発達障害で「対人関係が苦手」のときに最適な3つの勉強方法

発達障害で「対人関係が苦手」のときに最適な3つの勉強方法

yukky

こんにちはグレーゾーンのゆっきーです。

今回は「発達障害で対人関係が苦手なときの勉強方法が知りたい」という疑問に答えます。

私自身グレーゾーンですが、やはり発達障害の症状から対人関係が苦手。中学生時代はもちろんですが、いまだにこの問題を根本的に克服できていません。

中学生時代は高校受験対策などで学習塾を考えるものですが、私の場合は対人関係が苦手だったので他の方法を探ることに。学習塾にも通いましたが継続できず、結局は辞めてしまい時間の無駄になったという経緯があります。

そんな経験をもとに、発達障害で対人関係が苦手な時のおすすめ勉強方法をピックアップ。

とくに私がおすすめと思う3つの勉強方法について詳しく解説していくので、もし同じような問題で悩んでいれば少しは解消につながるかもしれません。

発達障害の対人関係克服におすすめ3つの勉強方法

発達障害の対人関係克服におすすめ3つの勉強方法

グレーゾーンの経験からすると、以下の3つのがおすすめと思います。

  1. 完全孤立スタイル:通信教育(紙・デジタル)
  2. 準オープンスタイル:家庭教師・個別指導(オンライン型)
  3. 完全オープンスタイル:家庭教師(訪問型)

1~3へ進むにつれて、より濃い対話が勉強に必要となります。

子供の様子をチェックしたうえで、最適なレベルからスタートしてみてください。

通信教育(紙・デジタル)

通信教育(紙・デジタル)

通信教育(紙・デジタル)のメリット

  • 完全に人と接触しないため落ち着ける環境で集中しやすい。
  • 学校で履修する分野・単元が網羅されている。
  • 映像授業によって過去の復習を何度でもできる。
  • 無学年方式を選ぶと学力低下の場合でもぴったりの勉強ができる。
  • 高校受験に必要な学習が可能。など

発達障害で対人関係が苦手な中学生にとって、もっとも取り組みやすい

スタイルで「完全な個人型」ともいえる勉強方法。

発達障害で対人関係が苦手という場合だけではなく、健常児にも人気の勉強方法になります。

この勉強スタイルの大きな特徴は「誰とも会わない」という部分で、完全に子供だけで家庭学習を進めることが可能。すべて教材が勉強内容や進め方などは教えてくれるため子供だけで取り組め、まったくストレスを感じず勉強を進めることができます。

ただし欠点として挙げられるのが「すべては子供の進め方次第」という部分があり、講師などがおらず誰も教えてくれないので教材を十分に使いこなすことが必要。また強制力がないため子供が取り組まなければ意味がなく、このあたりをどう対処するかが利用のポイントになってきます。

通信教育(紙・デジタル)の一例

通信教育(紙・デジタル)の一例

とはいえ中学校で必要となる学習内容をはじめ、教材の使い方などはしっかりと解説されているもの。

したがって子供の「やる気」さえあれば効果的な家庭学習が可能で、とくに発達障害で対人関係が苦手という場合には最適ともいえる勉強方法です。

また紙教材・デジタル教材いずれかを選ぶことが可能で、まずは子供に合った教材スタイルを選べるためマッチング性向上が期待できることは間違いなし。紙教材であれば毎月決まった学習進度で取り組め、デジタル教材では自由度の高い進度で学ぶことができます。

デジタル教材「無学年方式」の一例

デジタル教材「無学年方式」の一例

とくにデジタル教材のなかでも「無学年方式」というパターンがおすすめ。

とくに有名といえる人気のデジタル教材が通信教育すらら。このデジタル教材は発達障害支援の専門家が監修しており、極めて有効な勉強方法となりやすく極めておすすめです。

この「無学年方式」によるデジタル教材は、発達障害で「学力低下がみられる場合」に極めて有効といえるスタイル。現学年だけではなく他学年範囲まで自由に学べるため、学力低下に伴って全学年を履修させたいときには効果的なスタイルになります。

紙教材の場合は紙と鉛筆を使って、もっともクラシックなスタイルで学べるのが特徴。またデジタル教材は映像授業などによって理解しやすくわかりやすい家庭学習ができるといった特徴があります。

いずれの教材スタイル(紙・デジタル)を選んでも、発達障害で対人関係が苦手というときには最適。

もっとも対人関係を気にせず家庭学習できるので、とくに対人関係がひどく苦手という場合にはかなりおすすめといえる勉強方法になります。

時間をかけて、少しずつ改善することを待つといった勉強方法です。

家庭教師・個別指導(オンライン型)

家庭教師・個別指導(オンライン型)

家庭教師・個別指導(オンライン型)のメリット

  • 画面越しの指導により人と接する緊張感を抑えられる。
  • 少しずつ人に慣れるための訓練ができる。
  • 決まったカリキュラムではなくピンポイント指導で勉強しやすい。
  • 質問できるため積極性を養いやすい。など

発達障害で対人関係が苦手な中学生にとって、ややレベルの高い

スタイルで「中期型」ともいえる勉強方法。

このオンライン型による勉強方法は、モニター越しでやんわり人と触れ合えるのがメリット。

したがって対人関係が完全に難しい時期を乗り越えて、家庭内だけではなく外部にも目を向けられるようになってきた時期などにおすすめ。このオンライン型の指導方法によって、人間関係の問題改善へ一気につなげられる可能性も大きく期待できます。

またオンライン型のメリットともいえるのが、とくにピンポイント学習ができる部分。

学習塾(集団塾)のように質問できないといった問題も皆無で、子供の目標を達成しやすい勉強方法。

子供の弱みなどを会話によって改善するスタイルのため、より対人関係を克服しやすく「人慣れ」につながりいやすい勉強方法としてもおすすめです。

さらに直接的に触れ合うというスタイルではなく、モニター画面越しに指導を受けられるのもメリット。まだ完全に人慣れしていない場合には、画面越しで少しずつ人間関係の改善へむけることが期待できます。

したがって外部にも目を向けられるようになってきた、という時期の利用が最適かもしれません。

オンライン型の学習イメージ

オンライン型の学習イメージ

オンライン型の勉強方法というのは、訪問型がそのままインターネット化したと考えればOK。

自宅で家庭学習として学べるため対人関係が苦手でもムリがなく、少しずつ対人関係を改善していくことが期待できるので、使い方(時期)によってはかなり効果が期待できる勉強方法です。

間接的な会話となるオンライン指導とはいえ、人と触れ合うことには変わりません。

家庭教師(訪問型)

家庭教師(訪問型)

家庭教師(訪問型)のメリット

  • 最終的といえる対人関係改善が期待できる。
  • しっかり勉強してきた講師の対応に直接触れられる。
  • 勉強だけでなく人間関係も構築しやすい。
  • すぐ横に講師がいるので質問しやすい。
  • 家庭教師との触れ合いで改善できたパターンも多い。

発達障害で対人関係が苦手な中学生にとって、もっとも高レベルともいえるスタイルで「最終型」ともいえる勉強方法。

直接的に講師と触れ合い、いわゆる「最終的」な人間関係改善が期待できるスタイルです。

子供の性格などによっては訪問型の家庭教師だけで改善する可能性もありますが、いきなり直接指導は難しいという場合にはオンライン指導を経てこのスタイルを選ぶのもおすすめです。

講師についても高学歴で人との触れ合いを得意としている場合が多く、しっかりと勉強を教えながらうまく子供の対人関係問題を改善に導いてくれる可能性大。したがって勉強と対人関係、いずれにも大きく効果が期待できる勉強方法になります。

訪問型の学習イメージ

訪問型の学習イメージ

そもそも訪問型の家庭教師というのは、発達障害の中学生へ人気の勉強方法。

とくに学習塾へ通えないなどの理由によって家庭教師を選ぶパターンも多く、学習塾では対人関係が苦手で難しい場合にも良く選ばれる学習スタイルになります。

訪問型の家庭教師における大きなメリットは、やはりピンポイントに勉強を教えてくれる部分。

とくに発達障害があることで学力低下がみられる場合などは、学年で一律に教える学習塾ではなかなか学力レベルに沿った指導を受けられないのがネック。この点においても訪問型の家庭教師はピンポイント&マンツーマン指導となるため、極めて最適ともいえる勉強方法になります。

しっかりと子供の様子をチェックしながら、この訪問型の家庭教師を選択するのもおすすめの方法。

ただし直接指導となるため親の見極めがとくに重要となる勉強方法のため、いきなり選ぶのではなく通信教育・オンライン指導と段階を経たうえで選ぶのも良い進め方になります。

最終的な対人関係改善を図るには、かなり効果的で最適ともいえる勉強方法です。

3つのおすすめ勉強方法比較

ここまでに紹介した勉強方法をまとめます。それぞれの勉強方法をクリックすると先ほど解説した各項目へ戻ります。

おすすめ勉強方法スタイル難易度効果
通信教育(紙・デジタル)完全孤立1.0まったく人と会うことができない場合におすすめ。完全な孤立型のためモチベーションを安定させやすい。
家庭教師(オンライン型)準オープン3.0やや人慣れしてきた場合におすすめ。画面越しの指導により少しずつステップアップが期待できる。
家庭教師(訪問型)完全オープン5.0直接的に講師から指導を受けるため最終的なスタイル。このスタイルを乗り越えれば本格的な改善ともいえる。

 

発達障害の対人関係問題におすすめの解消方法

発達障害の対人関係問題におすすめの解消方法

私のおすすめ対処法は以下の3つです。

  • 嫌がったときは無理に人前へ出さない
  • 本当に気が合ってラクに話せる人とだけ触れ合わせる
  • オンラインによって人と触れ合う機会を増やす

いずれの対処方法についても、発達障害の特性を考慮して考えています。

この場合も1~3へ進むにつれて、より濃い対人関係へと発展します。

嫌がったときは無理に人前へ出さない

対人関係の苦手度が、もっとも「重度」という場合におすすめの対処法。

どうしても人前に出さざるを得ないという場面があると思いますが、あまり無理をしないほうが無難。もし人前に出したとしても「おかしな行動・動作」をする可能性もあるため、いずれにしても子供が嫌がれば会わせるのは辞めておいたほうが無難です。

私自身グレーゾーンで対人関係が苦手でしたが、嫌でも人前に出されたときは完全に無言となったり、ときにはその空気に耐えられずその場から逃げ出したくなる場面もありました。

このような経験が積み重なると余計に対人関係を苦手と意識するようになり、子供にとってはマイナスしかないという状況。また場合によっては理不尽な行動などをとる恐れがあり、子供本人だけではなく結果的に親としても何らかのマイナスとなる影響が十分に考えられます。

私の場合は中程度の対人恐怖症でしたが、もし高程度の場合はとくに注意が必要。

考えてみれば絶対に会わないといけないという状況もそう多くないと思うので、もし子供が嫌がれば無理をせず自宅待機させるのはかなりおすすめの対処法になると思います。

子供にとっては「嫌な時間」を減らせることで精神的な落ち着きをとり戻しやすく、結果的に対人関係を改善させることにもつながるのではないでしょうか。

本当に気が合ってラクに話せる人とだけ触れ合わせる

対人関係の苦手度がやや緩和され、とくに「中程度」という場合におすすめの対処法。

かなり重症的な対人恐怖症で誰とも会えないという状態から、やや気軽に話せる人には会えるなど緩和がみられる場合にこの方法はおすすめ。少しずつ人慣れするといった意味においても、かなり改善効果が期待できる対処法になります。

このときの判断基準としては、あくまでも「子供本位」で行動するのが吉。親の判断で行動するよりも、子供の直感を信じて判断するほうがブレのない対処方法となりやすいです。

親の判断で考えてしまうと「親戚だから大丈夫」「仲が良さそうだから」などを基準としがちですが、すぐに行動を起こさず子供に聞いてみるほうが間違いないかと。ここで判断が誤ってしまうと苦手な対人関係の悪化が考えられるため、あくまでも子供の気持ちを優先するほうがおすすめです。

本当に気の合う人と会うという行動は、かなり対人関係の苦手意識改善へつながりやすいもの。少しずつ改善していくつもりで、相手を慎重に選んで少しずつ幅を広げていくのもいいかもしれません。

オンラインによって人と触れ合う機会を増やす

対人関係の苦手度が軽く、あと少しで改善という「軽度の場合」におすすめの対処法。

あまり直接的に人と関わるとなれば一歩引いてしまう恐れもありますが、オンラインであればモニター画面越しのため精神的に安定して会えるかと。

とはいえオンラインで人と話す機会というのもそう多くないので、勉強の一環としてオンライン指導などを利用するというのも、発達障害で苦手な対人関係克服へむけ良い対処法になると思います。

とくにオンライン指導を行っている講師などは学歴も高く、人を尊重できる人材が採用されているもの。さらに勉強を教えるための指導力も備えているため、学習面&良好な対人関係いずれもプラス方向へ進めるのではないでしょうか。

さらにオンライン指導により対人関係の改善がみられるようであれば、つぎは訪問型の家庭教師を選ぶなども次のステップへ向けおすすめの対処法。少しずつ無理なく人間関係を学んでいけば、自然と苦手な対人関係の改善へとつながっていけると私は思います。

少しずつ人慣れしてきたら最終的ともいえる直接的な対話ではなく、まずはオンラインによる画面越しの対話から始めてみてはいかがでしょうか。

yukky

✅ もういちど「おすすめ勉強方法」をチェックしませんか?

→ 発達障害の対人関係克服におすすめ3つの勉強方法

 

まとめ

今回は「発達障害で対人関係が苦手なときの勉強方法が知りたい」という疑問に対して、グレーゾーンの経験をもとにおすすめの勉強方法を3つお伝えしてきました。

発達障害で対人関係が苦手といっても、まったく勉強方法がないという訳ではありません。

とくに人と会うのが怖い状態なので学習塾などは難しいジャンルになりますが、自宅で学べる通信教育をはじめ、オンライン指導などであれば気楽に学べるのが特徴。

まずは子供の状態をしっかりと把握したうえで最適な学習スタイルを選び、だんだんと直接対話に近いスタイルの勉強方法を選ぶことにより、自然でムリのない苦手な対人関係克服へつなげることが期待できます。

最後にまとめると‥

おすすめ勉強方法スタイル効果
通信教育(紙・デジタル)完全孤立まったく人と会うことができない場合におすすめ。完全な孤立型のためモチベーションを安定させやすい
家庭教師(オンライン型)準オープンやや人慣れしてきた場合におすすめ。画面越しの指導により少しずつステップアップが期待できる。
家庭教師(訪問型)完全オープン直接的に講師から指導を受けるため最終的なスタイル。このスタイルを乗り越えれば本格的な改善ともいえる。
※勉強方法をクリックすると各項目へ戻ります。

まずは子供の状態を把握し最適な勉強スタイルを選んでみてください。ただし先を急がず、あくまでも「子供のペース」で選ぶことが重要です。

発達障害があると、その特性から対人関係が苦手という場合は多くあります。

対人関係が苦手な原因としては子供が悪いのではなく、あくまでも発達障害という特性から現れる症状。

したがって決して子供を責めるなどの対処はあってはなりません。全く逆効果になるので、子供を責めることは絶対にやめてほしいと私は思います。

少しずつ段階を経て進めていくことで、ゆっくりでもきっと改善が見えてくると私は思います。

発達障害で対人関係が苦手という場合の勉強方法について、ぜひお役立てください。

 

タイトルとURLをコピーしました