発達障害の中学生が理科を得意に導く方法とは‥?

中学生は気持ちの繊細な思春期の時期であり、精神的にも不安定になりやすい特徴があります。

発達障害を抱えている中学生も同様に注意が求められます。

発達障害の中学生にとって理科とは‥?

多くの子供たちが中学生で初めて受験を行いますが、それゆえに受験へ近づく緊張感は独特なものがあり、発達障害の子供の場合もその影響を受けてしまうため、その子供の性格に合った学習方法が必要になっていきます。

 

理科は記憶力だけではなく読解力が求められる教科です。

学年が上がっていくことで教科書の文章数が増していくことで、

考えて読む

ことが自然と求められてきます。

そのため、理解できない場合は気になる一つずつに個別の解説が求められます。

 

発達障害の子供は膨大な漢字や専門用語に不慣れな場合があります。

発達障害の中学生がわからない部分については、保護者が一緒になって考えてあげる機会を作るというのも意味があります。

 

理科にとって大切なのが実験です。

教科書やテストでも必ず登場して重要な部分を担うのが実験であり、

手順や注意点を覚えるだけではなく理解することが求められてきます。

 

物質同士の関連を考える必要があるものや想定が求められてきます。

さらにテストの時になると出題される実験問題は、実際の実験を想定した理解力が求められます。

発達障害の中学生は得意な分野と不得意な分野の落差が激しい傾向がありますが、苦手な場合を克服するためには学校の勉強だけでは困難です。

 

理科には数学の要素も含まれています。

計算式などの理解も必要となる場合があるため、数学がある程度は理解できていることが大切であり、自信がない場合は数学の学習をきちんと身に付けておくことが理科の学習の向上につながります。

 

理科の特徴が回りくどい文章に惑わされず、

想像して自分の答え

が出せることです。

 

想像することや考えることは保護者が促してあげる方法があります。

それは日常のコミュニュケーション力を付けるために、こまめに話しかけてあげることが必要です。

 

声を掛ける時に

考えて答えを導ける

ように工夫して話しかけてあげることも有効的です。

 

こうした日常の会話を繰り返していき考えることが当たり前になれば、おのずと学習力の向上に影響が出てきます。頭を使う機会を自然と増やしてあげることが、理科の学習やテストの時の考えて答えを導き出す部分へつなげられます。

 

また、発達障害の中学生向けの学習塾が存在しているため、理科の考える力を高めてあげる有効な手段の一つになります。

発達障害の中学生を持つ保護者がいくつかの部分に注意していくことで、理科が苦手な子供の眠っていた

学習のセンスを呼び覚ましてくれる可能性を秘めています。

理科の教え方がどうしてもわからない‥ときに助けてくれる方法

発達障害 中学生 理科

いくら教えても理解してくれない‥。

こうやって悩んでいるのはあなたの家庭だけではなく、どの家庭でも同じように悩んでいます。こうして悩むのも、すべて発達障害がもたらす特性だからです。

 

一番大事なのは、理解しないからといって子供を絶対に叱らないこと。

親のほうがイライラしてしまい、子供に当たってしまう家庭がよくあります。

しかし子供としては、まったく悪いことはしていないのです。

つまりいくら勉強を教えても理解しないのは子供の思考ではなく、発達障害がもたらす「症状」だということを理解してください。

 

そして少しゆっくりして、疲れを取りませんか?

いくら教えても理解しないのは、発達障害の特性です。

勉強を教えるときは理屈よりも、先に「感性」に訴えかけることが大切です。

 

毎日の勉強のたびに、これ以上そんな教え方ができますか?

そんな悩みを解決するために、発達障害の専門家に任せてみませんか?

あなたが少しでも楽になれるよう、こちらで詳しいことをお伝えしています。

 

 人気記事 

発達障害のある中学生にすすめたい支援専門家監修のタブレット学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました