学習障害の中学生が英語を勉強するときに「フォニックス」などを取り入れてみる

学習障害の中学生にはどんな特徴があるのか?について考えていくと勉強の仕方もおのずと見えてくるような気がします。

とくに中学生では苦手な子供が多いといわれる英語ですが、どのように対処していけばいいのか学習障害の特徴から解決策を探っていきます。

学習障害の中学生はなぜ英語の勉強に難しさを感じるか?

学習障害 勉強 英語

中学生になり英語を勉強する際、顕著に成績が良くない場合はLD(学習障害)の可能性があります。特定の分野に対して症状が見られることがあるため、英語の学習をするまで気付かないこともあるのです。

もしLD(学習障害)の場合は勉強法に工夫をすることが大切です。コツを押さえて学ばせることで苦手意識を克服していくのも不可能ではありません。勉強法の前にまずはなぜ英語に難しさを感じるのかを理解しておく必要があります。

ひとつの理由に「発音をしない音」があるからです。

例えば「know」という単語の場合、頭につく「k」は読みません。

通常ならば頭の中で法則をすぐに結びつけ学ぶことができるのですが、LD(学習障害)の場合は結びつけることがあまり得意ではないことがあるのです。したがって本来の読み方ができず理解も深め難いのです。

学習障害におすすめの英語勉強法「フォニックス」と「カード」

学習障害 勉強 英語

学習する際のコツとしては、ひとつにフォニックスを取り入れた学習法を行うことが挙げられます。これは主に幼稚園や小学生の低学年が行う勉強法ですが、英語圏以外の人が学ぶ時にも使われることがあります。

つづりと音の法則を簡単に学べるようになるため、文字と音とを結びつけるのが苦手な場合でも整理が付けやすくなるのです。

英文の組み立てに苦手意識がある場合は、単語カードや絵カードでヒントを示す方法も有効です。視覚的なきっかけを与えることで整理がつくことがあるからです。

また、カードを使うことで発声を促せるというメリットもあります。

頭の中で整理ができなかったり苦手に思っていると発声自体も躊躇されることがあるため、絵カードを使って言葉に出すことの自信を身につけさせます。

文字は何とか読めるものの、書くことが難しい場合もカードを使って学習するのが効果的です。頭の中にはぼんやりとした形はあるものの、文字として表現ができないことがあるため、文字を書いたカードで形を示します。

また、マス目のあるノートを使うことで正しい表記を促せます。繰り返し反復練習をしてもなかなか覚えることができないため、道具を積極的に使ったフォローも必要になると言えるでしょう。

参考:発達障害の中学生が英語を学ぶには英語教室?それとも教材?

<参考教材>

フォニックスカードゲーム
学習障害 勉強 英語
フォニックス カードゲーム 3レベルセット

フォニックスとカードゲームが1つになった教材で、遊びに夢中になりながら自然とそして楽しく英単語を学ぶことができる便利なカードゲームです。

フォニックスであそぼう!
学習障害 勉強 英語
フォニックスであそぼう!

文字と音の関係を遊びながら学べる教材で、英語圏に住む子供が読みの練習をするときに使われています。アルファベットの文字とCDによる正確な発音が結びつくことで、初めて出会った単語でもスムーズに発音ができるようになります。

英語の発音や環境作りも大事に考えるのがコツ

学習障害 勉強 英語

発音に不得意性が見られる場合は一緒に発音を行うのも効果的です。

一人ですと頭の中での整理のつけにくさと恥ずかしさから言葉を出しにくいことがあります。そのため教える側も一緒に発音をして安心感を与えてあげることも必要です。

躓いてしまったポイントを明確にして重点的に学習することも大切です。LD(学習障害)ではない場合でも躓いてしまったポイントをそのままにすると、後々の学習にも影響してきます。

障害があるのならば余計に躓きの影響は大きく、そこから全く理解が進まなくなることも考えられます。そこで焦って次々にステップアップをさせようとすると失敗しやすいです。

大事なのはその時にできることだけを最大限に行うことですので、分からないところがあるのならまずは集中的に練習していくことが必要と言えます。

英語を学ばせていくためにはひとつひとつの作業を丁寧に行っていくことが大切です。改善を目指せる余地もあるため、いかに子供に合った学習法を提供できるかがポイントと言えます。

ただ学習法や教え方そのものだけに工夫を凝らしても上手くいかないことがあります。環境づくりを行うことも重要で、学びやすい状況にすることで学習能率も高めていけます。

その上で大事なのが怒らないことです。

英語は学校の勉強では外せない科目ですので、覚えが良くないと責めてしまうこともあるかもしれません。しかし責めて成績が良くなることはありません。

むしろLD(学習障害)の場合は自信を失ってしまっていることもあるため、厳しくされることで益々殻に閉じこもりがちになることもあるのです。当人が嫌になってしまうと学習をすることはさらに困難を極めますので、周りもきちんと理解して接し方を考える姿勢が求められます。

参考:学習障害(LD)3つの特徴から中学生におすすめの勉強方法を探る

<参考教材>

音韻認識とデコーディングを中心にした学びのステップ
学習障害 勉強 英語
英語の読み書きが困難な児童生徒への指導~音韻認識とデコーディングを中心にした学びのステップ~

ディスレクシア(読み書き困難)の子供への指導方法が詳しく理解できるDVD教材ですので施設などの職員向けですが、家庭でも英語を教えるときの参考になる情報がたくさん表現されています。とくに大切と言われる音韻認識やデコーディングまでの教え方が分かりますので、毎日の英語教育に役立つ教材です。

本人が学び方を理解していない場合

学習障害 勉強 英語

学習法を提示してあげることも重要です。当人からすると学びたい姿勢を持っているものの、そもそもの学習法が分からずにいることもあるのです。

周りも手助けをしないと自力で学ぶことが難しく、改善ができないまま成長する可能性もあるでしょう。苦手な中にも得意なところがあるようならそこから重点的に伸ばしてあげるのも成長を促すコツです。

例えば書くことは難しい場合でも、聴く力は優れていることもあります。

その場合はリスニングを中心にした学習法に切り替えることで効果的な学びとできることもあるのです。そこは当人では気付かないこともあるため、教える側が気付くことも必要です。

しっかりと褒めて伸ばすことも心掛けたいことのひとつです。自信の喪失は全ての問題においてマイナスに作用する可能性が高く、失敗を恐れてしまうようになります。

子供は認められたい気持ちを抱えていますので「褒めること」で自信を持てるようになるのです。ひいては学習能率の向上にも繋がりますから、できないところばかりを見ずできるところを探す姿勢も必要不可欠です。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました