期間限定情報 ►►
すらら「発達障害の支援専門家」デジタル教材すららが
期間限定
入会金0円キャンペーン中です。

✅ 詳しくは➝https://surala.jp

発達障害の高校受験におすすめ「本質効果」が期待できる7つの勉強法

発達障害の高校受験におすすめ「本質効果」が期待できる7つの勉強法

yukky

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「発達障害で高校受験をめざす場合の勉強法が知りたい」という疑問に答えます。

高校受験を目指すといっても、発達障害の特性などをまずは考慮することが必須。

そこでグレーゾーンの経験からわかった発達障害の特性と、もっとも相性が良いと思われるおすすめ勉強法について7つの観点からくわしく解説します。

発達障害の高校受験におすすめ7つの勉強法

発達障害の高校受験におすすめ7つの勉強法

発達障害の特性(症状)などに合わせ、より最適と感じる勉強法をピックアップします。

なお各勉強法については、それぞれメリット・デメリットがあるもの。総合的にバランスを見たうえで、もっとも適した勉強法を選んでみてください。

また家庭学習を親がサポートできない場合を想定して、外部に頼る場合のおすすめ手段を挙げていきます。

勉強法①公立高校受験におすすめ

勉強法①公立高校受験におすすめ

発達障害の中学生において、とくに多くの家庭が希望するのが高校受験です。

おもに高校受験を希望する家庭で多くみられる悩みというのが、親がサポートしきれないため代わりとなって勉強を教えてくれる勉強法が知りたいということ。

発達障害の中学生にむけ勉強を正しく教えるというのは、極めて困難ともいえる作業になります。

ここはムリをしないで、代わりとなって教えてくれる勉強法を見つけるのが最も効率よく、やや費用は必要となりますがそれ以上の価値が得られると私は考えます。

そこで、おすすめの勉強法として「3つのスタイル」をピックアップします。

オンライン授業

発達障害向けの一般的な勉強法が、この「オンライン授業」というスタイルになります。

すべての高校受験対策を家庭学習において学べるため、学習塾のように通塾する必要もなく、極めて時間効率がよくしっかり親の代わりとなって子供のサポートをしてくれる勉強法です。

このオンライン授業は中学生の5教科をすべて履修でき、総合的な高校受験対策が可能。

しかも基礎理解は映像授業がメインでわかりやすく、さらにドリル問題などで定着を図ることもできるため、親が教える悩みにおいても解消へつながりやすい勉強法になります。

高校受験に必要なコンテンツが揃っているので、かなり便利に学べる勉強法になります。

訪問型の家庭教師

やや費用は高くなりますが、発達障害の中学生が多く利用している勉強法です。

とくに学習塾への通塾が困難な場合に適したスタイルで、完全マンツーマン指導となるため子供のペースに合わせて進められるのが大きなメリット。したがってムリに個別指導塾などへ通塾させるよりも、大幅にストレス解消や学習効果アップなどが期待できる勉強法になります。

1つだけ注意点を挙げるならば、対人関係が苦手な場合には慣れるまでが難しいという部分。

実際に家庭教師が自宅へきて履修するスタイルのため、強い人見知りなどがあれば勉強以前の問題になるかもしれません。ただし逆の発想で人見知りを克服させたいから利用するといった考え方もあるので、いずれに重点を置くかによって選択が異なってきます。

かなり自由度の高い家庭学習ができるため、発達障害の中学生にはとくに人気の勉強法です。

オンライン家庭教師

訪問型の家庭教師が進化したスタイルですが、内容的にはまったく変わらずコスパに優れます。

とくに訪問型の家庭教師がどうしても人見知りによって難しいという場合におすすめで、オンライン指導のため画面越しに受講できるため、対人関係におけるストレス減少につながりやすい勉強法です。

ただしオンライン指導で画面越しといっても対人であることには変わらないため、対人恐怖症などの症状がある場合は事前確認しておくことがポイント。また逆に対人関係をスムーズに改善するためオンライン指導を利用するといった考え方もあるので、子供の将来性なども加味して考えることをお勧めします。

費用面においてはコスパに優れ、訪問型と比較すると大幅にコストダウンできるのは魅力。

また訪問型の家庭教師はどうしても訪問エリアが決まっていたりと利用しづらいですが、このオンライン家庭教師はそんなデメリットもなく、しかも全国から優秀な講師を選んで受講できるため高い学習効果が期待できるといったメリットもあります。

勉強法②難関私立高校の受験におすすめ

勉強法②難関私立高校の受験におすすめ

発達障害の高校受験において、とくに難関私立むけの勉強法はハイレベルが基本。

しかも学習塾への通塾ではなく、家庭学習スタイルでおすすめといえるのが「家庭教師関連」になります。

訪問型、オンライン型いずれのスタイルも高い学習効果が期待できて、しかもマンツーマン指導のため難関校に向けた対策として徹底学習できるのが特徴。発達障害で集団塾が苦手という場合には、かなりマッチング性の高い勉強法です。

もちろん講師陣についても高いレベルを有しており、難関私立高校の受験経験がある人材も極めて豊富。したがって難関私立高校の難問といわれる応用問題への対策やコツなども得られやすく、出題傾向の把握といった一般的には得られない情報も豊富に持っているため本質の対策ができる勉強法になります。

またマンツーマン指導によりピンポイントな疑問解消がしやすく、子供自身に積極性は求められるものの、難関私立高校へむけた家庭学習としては唯一といえる勉強法といえます。

勉強法③学力低下の場合におすすめ

勉強法③学力低下の場合におすすめ

発達障害で学力低下がみられる場合は、過去学年も学べる勉強法を選ばなければいけません。

そこでおすすめといえるのが「無学年方式」が採用された勉強法で、このシステムを有するのが一部の通信教育(デジタル教材)になります。

無学年方式というのは現学年はもちろん、学年関係なく過去範囲も自由に学べるというスタイル。

より広い範囲を学べるほど学力低下にぴったりの分野・単元を学べるため、できれば中学生範囲のみならず、小学生範囲まで履修できる無学年方式のデジタル教材がマッチングします。

こうした無学年方式が用いられた勉強法というのは、学習レベルに応じた最適な履修をできるのはもちろん、現学年・先取り学習もできるため高校受験対策として相性はピッタリ。

現学年しか学べない勉強法ではなく、最低でも「無学年方式」を選ぶことがおすすめです。

勉強法④算数障害の場合におすすめ

勉強法④算数障害の場合におすすめ

発達障害でも学習障害(LD)によって、算数障害がみられる場合。

算数障害(ディスカリキュリア)は算数および数学の理屈を理解できないのが症状で、たとえば足し算なども数字をプラスして新たな数字を生み出すのではなく、単純に横へ並べて答えるといった状況があるかと思います。

すでに中学生であれば算数のような単純な理屈は理解できていても、数学の複雑な理屈にはなかなか追いつかないといった悩みが出てくるもの。

そこで算数障害の中学生におすすめの勉強法として、まず無学年方式で過去の復習ができること、さらに算数障害の特性を理解したうえで解説されている、といった勉強法が適してきます。

算数・数学の理屈を理解させようとしても、どうしても親の範疇では難しい部分が多いというのが一般的。

したがって書店で販売されている算数・数学教材よりも、映像授業で解説してくれる「デジタル教材」というスタイルの通信教育がもっともベストといえる勉強法になります。

デジタル教材は基礎理解~定着まで一連の家庭学習コンテンツが揃っている通信教育で、選び方次第で算数障害における理解はもとより、高校受験に向けた対応力も養えるのが大きな特徴。

とくに発達障害支援の専門家などが監修しているデジタル教材を選ぶことで、かなり算数障害の特性を理解したうえで解説されるため、わかりやすく理屈を学ぶことが可能となります。

勉強法⑤漢字学習が苦手な場合におすすめ

勉強法⑤漢字学習が苦手な場合におすすめ

発達障害でも学習障害(LD)という診断で、とくに読み書き障害がある場合。

この読み書き障害(ディスレクシア)があるときに選びたい勉強法は、漢字の書き順はもちろん、漢字のバランスをしっかりとれる、またトメやハネまで学べる勉強法を選ぶと改善効果が期待できます。

勉強法を具体的に挙げれば書店販売されている専用教材でも構わず、また通信教育(デジタル教材)でも細かく漢字学習のできる教材を選ぶことがおすすめ。

とにかく漢字をたくさん書いて体で覚え込ませられる勉強法が適しており、いわゆる数稽古によって漢字を習得していけることが勉強法として重要なポイントになります。

書店販売されている専用教材を利用する漢字学習は、鉛筆で書きこむスタイルのため、極めて自然体で学べるといったのがメリット。またデジタル教材(タブレット学習)で漢字学習を行うときは、タブレット画面に書き込むためやや違和感があるといったデメリットが考えられます。

いずれの勉強法においても漢字をしっかり学べることが重要で、少しでも多くの漢字を細かく履修できることが必須事項。とくに高校受験にむけた漢字学習と考えれば、正しい漢字を書けるようになっておくことが求められます。

私的にはインターネット特性を活かして多くの情報量で漢字学習のできるデジタル教材を利用して、タブレットに書き込む以外に、プリントアウトして鉛筆で学ぶといった勉強法もおすすめであると思います。

勉強法⑥英語学習におすすめ

勉強法⑥英語学習におすすめ

発達障害に限らず、高校受験に向けた英語学習として「英文法」「英会話」の2つが中心となります。

この2要素を同時に履修できる勉強法としては、それぞれに特化した学習スタイルを組み合わせて学ぶのがおすすめ。とくに家庭学習でこの2つを同時進行するには、各専門教材をコラボさせるといった勉強法が適しています。

英文法を中心に学ぶ勉強法としては、書店販売されている英語教材をはじめ、通信教育を利用するといったスタイルが一般的。とくに通信教育は紙教材もありますが、発達障害の場合は映像授業が搭載されたデジタル教材が理解につなげやすくおすすめです。

また英会話学習において家庭学習で考える場合、もっとも適しているのがオンライン英会話というスタイル。英会話スクールレベルの英会話学習ができてしかもマンツーマン指導となるため、集団スタイルの英会話スクールよりも効果的な英会話学習につながりやすい学習スタイルになります。

この2つの要素を同時に学ばせることで、苦手なりご学習をクリアしやすく、さらに高校受験に向けて効果的な家庭学習にもつなげやすいといったメリットが考えられます。

勉強法⑦面接対策におすすめ

勉強法⑦面接対策におすすめ

発達障害に限らず、健常児においても忘れやすい高校受験対策が「2次面接」になります。

どうしても1次筆記試験ばかりを考えてしまいがちですが、2次面接対策というのは時間をかけて少しずつ身につけていく要素が大きいため、短時間で身につけるのは極めて難しいものです。

とくに2次面接試験で重要視されるのが「受け答え」という部分で、毎日の生活で染みついた言葉遣いをはじめ、ハッキリとわかりやすく答えられるなどの要素を身につけておくことが重要。

また2次面接試験内で出題される社会問題などにも的確に答えられる知識が必要など、最低でも数か月間はしっかりと学んでおかなければ合格することが極めて難しいのが2次面接試験でもあります。

ふだんの暮らしのなかで身につける言葉遣いや仕草といった要素については、家庭の考え方次第でいつからでも学び始めることが可能。さらに重要となるのが新聞などの媒体から学んでおくべき社会情勢などの知識で、この部分を克服するためには普段からメディアなどで知識を得ておくことが大切です。

しかし中学生に新聞を読めといっても、一般的にはかなり難しいのが全家庭で共通するもの。

このような場合におすすめな勉強法が「中学生新聞」などの活用で、発達障害の中学生においても社会情勢を理解しやすい優しい誌面で、すべての漢字にルビが振ってあるなど極めて効果的な2次試験対策ができます。

発達障害の中学生において、高校受験2次面接対策にむけこうした勉強法もおすすめです。

 

発達障害の高校受験に選ぶべき勉強法のポイント

発達障害の高校受験に選ぶべき勉強法のポイント

発達障害の高校受験対策において、とくに重要な基本的思考はつぎの3つになります。

  • 発達障害の特性にあわせ適した内容を考える
  • ギフテッド以外はあまり背伸びさせない
  • 学習塾への通塾が難しければ家庭学習で考える

いずれも私の独断で挙げたポイントですが、まんざら間違ってもいないかと思います。

とくにグレーゾーンの経験をもとにピックアップしたので、かなり効果的かもしれません。

さらに詳しくこれらポイントについて解説します。

発達障害の特性にあわせ適した内容を考える

発達障害における高校受験の勉強法において、もっとも重要ともいえるポイントが「適合性」です。

とくに発達障害の特性をしっかりと考慮したうえで、もっとも理解へつながりやすい内容・構成であることが大切。たとえば発達障害支援の専門家が監修しているといった教材を利用するなど、しっかりと選べば適合性の高い勉強法を見つけることができます。

一般的に家庭で教えるのが難しい場合には、外部の力を借りるというのが基本スタイル。

したがって通信教育をはじめ書店販売教材などを利用するのが効果的で、そのなかでも発達障害についてしっかりと理解したうえでわかりやすく教えてくれる教材選びが適した勉強法になります。

まずは発達障害の特性(学力低下・算数障害・読み書き障害)などをしっかり理解して、その症状に見合った内容の教材選びが大きなポイント。

ここが間違ってしまうと高校受験対策としてほぼ無意味になってしまうので、発達障害の特性に沿った勉強法を見極めることが重要なコツになります。

ギフテッド以外はあまり背伸びさせない

発達障害でもいわゆる「天才」といわれるギフテッド以外であれば、あまり背伸びさせすぎるとモチベーション低下などにつながり逆効果になる場合もあるため注意が必要です。

発達障害でもギフテッドという特性がある場合は、いくら背伸びをさせても子供自身のやる気につながるためまったく問題はありません。というよりも、より大きな壁を作ることでモチベーションアップにつながるため、どんどん背伸びをさせるというハイレベル勉強法がおすすめです。

しかしギフテッド以外の発達障害であれば、あまり背伸びをさせ過ぎると逆効果。子供の能力をうわまり過ぎる学習はやる気をなくす場合もあるので、高校受験対策においても能力の範囲内で勉強法を考えることも場合によっては必要といえる対処法かと私は思います。

したがって子供の能力範囲で勉強法を構築することが重要で、もし親が教えられない場合などは、子供の能力を超えない範囲で学習可能な通信教育を選ぶなど。

学校外学習(通信教育・書店販売教材など)はどれも同じレベルではなく、一般的には標準的な範囲を学べる教材、難関私立高校の範囲を学べる教材といったように、教材ごとにレベルが異なるため前もってチェックしておくことがポイントです。

あまり背伸びさせモチベーション低下につなげないよう、慎重に考えるのも勉強法のポイントになります。

学習塾への通塾が難しければ家庭学習で考える

発達障害があると通塾が難しい場合も多いですがムリをしても何も良いことがないので「家庭学習」で高校受験対策を行うのがおすすめです。

家庭学習では高校受験への対応力があまり身につかないとお考える家庭も多いですが、決してそんなこともなく、じつは学習塾よりもより効果的な学びとなる場合も極めて多いものです。

なぜなら家庭学習で高校受験対策を行うことで、通塾にかかる時間を省き効率アップにつながること、また子供自身のストレス蓄積を防いでストレスフリーでやる気アップにつなげやすいなど。

さらに家庭学習ということは通信教育・書店販売教材を一般的に利用するスタイルですが、選び方によっては学習塾をはるかに絞ぐ学習効果を秘めている場合も多くあります。

とくに紙教材の進化系といわれるデジタル教材などは情報量もかなり多く、さらに映像授業が搭載されていることで親の代わりとなって理解しやすく教えてくれるのが大きなメリット。したがってムリに学習塾へ通わせるだけが公庫受験対策ではなく、こうした効果的な家庭学習を考えるというのもおすすめの勉強法になります。

また発達障害があることで学習塾から拒否されるといった問題も多く、実際に発達障害の中学生を持つ多くの家庭がこの問題で悩んでいるのが現実。

こうした問題への対処法としても効果的な家庭学習を選ぶのがおすすめの勉強法で、けっして高校受験にむけて効果が期待できないわけではないので、率先してこの学習スタイルを選ばれることをおすすめします。

デジタル教材、オンライン指導、学習サポートなど学習塾レベル以上の学びを期待できる通信教育も多く、さらに発達障害をしっかりと理解した教材であれば尚更わかりやすく学べるといった利点が備わった勉強法になります。

もういちど「発達障害の高校受験におすすめ7つの勉強法」を見る

まとめ

yukky

今回は「発達障害で高校受験をめざす場合の勉強法が知りたい」という疑問に対して、発達障害の高校受験におすすめ7つの勉強法をはじめ、また補足情報として勉強法のポイントという形で答えてきました。

発達障害の中学生における高校受験対策というのは、根本的な部分は健常児と同じですが、より理解へつなげるために「特性に沿った勉強法」をしっかりと構築することが重要です。

いってみれば健常児とは教え方が異なるというのが発達障害の特性で、さらに計算障害や読み書き障害といったいくつもの症状がみられるため、より細かな症状分析のうえ勉強法を考えることが必須です。

こうした整合性の高い勉強法が見つかると、子供自身かなりのモチベーションアップにつながる場合も極めて多いもの。したがって親自身が勉強を教えるのが難しいという場合には、やや費用はかかるものの外部委託するという勉強法について内容をしっかり探ったうえで考えることもおすすめの勉強法になります。

発達障害の高校受験にむけた勉強法として、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

私自身グレーゾーンの経験を踏まえて感じたことをもとに、率直な感想・意見を提案してきました。

タイトルとURLをコピーしました