※当サイトは一部「PR」を含みます。

3月の期間限定キャンペーン中!
すらら高校受験にむけた、総仕上げの悩みは「無学年式」でしっかり解消!
「すらら」が期間限定
入会金0円キャンペーン中です。
✅ 詳しくは➝ https://surala.jp

 

発達障害で忘れ物が多い!根本的な改善におすすめ5つの効果的対策

yukky

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「発達障害で忘れ物が多いときの対策が知りたい」という疑問に答えます。

とくに発達障害の中学生にとって、この忘れ物というのは成績ダウンへ

つながる可能性もあるため要注意。

根本的に忘れ物をしないための対策について、とくに重要な5つを紹介します。

発達障害で忘れ物が多いときおすすめ5つの対策

発達障害で忘れ物が多いときおすすめ5つの対策

発達障害を持つ中学生が忘れ物を減らすためには、以下の改善策が考えられます。

  1. 準備リストを作成する
  2. 持ち物を確認するルーティンを作る
  3. 常に同じ場所に置く
  4. 余裕を持って出かける
  5. 視覚的な支援を利用する

準備リストを作成する

子供が持ち物を忘れないよう、朝にリストを確認する習慣をつけることが

重要。子供自身が持つものを記入することができますが、保護者や教師が

協力して重要な持ち物をリストアップすることもできます。

以下は、準備リストを作成するための手順です。

  • 必要な持ち物をリストアップする
    子供が毎日持ち歩く必要があるものをリストアップしましょう。例えば、教科書、筆記用具、ランチボックス、水筒などです。このリストを作成する際には子供が自分で考えることも大切です。
  • リストを見やすくする
    リストを見やすくするために、文字の大きさや色、フォントを工夫してみましょう。また、イラストや写真を使って視覚的に分かりやすくすることもできます。
  • リストを常に持ち歩く
    リストを紙に書いてバッグの中に入れたり、スマートフォンのアプリに登録したりして常に持ち歩くようにしましょう。また、学校でリストを見ることができる場所を決めておくことも大切です。
  • リストを定期的に更新する
    必要な持ち物が変わった場合は、リストを定期的に更新してください。また忘れ物をしてしまった場合は、その都度リストを見直して改善することも大切です。

以上の手順で準備リストを作成することで、子供が忘れ物を防ぐことへつながります。

持ち物を確認するルーティンを作る

子供が家を出る前や授業の前に「持ち物を確認するルーティン」を作ることで、忘れ物を防ぐことが期待できます。また、このルーティンをリマインダーやスマートフォンのアプリでサポートすることもできます。

以下は、持ち物を確認するルーティンを作るための手順です。

  1. 目的を明確にする
    子供が持ち物を確認する目的を明確にしましょう。例えば、家を出る前に必要な持ち物が揃っているか確認することが目的です。
  2. 手順を作る
    持ち物を確認する手順を作りましょう。例えば教科書、筆記用具、ランチボックス、水筒を順番に確認する手順です。この手順は子供が覚えやすいように、簡潔で分かりやすく作ることが大切です。
  3. 手順を実践する
    手順を実践して、持ち物を確認する習慣を身につけましょう。最初は保護者や教師が手順を教えながら、一緒に実践することが重要です。
  4. ルーティンを継続する
    持ち物を確認するルーティンは、できる限り長く継続することが大切です。ルーティンを継続することで、子供が自分で持ち物を確認することができるようになります。

以上の手順で持ち物を確認するルーティンを作ることで、子供が忘れ物を防ぐことが期待できます。

常に同じ場所に置く

子供が持ち物を忘れたり、見つけるのに時間がかかる場合がある場合、

常に同じ場所に置くことで持ち物を見つけやすくすることが期待できます。例えば、家の鍵を玄関の引き出しに置くなどです。

以下にいくつかの具体的な方法を紹介します。

  1. バッグや鞄の中を整理する
    持ち物をバッグや鞄に入れる前に、必要なものだけを選んで整理することが大切です。また、バッグや鞄の中には必ず同じ場所に置くようにします。
  2. 家の玄関に置く
    出かける前に必要なものを玄関に置く習慣をつけることができます。例えば靴の脱ぎっぱなしのところやカバンのかけるところなど、自分に合った場所を決めておくことが大切です。
  3. 家族とルールを決める
    家族と一緒に、持ち物を常に同じ場所に置くルールを決めることが大切です。家族が協力することで、子供自身もルールを守りやすくなります。
  4. 持ち物用の収納場所を作る
    学校用品やスポーツ用具など、持ち物ごとに専用の収納場所を作ることができます。例えば机の引き出しには学校用品を、クローゼットにはスポーツ用具をしまうようにすると、持ち物を探す時間を短縮することができます。

以上のように、持ち物を常に同じ場所に置くことで、探す時間やストレスを減らすことができます。

余裕を持って出かける

発達障害を持つ中学生が忘れ物を減らすためには、出かける前に余裕を

持って準備することが大切です。以下は、余裕を持って出かけるための

アドバイスです。

  1. 時間管理
    出かける時間を決めて、必要な準備をする時間を確保しましょう。余裕を持って準備するために、出かける時間よりも十分に前に起きることが重要です。また、予定の時間よりも早めに出発することで、遅刻や急いで準備することがなくなります。
  2. 準備リスト
    前述したように、準備リストを作成することで、何を持っていくかを忘れることがありません。リストには、必要な持ち物や手順を書き込んでおきましょう。
  3. 余裕を持ったスケジュール
    スケジュールを余裕を持って作成しましょう。例えば教科書を揃える時間やランチボックスを用意する時間を想定し、それに十分な時間を割り当てることが大切です。
  4. 余裕を持った準備
    余裕を持った準備を心掛けましょう。急いで準備すると、何かを忘れてしまう可能性が高くなります。余裕を持って準備することで、不必要なストレスを避け、忘れ物を防ぐことにつながります。

以上のアドバイスを参考に、余裕を持って出かける習慣を身につけましょう。

視覚的な支援を利用する

発達障害を持つ中学生が忘れ物を防ぐためには、視覚的な支援を利用する

ことが有効です。以下にいくつかの視覚的な支援の例を挙げます。

  1. ポスターやチェックリストを作成する
    学校や家の玄関にポスターやチェックリストを貼ることで、必要な持ち物を確認しやすくなります。持ち物が確認できたら、チェックを入れるようにしましょう。
  2. 色分けやラベリングをする
    色分けやラベリングをすることで、持ち物を区別しやすくなります。例えば赤いポーチには学校用品、青いポーチにはスポーツ用具といったように、色で持ち物を区別することができます。
  3. 音声メモを活用する
    スマートフォンやタブレットなどの音声メモ機能を活用することで、必要な持ち物を録音することができます。朝起きた時や、学校から帰ってきた時に再生して、持ち物を確認することができます。
  4. ビジュアルスケジュールを作成する
    ビジュアルスケジュールを作成することで、1日の予定や持ち物を視覚的に把握することができます。例えば、学校に行く前に必要な持ち物を確認する時間をスケジュールに組み込むことができます。

以上のように、視覚的な支援を利用することで、持ち物の確認や整理がしやすくなります。

yukky

以上の改善策を試して、子供が忘れ物を減らすことができるよう、サポートしてください。

ただし、個々の状況に合わせた対応が必要であることに注意が必要です。

発達障害が忘れ物しやすいのはなぜ?

発達障害が忘れ物しやすいのはなぜ?

発達障害を持つ人が忘れ物をする理由は、脳の機能や行動の特徴に関係しています。一般的に発達障害を持つ人は、以下のような特徴が見られます。

  1. 計画や組織化が苦手
    発達障害を持つ人は複雑なタスクを実行する際に、計画や組織化がうまくできない場合があります。そのため、忘れ物をしたり、持ち物をまとめることが苦手になることがあります。
  2. 集中力が短い
    発達障害を持つ人は注意を集中することが難しい場合があります。そのため何かをする途中で気が散ってしまったり、別のことに気を取られたりして、持ち物を忘れたりすることがあります。
  3. 情報処理の遅れ
    発達障害を持つ人は、情報処理のスピードが遅い場合があります。そのため何かを聞いたり読んだりするときに、情報を十分に理解する前に次の情報が入ってきてしまい、情報を覚えることができない場合があります。
  4. 感覚過敏や過反応
    発達障害を持つ人は、感覚過敏や過反応がある場合があります。例えば光や音に敏感であったり、細かいことにこだわったりすることがあります。そのため忘れ物をしたり、持ち物をまとめることにストレスを感じたりすることがあります。

yukky

以上のように、発達障害を持つ人が忘れ物をする理由は、脳の機能や行動の特徴に関係しています。

したがって「個々の状況に応じたサポートやアプローチ」が必要です。

忘れ物しやすい発達障害の中学生におすすめの勉強方法

忘れ物しやすい発達障害の中学生におすすめの勉強方法

発達障害で忘れ物しやすい場合は、勉強方法にもちょっとした工夫が必要。

そこで私がおすすめするのが「通信教育(タブレット学習)」を使った

勉強方法で、紙教材などアナログ学習では忘れてしまいがちな部分も完璧にサポート。

デジタル教材の特性によって学習する内容・範囲などを忘れても大丈夫なように、しっかりとサポートおよび効率的に学べるといったメリットがあります。

ただし発達障害で学力低下にも対応できるよう「無学年式」を選ぶのが重要なポイント。

多くあるデジタル教材のなかでも、とくに私のおすすめ2選を紹介します。

デジタル教材すらら

デジタル教材すらら

履修範囲小学生~中学生学べる教科5教科
英検、数検
受講スタイル映像授業
(アニメーション)
おもな特徴
  • 文部科学大臣賞の受賞歴あり
  • 細分化されたキャプチャーで各単元を1つずつ確実に学べる
  • 解説と確認問題が交互に出されるため効率良く学べる

発達障害で忘れ物をしてしま中学生に、まずおすすめのデジタル教材。

文部科学大臣賞の受賞歴もあり、AIシステムで忘れ物サポートをして

くれる便利な通信教育です。

学習管理はすべてAIシステムが行ってくれるため、忘れ物をする中学生でも安心して学べるのが特徴。

また発達障害で学力低下がみられる場合でも「無学年式」によって小学生範囲から理由できるため、子供のペースに合わせた家庭学習をとり組むことができます。

受講スタイルは映像授業(アニメーション)によって、極めてわかりやすく楽しさもある構成。とくに勉強を難しいと感じてしまいやすい場合には、アニメーション効果により開放感ある家庭学習を実践できます。

デジタル教材すららの映像授業

デジタル教材すららの映像授業

またアニメーション授業では「解説」「確認問題」が交互に出される特殊構造。

自然と学んだ内容の理解&吸収へつながるという合理的な進み方で、授業を聞いていると「いつの間にか理解できていた」という口コミ・評判も多く、国内でもかなり人気となっているデジタル教材です。

実際に私自身もすららを体験していますが、噂される通り「楽しく理解できる」という映像授業。

また3種類のテスト(大中小)によって子供に沿ったボリュームで復習もでき、もし興味があれば5教科だけではなく英検など資格対策も学べるため極めて有意義な家庭学習ができます。

AIシステムによって学習範囲などサポートしてくれるため、親としても安心して任せられる構成。

もし発達障害で忘れ物が多いという場合は、かなり効果的なデジタル教材になります。

yukky

すらら✅ こちらで詳しい内容をチェックできます。

→ https://surala.jp/ 

参考:家庭学習に「通信教育すらら」を実際に体験した感想

デジタル教材スタディサプリ

デジタル教材スタディサプリ

履修範囲小学生~高校生学べる教科5教科受講スタイル映像授業
(講師)
おもな特徴
  • 神授業講師による分かりやすい解説
  • 一致率の高い教科書準拠により学校と同じペースで学べる
  • 自動的に定期テスト対策など特別講座が表示される

スタディサプリは「神授業講師」による理解しやすくわかりやすい映像授業が大きな特徴。忘れ物しやすい中学生でも自動的に定期テスト対策などが

表示されるため安心して学べます。

国内のデジタル教材でも、とくに人気となっているのがこのスタディサプリ。

無学年式で小学生範囲から学び直しができるため、発達障害で学力低下のある場合にも有効。また一致率の高い教科書準拠によって学校とピッタリのペースで家庭学習ができます。

とくに特徴となるのが神授業講師によるわかりやすい解説で、しっかりと逆算に基づいた説明によって、誰でも理解できてしまうといっても過言ではないお手本のような授業解説。この授業で理解できなければどんな通信教育を試したとしても難しいかなと私は思います。

デジタル教材スタディサプリの映像授業

デジタル教材スタディサプリの映像授業

また映像授業と一緒に表示される「受講テキスト」もかなり便利で、その単元の練習問題がいくつか掲載されているので、視聴後にすぐ復習できるのはかなり学習効果が期待できるかと。

受講用テキストにも解説が掲載されているため内容の再確認にも便利で、このテキストをプリントアウトすれば各単元の問題集なども作成できるため家庭学習がかなり助かるかと思います。

デジタル教材のなかでもトップレベルに秀逸といえるのが、かなり一致性の高い教科書準拠という部分。

学校で使っている教科書出版社を細かく設定でき、あとは自動的に学習すべき範囲が表示されるため忘れ物をしてしまう中学生でも的確な学習ができるという仕組み。

実際に使ってみた感想をいえば、かなり使い勝手が良くシンプルさが良いという感じ。

無料お試し体験もできるので、試してみる価値大です。

yukky

スタディサプリこちらで「無料お試し体験」ができます。

→ スタディサプリ中学講座

参考:スタディサプリは発達障害に効果がある?体験口コミレビュー!

まとめ

今回は「発達障害で忘れ物が多いときの対策が知りたい」という疑問に対して、効果的な5つの対策について解説してきました。

発達障害で忘れ物をしてしまう対策として、やってはいけないのが「怒る・叱る」という感情論。

まずは感情的になる前に「根本的な原因を解消する方法」をしっかりと考えて、理論的に対策を講じてみることが問題改善へつながる第一歩になると私は思います。

また忘れ物が多くて家庭学習が難しい‥という悩みがあれば、ぜひおすすめの勉強方法を参考までに。

この記事をしっかりと実践すれば、発達障害の中学生が忘れ物をする「原因解明」および「根本的な改善」が期待できることと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました