発達障害で勉強が苦手な中学生におすすめな3つの対策

発達障害で勉強が苦手な中学生におすすめな3つの対策

発達障害勉強苦手

さらに親の方も教え方がわからない‥

私もグレーゾーンなので勉強が苦手な気持ちはよくわかります。

親の方も教え方に苦労してきたということも実感としてわかります。

そんな経験から「発達障害で勉強が苦手」という中学生と、教え方がわからないという親御さんへおすすめの対策をご紹介しようと思います。

発達障害で勉強が苦手な中学生におすすめな3つの対策

発達障害で勉強が苦手な中学生におすすめな3つの対策

実際に私の経験からわかった3つの対策は以下の通りです。

  1. 楽しさのある勉強方法
  2. わかりやすい説明
  3. 視覚的に見て感覚でわかる勉強方法

この3つの対策について詳しくご紹介します。

対策①楽しさのある勉強方法

まず発達障害で勉強が苦手になる

もっとも大きな原因が「楽しさ」の不足です。

私も学生時代につくずく感じましたが、何はともあれ勉強に「楽しさ」を感じることが出来なければまったく見向きもしようと思いません。

勉強をする気もしない、というのが正直なところです。

したがって勉強にはとにかく「楽しさ」が感じられることが重要で、初めの1歩をスタートするためには必須のポイントになります。

対策②わかりやすい説明

発達障害で勉強が苦手な理由として

「説明が難しい」というのもあります。

少しでもややこしい説明があると途端にやる気が損なわれて、それまで順調だった頭の中もこんがらがってしまい勉強をどんどん苦手になっていきます。

少しでも早くわかりやすい説明で教えること、これが重要なポイントです。

対策③視覚的に見て感覚でわかる勉強方法

私は学生時代、教科の中でも理科や社会

については好きなほうでした。

なぜなら「視覚で情報が入って来る」という特徴のある教科だったためです。

とくに理科の実験や自然観察などはとてもわかりやすく、社会科見学なども人一倍よく勉強を出来たというのもその裏付けではないかと思っています。

したがって理科や社会以外の教科(国語・数学・英語)といった積み上げ学習にも、視覚的に情報が入ってくればよりわかりやすく勉強ができることは間違いありません。

発達障害で勉強が苦手という場合は、この「視覚」についても重要なポイントです。

おすすめの勉強方法

このような対策を実践すれば、

より苦手な勉強を克服しやすくなります。

しかし親が実践するとなれば難しい部分もあり、発達障害特有の感性によって「教え方がわからない」といった問題も出てくると思います。

そこで私がおすすめするのが「通信教育」を使った勉強方法です。

学習塾や家庭教師といった勉強方法は一般的ですが、なかなか受け入れてくれなかったり「通塾ができない」「講師との対面が苦手」という場合も多いと思います。

そこでベストな勉強方法と考えた場合に、もっともおすすめなのが通信教育と私は感じます。

しかし通信教育であれば何でもOKではなく、つぎのポイントを抑えるとより効果的です。

  • アニメーションやキャラクターなどによって「楽しさ」を感じる教材
  • 発達障害でも理解できる「わかりやすい」教え方による教材
  • 映像授業により「視覚的に見てわかる」機能のある教材

このようなポイントを抑えた通信教育について、私もいろいろと探ってきました。

実際に自分で体験をしてみて”発達障害でも勉強を苦手に感じず継続しやすい教材は?”ということで辿り着いたのが「発達障害支援の専門家」による通信教育です。

 おすすめ記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

発達障害があると勉強が苦手な理由

発達障害があると勉強が苦手な理由

発達障害があると勉強を苦手になるのは何で?

という疑問を解消するためには、発達障害の特性をよく理解する必要があります。

そんな特性と相まって、勉強を苦手になる理由は次の通りです。

  • 楽しさがないので興味がもてない
  • 説明が難しく頭が混乱する
  • 文章だけを見てもなかなか理解できない

理由①楽しさがないので興味がもてない

すでにご存知だと思いますが、

発達障害があると「楽しさ」がなければ興味を持ちません。

健常児であれば”最低でも人の目を気にして‥”と教えることができますが、発達障害があると人の目よりもまず自分が楽しいかどうかで判断をします。

したがって「楽しさ」がなければまったく勉強に興味を示すこともなく、どんどん勉強が苦手になっていくだけという結果になります。

理由②説明が難しく頭が混乱する

難しい説明をされると、

途端に勉強をする気が失せてしまいます。

つまりそれまでは楽しいと思って理屈を理解し始めていたところで、分かりづらい説明で頭の中が混乱し始めると途端に投げ出してしまうということになります。

私も同じ経験があるのでわかりますが、発達障害があると「少しずつ確実に理解する」という特性があるため少しでも計画通りに行かずズレてしまえば興味がなくなります。

したがって「子供のペースで分かりやすく教える」ということが、勉強を苦手にならないためのポイントです。

理由③文章だけを見てもなかなか理解できない

まず文章だけの参考書や問題集

というのは敬遠します。

文字を読んで理解するまでにかなり時間がかかるため、とくに長文などが書いてあれば気が遠くなってまったく読む気にすらなりません。

また文字を読んで理解へつながるまでに”ほかの思考”が頭の中に入って来る場合が多いく、最後までたどり着かないこともよくあります。

したがって文字だけではなく「視覚で理解できる工夫」がなければ理解は難しいものです。

まとめ

発達障害で勉強が苦手な中学生に

おすすめな対策をまとめます。

発達障害で勉強が苦手な中学生におすすめな3つの対策

  1. 楽しさのある勉強方法
  2. わかりやすい説明
  3. 視覚的に見て感覚でわかる勉強方法

発達障害があると勉強が苦手な理由

  • 楽しさがないので興味がもてない
  • 説明が難しく頭が混乱する
  • 文章だけを見てもなかなか理解できない

これで「発達障害で勉強が苦手な中学生」がよく勉強できるはずです。

実際に私の経験を踏まえてご紹介した対策ですので、個人的な偏見はあっても間違った判断ではないと思っています。

ぜひ、苦手な勉強の克服にお役立てください。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました