期間限定情報 ►►
すらら「発達障害の支援専門家」デジタル教材すららが
期間限定
入会金0円キャンペーン中です。

✅ 詳しくは➝https://surala.jp

発達障害の中学生が「高校受験失敗」につながる3つの原因と改善方法

発達障害の中学生が「高校受験失敗」につながる3つの原因と改善方法

yukky

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「発達障害で高校受験に失敗する原因が知りたい」という疑問に答えます。

健常児とまた違って、発達障害における高校受験対策は少し異なるもの。

基本的には変わりませんが発達障害の特性をしっかり知ったうえで対処することが、高校受験失敗をもっとも避けるための効果的な方法になります。

そこでグレーゾーンの経験をもとに、発達障害の高校受験失敗の回避方法について徹底解説。

確実に高校受験へ合格できるよう、最低でも3つの原因を回避してみてください。

発達障害で高校受験失敗につながる3つの原因と改善方法

発達障害で高校受験失敗につながる3つの原因と改善方法

グレーゾーンの経験からすれば、つぎの要素がおもな原因となる可能性が高いと思われます。

  1. 発達障害の特性に勉強方法が合っていない
  2. 子供のやる気を引き出せていない
  3. 面接対策が十分にできていない

この中の1つでも当てはまれば、すぐにでも改善の余地があると私は強く思います。

これら原因と改善策について、さらに詳しく解説していきます。

失敗原因①発達障害の特性に勉強方法が合っていない

失敗原因①発達障害の特性に勉強方法が合っていない

すでにご存じのように、発達障害による「特性」が色濃くあるかと。

この発達障害における特性というのは、具体的にいえば「落ち着きがない」「興味関心を示しにくい」などが挙げられます。

発達障害の特性としてADHDをはじめ、ASD、LD、ディスレクシアなど、すべてに多く共通するといわれるのが「落ち着きのなさ」「興味を示さない」というもの。この特性に合った勉強方法を実践することで、より高校受験失敗の防止へつなげやすくなります。

こうした発達障害の特性に合った勉強方法として、おすすめなのが「楽しさ」を感じられるスタイル。

楽しさという要素は子供全般において共通するといわれており、いわゆるエンタメ性などによって「興味関心を惹き、落ち着かせる」という方向へつなげることが大きく期待できます。

また発達障害における別の特性として、いちど興味を示すとこだわりを持って追及するという行動が挙げられます。

したがって子供が興味を示しやすい「楽しさ」を家庭学習へ導入することによって、興味関心を示して落ち着きが出るといった改善だけでなく、さらに勉強を継続しやすい環境を構築できるといったメリットも考えられるため極めておすすめの改善策といえます。

まずはこの発達障害の特性をしっかりと理解したうえで、その症状に見合った勉強方法を考える。

発達障害で高校受験へむけた家庭学習においてスムーズな勉強開始にもつながりやすく、また発達障害の特性によるマイナス面も抑えつつ、さらに高校受験対策において総合的にプラスの方向へ進めるといったメリットが得られやすくなります。

高校受験で失敗しないためにも、第一段階としてこの「発達障害の特性」と「勉強方法」における相性について十分にチェックされることをおすすめします。

失敗原因②子供のやる気を引き出せていない

失敗原因②子供のやる気を引き出せていない

興味関心を惹いて落ち着きが出たとしても、子供に「勉強のやる気」がなければ効果半減。

まずもって「楽しさ」により勉強をスタートできても勉強のやる気につながるわけではなく、何らかの方法でモチベーションアップへつなげなければいけません。

いわゆる成績に直結する、高校受験にむけとくに重要といえる部分。

この問題における改善策としておすすめなのが「わかりやすい解説」で、勉強は難しいという固定観念を排除することでやる気アップへつながる場合も少なくないものです。

とくに勉強中における解説の分かりやすさは極めて重要なポイントで、とくに発達障害によって理解が難しい場合にはかなり効果的な対処法になるかと。ただし健常児へ教えるように解説しても混乱を招く恐れがあるため、発達障害の特性を考慮して説明を行うことが必須条件です。

発達障害でよくある事例として挙げられるのが、根本的な理屈をなかなか理解できないという問題。

たとえば簡単な例をいえば「1+1=11」になってしまうなど、言葉や文章だけではなく場合によってはお金を使って物理的に教えるなど、できる限り「感覚」で理解へ促すといった教えかたが有効な対処法になります。

いかなり教科においてもこの「感覚」へ訴えかける解説スタイルというのは効果的で、視覚だけで理解が難しければ聴覚や触覚など、また動きや音声といったあらゆる感覚要素を使って教えるなど。このようにして理解しやすく解説することで、より子供の「やる気」が期待できるため実践してみる価値大です。

勉強をよく理解できれば自ずとやる気アップへつながるもので、勉強が難しいといった概念の払拭をはじめ、高校受験にむけたモチベーションアップが大きく期待できるもの。

したがって発達障害で高校受験失敗を防ぐためには、まず先ほど解説した「興味を惹く」「落ち着かせる」という施策に続き、この「わかりやすい解説」についても導入することがおすすめです。

ここまでの施策(改善方法)によって、かなり高校受験失敗を回避することが期待できます。

失敗原因③面接対策が十分にできていない

失敗原因③面接対策が十分にできていない

高校受験失敗となる、もう1つの大きな原因が「2次面接対策」になります。

どうしても高校受験といえば1次筆記試験のことばかりに目が活きがちですが、じつはこの2次面接試験への対策というのも長い積み重ねが必要で、一筋縄で身につけることは難しい対策になります。

高校受験の2次面接対策というのは、おもに「3つの項目」に注意したいところ。

  • 毎日の生活習慣による言葉遣いや仕草
  • 相手の気持ちを考える
  • 社会情勢など新聞(メディア)からの情報収集

いずれの項目においても短期間での対策は難しく、想像以上に長期間を経て身につけなければいけません。

とくに発達障害の場合であれば身につくまでの時間が長い傾向にあるため、短くても6か月~1年間はこの2次試験対策へむけた学習期間を考えておく必要があると私は感じます。

毎日の生活習慣から身についている「クセ」はそう簡単に改善できないもので、また相手の気持ちを考えるための概念理解にも長い時間が必要。

さらに社会情勢などを知るためには新聞などから「流れ」を知る必要があるためこれも時間を要する面接対策となります。

高校受験の2次面接試験のなかでも、とくに着目したいのが「社会問題へ対する考え方」という対応力。

そのとき問題となっている社会情勢について質問される場面が多く、ここで重要となるのが自分の考えを明確に示すこと。したがって受け答えの練習はもちろん、どんな質問に対してもしっかり答えられるよう社会情勢については徹底チェックしておくことが求められます。

発達障害がある場合は、この2次面接対策においても長い時間を要します。

発達障害で高校受験失敗を回避するためには2次面接対策にかかる時間も考慮して、早めに対策を実践することがおすすめの対処法になります。

忘れがちな2次面接対策なので、親のほうが事前にしっかりと考えておくことが必要です。

発達障害の中学生が高校受験成功につなげやすい勉強方法

発達障害の中学生が高校受験成功につなげやすい勉強方法

ここまでの解説をもとにして、より効果的な勉強方法について検証します。

私としては、つぎの3項目が必須ポイントになるかと思います。

  • しっかりと「理解」へつながる教え方
  • 理解した知識を「定着」へつなげるための数稽古
  • なるべく素早い「疑問解消」の実践

1つでも欠けてしまうと片手落ちなので、すべてを徹底的に実践することが必須。

しっかり実践することで高校受験失敗を限りなく防止できるので、子供と一緒に目標達成へ向け突き進んでいくことが効果的な対処法になります。

さらに詳しく、これら効果的な勉強方法について解説します。

しっかりと「理解」へつながる教え方

しっかりと「理解」へつながる教え方

先ほどの子供のやる気を引き出せていないの項目でも解説しましたが、わかりやすく理解できることによってモチベーションアップへつながりやすく、さらに高校受験へむけて極めて有利となります。

まず必須といえる高校受験対策が、この「理解」へつながる施策という部分。とくに発達障害の場合は理解が難しく、ストレート教えてもなかなか概念が伝わらないことが多いものです。

この勉強の解説については親自身が一番よくわかっていると思いますが、どのように教えると理解してくれるかについて徹底的な対処が必要。しかし一度この概念が理解できればそのあとはスムーズに進むことが予想されるので、まずは時間をかけてでも概念(理屈)をしっかりと理解できる解説の継続が求められます。

このとき親が徹底的に教えるというのが最も適した学習スタイルになりますが、どうしても仕事が忙しく教える時間がない、自分では理解させる解説ができない、そんな場合には外部委託による理解というのもおすすめの対処方法になります。

たとえば発達障害の専門家による通信教育を利用するなど、やや費用は必要となりますがいくらでも対処方法は考えられるもの。よく探せば発達障害に適した通信教育なども見つかるので、親が教えなくとも代わりとなって理解しやすく教えてくれる外部委託方法もあります。

発達障害で高校受験失敗を回避するために、まずはこの「徹底理解」がすべてのベースとなります。

理解した知識を「定着」へつなげるための数稽古

理解した知識を「定着」へつなげるための数稽古

発達障害で高校受験失敗を防ぐには、より多くの「定着」を図ることも必須事項です。

せっかく理解できた基礎知識も定着につなげなければ片手落ちで、高校受験で出題される問題を解けなければ失敗へつながる恐れが生じます。この問題を回避するには「定着学習」が超重要で、とくに的確な正解へつなげるには「数稽古」によりしっかりと身につけておくことが求められます。

この数稽古というのは多くの問題を解かせしっかりと身につけさせる学習で、少しでも多くの問題を繰り返し解かせるといった高校受験対策。健常児においても基本となる学習方法ですが、発達障害の場合はとくに多くの数稽古へ取り組んでおくことが確実性を高める勉強方法になります。

数稽古へとり組むときに効果的となるのが市販の問題集ですが、もし書店へ行く時間がなかなかとれない、どの問題集を購入すれば効果的かわからない、といった場合はデジタル教材もおすすめ。

このデジタル教材という通信教育は、市販の問題集をはじめ、映像授業によって徹底的に理解を促せるといった仕組みを持っており、とくに発達障害の中学生へ抜群の効果が期待できる受験対策方法になります。

またデジタル教材には「AIシステム」が搭載されており、演習問題を解いてミスをすれば、自動的に原因単元を表示してくれるといった機能もあるため効率に優れる高校受験対策も可能です。

発達障害で高校受験失敗を避けるには、まず理解させて、さらに定着を図ることがポイント。

しっかりと数稽古を行うことでより確実性の高い定着が期待できるため、情報量が極めて多いデジタル教材などを利用して豊富な問題へ取り組むなどがおすすめの勉強方法になります。

なるべく素早い「疑問解消」の実践

なるべく素早い「疑問解消」の実践

発達障害で高校受験失敗を回避するために、忘れてはいけないのが「疑問解消」です。

しかも素早く疑問解消につなげることが重要なポイントで、疑問に感じればその場で即解消させることが大事。とくに発達障害の場合は疑問をもち続けていると持続性が低下して、勉強を放り投げたりして嫌いになってしまう可能性もあるため十分に注意する必要があります。

これまでに「理解」「定着」といった高校受験に必須となる学習要素について解説してきましたが、この疑問解消というのはいかなる場面においても現れるもの。

したがって親がしっかりと学習サポートをおこなって素早い疑問解消へ導くといったスタイルが好ましいですが、これも難しいとことであれば外部委託による疑問解消方法の導入も効果的です。

小学生範囲までなら学習サポートができたけど、中学生範囲になると学習レベルが高くて疑問解消を手伝えない、そんな場合に外部委託方法は極めておすすめ。

とくに発達障害がある場合は疑問を持っている限り、どうしても気になって勉強が先へ進まないという場合も多くあるもの。これも発達障害の特性といえますが、1つずつ確実に理解していかないと嫌だという完璧主義症状へ対応するためにも、この素早い疑問解消は高校受験対策における必須ポイントになります。

もし疑問に感じた場合は、その場でサクッと理解へ導くことがおすすめです。

発達障害の中学生へおすすめ勉強スタイル

発達障害の中学生へおすすめ勉強スタイル

この項目では「理解」「定着」「疑問解消」における、超重要な効果について解説してきました。

いずれの施策においても、発達障害で高校受験失敗を回避するために必須ポイント。かなりベーシックといえる対処法になりますが、いかにこの3項目を徹底的に実践するか、というのが高校受験合格へむけた真髄ともいえるポイントになります。

すべての施策において親がサポートできれば最高ですが、なかなか難しいという場合。

この場合におすすめといえる勉強スタイルが「デジタル教材」の活用で、やや費用が必要となりますが学習塾と比較すれば半分以下で、しかも発達障害で高校受験失敗を回避する3項目をしっかり取り組めます。

発達障害で高校受験失敗を防ぐには、どう考えても必須となるのが解説した3つの重要施策。

すべての施策をデジタル教材に任せるというのも極めて効果的で、すべての問題解消へつながりやすい勉強スタイルとして私はおすすめします。

親がムリしてサポートするなら、確実に親子ともに助かる勉強スタイルになるかと。

  • インターネット特性を活かした情報量の多さ
  • 映像授業による理解しやすくわかりやすい解説
  • ボリュームある演習問題による定着
  • AIシステムの学習サポートによる素早い疑問解消

などのように、デジタル教材はメリットが極めて多く、重要となる3つの施策を完全自動でしっかりと任せることができます。

発達障害で高校受験失敗を回避するためには、かなり有意義といえる家庭学習スタイル。

もし親がしっかりと学習サポートできないという場合であれば、やや費用はかかったとしても、合格の可能性を極めて高められるおすすめの勉強スタイルになるかと思います。

矢印

 

まとめ

今回は「発達障害で高校受験に失敗する原因が知りたい」という疑問に対し発達障害で高校受験失敗につながる3つの原因と改善方法という形で答えてきました。

発達障害で高校受験失敗してしまう、もっとも大きな原因が「時間不足」と私は考えます。

とくに基礎理解が難しく時間がかかってしまう、定着に向けて時間がかかってしまう、などの要素がかなり大きいため、まずは高校受験勉強の重点となるこれら「基礎&定着」については十分にゆとりをもって挑むことがおすすめの対策になります。

また忘れてはいけないのが2次面接対策で、せっかく一次筆記試験へ合格できても、この面接試験で不合格(失敗)となっています恐れもあるため要注意部分。

いずれにおいても総合的に「時間不足」といった高校受験失敗となる原因に対して、まずは十分に学習時間の確保など徹底した、合格への確実性が高まる施策を実践していくことが求められます。

親が学習サポートできればいいですが、もし難しければ無理をせず 発達障害の中学生へおすすめ勉強スタイル を参考に、より効果的となる外部委託を考えるのも効果的な方法です。

発達障害で高校受験失敗しないために、もっとも効果的な勉強方法を実践されることをお勧めします。

 

タイトルとURLをコピーしました