自閉症スペクトラムの中学生にはゲーム性を取り入れた英語勉強もコツ

自閉症スペクトラムなどの発達障害は以前に比べると認知度は高まっていますが、理解者が増えているのかというと、まだまだです。また、支援については地域によってかなりの差があると言っても良いでしょう。

ASD(自閉症スペクトラム)と一口に言っても、子供によって状態は異なるため、それぞれの子供にあった勉強法を見つけることが大切になります。

自閉症スペクトラムでは積極的に勉強へ取り組むことが難しい

自閉症スペクトラム 勉強 英語

そもそも、ASD(自閉症スペクトラム)は、社会的コミュニケーションが上手く行うことが出来ないという傾向がありますが、自分が興味を持ったことに対しては積極的に行動・活動をするという事が多いようです。

知的障害や言語障害を伴う場合もあればそうではない場合もあるため、見分けることが難しいということも特徴の一つです。

原因は解明されていませんが、生まれつきの脳機能障害であるとされており、親や周囲の人のしつけや愛情不足が直接影響しているわけではないということは分かっています。

脳の機能障害を引き起こす要因としては、遺伝的な要因が影響しているのではないかとされています。

ASD(自閉症スペクトラム)の子供が英語の勉強をするという場合、障害を持たない子供と同じような方法で行っても効果がない事があります。

その原因としては、自分の興味のないことに関しては、積極的に取り組むことが出来ない傾向にあることが多いためです。

一つのことに集中することが出来ない、他のことを始めてしまうことも少なくはありません。そのため、英語の勉強をしたいと思わせるように仕向けることが重要になってきます。

<おすすめグッズ>

スケジュールポケット3点セット&絵カード

参考:自閉症スペクトラム障害の特性から中学生におすすめの勉強方法を探る

自閉症スペクトラムの英語勉強にはゲーム性も必要

自閉症スペクトラム 勉強 英語

例えば、一般的な方法としては、単語を覚えたり、文法を覚える、実際に発音するという方法がとられます。興味のないことについては、取り組むことが難しいという特性を考慮し、何に興味があるのかを見極めるようにしましょう。

一見すると遊んでいるように見えるゲームを取り入れるという方法もあります。

ゲームで楽しみながら単語や発音を学ぶことで、継続して行うことが出来ます。出来る・分かるということ体験を繰り返すことで、徐々に楽しみを見出すことが出来るようになります。

ASD(自閉症スペクトラム)の場合、耳からの情報よりも視覚からの情報が取り入れやすいと言われています。

目で見たものをそのまま記憶することが出来るという人もいるほどです。その為、学習をする場合には耳で聞いて覚えるよりも、画像や動画などを多用したほうが良いでしょう。

なお、集団の中で学習をすることが難しいという場合には、個別学習塾を利用するという方法もあります。

小学生までは親が勉強を一緒に行うという方法も有効かもしれませんが、中学生以降では学習内容も複雑になってきますし、子供の自立心を養うためにも学習塾や通信学習を取り入れると良いでしょう。学習塾などを選ぶ時には、どのような指導を行っているのかを確かめることが大切です。

詰め込み式の学習塾の場合、一定のレベルに達するまでは繰り返しの学習となることが多く、分からないことを何度も行うということは子供にとってストレスとなってしまう可能性があります。

もちろん、興味のないことに対しても一生懸命に取り組むという事は、将来的に考えるとプラスになることもありますが、場合によっては学習そのものが嫌になってしまう原因にもなりかねませんので、注意が必要です。

<おすすめの本>

家庭で無理なく楽しくできる生活・学習課題46

参考:発達障害の中学生にすすめたい3つの特性で考える3つの教材

結果を意識しすぎない勉強の仕方をする

自閉症スペクトラム 勉強 英語

中学生の場合、定期的にテストが行われ、その時の学習の理解度などが点数としてあらわれます。点数が悪いと、ついつい起こってしまいがちですがこれはマイナスになることはあっても、プラスになることはありません。

英語を得意としている子供であれば、高い点数を取ることが出来るでしょうが、そうではない場合には平均点数よりも低い点数しか撮ることが出来ないことも珍しいことではありません。

そんな時に、低い点数を取ったことを責めてしまうと、自信をなくし二次障害となることもあります。得意な科目があれば、そのことについて褒めるようにしましょう。

中学生は障害の有無に関わらず、多感な時期です。小学生の頃には既に他の子供との違いに気が付いている子供も多く、中学生になるとますます周囲との違いに悩まされることが多くなります。

そして、一生懸命にやっているのに成果が出ないということに対して自信をなくしてしまいがちです。そのようなことを防ぐためにも、自信を失わないような指導が必要になります。

<おすすめの本>

自閉症の僕が跳びはねる理由 会話のできない中学生がつづる内なる心

参考:発達障害の中学生にいいかも!?自宅で勉強できる通信教育6選

自閉症スペクトラムでの英語勉強まとめ

自閉症スペクトラム 勉強 英語

周囲の人と比べるよりも以前の子供と比べ、努力したことでどの程度出来るようになったのかということを明確化することが大切でしょう。

英語は、これからの社会では大切なものになってくるでしょうが、点数ばかりに気を取られていると、子供の本当の力を伸ばすことは難しくなります。

英語の勉強では、興味のあることを英語で学ぶなど、子供自身が楽しみながら積極的に行うことが出来るような勉強が成功させるためのコツであると言えるでしょう。

<おすすめの本>

自閉症のともだちを理解する本

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました