期間限定情報 ►►
すらら「発達障害の支援専門家」デジタル教材すららが
期間限定
入会金0円キャンペーン中です。

✅ 詳しくは➝https://surala.jp

発達障害(不注意優勢型)の中学生における改善へ向けた3つの対策

発達障害(不注意優勢型)の中学生におすすめ改善へ向けた3つの対策

yukky

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「発達障害(不注意優勢型)の中学生へむけた対策が知りたい」という疑問に答えます。

発達障害(不注意優勢型)の中学生における、おもな特徴はつぎの通り。

  • 勉強・遊びいずれも集中力が続かず途中で投げ出してしまう。
  • 話しかけてもうわの空で聞いている。
  • 勉強の予定が立てられない。
  • 学校のテストなどでうっかりミスが多い。
  • 整理整頓ができない。
  • 忘れ物が多く改善しない。

毎日の暮らしの中で、こうした症状が見られるようであれば不注意優勢型かもしれません。

私もグレーゾーンということで不注意優勢型っぽい症状がちらほら見えるのですが、そんな経験を踏まえながらおすすめの改善に向けた対策について詳しく解説します。

発達障害(不注意優勢型)中学生におすすめ3つの対策

発達障害(不注意優勢型)中学生におすすめ3つの対策

とくに効果的な対策は、以下の3つになると私は思います。

  • 行動をパターン化(ルーティンワーク)する
  • 確認作業を常習化する
  • 勉強や遊びに「興味の持てる要素」を盛り込む

発達障害(不注意優勢型)の特性について、総合的な改善が見込める対応策になるかと。

さらに詳しく、これら3つの対策について解説します。

おすすめ対策①行動をパターン化(ルーティンワーク)する

おすすめ対策①行動をパターン化(ルーティンワーク)する

発達障害(不注意優勢型)の改善策として、かなり手軽で効果も期待できるのがこの「パターン化」かと。

行動をできる限りルーティンワーク化することによって、余計な頭を使うことがなくなるため、うっかりミスや忘れ物防止へつながりやすい改善策になります。

勉強のスケジュール作成にもつながる対策で、同時に学習予定を立てられるため一石二鳥。発達障害(不注意優勢型)の場合は記憶することが苦手なため不具合へつながってしまうため、視覚的にチェックできることでミス防止が期待できる施策です。

また行動をパターン化してもミスが続くという場合は、完全なルーティンワークとして身についていない証拠。確実にそのスケジュールを実行できているかについてチェックして、とくにミスが続いている部分に関して強調文字などで認識を強めるなどの工夫がおすすめです。

また行動をスケジュール化するとき、できる限り細かく手順を表記することもポイント。大まかな手順では途中が抜けてしまう場合もあるため、そのスケジュールの手順通りに進めれば完璧になるというくらい細分化しておくことも発達障害(不注意優勢型)の改善策として効果的です。

厳密にいえば発達障害(不注意優勢型)の改善策というよりも、ちょっとした工夫でミス防止につなげるというのがこの対策。とはいえ今後の生活にも便利に生きてくる施策となるため、まず覚えておいて損のない改善策になるかと思います。

おすすめ対策②確認作業を常習化する

おすすめ対策②確認作業を常習化する

発達障害(不注意優勢型)の対策において、しっかり「確認する」という

行動も改善が期待できる要素。

その行為を完璧に終えるまでは、1つずつ段階的に確認を行いながら進める。

とくに行動をパターン化しても不注意が改善されない場合は、この確認作業の強化によってより確実性を高める行動へつながりやすくなります。

たとえばJRなども”指さし確認”などを必ず行っていますが、発達障害ではなくとも確認作業は極めて重要。その作業が複雑化するほど必須事項ともいえる工程で、また間違ったら一大事になる作業などではこの確認作業は極めて重要な要素になってきます。

したがって発達障害(不注意優勢型)の場合はとくに確認作業の実施が大切なポイントで、すべての行為についてもチェックしながら進めることが改善に向けおすすめ。

はじめは時間をかけてでも確実に確認をさせるという行動パターンを導入して、少しずつ確認のスピードを速める、完璧となった項目は確認作業を省くなど、徐々に頭で考える力を養っていくことが発達障害(不注意優勢型)改善が期待できる有効な手段になります。

当初のうちは、些細なことに対してもこの確認作業を日常化することがポイント。

わずらわしいと感じる場合もあると思いますが、発達障害(不注意優勢型)の改善にむけて確認は極めて重要なポイントになるため、自然と確認作業を行えるよう少しずつ訓練していくことが大切なポイントになるかと思います。

おすすめ対策③勉強や遊びに「興味の持てる要素」を盛り込む

おすすめ対策③勉強や遊びに「興味の持てる要素」を盛り込む

発達障害(不注意優勢型)の場合、まずもって「興味」をもてない行動に

対して意識を向け続けることは難しいものです。

そこで改善策として有効となるのが、子供自身ではなく対象物の問題として考えること。

発達障害(不注意優勢型)ではなくとも、興味の向かない事柄に集中し続けるのは難しいもの。したがって興味を持てる要素を導入するというのもおすすめの対策になります。

根本的に発達障害(不注意優勢型)を改善するというよりも、そういう特性であるからこそ対象物へ対策を講じることも重要。また症状の特性からしても興味が持てると人一倍その事柄に集中するといった場合も多いので、特性を活かした対策と考えるといいかと思います。

たとえば勉強においてこの対策を当てはめると、文章ばかりの勉強に「楽しさ」を加えてみるなど。イラストが多用されていたり表でうまくまとめられていたりと、視覚的に興味関心をそそるような施策によって発達障害(不注意優勢型)の緩和につながりやすいかと。

おなじ家庭学習でも「アニメーション授業」のあるデジタル教材を導入するなど、子供自身のモチベーションアップに直結するような勉強方法を試みてみるなどもおすすめ。

遊びにしても同じで、興味の向かない遊びには参加しないようにして、興味が持てる(気持ちがワクワクする)ような遊びのみ行うなども1つの対処法になるかと思います。

健常児においても、すべての勉強方法や遊びに興味を持てるわけではありません。

yukky

このあと、私がおすすめの勉強方法について解説します。

発達障害(不注意優勢型)の改善に向け、かなり効果的な学習スタイルになると思います。

Arrow

発達障害(不注意優勢型)中学生におすすめの勉強方法

発達障害(不注意優勢型)中学生におすすめの勉強方法

おすすめの勉強方法について、3つの学習レベル順で紹介します。

  • 学びのあるゲームを活用する
  • 通信教育(デジタル教材)を利用する
  • オンライン指導を利用する

いまの学習段階に、もっとも適した勉強方法が見つかるかと思います。

発達障害(不注意優勢型)の中学生において、かなり改善&目標達成しやすい勉強方法です。

勉強の取り掛かりにおすすめ①学びのあるゲームを活用する

勉強の取り掛かりにおすすめ①学びのあるゲームを活用する

勉強が嫌い、まったく勉強しない、などの中学生におすすめの

勉強方法です。

ただ単にゲームで楽しむというだけではなく、どこかに「学び要素」が盛り込まれているゲームを導入することによって、発達障害(不注意優勢型)の症状改善などが期待できる勉強方法。

また勉強自体への慣れなども期待できる学習スタイルで、家庭学習の第一歩を踏み出させたいという場合などにおすすめの勉強方法になります。

ゲームといってもテレビ画面で行うスタイルだけではなく、ボードゲームなど種類はさまざま。子供の性格をはじめ発達障害の特性などを考慮して選ぶことで、より楽しさのある学びを家族そろって実践できるかと思います。

ゲームを通じて発達障害(不注意優勢型)による症状「物忘れ」「うっかりミス」「集中力の持続」などが期待でき、結果的に改善対策が期待できるかと。またゲームの延長戦として考えられるのが効果的な家庭学習で、結果的に症状を抑えた家庭学習へ到達できる日がくるかもしれません。

ただ遊びだけではなく、しっかり「学び」の要素を持つゲームの導入がおすすめです。

yukky

こちらで「学びのあるおすすめゲーム」を紹介しています。

発達障害の中学生におすすめ「学びがあるゲーム」ベスト7選

発達障害の中学生におすすめ「学びがあるゲーム」ベスト7選
グレーゾーンの経験から発達障害の中学生におすすめ「学びがあるゲーム」をベスト7選に絞り込んで紹介します。楽しさ以外にしっかりと学びがあるためゲーム依存症やゲーム脳などとは縁がなく安心して遊ばせられます。

 

家庭学習におすすめ②通信教育(デジタル教材)を利用する

家庭学習におすすめ②通信教育(デジタル教材)を利用する

発達障害(不注意優勢型)の改善に向けた家庭学習は、とくに「デジタル教材」という通信教育がおすすめ。

なぜなら選び方にもよりますがアニメーションやイラストが多用されていたり、また映像授業そのものがアニメーション解説となっているなど、発達障害(不注意優勢型)の集中力を高めやすい構成となっているため。

また映像授業の解説に至っては完璧ともいえる内容で、1つずつ段階を経ながら確実な理解につなげやすい授業解説となっている部分もかなり効果的な対策となるためです。

とくに「楽しい要素」が盛り込まれたデジタル教材を選ぶことによって、継続性アップも期待でき、結果として多くの時間を勉強に充てることも可能。発達障害(不注意優勢型)による問題を解消しやすい通信教育として、このデジタル教材は極めて優位性の高いスタイルになると思います。

さらに「無学年式」が導入されたデジタル教材を選ぶことによって、現学年だけではなく他学年範囲も学べるため実質的な勉強としても有効。学力低下がみられる場合などは、この無学年式のデジタル教材を選ぶことで一石二鳥といえる家庭学習を実践することができます。

発達障害(不注意優勢型)にむけ安定した家庭学習を考えている場合は、このデジタル教材の利用がもっとも確実性が高く、さらに今の悩み解消へつなげやすい勉強方法になります。

yukky

こちらで「私のおすすめデジタル教材」を紹介しています。

発達障害の勉強におすすめ「動画」でわかりやすく学べるデジタル教材3選

発達障害の勉強におすすめ「動画」でわかりやすく学べるデジタル教材3選
発達障害の勉強におすすめ「動画」でわかりやすく学べるデジタル教材を3選にして紹介します。グレーゾーンの私が選んだので間違いなくおすすめです。

 

高校受験対策におすすめ③オンライン指導を利用する

高校受験対策におすすめ③オンライン指導を利用する

家庭学習はそこそこ安定している、という中学生におすすめの勉強方法。

とくに高校受験をめざす場合に効果的な勉強の実践が期待できます。

発達障害(不注意優勢型)といっても、天才と呼ばれるギフテッド要素があると偏差値も高めになるかと。

そんな場合におすすめの勉強方法が「オンライン指導」という通信教育スタイルで、あまり楽しさという点においては不足かもしれませんが、高校受験対策においては確実性の高い家庭学習が期待できます。

講師とのマンツーマン指導となるため約束を守ったり、手順通りに勉強を薦めたりと、発達障害(不注意優勢型)によるマイナス面を改善しやすいのが大きな特徴。とくに対面指導のため講師の顔が見え、相手の気持ちなどを予測したりと、あらゆる角度から効果的な対策のできる勉強方法になります。

またオンラインによるマンツーマン指導のため、高校受験にむけた疑問解消方法としても有意義。その場で疑問解消ができるため勉強の手が止まることなく、スムーズな高校受験対策ができるのもメリットのひとつです。

ギフテッドに限らず高校受験を目指す発達障害(不注意優勢型)の場合におすすめで、あまり楽しさをポイントに置かなくていいというときは効果的な家庭学習を実践できます。

yukky

こちらで「おすすめオンライン家庭教師」を紹介しています。

発達障害の中学生に適した「オンライン家庭教師」おすすめベスト3選

発達障害の中学生に適した「オンライン家庭教師」おすすめベスト3選
発達障害の中学生におすすめなオンライン家庭教師を3選にしてご紹介します。家庭教師で「講師との対面」に不安のある家庭へおすすめなオンラインでの勉強方法です。

 

まとめ

yukky

今回は「発達障害(不注意優勢型)の中学生へむけた対策が知りたい」という疑問に対して、

発達障害(不注意優勢型)中学生におすすめ3つの対策

発達障害(不注意優勢型)中学生におすすめの勉強方法

などの項目を設けて、グレーゾーンの経験、実際に目の当たりにしてきた体験を踏まえ、ベストと思える内容を答えてきました。

発達障害(不注意優勢型)といっても、子供によってタイプが異なります。

とくに苦手とするポイントをまずはしっかりと抑えて、確実性の高い適切な対策を講じることが重要。

冒頭でもお伝えしたように発達障害(不注意優勢型)には様々なタイプが見受けられるので、まずは子供の不得意とするポイントを見極めて、必要な対策・改善策について講じてみてください。

発達障害(不注意優勢型)の生活における対策をはじめ、勉強における対策について解説してきました。

今回の内容を、発達障害(不注意優勢型)の中学生へぜひお役立てください。

 

タイトルとURLをコピーしました