発達障害の中学生が社会でポイントにするところは?

社会は暗記教科といわれていますが、2年くらいあれば事前学習で暗記できる教科ともいわれています。

学校で習う時に「初めて社会を習った」という状態になっていることが、発達障害を持つ中学生にとって一番気になるところです。

発達障害の中学生が社会を勉強するときのポイント

社会のような暗記が必要な教科については、できるだけ早めに中学校の学習内容の勉強をスタートさせておくことが大きなポイントです。

それと共に、初めて学習を行う時期も同じくらい重要になります。

 

もし人よりも倍時間がかかるというのであれば、

それに間に合うように早めにスタートすることが大切といえます。

 

また、中学校の社会の学習範囲は地理や歴史、政治などの分野があります。

それぞれの分野に応じて、まだ小学生だったら、子供がおもしろいと思う学習内容になるように、事前学習を進めておくといいです。

実際に中学生になって社会を学校で習った時に発言力もつきます。

 

そのため、その範囲を学習したら興味付けなどで、地理であれば実際にその場所に連れて行ったり、実物を見せるなどさせることで、子どもも興味を持つようになるといえます。

 

歴史の学習では、

  • 主要な人物などについては、どんな人物なのか?
  • どんなことを行って、どんなふうだったのか?

など、人物の学習を重点的におこなったりすると興味もわきます。

 

政治であれば、ニュースなどを取り上げて、そのポイントが何なのか?

実際に国会等に連れて行ったりする、という足を使った学習を社会では進めておくことがと手も大切といえます。

 

その上で、書物や映像などを効果的に用いて、

具体的なエピソードを伝える

などすると発達障害の中学生も興味を持って学習に臨めるようになるといえます。

社会の暗記について

発達障害 中学生 社会

社会の暗記は、年代や名前などを書いて覚えたりします。

それと同時進行で、今度は地理や歴史、政治などの分野で関連させる事柄を取り上げて、学習を進めていくようにします。

そうすると知っていること同士が結びついて、更に面白くなっていくといえます。

 

そして本などを紹介して、本に対する興味付けができれば、

あとは自身で学習を進めていくことができるくらいになるのではないでしょうか。

 

歴史などはすでに亡くなってしまった人物などのことを学ぶので見えないものですが、

目に見えるものが残っていることで、

どうやってその人物の足跡をたどっていくことができるのか?

といった点などもわかると、社会に対する興味付けもできます。

 

そうすると学校の授業でも、様々に役立ってくるといえます。

暗記に入る前の段階に力を入れる、ということも社会学習のポイントになります。

発達障害の中学生が社会でポイントにするところのまとめ

発達障害 中学生 社会

何か感じるものが見つかりましたか?

社会の勉強でいちばん大事なのは、理屈ではなく「感覚」で伝えることです。

とくに発達障害があることで、物事の理屈を捉える力は弱くなっています。いくら理屈で教えようとしたところで、子供はまったく見向きもしないはずですがいかがでしょうか?

 

子供が理解しようとしてこっちを向かないものだから、親のほうはそれに対抗すべく「この子のために教えるんだ!」と力が入ってしまうものです。

毎日の勉強を見ていて、少し疲れていませんか?

少し角度を変えて、子供の勉強を考えてみてください。

 

理屈ではなく、初めは「感覚」に集中することです。

まず子供が興味を持ってくれるためには、いったいどうすればいいのか?

ここに神経を集中して考えてみてください。

すると自然と子供の勉強の教え方が見えてくるはずです。

 

この「感覚」を掴むための勉強方法として、発達障害の専門家監修による教材などを取り入れてみるのも効果的です。正しい教え方によって子供の「興味」を惹くことで、自然と勉強に集中できるようになります。

そうしても教え方が分からないのであれば、代わりとなって助けてくれるはずです。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました