。

アニメーション映像授業による伝え方は、こうした通信教育の中でもトップレベルの内容。少しだけ説明をしたあとその範囲の確認問題が出されるため、伝え方・学習の流れがわかりやすく極めて優秀であると私は思います。

また映像授業の講師についてもプロ声優が担当しているため聞き取りやすく、さらに学習内容の伝え方についてもマニュアルを読むようなロボット式ではなく、個別指導塾を想像させるような人間味のある伝え方のため好感が持てるかと思います。

とにかく「伝え方がうまい」と誰もが思える通信教育なので、発達障害の中学生におすすめといえるデジタル教材です。

yukky

こちらで「すららの無料お試し体験」ができます。

→ 家庭学習に「通信教育すらら」を実際に体験した感想

【発達障害の中学生】家庭学習に「通信教育すらら」を実際に体験した感想
発達障害の中学生がやっていたのを見て私も通信教育すららを体験してみることにしました。発達障害の中学生は学習塾に通うことも難しく家庭学習は最適な勉強方法になるはずです。通信教育すららを実際に体験した感想を詳しくレビューしていきますので毎日の勉強で悩んでいればぜひ参考にしてみてください。

 

デジタル教材スタディサプリ

デジタル教材スタディサプリ

もし講師による映像授業がいいという場合であれば、このスタディサプリは伝え方がうまくておすすめ。

このスタディサプリも私が実際に体験済みの通信教育で、伝え方という点においてはかなり優秀。

もちろん中学生の5教科をすべて履修可能という通信教育で、しかも無学年方式のため小学生範囲から学び直すことができるのもメリット。したがって発達障害で学力低下がみられるという場合でも、スタディサプリは学力に適した範囲をしっかり学べるため極めて有効といえるデジタル教材になります。

スタディサプリの映像授業というのは「神授業講師」による解説となっており、実際に授業を視聴してみるとよくわかりますが、かなり伝え方がうまいため理解しやすい授業解説。

5教科の全単元をさらに深堀をして1つずつ全ての映像授業が用意されており、いずれの単元についても伝え方の上手な講師により理解しやすいデジタル教材です。

スタディサプリの講師というのは学年・教科ごとに異なりますが、いずれの講師においても伝え方はかなり優秀。どの講師の授業でも理解しやすいため、発達障害の中学生が1つずつ確実に学べる家庭学習を構築できるかと私は思います。

発達障害の中学生へむけた伝え方がうまく、さらに無学年方式で自由な範囲を学べるためかなりおすすめといえる通信教育になります。

yukky

こちらで「スタディサプリの無料お試し体験」ができます。

→ スタディサプリは発達障害に効果がある?体験口コミレビュー!

スタディサプリは発達障害に効果がある?体験口コミレビュー!
グレーゾーンの私自身が「スタディサプリと発達障害の相性」について効果があるのか体験して口コミレビューします。スタディサプリと発達障害の特性を考慮して正直な感想を口コミしていきます。

 

学研オンライン家庭教師

学研オンライン家庭教師出典:学研オンライン家庭教師

発達障害の中学生にむけて、かなり伝え方が優秀でわかりやすいと感じるオンライン指導がこの学研であると私は思います。

学研の家庭教師は、2つのスタイル「訪問タイプ」「オンライン指導タイプ」があります。

訪問タイプは全国対応のため派遣エリア問題もなく利用可能で、オンライン指導タイプは対人関係が苦手という場合におすすめのスタイルになります。

いずれのタイプにおいても伝え方が優秀な家庭教師で、とくに学研の家庭教師は不登校生徒に特化したコース設定など、より伝え方に工夫を凝らした対応力からも高い人気。通信教育でと考えるのなら、オンライン指導タイプを選ぶことでマッチング性が高まるかと思います。

学研の家庭教師は伝え方に重点を置いているという特徴もあり、これまでにも不登校生徒の成績アップなどへつなげてきたという実績も豊富。

また不登校生徒だけではなく学研自体による伝え方の工夫にかなりこだわりがあり、どの講師を選んだとしても学研の研修制度によって高レベルの伝え方スキルを持っているため理解しやすい家庭学習を実践できるかと思います。

発達障害の中学生と家庭教師における組み合わせはマッチング性が高く、とくに学習塾への通塾が難しい、発達障害のため学習塾を断られたなどの場合にもおすすめの業態。

とくに対人関係が苦手という場合であれば、学研のオンライン指導を選ぶことによって伝え方もうまく、より理解しやすく目標も達成しやすい家庭学習の構築が期待できます。

yukky

こちらから「学研の無料体験授業」が受けられます。

→ 学研の家庭教師を口コミ徹底レビュー

発達障害で不登校の中学生におすすめ「学研の家庭教師」を徹底レビュー
私の経験からも発達障害で不登校の中学生にとって安心して利用できるのは「学研の家庭教師」だと思っています。不登校で勉強から離れていきそうになっていたときに救ってくれたのが学研の家庭教師です。私が学校へ行くことが出来た経験と学研の家庭教師が根本的に優しい理由についてお伝えしています。

 

まとめ

yukky

今回は「発達障害の中学生へむけ上手な伝え方を知りたい」という疑問に対して、

発達障害の中学生がよくわかる理解しやすい伝え方3つのポイント

発達障害の中学生へおすすめ「伝え方がうまい通信教育」ベスト3選(補足情報)

などの項目を設けて、私の経験をもとに答えてきました。

発達障害のある中学生への対応として、なかなか伝え方は難しいと思います。

簡単な勉強でいえば「1+1=11」になってしまうように、物事の概念(理屈)の伝え方がとくに難しく、親としても伝え方についてはかなり苦労されるかと。

身振り手振りによって伝え方を工夫するという手段も有効ですが、中学生クラスになってくると勉強も複雑化してくるので概念(理屈)を教えるのも一苦労。

今回の記事でお伝えしたようにまずは「子供の理解能力を養う」という部分に着目をしてみるというのもおすすめの対処方法。さらに複雑な勉強については外部委託(通信教育など)に任せるというのも効果的な伝え方になるかと思います。

グレーゾーンの経験からすると、子供自身で想像し考えるという行動が重要かと。

いくら詳しくわかりやすい伝え方をしても、発達障害の特性によって「何を言われても反発する」という反応となる場合が多くあるので、子供自身に考えさせるのはかなり効果的な伝え方対策になると思います。

なぜ反発するのか?についての解答としては、自分が興味を持てない事柄だから。

いくら興味の持てないことについて解説されたとしても一向に理解する気はないので、改善策としてまずは初歩的な「少しだけ解説してあとは考えさせる」という対処を行ってみるのはかなりおすすめかと私は思います。

子供自身で考えて理解させることで、自分で答えを出したから納得するという好循環が始まると思います。

発達障害の中学生へ対する伝え方として、今回の内容をぜひお役立てください。

 

タイトルとURLをコピーしました